熊本県の山【仰烏帽子山】

2016年3月27日(日曜日)
熊本県の山 九州百名山仰烏帽子山1.302m』
今日が九日間の九州の山・滝の最終日だ。夜は月夜で少々明るかった。朝起きると東の空が赤く焼け始めていた。きっと良い天気になるだろう。
コースとタイム
仰烏帽子山登山口第2駐車場6:26→仏岩7:32→仏岩分岐7:41→風穴7:53→仰烏帽子山8:14→仏岩分岐8:47→第1登山口・第2登山口分岐8:47→第2登山口駐車場9:43
歩行距離:8.5㎞  行動時間:3時間17分  歩行速度:2.5㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル  累積標高(+593m)(-597m)
画像

仰烏帽子山登山口第2駐車場からの朝焼け(ノンビリとトイレや準備をする)
画像

第2駐車場からの朝焼け
画像

仰烏帽子山登山口第2駐車場にて日の出
画像
画像
画像
画像

青空にお月様(今日は良い天気になりそうだ。)
画像
画像
画像

仰烏帽子山登山口第2駐車場と簡易トイレ(今の所他には止まっていません)
画像

ノンビリと仰烏帽子山登山口を出発
画像

緩やかな道を進みます。
画像
画像
画像
画像

何となくフクジュソウがありそうな所ですね。
画像

咲いてます。この先が楽しみです。
画像

1.196mピーク峰・仰烏帽子山(右)
画像

少しずつ増えてきますがこの辺は殆ど終わりに近い。
画像

1.196mピーク峰・仰烏帽子山
画像

仏岩分岐で左のフクジュソウ群生地(仏岩)方面へと進みます。
画像

なだらかな道が続きます。
画像

霜が降りたみたいですね。空模様が怪しいと思ったらパラパラと雪
画像
画像
画像
画像

仏岩へと下っていきます。
画像
画像
画像

結構下っていきますね。
画像
画像

仏岩
画像

ここで右の山頂方面へと登って行く。
画像

鞍部から【仏岩】を見上げる。
画像

山頂へと向かっていく。
画像

クサリ場を過ぎるとなだらかな道が仏岩分岐へと続く。
画像

仰烏帽子山・仏岩分岐で斜め左の山頂方面へ進むが雪が本降りとなってきた。
画像

緩やかにアップダウンしながら進む。
画像

登山道が段々と白くなってくる。
画像

風穴
画像
画像

展望台分岐だかこの天気では何にも見えないだろうから行かず山頂へ。
画像

段々と登りになってきた。山頂は近い。
画像

山頂手前の岩帯の登り。
画像

仰烏帽子山山頂からの展望
画像

仰烏帽子山(1.302m)山頂到着です。残念ながら殆ど見えません。
画像

仰烏帽子山山頂石仏
画像

仰烏帽子山山頂三角点
画像

山頂のアセビ
画像

雪は止んでくれそうもないので早々に下山します。
画像

来た道を仏岩分岐へと戻っていきます。
画像

止む気配無し(この天気なので兎群石山へは行きません)
画像

今日は誰にも会わないだろうと思っていたら20人弱の団体さんが山頂へと向かっていった。
画像

石仏分岐(斜め左の第2駐車場方面へ。)
画像

直ぐの第1登山口・第2登山口(駐車場)分岐で第二登山口方面へと進んで行く。
画像

再び雪まみれの【フクジュソウ】が群生してました。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

どうにか雪も止み上空が明るくなってきました。
画像

フクジュソウ
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

西斜面では沢山のフクジュソウを見ることが出来満足です。天気が回復してきたが30分足らずで登山口ですね。
画像

仰烏帽子山はまだ雪が降ってるみたいだ。
画像

緩やかな道をドンドン下ります。
画像

この付近で3人登って行きました。
画像

仰烏帽子山登山口第2駐車場到着です。一台止まってるが3人のグループの車だろう。
画像
20人位のパーティーは第一登山口からのようでマイクロバスが止まっていた。
最後の最後で雪に見舞われたが今回の旅(9日間)は大満足できる旅でした。鹿児島の実家へと車を走らせてた。

"熊本県の山【仰烏帽子山】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント