湯の丸高原の山々とレンゲツツジ観賞山行

2014年6月23日(月)~6月24日(火)【湯の丸高原】 
(1日目)23日 湯の丸高原(地蔵峠)付近を散歩
梅雨入りしたのにやたらと天気が良いでは無いか。これはお天道様が山に行けよと言っているようだ。
ならはこの時期の花はレンゲツツジだ。むぅ~~~そうだ。以前通過した地蔵峠(湯の丸高原)や甘利山のレンゲツツジが有名だ。どっちにしょう。甘利山はもう遅いかもしれないな~と言うことで10時に家を出て3日分の燃料(ビール)を買い込み(食料は途中のコンビニで調達)予定で女房には行き先(登る山)はそのつど連絡すると言って家を後にした。
15時少し前に地蔵峠の駐車場に到着。駐車場はこの時間でも半分くらいは埋まっていた。レンゲツツジを見に来ている人が意外に多いようだ。天気も良いし夕立ちはなさそうなのでビール一缶飲んでから付近を散策。さてさてどんな花達が迎えてくれるだろ
オオヤマフスマ
画像

シロバナヘビイチゴ
画像

ミヤマニガイチゴ
画像

ウマノアシガタ
画像


これが見たかったんですね。でも本当に観たい場所はここではない。この上にあるツツジ平だ。まだ八分咲きらしいが明日が楽しみだ。
レンゲツツジ
画像
画像
画像
画像
画像

ウマノアシガタ群生
画像

ウマノアシガタとレンゲツツジ
画像

棧敷山(この山と小棧敷山も歩いてみたい山だ。一度歩いている三方ヶ峰のコマクサとセットで訪れてもいいな~)
画像

イヌナズナ
画像

ツマトリソウ
画像

マイズルソウ
画像

チゴユリ
画像
画像

ツクバネウツギ
画像

クルマバツクバネソウ
画像

オオマムシグサ
画像

?ツバメオモト?
画像

エンレイソウ
画像

サラサドウダン
画像

ツマトリソウ
画像

スズラン
画像

ミネヤナギ
画像
画像

スズラン
画像

とまぁ~普段目にする花が多かったです。明日はどんな花たちが出迎えてくれるのか楽しみですね。
駐車場へ戻り静かな場所へ移動して、一杯やりながら写真整理やネット(天気の確認)などしているうちに、第一、第二駐車場には私の車だけ。外灯の明かりが気になるが、今夜は静かでぐっすり眠れそうだ。

2014年6月24日(火曜日)
湯の丸高原の山『烏帽子岳2.066m・湯ノ丸山2.101m・角間山1.981m』
夜中は雲一つない星空が広がっていた。きっと天気はいいだろうと思いつつ再び横になり4時ころ起きる。あちゃ~付近の山々はガスで見えていない。まぁ~予想はしていたが残念だ。展望は期待できないだろうが花を期待しよう。
コースとタイム
地蔵峠駐車場5:12→キャンプ場5:21→中分岐5:34→湯の丸山分岐5:58→稜線出合6:28→烏帽子岳6:54→湯の丸山分岐7:36→湯の丸山8:13→角間峠8:53→角間山9:30→角間峠9:55→湯の丸山10:58→つつじ平11:32→リフト乗場11:51→地蔵峠駐車場12:00
歩行距離:15.6㎞ 行動時間:6時間48分 歩行速度:2.3㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル 累積標高(+1262.2m)(-1.261.7m)
画像

駐車場(1.2ともに)合わせて3台。第一駐車場へ移動し準備して歩き始める。既に2台の車の人は発っているようだ。
画像

先ずは烏帽子岳を目指し、おみやげさんの右手・送電線鉄塔の左手の間のキャンプ場へ延びる林道を進んでいく。
画像

臼窪キャンプ場で林道歩きは此処までだ。ここにテント張ってあっちこっち歩くのも悪くないな。
画像

臼窪湿原はこの先だが花はどうだろ。
画像

臼窪湿原(殆ど見られない)がくっ。この先少々心配になるが湿原とは異なる花が観れるだろう。
画像

臼窪湿原から烏帽子歩道へと進んでいきます。なだらかな道です。
画像

少し滑りそうな階段を登っていくと
画像

左からドウダンツツジの小道が合流する中分岐だ。右に湯の丸山への道を見送り真直ぐに進む。
画像

等高線を観れば分かるが、烏帽子歩道は湯の丸山をまくほぼ水平動が湯の丸山分岐付近まで続く。
画像

ズミ
画像
画像
画像

湯ノ丸山分岐(残念ですね。正面が烏帽子岳のはず。)この辺りから展望のいいコースのはずなんだけど。
画像

ズミ(果実は果実酒になるらしい)
画像

分岐から少し進むと登りになつて来ました。
画像

コケモモ
画像

ベニバナイチャクソウ
画像

グンナイフウロ
画像

いよいよガスの中に突入
画像

ゴゼンタチバナ
画像

マイズルソウ
画像

先行者がもう下りてきました。展望は全く得られずで直ぐに下りてきたとのこと。残念。
画像

イワカガミ
画像

レンゲツツジの蕾
画像

ミヤマニガイチゴ
画像

ツルキンバイ
画像

ハクサンチドリ
画像

稜線が見えてきた。
画像

???
画像

稜線へ出ました。右へ進みます。
画像

展望の良い稜線歩きなのだがガスで残念だ。
画像

コケモモ
画像

スズラン
画像

イワカガミ
画像

時間的にはまだ先のはず。まぁ~このピークに立てば分かるさ。
画像

ツガザクラ
画像

少々下り出しました。前方がよく見えないので地図を確認すると若干下り登り返したところが山頂のようだ。
画像

ズミ
画像

大きな標識だな~。見えてるところがピークかな~。
画像

まだ7時前焦ることは無い。花を楽しみながらゆっくり行くだ。
画像

ウラジロヨウラク
画像

ウラジロヨウラク
画像

そろそろ山頂だろう。
画像

コケモモ
画像

おぉ~山頂だ。
画像

これが三角点か?。一応ゲット
画像

烏帽子岳山頂にて(展望無いのに何処見てんのかな~。)北アルプス方面を見てます。
画像

?アカマツ?
画像

ナツグミ
画像

なかなかガスは消えそうもないので湯ノ丸山へ向かいます。
画像

ゴゼンタチバナ
画像

コマクサ
画像

シロバナコマクサ
画像

展望得られない分、花をじっくり楽しみながら湯ノ丸山分岐へと下りていきます。
画像

左へ折れて稜線を離れます。
画像

地蔵峠・籠ノ登山方面なんですけどね~。行き来する車の音が微かに聞こえてきます。
画像

ハクサンチドリ
画像

ガス間に湯ノ丸山への分岐見えています。
画像

湯ノ丸山分岐と湯ノ丸山(ガスが消えれる~)
画像

湯ノ丸山へ登っていきます。今の所勾配はそれ程キツくありません。
画像

段々と傾斜がキツくなってきました。
画像

スズラン
画像

キツ~イ  まだ8時。ゆっくり行こう。
画像

イワカガミ
画像

ミツバオウレン
画像

イワカガミ
画像
画像
画像

傾斜が緩くなってきました。山頂は近いだろう。展望あるかな~
画像

湯ノ丸山山頂に到着。
画像

山頂三角点ゲット
画像

湯ノ丸山山頂部と後方は棧敷山(左)・小棧敷山(右)だろうか。
画像

湯ノ丸山山頂にて(烏帽子岳まだガスの中か。)
画像

まだ8時過ぎ。下りるには早すぎる。角間山まで往復2.3hか行ってこよう。先ずは2.098mピークを越え角間峠へ下っていきます。
画像

イワカガミ
画像

湯ノ丸山山頂を振り返ります。またここへ戻ってくるのだ。なぜって。それは今回の主目的であるつつじ平のレンゲツツジを見るために。
画像

ツガザクラ
画像

スノキ
画像

棧敷山・小棧敷山
画像

2.098mピーク
画像

角間山
画像

角間峠へと下っていきます。
画像

結構下っていくようだ。下に角間山への道が見えている。
画像

角間峠(意外とキツイ下りだった。きっと登り返しもキツイな~)
画像

休憩後、角間山へと登って行きます。笹が払われていて歩きやすいが笹の上は滑りやすいので注意だ。
画像

2.098mピークを見上げます。あそこまで登り返すのか。キツそう。
画像

棧敷山・小棧敷山・西篭ノ登山
画像

レンゲツツジ
画像

緩やかな登りです。
画像

シロスミレ
画像

角間山が見えてきました。
画像

スノキ
画像

山頂手前の急登だ。一応クサリを設してある。
画像
画像

コケモモ
画像

角間山山頂にて(浅間山方面を見る)
画像

山頂三角点ゲット
画像

イワカガミ
画像

レンゲツツジ
画像

コケモモ
画像

棧敷山と鹿沢温泉付近を見下ろす。
画像

湯ノ丸山
画像

ズミ
画像

角間峠へと下りていきます。
画像

角間峠(東屋で休憩)
画像

角間峠の案内図
画像

さぁ~湯ノ丸山へ登り返しだ。
画像

サラサドウダン
画像

一番キツい登りにさしかかりました。
画像

サラサドウダン
画像

先ほど登頂した烏帽子岳がやっと姿を見せてくれました。
画像

田代湖
画像

傾斜が緩くなってきた。もう直ぐ2.098mピークです。
画像

ベニバナイチヤクソウ
画像

角間山・鍋蓋山
画像

2.098mピークから湯ノ丸山(山頂には子供たちがいっぱいです。ワイワイガヤガヤここまで聞こえてきます。)
画像

西篭ノ登山・東籠ノ登山・池ノ平・湯の丸スキー場て手前下がつつじ平です。草原にはオレンジ色が見えています。楽しみです。
画像

烏帽子岳
画像

湯ノ丸山山頂に着くと、まだ子供たちが次から次へと登ってきます。引率の先生に確認すると290名登ってきているらしい。11時前か。子供たちが登ってくるまで待って下りることにしょう。さぁ つつじ平へ下りていこう。(石が多く以外と歩き難い道です)
画像

ミツバオウレン
画像

大人の団体さんも何パーティーか登って行きました。(10人以上のパーティーはグループ分けし間を開けて登ってきてほしいですね。でないと下りの人が待ちくたびれてしまいます。)
画像

つつじ平に到着です。ここから左の柵に中へと入ります。
画像

しばらくはつつじ平のレンゲツツジ
画像

つつじ平から湯ノ丸山
画像
画像
画像
画像
画像
画像

雷が激しく鳴り出しました。急ぎ足でつつじ平を後にします。(ここがリフトを降りてきたところの入口です)
画像
画像

当然、リフトには乗りません。右からリフト沿いを下りていきます。リフトのスピード以外と遅いです。乗っている人より私の下る方が断然早い。『西篭ノ登山・湯の丸スキー場
画像

GOALの地蔵峠到着です。下りてきてビックリです。登るときは3台しか停まっていなかったが満車状態です。第2駐車場も7割近くは停まってますね。やっぱ湯の丸高原はレンゲツツジで知られているだけあるな。(つつじ平は八分咲き。リフト乗り場右側はほぼ満開)
画像

少し休憩してから次の山『根子岳・四阿山』の登山口菅平牧場の登山者用駐車場へと向かいました。

"湯の丸高原の山々とレンゲツツジ観賞山行" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント