バースデー登山【長塀山・蝶ヶ岳・三角点・蝶槍】縦走

2017年8月9日(水)~10日(木)北アルプス常念山脈
長塀山2.565m・蝶ヶ岳2.677m・蝶ヶ岳三角点2.665m・蝶槍2.661m】
蝶ヶ岳【瞑想の丘】から大喰岳と槍ヶ岳
画像

本当なら8月6日位から山に入りたかったが、台風5号の影響で天気が悪すぎてこの山行もだめかなと思っていたが台風5号もどうにか通過して9日・10日が少し良さそうである。後へ日にちを伸ばして常念・燕と縦走も考えたが、お盆休みに加え山の日からの連休が始まり間違いなく山小屋など混雑するだろう。混雑だけは避けたいので常念山脈の蝶ヶ岳を上高地から長塀尾根経由で蝶ヶ岳に登り、蝶槍を踏んだ後横尾へ下りる周回コースを以前から歩いてみたいと思っていて計画していた山を誕生日に合わせて歩いてきた。
(一日目)
8月9日(霧雨~晴れ)上高地~長塀尾根経由~蝶ヶ岳
前日、沢渡駐車場に入ると係員が夕方5時から上高地線・白骨線の道路が規定雨量を超えたため全面通行止めになりました。明日の始発(4:40分)もどうなるか分かりませんとのことだった。まぁ~仕方ないね。なるようになるさで宴会開始。
朝4時頃起きると通行止めは解除されていない。始発(4:40分)に合わせて準備してバス発着場へ。係員から通行規制は何時解除されるか分かりませんの放送。仕方ないので並んで待つことに。待つこと1時間少々。バスは5:30分に運行開始します案内があった。上高地からの行動開始が6:00分予定だったので殆ど問題ない(ほっとする)。
コースとタイム
上高地バスターミナル6:06→明神6:50→徳沢7:43(休憩)7:52→徳沢から3㎞地点10:02→長塀山11:01→妖精ノ池11:40→蝶ヶ岳12:08(休憩)12:14→蝶ヶ岳ヒュッテ12:17 (行動時間:6時間11分)
今回のGPS軌跡
画像

沢渡付近は青空が出て日が差してきた。一番のバス(満席)で上高地へと向かう。新釜トンネルに近づくに連れ雲が多く青空は全く見えていない。釜トンネルを抜けてもガスが多く穂高連峰など雲の中で全く見えていない。オマケに霧雨のようだ。
バスから大正池(穂高連峰はガスの中)
画像
バスを降りてトイレをすませ登山届けを提出。皆さんザックカバー掛けたりカッパ着たり忙しそうだ。やまやは予めカバーやカッパズボンだけは準備済(上は着なくて良さそう)なのでそのまま歩き始めた。直ぐに河童橋。こんなに人のいない河童橋は初めてだ。梓川越しの穂高は全く見えていない。明神へと向かう。
画像

ソバナ・メタカラコウ
画像

梓川沿いの単調な道を進んでいく。晴れていれば左方に穂高の山々を眺めながら進むのだが残念である。
画像

明神岳から流れ落ちる滝
画像

ここからの明神岳は見応えあるんだか残念。明神で5分ほど休憩。徳本峠への道を右に分け徳沢へと進んでいく。時折青空が覗き始めて来た。
画像

キツリフネ・クサボタン・キオン・ヨツバヒヨドリ・ウツボグサ
画像

徳沢手前から横尾、大天井岳方面を望む。
画像

徳沢到着。10分ほど休憩していると単独の男性一人・女性一人が登っていった。徳沢から右へ折れて徳沢園前を通り長塀尾根に取り付く。後から単独の男性が続く。ここからCT:4時間40分で展望のない道が続く。
画像

急で木の根など歩きにくい道が続く。
画像

登山道沿いの木の根からオゴジョが出てきて頑張れよと励まされた。
画像

木の根の露出した道が続く。
画像

マイズルソウ・ゴゼンタチバナ
画像

木の根や小石の多い道の登りが続く。
画像

ハリブキ・ギンリョウソウ・イチャクソウ
画像

段々と泥濘んだところも出始めてきた。徳沢からやっと半分か。まだ10時焦ることない。12時頃には着くだろう。この辺りから大荷物の単独女性でテン泊の学生さんとホンの少しだけ抜きつ抜かれつつしたが見えなくなっていった。(若いっていいな~)
画像

コウゾリナ・サワオトギリ・ミヤマアキノキリンソウ
画像

長塀山はまだか~と思っていたら前方が明るくなってひょっこりと長塀山に飛び出した。先ずは【長塀山2.565m】山頂三等三角点ゲット。学生さんも休憩中で住まいはやまやとそれ程離れていないようだ。樹林越しに穂高や蝶ヶ岳の稜線がチョコッと見えていた。ガスは引いたようだ。木陰で休んでいるとヤブ蚊が煩い。10分ほど休憩。ここから少しくだっていくが山道沿いには花々見られる。
画像

ミドリユキザサ・キヌガサソウ・マイズルソウ・モミジカラマツ
画像

下りきったところに池があった。(なんと言う池だろう)
画像

池の付近には花が沢山【ニガナ・クルマユリ・ハクサンフウロ】
画像

まだ展望のない道が続くがキッイ登りはなくなってきた。
画像

右手にヒョコッと展望。中村新道の大滝山?だろうか。
画像

ウサギギク・クルマユリ・エゾシオガマなど花々が多く見られると言うことは妖精の池は近いのかな。
画像

おぉ~妖精の池(二回目)に到着だ。花々がいっぱい咲いてます。あと15分だ。着いたも同然だね。
画像

ミヤココゴメグサ・テガタチドリ・ハクサンフウロ・ミヤマホツツジ
画像

蝶ヶ岳へと進みます。
画像

ショウジョウバカマ・ヨツバシオガマ・ミヤマキンポウゲ
画像

たいした登りではないが、かれこれ5時間30分も歩いているキツイ。
画像

ムカゴトラノオ・クルマユリ・ミツバオウレン・アオノツガザクラ
画像

おぉ~蝶ヶ岳が見えてきました。ここを登り切ると蝶ヶ岳山頂だ。ここで休憩しよう。
画像

ホシガラス
画像

ハクサンイチゲ・キジムシロ・コケモモ
画像

さぁ~一気に行くぞ。
画像

あちゃ~ガスがかかってるではないか。まぁいいそのうちに消えていくだろ。
画像

蝶槍・常念岳への稜線
画像

瞑想の丘と今日の宿【蝶ヶ岳ヒュッテ】二回目の宿泊だ。
画像

この中に前穂・奥穂・涸沢・北穂・キレット・南岳があるんだよな~
画像

南岳・中岳・大喰・槍はガスの中。赤沢山・西岳は見えてます。
画像

蝶ヶ岳2.677m山頂にて(三回目)
画像

蝶ヶ岳山頂から穂高連峰
画像

大キレット・獅子鼻・南岳・槍ヶ岳
画像

槍ヶ岳/東鎌尾根・北鎌尾根
画像

蝶ヶ岳ヒュッテ・真砂岳・野口五郎岳・牛首山(さぁー小屋に入りビールでお祝いかな?)
画像

長塀山から木々間にほんの少し穂高の山々や蝶ヶ岳の稜線が見えていたが、蝶ヶ岳に着いたときはガスで展望は良くなかった。まぁ~雨にも降られずにここまでこれただけでラッキーだったと思うことにしょう。まだ12時過ぎたばかりだ。そろそろ台風5号も熱帯低気圧変わる頃。これからガスも消えていくだろう。
蝶ヶ岳からヒュッテは直ぐ。宿泊手続きを済ませ部屋から外を覗いていたら単独の学生さんが通りビールでも飲まないかと声をかけた。まだお酒は飲めません。えっ未成年と言うことか。まぁ~売店へ回っておいでと声をかけるとやってきた。コーラでも飲むか、おじさんビールを買って外のベンチで展望楽しみながら(1時間くらいかな)お話。山にはまったきっかけが面白かった。色々お話をして楽しい一時でした。また何処かで会えると良いな。
画像

槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山・西岳
画像

大喰岳・槍ヶ岳/東鎌尾根
画像

野口五郎岳・牛首山・大天井岳・東天井岳と手前に旧蝶ヶ岳(三角点がある所)と蝶槍
画像

東邦さんのヘリが飛んでいきました。(段々と展望が広がってきます。)
画像

明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻
画像

瞑想の丘から蝶ヶ岳ヒュッテ・蝶ヶ岳(旧)長塀ノ頭と左後方は大滝山
画像

明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・南岳・中岳・大喰岳
画像

北穂高岳・大キレット・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山・西岳・赤岩岳
画像

槍ヶ岳(素晴らしい~)また今年度予定しているが果たして?。
画像

明神岳・前穂高岳・奥穂高岳(段々と日が落ちていきます。)
画像

前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・南岳と手前は屏風ノ頭
画像

北穂高岳・大キレット・南岳・大喰岳・槍ヶ岳と左手前に屏風ノ頭
画像

大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山・西岳と右後方に鷲羽岳・水晶岳も見えている。
画像

蝶槍/常念岳・前常念岳
画像

真砂岳・南真砂岳・野口五郎岳
画像

御嶽山・乗鞍岳も段々と見えてきます。
画像

常念岳・前常念岳(前常念への登り二度通ったがキッカッタな~。二度目はYちゃんに迷惑かけてしまった。)
画像

御嶽山・乗鞍岳・霞沢岳(霞沢も見えてきましたね。また登ることがあるだろうか)
画像

獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・北鎌尾根/赤沢山と瞑想の丘
画像

奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳と手前に屏風ノ頭
画像

明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット/屏風ノ頭
画像

槍穂高連峰
画像

北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳/瞑想の丘(だいぶ日が落ちてきました)
画像

御嶽山・乗鞍岳と中村新道と槍見台などと霞沢岳
画像

御嶽山(素晴らしい)
画像

乗鞍岳・霞沢岳
画像

焼岳
画像

明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳
画像

前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳
画像

獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・北鎌尾根/赤沢山・西岳
画像

北鎌尾根/赤沢山・西岳/野口五郎岳・牛首山・大天井岳/旧蝶ヶ岳・蝶槍
画像

牛首山・大天井岳/常念岳/蝶槍
画像

火打山・妙高山(妙高山の手前に乙妻山・高妻山が被る)
画像

真砂岳・野口五郎岳・三ツ岳/喜作新道と牛首山/蝶槍への稜線
画像

大天井岳・中大天井岳/手前には旧蝶ヶ岳・蝶槍
画像

常念岳・前常念岳(常念は四回登っているがまた行くことあるだろうか)
画像

蝶ヶ岳ヒュッテ・蝶ヶ岳(旧)長塀ノ頭(富士山が見えなかったのは残念。明日は拝めるだろうか?。)
画像

御嶽山・乗鞍岳・霞沢岳・焼岳
画像

前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳(そろそろ日没です。大キレットに落ちて行きます。)
画像
画像
画像

御嶽山・乗鞍岳・霞沢岳・焼岳
画像

奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳(落ちましたね~。明日も良い天気になってくれますように)
画像

牛首山・大天井岳・東天井岳・常念岳・前常念岳・蝶槍
画像

焼山・火打山・妙高山(この3山はまた紅葉の時期に訪れたい山です)
画像

鷲羽岳・真砂岳・野口五郎岳・三ツ岳/西岳・赤岩岳・牛首山
画像
あぁーまたしても一つ年老いてしまいました。何時まで山を楽しめる体力が続くだろうか(努力次第かな)明日もきっと良い天気になってくれるだろう。
(二日目)
8月10日(晴れ) 蝶ヶ岳ヒュッテ~蝶槍~横尾~上高地
【瞑想の丘から富士山】
画像

夜中に目覚めて外を見ると月明かりと星空。そして松本の町明かりも綺麗に見えていた。それからはもう殆ど眠れなかった。目覚まし時間4:20分前には布団から出てトイレ行ったり。準備は寝る前に殆どすませてあるのでライトや水をザックにしまい外に出るとだいぶ東の空が焼け始めてきていた。
今日の予定は瞑想の丘で日ノ出を見た後蝶槍へ行き横尾へと下山だ。結構ノンビリ行動で良さそうだが、横尾に下りた時間によっては横尾上高地間は登山者などが多いだろうな~。
コースとタイム
蝶ヶ岳ヒュッテ4:40→瞑想の丘4:42(日の出待ち)5:15→横尾分岐5:37→蝶ヶ岳三角点5:45→蝶槍5:52→蝶ヶ岳三角点6:03(休憩)6:21→横尾分岐6:27→なんちゃって槍見台7:25(休憩)7:40→槍見台7:58→横尾8:20(休憩)8:30→新村橋9:11→徳沢9:25(休憩)9:30→明神10:11(休憩)10:20→上高地バスターミナル11:02(行動時間:6時間22分)
4:40分に小屋を後に直ぐの瞑想の丘へ移動
画像

富士山・鳳凰山・甲斐駒ヶ岳(今日は姿を見せてくれました。)
画像

御嶽山・乗鞍岳・霞沢岳・焼岳
画像

焼岳・明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット
画像

奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・赤沢山・西岳
画像

野口五郎岳・牛首山・大天井岳・中天井岳・東天井岳・常念岳・前常念岳・蝶槍と右後方に焼山・火打山・妙高山・黒姫山
画像

焼山・火打山・妙高山・高妻山・戸隠山・黒姫山・飯縄山
画像

四阿山・浅間山方面の朝焼け
画像

奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳(穂高岳山荘の明かりも見えてます)
画像

乗鞍岳・霞沢岳
画像

焼山・火打山・妙高山・高妻山・戸隠山
画像

焼岳・明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳
画像

富士山の右に見えるは毛無山か。/鳳凰山・甲斐駒ヶ岳・駒津峰・アサヨ峰
画像

蓼科山・天狗岳・硫黄岳・横岳・赤岳と手前には鉢伏山
画像

岩菅山?・横手山?・白根山?だろうか。
画像

乗鞍岳・霞沢岳
画像

岩菅山?・横手山?・白根山?だろうか。その後方は上越国境?の山々だろうか。
画像

瞑想の丘からの朝焼け(雲で隠れていて確認できないが恐らく浅間山付近に昇ってくるのかな。
画像

前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳/赤沢山
画像

そろそろ日ノ出ですかね。
画像

明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳素晴らしい~
画像

瞑想の丘にて日の出
画像
画像
画像
画像

乗鞍岳・霞沢岳
画像

明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳
画像

真砂岳・野口五郎岳・三ツ岳/牛首山・大天井岳・中天井岳・東天井岳・常念岳/蝶ヶ岳三角点峰・蝶槍
画像
画像
画像

焼山・火打山・妙高山(手前に高妻山)・黒姫山
画像

蝶ヶ岳ヒュッテ・蝶ヶ岳(旧)長塀ノ頭
画像

美ヶ原・八子ヶ峰・蓼科山・鉢伏山/鍋冠山
画像

天狗岳・硫黄岳・横岳・赤岳・権現岳・編笠山
画像

明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳
画像

焼岳・明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳と影蝶ヶ岳
画像

焼山・火打山・妙高山・黒姫山・飯縄山
画像
画像

八子ヶ峰・蓼科山・鉢伏山・天狗岳・硫黄岳・横岳・赤岳・権現岳・編笠山
画像

明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳
画像

北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山・西岳と右後方に鷲羽岳・水晶岳
画像

牛首山・大天井岳・中天井岳・東天井岳・常念岳・前常念岳/蝶槍
画像

焼岳・明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレットと穂高に映る影蝶ヶ岳(もう少し焼けると思ったがここまででした)
画像

奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山・西岳・赤岩岳
画像

四阿山や浅間山が見えていたらもっと感動的な日ノ出だっただろうな。
画像
そろそろ三角点・蝶槍へと向かおうかな。
小屋から直ぐでこれだけの展望が得られて言うことなしです。05年の9月の宿泊の時は大荒れの天気でした。12年9月常念~蝶の縦走時は蝶槍付近からガスが出始めてあまり展望は良くなかった。三度目にしてやっと蝶ヶ岳からの素晴らしい展望をプレゼントされた。

槍穂高連峰/喜作新道/裏銀座縦走路/表銀座縦走路の山々(見渡す限り殆どが歩いた山々でここまで見えるとジーンときます。そろそろ三角点と蝶槍へ向かいます。
画像

素晴らしいこの展望を眺めながらの歩き最高~~~~~
画像
画像

明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳
画像

北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳¥槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山・西岳・赤岩岳
画像
画像
画像

大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山・西岳・赤岩岳
画像

焼岳・明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳
画像

乗鞍岳・霞沢岳・焼岳
画像

瞑想の丘・蝶ヶ岳、(旧)長塀ノ頭を振り返る。下山したくないが混雑だけは避けたいので仕方ないかな。
画像

素晴らしい稜線歩きです。
画像

西岳・赤岩岳/真砂岳・野口五郎岳・三ツ岳/牛首山・大天井岳/蝶ヶ岳三角点峰/常念岳
画像

獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山・西岳・赤岩岳/真砂岳・野口五郎岳・三ツ岳/牛首山・大天井岳
画像

大滝山・蝶ヶ岳(旧)長塀ノ頭(段々と遠くになって行くます。)
画像

オヤマソバ・ミヤマダイコンソウ・チシマギキョウ・イワベンケイ
画像

横尾分岐(天気が良いので三角点・蝶槍へ行ってここへ戻ってきます)
画像

蝶ヶ岳三角点峰(旧)蝶ヶ岳(右ピーク)へと登っていきます)依然として素晴らしい展望が広がっています。)
画像

涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山・西岳・赤岩岳
画像

明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻
画像

御嶽山・乗鞍岳・霞沢岳と槍見台など中村新道
画像

蝶ヶ岳三等三角点2.665m(旧)蝶ヶ岳山頂(三角点ゲット)
画像

牛首山・大天井岳・東天井岳・常念岳・前常念岳と蝶槍は直ぐ目の前です。
画像

中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山・西岳・赤岩岳/真砂岳・野口五郎岳・三ツ岳/牛首山・大天井岳・東天井岳
画像

涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山・西岳・赤岩岳
画像

明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳
画像

御嶽山・乗鞍岳・霞沢岳
画像

大滝山・蝶ヶ岳(旧)長塀ノ頭
画像

八子ヶ峰・蓼科山・北横岳縞枯山・茶臼山・丸山・天狗岳・硫黄岳・横岳・赤岳・権現岳・編笠山
画像

2.833mピーク峰・真砂岳・野口五郎岳と手前の尾根は喜作新道
画像

西岳ヒュッテ・西岳と後方は鷲羽岳
画像

常念岳/蝶槍となんと素晴らしい展望でしょうか。
画像

蝶槍2.661m山頂(三回目)と牛首山・大天井岳・東天井岳・常念岳・前常念岳
画像

イワツメクサ
画像

蝶槍2.661m山頂
画像

牛首山・大天井岳・東天井岳・常念岳・前常念岳と手前は縦走路の通る2.592mピーク峰
画像

大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山・西岳・赤岩岳/真砂岳・野口五郎岳/牛首山・大天井岳・東天井岳(出来る物なら、またこれらの山々を縦走できたらな~と思いながら眺めてました。)
画像

獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山・西岳
画像

2.833mピーク峰・真砂岳・野口五郎岳・南真砂岳と手前は喜作新道(この稜線再び水晶岳へと縦走できたら良いな~)
画像

槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山
画像

槍ヶ岳山荘と槍ヶ岳(素晴らしい)近々?(来年までには)三度訪れたい)
画像

奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳
画像

牛首山・大天井岳・東天井岳
画像

蝶ヶ岳(旧)長塀ノ頭・蝶ヶ岳三角点峰・御嶽山・乗鞍岳・霞沢岳
画像
何と素晴らしい展望なんだろう。
そろそろ横尾分岐へと戻り下りだ。この素晴らしい展望もフィナーレ。下りたくはないが午後から曇り空の予報である。山の天気は変わりやすい。今度来るときは2~3泊ぐらいしたいものだ。
後方から八子ヶ峰・蓼科山・八ヶ岳連峰/美ヶ原・鉢伏山/鍋冠山
画像

牛首山・大天井岳・東天井岳・常念岳・前常念岳/蝶槍/蝶ヶ岳三角点峰の三等三角点(広い三角点峰で朝飯の弁当食べながら展望満喫。なんと贅沢な一時なんだろう。)縦走中の皆さんここ(三角点)へ寄っていく人はいませんね(縦走路から30m位なのに)。まぁ人それぞれだから良いか。
画像

明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・大キレット・獅子鼻・南岳
画像

獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/真砂岳・野口五郎岳/赤沢山・西岳・赤岩岳・牛首山・大天井岳
画像

真砂岳・野口五郎岳/牛首山・大天井岳・東天井岳・常念岳・前常念岳/蝶槍
画像

瞑想の丘・蝶ヶ岳
画像

前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根
画像

横尾分岐へと戻ってきました。ここを右へ折れて下っていきます。直ぐに樹林帯に入り展望はなくなるようです。
画像

(見納め)乗鞍岳・霞沢岳・焼岳・明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳
画像

さぁーてと横尾へと下っていきます。
画像

見えてる内にもう一度眺めときます。【大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山・西岳・赤岩岳】
画像

大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根/赤沢山・西岳・赤岩岳
画像

横尾への登山道樹林帯に突入です。
画像

5分位下ると明神岳・前穂高岳・奥穂高岳が見えてました。この先はなんちゃって槍見台まで展望もなく若干の花を見ながら下って行くのみでした。
画像

途中、単独の男性とすれ違う。なんちゃって槍見台に到着です。少し切り開いてあり展望が得られます。
画像

中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根
画像

前穂高岳
画像

赤沢山・西岳・赤岩岳(日本百標高ベストの赤沢山は登山道無いがすんなりと山頂を踏めた。)
画像

北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳(この区間も自分としては(すんなり)予想に反して通過できたな~)
画像

北穂高岳(北穂高小屋も見えている)と手前に屏風ノ頭
画像

奥穂高岳・白出のコル
画像

獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根/手前に横尾尾根
画像

槍ヶ岳・東鎌尾根・北鎌尾根
画像

槍ヶ岳山荘・槍ヶ岳
画像

槍見台へとドンドン下っていきます。一組の夫婦とすれ違い段独の男性を追い越しました。そして槍見台到着です。
画像

獅子鼻・南岳・中岳・槍ヶ岳/横尾尾根のコルと左の壁が屏風岩
画像

赤沢山・西岳・赤岩岳(喜作新道は静かなコースでした。いずれまた歩きたいコースです)
画像

屏風ノ頭・南岳・横尾尾根のコル・槍ヶ岳・赤沢山・西岳・赤岩岳
画像

だいぶ緩い下りになってきました。そろそろ横尾に着くのかな。
画像

タマガワホトトギス・カメバヒキオコシ・ミドリユキザサ
画像

横尾へ下り立ちました。そこそこに登山者はいますが意外と少ない気がします。もう殆どが涸沢や槍ヶ岳方面へ進んだのだろうか。【横尾大橋と屏風ノ頭】
画像

【明神岳・前穂高岳】10分ほど休憩して徳沢への遊歩道を進んで行く。時間的にすれ違う登山者が多い。
画像

ハクサンオミナエシ・ソバナ・センジュガンピ・トリカブト・ヤマホタルブクロ
画像

前穂高岳・屏風ノ頭
画像

前穂高岳(所変われば見え方も変わってきます。)
画像
画像

横尾方面を振り返る。
画像

なだらかな道を進み新村橋を過ぎると徳沢は近い。徳沢で5分ほど休憩し左にキャンプ場を見送り明神へと進んで行きます。9:30分を過ぎてるのですれ違う登山者もグ~ンと少なくなりました。
画像

明神岳・前穂高岳
画像

振り返ると大天井岳・中天井岳・中山が見えてました。
画像

屏風ノ頭・大天井岳・中天井岳・中山
画像

明神岳・前穂高岳
画像

ドンドン進み明神到着です。ここまで来ると観光の人がグ~ンと増えました。
画像

明神岳(5峰?)かな
画像

明神を後にバスターミナルへと進みます。河童橋に着くと観光者で賑わっているが、あれっ少ないんじゃね~的な感じてした。そして穂高を見ると案の定雲に覆われ始めていました。ここに長居は無用。バスターミナルへと進みコールです。
画像

バスターミナルからの【焼岳】10日に小規模な噴火を起こしたようです。詳細は分かりませんが入山規制はかかっていないようでした。自宅へ帰り調べたところ、今のところ入山規制などはない模様。ただし、登る場合は万が一に備えてヘルメットを着用がベストとのことだ。もし、焼岳に登る場合は十分に情報を確認の上登るようにした方が良いだろう。
画像
今回の山行はバースデー登山として展望の良い蝶ヶ岳をチョイスした。コースは当然今まで歩いていないコースで長塀尾根。山頂付近まで展望のない急な登りと所々泥濘のあるコースだから当然ある。出だしは雨量規制のため通行止めで出鼻を挫かれたが、歩いてみたいコースだったのと予想以上の天気展望に恵まれて大満足の山行でした。

"バースデー登山【長塀山・蝶ヶ岳・三角点・蝶槍】縦走" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント