徳本峠小屋から島々宿へ【歴史の道】編

2017年9月13日(水)~16日(土)
上高地から【西穂高独標・焼岳・徳本峠】を経て島々へ3泊四日の縦走
徳本峠から八ヶ岳連峰
画像

(四日目)16日 晴れ 最終日
 徳本峠から歴史の道(信濃路自然歩道、島々谷)を島々宿へと歩く。今回、この歴史の道を歩きたくて計画した山行だ。
前日は焼岳小屋から徳本峠小屋へ歩いてきて12時前に小屋入りノンビリと過ごし疲れは殆ど残っていない。今日の天気は持ちこたえてくれそうである。行程も約6時間で殆ど下りだが距離16㎞と篦棒に長く、その内の6.3㎞は林道歩きである。膝が持ちこたえてくれるか心配だが、今日こそサポーターでがっちりガードしてノンビリと下りていくことにしよう。
コースとタイム
徳本峠小屋6:02→ちから水場6:32→岩魚留橋7:38→岩魚止小屋7:40→瀬戸上橋8:21→瀬戸下橋8:30→炭焼きがま9:05→戻り橋9:08→行き橋9:20→秀綱奥方の遺跡9:23→二俣9:31→林道ゲート10:08→駐車スペース車止めゲート10:48→防獣ゲート10:52→徳本峠入口10:52→安曇支所駐車場11:02 (行動時間:5時間00分)
16日のGPS軌跡と垂直プロファイル
画像

徳本峠から八ヶ岳連峰・小嵩沢山
画像

西穂独標・西穂高岳・赤岩岳・間ノ岳・天狗ノ頭・コブ尾根ノ頭・ジャンダルム・ロバの耳・奥穂高岳・明神岳・前穂高岳
画像

徳本峠小屋【旧館・新館】
画像

出発前の徳本峠から縞枯山・茶臼山・丸山・中山・天狗岳・硫黄岳・横岳・赤岳・権現岳
画像

さてさて出発時間になったので島々宿目指して行動開始です。緩やかな下りでジグザグに下りていきます。木々間に小高沢山を見ながら下りていく。
画像

トリカブト・ソバナ・サラシナショウマ
画像

ジグザグの緩やかな下りだ。30分ほどで、ちから水の水場に着いた。
画像

若干の登り下り・たまに荒れたところ・支流の徒渉点・丸太橋などあるが峠沢沿いの緩やかな下りです。
画像
画像
画像
画像

トモエシオガマ
画像

峠沢
画像

緩やかな下りが続きます。時々沢を渡ります。しっかりしている橋なので全く問題ないですね。
画像

梯子で支沢へ下りて徒渉です。
画像

緩やかに進んで行くと峠沢を丸太二本で左岸へ渡ります。濡れてて滑りやすかったのでチョット緊張しました。
画像

少し歩き難い斜面の通過が出てきました。
画像

倒木を乗り越えると直ぐに殆ど水のない支沢を頭をぶつけないように徒渉。
画像

緩やかな道が続くが腐りかけた頼りない桟橋や丸太橋を渡る。
画像
画像

峠沢
画像

岩魚留滝・岩魚留沢
画像

岩魚留沢橋を渡ると直ぐに岩魚止小屋に着きました。小屋は地図には休業中と書いてあるが再会するには傷んでいて相当手を入れないとだめみたいな気がする。トイレもドアが外れていて使用不可でした。
画像

小屋から一段下がった岩魚留橋を渡り二俣へと進んで行く。ここから峠沢が【島々谷南沢】へと変わる。
画像

緩やかな歩きやすい道が続きます。
画像

しっかりした桟橋ですね。
画像

島々谷南沢
画像

緩やかに登っていく。
画像

少しガレた所を通り下ります。(高巻きみたいな感じです)
画像

島々谷南沢
画像

なだらかな道です。
画像

再び島々谷南沢沿いの桟橋を通ります。
画像

島々谷南沢
画像

緩やかだがチョット大きな石などあり歩き難いところです。
画像

少し腐った桟橋の通過
画像

立派な桟橋です。
画像

島々谷南沢
画像

桟橋を通過後振り返ると凄い岩壁沿いを通ってるんですね。
画像

緩やかに進んで行くと
画像

しっかりした瀬戸上橋で島々谷南沢左岸へ渡ります。
画像

急な登り下りはなく緩やかな下りが多い。順調に岩魚留を通過して緩やかな道を二俣へと進んで行きます。
島々谷南沢
画像
画像

島々谷南沢へ階段で下りて登り返し。
画像

島々谷南沢
画像

島々谷南沢沿いの桟橋を振り返ります。
画像

島々谷南沢沿いの緩やかな道が続きます。
画像

島々谷南沢
画像
画像

気持の良い道を進んでいくといきなり石ゴロゴロになりました。多分、沢へ伸びてきている小さい尾根を越えているんだろう。
画像

島々谷南沢
画像

瀬戸下橋で右岸へ渡る。
画像

瀬戸下橋から島々谷南沢
画像

緩やかな登りで右からの落石に注意して進む。
画像

少し軽いアップダウンをくり返し支沢の徒渉・戯れて歩き難いところを通過していく。
画像
画像

(崖っぷちの真新しい桟橋)桟橋に足をかけたときドッスンジャッポンと、もの凄い落石音で止まって様子見。その後走るように通過した。
画像

炭焼き窯跡
画像

島々谷南沢と【戻り橋】で左岸へ
画像

橋を渡り緩やかに進んで行くと少し登っていく(高巻き)ここで一組のカップルらしき二人が意外と軽装(町でよく見かけるピクニックザック)で登っていった。(展望どうでしたと聞かれたので朝は穂高の山々は見えてたよ。これからは分からないねと応えときました)
画像
画像

急な下り(長くはない)で直ぐに緩やかになる。
画像

行き橋で右岸へと渡る。多分、これで二俣まで橋の通過はないはずだ。
画像
画像

緩やかな道で桟橋などを通りながら進んで行く。
画像
画像
画像

秀綱奥方の遺跡(ここできこりに殺されたらしい)
画像

遺跡から少し緩やかに進んで行くと石の多い歩き難い道になる。
画像
画像

歩き難いところを少し下ると奇怪な樹形がある。そして前方に小屋らしき物が見えている。おぉ~3:30分二俣到着である。長かったな~
画像
画像

二俣の【信濃路自然歩道】上高地ルート案内図
画像

林道終点【二俣】の何だか分からない施設
画像

二俣の公衆便所【中の状況は使用していないので分かりません)さぁ~ここから島々谷林道を6.3㎞の道のりだ。島々谷川沿いなのでアップダウンは少ないだろう。
画像

折口信夫の歌碑
画像

なだらかな林道を進んで行く。
画像

フジクロセンノウに昆虫が潜り込んでる・クサボタン・キツリフネ・ツリフネソウ
画像

林道沿いにお猿さん。見てるだけでは逃げなかったがカメラを向けてズームアップすると一目散に逃げていく。ヤバいとでも思ったのだろうか。300で引いているので近くに見えるがかなり離れてます。
画像

島々谷林道ゲート
画像

島々谷川
画像

島々谷林道は舗装されていないので足には幾分か優しい。島々谷林道車止めと駐車スペース。車はここまで入ってこれます。ただ林道入口の注意書きは守りましょう。
画像

舗装された林道を5分弱進むと野生動物進入防止柵です。人も車も開けたら必ず閉めましょう。
画像

防止柵から5分位で徳本峠入口だ。右へ折れて進みR158号線【安曇支所前信号】を右に曲がると安曇支所駐車場で今回のミッション終了。以前から歩いてみたかったコースを天気も先ず先ずで無事歩き通せて大満足の山行だった。そして【安曇支所には今回、四日間も駐車させて頂き感謝です。】このコースは熊さんを度々見かけるようだが、今日は出遭うこともなくて良かったです。
画像

車を回収して温泉に入り塩尻の道の駅で車中泊して早朝家路に着いた。(温泉後帰っても良いのだが今日は土曜日だ。高速道路【小仏トンネル】が必ず渋滞する。日曜日は用事もないのでわざわざ渋滞にはまりに帰ることもないので道の駅で無事を労って一人宴会。最近はこのパターンが多くなってきたかな)

"徳本峠小屋から島々宿へ【歴史の道】編" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント