神奈川県【菜ノ花台・塔ノ岳・大山】

2014年11月18日(火) 
神奈川県【三角山600m】の菜ノ花台展望台から夕焼けと夜景
週間天気予報では三日間晴天マークである。久々に菩提峠から塔ノ岳(表尾根)を日帰りピストンと大山北尾根から大山~ヤビツ峠周回して歩いてくることに。当然、一日で歩くのは無理である。家から行ったり来たりも面倒だな~。菜の花台やヤビツ峠には駐車場・トイレもある。
一日目(18日)は女房を送った後、お昼頃家を出て二日分の食料・お酒を買い込み菜の花台へ。ここで富士山・箱根山・金時山などの夕焼けと藤沢・茅ヶ崎・秦野などの夜景を観賞。
二日目(19日)は菩提峠へ移動し塔ノ岳をピストン。
三日目(20日)はヤビツ峠~北尾根登山口~大山~ヤビツ峠を周回の二泊三日の予定で出かけてきた。
菜ノ花台へ行く途中、菩提峠に寄り道すると平日にもかかわらず20数台止まっていた(驚き)。ヤビツ峠駐車場も略満車状態だ(またまた吃驚)。14時頃に菜ノ花台駐車場に着くと10台止まっていた。相模湾や箱根・金時山など眺めながら遅いお昼と缶ピール飲み喰い。雲も少々出てはいる。それよりも霞が気になるが展望台に上ってみた。
展望台からの展望【岳ノ台・大山・三角山】
画像

浅間山・日向山・白山と後方に相模湾・江ノ島
画像

真鶴岬/浅間山・不動山・曽我山など/渋沢丘稜
画像

愛鷹山/矢倉岳・819mピーク
画像

金時山
画像

富士山/高松山・ジダンゴ山・日影山(やっぱり富士山は五合目付近から上は雲が被さっていた。)
画像

檜岳山稜~塔ノ岳/三ノ塔
画像

塔ノ岳・尊仏山荘(明日の10時頃はここに居るだろう)
画像

房総半島・三浦半島・相模湾・江ノ島
画像

伊豆大島(一旦車に戻り(2分)夕方まで昼寝。
画像

車から15時位の明神ヶ岳・金時山(雲が増えてきているので夕焼けの富士山は見れないだろう。)
画像

16時位から雲が焼け始めてきた。【二子山・箱根山・明神ヶ岳・金時山・矢倉岳/第六天】
画像

二子山・箱根山(駒ヶ岳・神山)・明神ヶ岳・第六天
画像

菜ノ花台展望台からの夕焼け
画像
画像

やっぱり富士山はガスの中でした。【富士山/高松山・ジダンゴ山・日影山】
画像

菜ノ花台展望台からの夕焼けと金時山
画像

矢倉岳・819mピーク
画像

金時山・矢倉岳・819mピーク
画像

菜ノ花台展望台からの夕焼けと展望
画像
画像
画像

【二子山・駒ヶ岳・神山/明星ヶ岳・明神ヶ岳】これ以上は期待できそうもないな。
画像
画像

三浦半島・相模湾・江ノ島
画像

ぶ厚い雲から太陽が顔を出してますがそろそろ終わりでしょう。
画像
画像
画像
画像
画像

菜ノ花台の展望台(晩飯を作りながら暗くなり夜景が広がるのを待ちます。)
画像

ここから藤沢市・平塚市・茅ヶ崎市・秦野市などの夜景
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

江ノ島展望台のライトアップされた明かりも見えている)
画像
画像

(二日目)2014年11月19日(水)丹沢山【塔ノ岳1.491m】
昨夜は夜景を見に来る若者が夜半まで来てよく眠れなかった。5時頃起きて(東)房総半島を見ると雲が多い。朝焼けは見れそうだが日の出はかなり遅れそうだ。パンなど食べトイレも済ませ様子を見る。
今日は山歩きがメインだ。日の出を待っては歩き始めるのが遅くなってしまう。菩提峠へと車を走らせた。途中のヤビツ峠駐車場には既に6台位の車が止まっていた。ここから塔ノ岳へ歩いていく人も多いが殆ど大山だろう。菩提峠に着くと一台の車のみ。
コースとタイム
菩提峠6:24→林道表登山口6:35→二ノ塔7:25→三ノ塔7:44→鳥尾山8:12→行者ヶ岳8:32→新大日9:11→塔ノ岳9:50(休憩)10:33→木ノ又大日10:57→新大日11:11→行者ヶ岳11:51→鳥尾山12:18→三ノ塔12:45→二ノ塔13:07→林道登山口13:38→菩提峠13:47
歩行距離:13.2㎞ 行動時間:7時間43分 歩行速度:1.7㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル 累積標高(+1.493m)(-1.460m)
画像

菜ノ花台から平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市の夜景と朝焼け
画像

朝方の秦野市
画像

菩提峠に車をデポして登山口への林道ゲート横から歩き始める。林道は登山口までなだらかだ。
画像

大凡10分位で左側に道標があり登山口だ。富士見山荘(今は更地)からの道は20m位前方右に出てくる。登山者数カウンターを横切り山道へと入っていく。
画像

右後方には大山が見えている。(山頂から左へ伸びている稜線が大山北尾根である。)
画像

登りながら左後方を見ると房総半島・東京湾・三浦半島・江ノ島・相模湾が見えていて黄金色に輝いていた。
画像

お日様が当たる頃、二ノ塔のガレ場に差し掛かる。
画像

高取山・仏菓山・三峰山・大山と東京方面の展望を眺めながら一息入れる。
画像
画像

円山木ノ頭・無名ノ頭・本間ノ頭/長尾尾根(もう一登りすると二ノ塔だ)
画像

二ノ塔からの展望【富士山とマユミ】
画像

富士山/大洞山・三国山/大野山・不老山/日影山・檜岳山稜
画像

富士山/大洞山・三国山/愛鷹山/二子山・箱根山(駒ヶ岳・神山)・三国山・金時山/明星ヶ岳・明神ヶ岳/第六天/高松山・日影山・檜岳山稜/大野山・不老山などの大展望だ。
画像

二ノ塔から一旦鞍部へと下り三ノ塔への長い木道階段で登り返していく。緩やかな木道になると三ノ塔は直ぐだ。現在、三ノ塔山頂は土流失対策工事中でした。また、その先のお地蔵様手前まで木道設置工事を行っていた。
画像

三ノ塔からも素晴らしい展望広がっている。【筑波山】が見えていました。
画像

スカイツリー(634m)こうやって見ると高いですね~。
画像

黄金色に輝く東京湾・相模湾と房総半島・三浦半島・江ノ島(相模湾へ流れる相模川も輝いています。)
画像

真鶴岬と小田原市
画像

南郷山・星ヶ山・白銀山・二子山・駒ヶ岳・神山/明星ヶ岳・明神ヶ岳
画像

二子山・箱根山・明神ヶ岳・三国山・金時山/第六天
画像

三国山・金時山・愛鷹山・矢倉岳・819mピーク/高松山など
画像

富士山/大野山・不老山・大洞山・三国山・鉄砲木ノ頭/檜岳山稜
画像

鍋割山・小丸・大丸・塔ノ岳・木ノ又大日・新大日/日高・竜ヶ馬場・丹沢山
画像

三ノ塔山頂部と避難小屋を後に鳥尾山へと向かいます。お地蔵様まではなだらかだ。
画像

三ノ塔から鳥尾山への下り口のお地蔵様(帽子と蓑が1012年12月の時より新しくなっていた。誰かお地蔵様の寸法を測り手編みで作り被してくれたんですね。)
画像

ここから鞍部まで標高差140mを一気に下ります。かなり急で危険なところです。落石だけは絶対に起こさないように十分注意して通過しましょう。
画像

メギ
画像

鞍部まで無事下りて進んでいくと木道になり鳥尾山は直ぐだ。簡易トイレが設置してありました。お互い綺麗に使いましょう。【鳥尾山から相模湾・真鶴岬/浅間山・不動山・曽我山・二子山・箱根山/明星ヶ岳・明神ヶ岳・金時山・矢倉岳/第六天】
画像

愛鷹山・富士山/二子山・箱根山・明神ヶ岳・金時山・矢倉岳/第六天・高松山・ジダンゴ山・日影山・伊勢沢ノ頭・檜岳
画像

鳥尾山からも【筑波山】が見えていました。
画像
画像

行者ヶ岳山頂(ここから1.209mピークまではクサリ場(三カ所)・ガレ場の危険地帯です。)
画像

行者ヶ岳からの展望【金時山・矢倉岳/愛鷹山・富士山/高松山・ジダンゴ山・日影山・伊勢沢ノ頭・檜岳/櫟山・栗ノ木洞/大倉尾根】
画像

一番目にのクサリ場
画像

三番目の一番長いクサリ場
画像

1.209mピーク峰へのガレ場で木道階段の無い所はスリップしやすいので十分に注意して通過しよう。
画像

新大日山頂部
画像

富士山/金泠シ
画像

愛鷹山/大倉尾根
画像

二子山・箱根山(駒ヶ岳・神山)・三国山/明星ヶ岳・明神ヶ岳・火打石岳・金時山
画像

木ノ又大日から塔ノ岳方面へ下っていくと崩落のため登山道が付け替えられていた。
画像

富士山・塔ノ岳(あと15分位で山頂に着くだろう)
画像

塔ノ岳への登りで頑張り所だ。
画像

塔ノ岳山頂到着です。既に10数人の人達が食事したり展望見たりと思い思いに寛いでいる。
画像

筑波山(かろうじて確認できる程度だが見えている)
画像

スカイツリーもどうにか確認できる。
画像

ランドマークタワーは問題なく眺められました。
画像

相州アルプス/鍋嵐・辺室山・三峰山/大山北尾根・大山/長尾尾根・木ノ又大日
画像

塔ノ岳山頂から箱根方面の展望
画像

塔ノ岳山頂から富士山方面の展望
画像

塔ノ岳山頂から南アルプス方面の展望
画像

塔ノ岳山頂から奥秩父方面の展望
画像

富士山/大洞山・三国山・鉄砲木ノ頭
画像

高松山・大野山・不老山/伊勢沢ノ頭・檜岳・雨山/大丸・小丸・鍋割山
画像

南アルプス・八ヶ岳連峰/同角ノ頭・テシロノ頭・檜洞丸・熊笹ノ峰・大室山・臼ヶ岳
画像

蛭ヶ岳・棚沢ノ頭・不動ノ峰
画像

笊ヶ岳・聖岳・赤石岳・荒川岳/雨ヶ岳・石割山
画像

間ノ岳・北岳・仙丈ヶ岳・鳳凰三山/御坂山塊(黒岳・三ツ峠山)/畦ヶ丸
画像

仙丈ヶ岳・鳳凰三山・アサヨ峰・甲斐駒ヶ岳/三ツ峠山・清八山・本社ヶ丸
画像

赤岳・硫黄岳/金峰山・朝日岳・国師ヶ岳・東梓・富士見・木賊山・三宝山(甲武信ヶ岳は木賊山に被る)/ハマイバ丸・大蔵高丸・湯ノ沢峠・白谷丸・黒岳・牛奥ノ雁ガ腹摺山・小金沢山・大菩薩嶺/赤鞍ヶ岳/ミカゲ沢ノ頭
画像

塔ノ岳山頂標柱
画像

権現岳・キレット・阿弥陀岳・赤岳・横岳・硫黄岳・天狗岳/ハマイバ丸・大蔵高丸・湯ノ沢峠
画像

東梓・富士見・木賊山・三宝山/熊沢山・大菩薩嶺/姥子山
画像

徳右衛門岳・蝙蝠岳・塩見岳/蛾ヶ岳・王岳
画像

白河内岳・大籠岳・広河内岳・農鳥岳
画像

上河内岳・聖岳/布引山・笊ヶ岳/毛無山・雨ヶ岳・竜ヶ岳/太平山・石割山
画像

三浦半島・相模湾・江ノ島
画像

伊豆大島
画像

初島・真鶴岬
画像

塔ノ岳山頂からの展望(さ~て下山するかな)
画像

(下山)木ノ又大日・鳥尾山・三ノ塔と大山を眺める。
画像

富士山(こんな感じ好きだな~)
画像

崩落で付け替えられた登山道(白いのは昨夜降った雪です)
画像

木ノ又大日三角点か(最高点にありました)
画像
画像

新大日山頂標柱
画像

新大日からの富士山
画像

新大日からの下り
画像

アセビ
画像

行者ヶ岳へのクサリ場
画像

行者ヶ岳からの展望
画像

鳥尾山から三ノ塔
画像

三ノ塔への登り
画像
画像

三ノ塔からの展望
画像
画像

二ノ塔から大山
画像

林道表尾根登山道入口
画像

GOALの菩提峠ケートに戻ってきました。
画像

菩提峠の紅葉と大山
画像

大山と建設省国土地理院電子基準点
画像
明日歩き始めるヤビツ峠駐車場へ移動して、ビール飲みながら今日の写真をPCへ落として確認整理だ。

2014年11月20日(木)  丹沢山系【大山1.248m】
朝起きて空を見上げると雲が多く星も殆ど見えていない。天気が早く崩れそうだ。今回、北尾根は中止して雪のあるときにでもまた登に来よう。しかし、帰るには少々惜しい気がする。ダメ元で大山に登り朝焼けを見てから帰ることにして、日の出に合わせて5時少し前にヤビツ峠駐車場から歩き始めた。
暗闇の中、彼方此方できらきら光る目がこっちも見つめている。臭かったので近くにいるだろうとは思ったがあまりにも多い数のシカだ。気持ち悪いがなかなか逃げていかない。ちょっと遊んでやろうと駆け寄っていくと一目散に逃げていった。お月様がうっすらと見えている。雲はそれ程厚くはなさそうだ。途中で江ノ島方面の夜景が木々の間から見えていた。
山頂手前の阿夫利神社(下の鳥居)から朝焼けだ。どうにか日の出には間に合ったようだ。
画像

大山々頂奥の院(山頂到着です)もうライトはいらないくらい明るくなってきた。
画像

大山山頂標柱と朝焼け(下のテーブルのあるところから話し声が聞こえてくる。先客がいるようだ。)
画像

横浜方面と江ノ島・三浦半島/相模湾
画像

奥から房総半島・東京湾・三浦半島・相模湾・江ノ島
画像

大山山頂からの朝焼け
画像
画像

日の出だ。(登ってきて良かった~。)
画像
画像
画像
画像

一旦雲に隠れて再びのお出ましである。ラッキー
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

大山々頂奥の院
画像

大山山頂からの展望(多分、富士山は雲の中だろうが裏の電波塔群の方へ行ってみよう。)
画像

相州アルプス(高取山・仏菓山・経ヶ岳・華厳山・経ヶ岳)・三峰山・鐘ヶ嶽
画像

鍋割山・小丸・大丸・塔ノ岳・日高・竜ヶ馬場/二ノ塔・三ノ塔・鳥尾山・行者ヶ岳・新大日と三ノ塔後方にうっすらと富士山が確認できる。(やっぱり雲の中でしたね)
画像

新大日・塔ノ岳・日高・竜ヶ馬場・不動ノ峰・丹沢山
画像

大山山頂から丹沢の山々
画像

奥から富士山/大洞山・三国山・鉄砲木ノ頭/不老山・伊勢沢ノ頭・檜岳/二ノ塔・三ノ塔(雲が無かったら富士山も少し焼けてくれたかも)
画像

また山頂へ戻りました。【大山からの朝焼け】
画像

横浜ランドマークタワー
画像

相模湾と真鶴岬(秦野市・小田原市)
画像

二子山・明星ヶ岳・箱根山・明神ヶ岳・金時山/第六天
画像

房総半島・三浦半島・江ノ島・相模湾/藤沢・茅ヶ崎・平塚
画像

富士山は見えないし雲も段々多くなってきているのでヤビツ峠駐車場へ下山します。【阿夫利神社鳥居(上)】
画像

阿夫利神社鳥居(下)
画像

(下)鳥居付近からの朝焼け
画像

25丁目のイタツミ尾根分岐への下り
画像

25丁目からの江ノ島と朝焼け
画像

イタツミ尾根から大洞山・三国山/大野山・不老山/日影山・伊勢沢ノ頭/二ノ塔・三ノ塔(後方に富士山のシルエット)
画像

イタツミ尾根から三ノ塔・塔ノ岳・日高・竜ヶ馬場・不動ノ峰・丹沢山・丹沢三峰
画像

ヤビツ峠への下り
画像
画像
画像

ヤビツ峠駐車場手前からの展望で、やっぱり太陽さん雲の中に隠れてしまいました。
画像

7:30分ヤビツ峠駐車場に下山。約2時間30分の山行でした。
画像
今日であった人は山頂で二人・下山時にトレランの人一人でした。まだ、帰るには早いので彼方此方紅葉を見ながら帰りました。

"神奈川県【菜ノ花台・塔ノ岳・大山】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント