百名山(69)山梨県の山【瑞牆山2.230m】

2017年2月19日(日)はれ 
山梨県の山 【瑞牆山2.230m】 メンバー:Yちゃん・Tちゃん・やまや
何時もの山中間(Yちゃん)からTちゃんと19日に瑞牆山に登ると。雪の瑞牆山はまだ登っていないので一緒に登ろうと言うことになり、里宮平の駐車場に6:00分待ち合わせで登ってきた。
瑞牆山から八ヶ岳連峰
画像


コースとタイム(超ユルユルの滅茶苦茶なタイムなので参考になりません)
里宮平駐車場6:40→富士見平小屋7:40→天鳥川徒渉点8:24→瑞牆山10:32(休憩)12:31→天鳥川徒渉点14:06→富士見平小屋14:53→里宮平駐車場15:47 (行動時間:9時間07分)

Yちゃん・Tちゃんが待ち合わせ時間通りに到着。30分位ノンビリ後支度して瑞牆山目指してレッツGo。アイゼンは着けずにスタートするが15分位で傾斜が増してくる辺りで着けるようだろう。
画像

予想通りバリンバリンに凍結。アイゼン装着して登っていくが落ち葉の多いところは逆に歩き難い。
画像

里宮平から伸びている林道を横断。(時間はかかるが駐車場からこの林道を終点まで進んでも良い。終点から富士見平小屋まで10分位だろう。)
画像

横断して登山道を5分位進み振り返るとアサヨ峰・仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳が見える。
画像

林道横断点から10分位登ったところで振り返ると間ノ岳・北岳/手前に観音岳・地蔵岳・高嶺が見える。
画像

息の上がる急登を登っていくとひょっこり尾根に飛び出し、樹林越しではあるが瑞牆山が飛び込んでくる。吹き上げてくる北風が強烈に冷たいので長居できない。ここから富士見平まではキツイ登りはない。
画像

15分位で富士見平に着く。意外とテン泊者が多いですね。この先トイレはないのでここでトイレ・(^。^)y-゜゜゜休憩。
画像

富士見平小屋前から富士山
画像

小屋前の富士山展望スポットから富士山を眺めるYちゃん・Tちゃん
画像

富士見平小屋をあとに瑞牆山へと進む。
画像

小川山分岐までは軽く登り下りしながら進む。北風が強烈に冷たくフードを被る。
画像

小川山分岐から天鳥川徒渉点へは激下りなので真面目に下りましょう。
画像

天鳥川徒渉点は完全に凍結している。(桃太郎岩まえにて)
画像

登山道沿いの凍結した沢。カチンカチンの氷にアイゼンが良く食い込み問題無く登って行く。
画像

たった5分位のアイスバーンの登りだったが結構楽しい。
画像

正規の道に戻り少々長い木の階段を登るが意外とキツい階段だ。段々と傾斜がキツくなってくる。
画像

今回の我がパーティーは亀さん歩きで超ゆるゆるでの計画。展望ある所では即座に休憩がてら眺める。振り返ると金峰山が見えていた。風が強いのか雪煙舞い上がってます。
画像

雪が少なく岩、石の出てるとこが多く歩き難い。
画像

クサリ場も現れ(雪が少ないので出ている)かなりキツい登りの連続。珍しくYちゃんが木の根に腰掛けて一息入れてる。
画像

休憩がてら富士山を眺めます。
画像

小ヤスリ岩が見えるようになると段々と展望が得られるようになる。
画像

振り返れば富士山と御坂山塊の山々
画像

見入ってる二人を呼び上げないと先へ進まない。
画像

またまた富士山眺めながら一休み。(山頂何時になった着くのやら)
画像
画像

小ヤスリ岩がダイブ近くなってきたね。
画像

広河内岳・農鳥岳・西農鳥岳と手前は辻山・砂払岳・薬師岳
画像

小ヤスリ岩への登り。(既に3時間経過。まぁ~山頂に11時までに着けば良い)
画像

真下から見上げる岩は圧巻だ。
画像

後方から南アルプス/鳳凰山/櫛形山・千頭星山/茅ヶ岳・金ヶ岳
画像

最後の一枚岩のクサリ場。ここも雪少なくてクサリ出ている。アイゼンが岩にガリガリ。念のためクサリを手に登り直ぐに大ヤスリ岩が見えてくる。
画像

アサヨ峰・仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳
画像

荒川岳/大ヤスリ岩/北岳(大ヤスリ岩と同じ高さになったと言うことは黒森分岐は近い)
画像

富士山・御坂山塊の山
画像

上河内岳・聖岳・荒川岳/茅ヶ岳・金ヶ岳/大ヤスリ岩
画像

黒森分岐で右に折れると直ぐに瑞牆山へのクサリ、ロープ、ハシゴ場だ。
画像

ハシゴ場を過ぎると直ぐに山頂で素晴らしい展望が得られる。日本百名山(69)山梨百名山(4)出版本順【瑞牆山2.230m】
画像

瑞牆山2.230m山頂にて(ゆかりさんは3回目かな・朋ちゃんは初・おじさんは4回目)
画像

兜岩・朝日岳・金峰山
画像

富士山・御坂山塊の山々
画像

竜ヶ岳・雨ヶ岳・高デッキ・毛無山
画像

七面山・山伏など安部山系の山々/笊ヶ岳・櫛形山/上河内岳/黒富士・曲岳・茅ヶ岳・金ヶ岳
画像

後方から上河内岳・聖岳・荒川岳・農鳥岳・間ノ岳・北岳/笊ヶ岳・鳳凰山/櫛形山・千頭星山/曲岳・茅ヶ岳・金ヶ岳
画像

南アルプス・中央アルプス・茅ヶ岳
画像

強かった風も収まり素晴らしい天気展望が広がっています。北ルプスが雲に覆われているのがチョッと残念だ。
上河内岳・聖岳・荒川岳・農鳥岳・間ノ岳・北岳/辻山・薬師岳・観音岳・地蔵岳/千頭星山
画像

アサヨ峰・仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳・鋸岳
画像

編笠山・三ツ頭・権現岳・赤岳・横岳・硫黄岳・天狗岳・中山・茶臼山・縞枯山・北横岳/手前の横尾山
画像

小ヤスリ岩・大ヤスリ岩
画像

金峰山・富士山
画像

山頂で銘々展望を楽しんだりスマホで写真送ったりしながら楽しんでます。
画像

小川山(何時かは歩いてみたい尾根です。)
画像

御座山
画像

Tちゃん展望満喫中。Yちゃんはみんなのお昼ご飯を作ってくれてます。何時も本当に有難う。
画像

八ヶ岳連峰/槍・飯盛山・横尾山などへの稜線(今立ってるところから横尾山→槍→飯盛山→天女山→赤岳→蓼科山→霧ヶ峰→美ヶ原と繋がっている。そして金峰山→奥秩父の山々→奥多摩の山々→小金沢連峰→御坂山塊→富士山頂へと繋がっている。)
画像

茶臼山・縞枯山・北横岳・三ツ岳・大岳
画像

アサヨ峰・仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳・鋸岳
画像

農鳥岳・西農鳥岳・間ノ岳・北岳と手前に鳳凰山
画像

上河内岳・聖岳・荒川岳・塩見岳・白河内岳などと一番手前は金ヶ岳
画像

展望を満喫している朋ちゃん
画像

大日岩
画像

富士山・御坂山塊の山々
画像

Yちゃんが作ってくれたお昼とデザートはドリップしたコーヒー、イチゴ大福、Tちゃんがチョット遅いけどバレンタインデーチョコと色々。展望を楽しみながらお腹もいっぱいになり動きたくなかった。色々有難う。ご馳走様でした。
画像

後方から御嶽山/経ヶ岳/入笠山(ガスが取れて御嶽山も顔出してくれた)
画像

中央ア【南駒ヶ岳・空木岳・東尾岳・熊沢岳・檜尾岳・宝剣岳・木曽駒ヶ岳・将棊頭山】白岩岳・釜無山
画像

瑞牆山から奥秩父・安倍山系・南アルプスの大展望
画像

金峰山・富士山
画像

Tちゃん何時の間にかザック背負い帰り支度済だ。まだ下りないよ~。Yちゃんはお昼作ってたからこれから展望楽しむんだよぅ。
画像

根子岳・四阿山・湯の丸、高峰高原の山・黒斑山・浅間山/男山・天狗山
画像

黒斑山・浅間山
画像

瑞牆山から彼氏(富士)を呼ぶYちゃんなであります。
画像

展望満喫中のYちゃん
画像

どっかりと座り動く気配全くありませんね。まぁ~満足するまでゆっくりと眺めててください。
画像

山頂で2時間。満足したかザック背負い下山準備万端。では下山前にハイポーズ
画像

雪に最高と書き込んで下ります。
画像

黒森分岐からは急な下り。アイゼン引っ掛けないように注意です。
画像

大ヤスリ岩と飛行機雲
画像

Tちゃんひっくり返りそうなくらい反り返り大ヤスリ岩を見上げてます。
画像

アサヨ峰・仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳・鋸岳/中央アルプス
画像

小ヤスリ岩にて(無理なこと止めてハイポーズ)
画像

登りと少し違うルートを通り岩潜りして遊びます。
画像

ガンガン下ってるように見えるがかなりノンビリと下りてます。氷結した沢の下りは特に楽しかった。ホンのチョッピリアイスクライミングの楽しさが分かったような?ホントかょ。
画像

クサリ場、ハシゴ階段と通り天鳥川徒渉点で(^。^)y-゜゜゜休憩。そして小川山分岐へ10分位の激登り。
画像

10分位と短い激登りだがキツイらしく休み休み登ってきます。
画像

軽く登り下りして富士見平に到着。トイレ、(^。^)y-゜゜゜休憩。
画像

もう登りはない。下るのみ。下る前に富士見平小屋をバックにハイポーズ。あっという間に尾根分岐。瑞牆山をバックにパチリ
画像

雪もダイブ溶けてアイゼンが雪団子ならぬ落ち葉団子になっている。これゃ~笑うしかないね(・∀・)。
画像

アイゼン外すも若干凍結場所があるので注意して下りていきます。
画像

駐車場到着。お疲れ様でした。今回もお二人さんの今の顔見る限り山や展望を満喫出来たように思える。良かった良かった。
画像
さぁ~少々遅くなったのでとっとと片付けて増富温泉へ行こう。

"百名山(69)山梨県の山【瑞牆山2.230m】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント