長野県の山【入笠山】

2015年8月7日(金曜日)晴れ  
長野県の山 三百名山(240)花百名山(48)【入笠山1955m】
昨日、車山下山後【入笠山】佛平峠付近の八ヶ岳絶景ポイントでノンビリする予定で入笠林道に入った。まもなくしてマイカー規制の看板が目についた。日本ジオパーク認定やユネスコエコパーク登録などで沢入登山口~御所平峠まで8時から15時の間通行止めになっていた。(4月25日~11月3日の間)
仕方ないので3時間あまり日影のある路肩で写真データ整理などしながら時間をつぶした。15時頃沢入登山口へ行くと警備のおじさんが通って良いよ。絶景ポイントに到着するも八ヶ岳などガスで何にも見えていなかった。膝に湿布とサポーターを施してから喰って飲んで寝た。夜中には雨も降ってきたがそのまま寝込んだ。
翌朝、4:10分に目が覚めて外を見ると八ヶ岳がクッキリ見えて朝焼けが始まりかけていた。こうなるともう眠れない。日の出をじっくりと待つ。
今日の行動時間はノンビリ3時間位。今の所膝は問題なさそうだ。首切登山口から20分位で山頂だ。後は下って入笠湿原散策後首切登山口へと林道歩き。問題無いだろう。
コースとタイム
首切登山口5:38→入笠山6:00(休憩)6:16→御所平峠登山口6:37→入笠湿原6:48(散策)7:37→御所平峠のお花畑7:46(散策)8:00→首切登山口8:23
歩行距離:5.3㎞  行動時間:2時間45分  歩行速度:1.9㎞/h  累積標高:(+316m)(-315m)
GPS軌跡
画像

佛平峠付近の展望ポイントにて【朝焼けの八ヶ岳連峰】
画像

佛平峠付近の展望ポイントにて【富士山】
画像

佛平峠付近の展望ポイントにて【朝焼けの八ヶ岳連峰】
画像

【朝焼けの八ヶ岳連峰・奥秩父の山々】
画像

朝焼けと富士山
画像

【金ヶ岳・茅ヶ岳】
画像

【蓼科山・北横岳】
画像

【朝焼けの八ヶ岳連峰】
画像
画像
画像

富士山
画像

【朝焼けの小川山・金峰山・金ヶ岳・茅ヶ岳】
画像

【朝焼けの八ヶ岳連峰】
画像

【朝焼けの横岳・三叉峰・赤岳・権現岳・編笠山・三ツ頭】
画像

佛平峠付近の展望ポイントにて【5:20分日の出と朝焼けの八ヶ岳連峰】権現岳右肩に登ってきた。
画像

【日の出と朝焼けの赤岳・権現岳・三ツ頭】
画像

【日の出と朝焼けの八ヶ岳連峰】
画像

展望ポイントから車で1分弱の佛平峠【首切登山口】
画像

首切登山口(入笠山最短コース)
画像

法華道(佛平峠)標識
画像

入笠山への登山道
画像
画像
画像

カワラナデシコ
画像

クルマバナ
画像

少々キツイ登りになってくる。
画像

クルマバナ
画像

岩場迂回コース分岐が右から合わさると山頂部が見えてくる。
画像

もう直ぐそこが山頂
画像

入笠山山頂(今日も誰もいないようだ)
画像

イブキボウフウ
画像

コウリンカ
画像

ノアザミ
画像

カワラナデシコ
画像

ヤマホタルブクロ
画像

シナノオトギリ
画像

六回目の入笠山山頂(今日はあまり展望はよくない)
画像

富士山
画像

鳳凰山
画像

甲斐駒ヶ岳
画像

鋸岳
画像

仙丈ヶ岳
画像

中央アルプス
画像

御嶽山・経ヶ岳
画像

守屋山
画像


カワラマツバ
画像

コオニユリ
画像

サワギキョウ
画像

コオニユリ
画像

入笠湿原のスズラン群生地を見上げる。
画像

ツリガネニンジン
画像

クガイソウ
画像

遊歩道とヤナギラン
画像

ノハナショウブ
画像

クサレダマ
画像

ノアザミ
画像

ヤナギラン
画像
画像

コオニユリ
画像

シシウド
画像

ワレモコウ・アキノキリンソウ
画像

クルマユリ
画像

エゾリンドウ
画像

カワラナデシコ
画像

ワレモコウ・コオニユリなどのお花畑
画像

コバギボウシなどのお花畑
画像

レンゲショウマ
画像
画像

クルマバナ
画像

入笠湿原を後に入笠山への遊歩道から御所平峠のお花畑へと進む。
画像

御所平峠へ林道ではなく遊歩道を歩きます。
画像

ホサキシモツケ?(全く自身ありません)
画像

ウツボグサ
画像

ハクサンフウロ
画像

クルマバナ
画像

コオニユリ
画像

お花畑
画像
画像

キバナノヤマオダマキ
画像

ミヤマアキノキリンソウ
画像

アカバナシモツケソウ
画像

御所平峠のお花畑
画像

ハクサンフウロ
画像

ワレモコウ
画像

アカバナシモツケソウ
画像

ヤマホタルブクロ
画像

クマイチゴ
画像

コオニユリ
画像

お花畑を後に首切登山口へ林道をテクテクと歩いて行きます。
画像

コウゾリナ
画像

サワギク
画像

マルバダケブキ
画像

ウバユリ
画像

昨日ノンビリした佛平峠付近の展望地
画像

蓼科山・北横岳
画像

八ヶ岳連峰
画像

首切登山口GOAL
画像
振り返ると三日間楽しい山歩きが出来た気がするが、膝にはまだまだ不安が残る山行だった。
夏本番、膝をかばいながら何処まで山登りが出来るか。だましだまし歩けるか難しいところではある。山はまぁ~何とかなるではすまない領域であることを自分自身しっかり自覚することも必要だ。

"長野県の山【入笠山】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント