鈴鹿セブンマウンテン『竜ヶ岳』

2014年4月2日水曜日竜ヶ岳1.099m』・『静ヶ岳1.089m』
鈴鹿セブンマウンテン5座目をAmebaブログ『やまっ娘』←は此方から:ペンネーム(ゆかっち)と歩いてきました。
登山口は宇賀渓駐車場(有料500円)。ここでゆかっちと待ち合わせです。4時30分頃に駐車場に入り、ゆかっちの到着を待ちました。
コースとタイム
駐車場6:42→竜の雫6:57→裏道登山道入口7:03→金山尾根分岐7:15→遠足尾根分岐9:11→静ヶ岳分岐9:18→竜ヶ岳9:40→静ヶ岳分岐10:14→セキオノコバ10:50→静ヶ岳11:08→裏道登山道分岐13:00→遠足尾根登山口14:42→駐車場15:10  
歩行距離:16.318㎞ 行動時間:8時間28分 歩行速度:1.9㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロフアイル 累積標高:(+1.654m)(-1.637m)
画像

宇賀渓入口から駐車場(右)と竜ヶ岳
画像

到着後、金山尾根から登り出来れば静ヶ岳も行きたいな。下山は状況次第で裏道登山道か遠足尾根にしようか。
画像

登山届けだしてスタートです。
画像

ホタガ谷出合まで林道歩きです。
画像
画像

ミツバツツジ
画像

竜の雫
画像

遠足尾根登山口
画像
画像

裏道登山道入口。(ロープが撤去されて通れるようになったのかな~)
画像

林道はここまで。ここから先は登山道だ。
画像

白谷吊り橋を渡る。
画像

吊り橋からは右手に滝が素晴らしいですね。
画像

橋を渡り岩帯を進みます。
画像
画像

魚留の滝ですかね?。
画像

ここで遊ぶのはやめましょう。
画像

中道・小峠方面への道を左に分けて岩帯などを登っていく。
画像

アセビ
画像

展望が開け石榑峠からの登山道が通る尾根と竜ヶ岳見えます。
画像

竜ヶ岳
画像

岩帯を慎重に進む。
画像
画像

竜ヶ岳がだいぶ近づいてきました。
画像

いつも元気なゆかっち
画像

段々と展望が開けてきます。
画像

雲母峰・釈迦ヶ岳・御在所岳・雨乞岳と手前は三池岳ですかね。
画像

釈迦ヶ岳・御在所岳・雨乞岳・銚子ヶ口と手前は三池岳
画像

右から遠足尾根登山道が合流です。
画像

御池岳・藤原岳
画像

養老山地の養老山だろうか。
画像

竜ヶ岳までもう少しです。尾根に出たら寒いですね。一枚羽織進みます。
画像

直ぐに静ヶ岳・銚子岳分岐です。
画像

先に竜ヶ岳へ行くだょ。
画像

竜ヶ岳山頂ですかね。
画像

鈴鹿セブンマウンテン(五座目)竜ヶ岳山頂にて(ゆかっち)と三角点ゲット
画像

今日は飛ばないみたいだね。
画像

雲母峰・釈迦ヶ岳・御在所岳・雨乞岳・銚子ヶ口と手前は三池岳
画像

雲母峰・釈迦ヶ岳・御在所岳と手前は三池岳
画像

御在所岳
画像

東雨乞岳・雨乞岳
画像

日本コバですか?。
画像

静ヶ岳・銚子岳・御池岳
画像

御池岳・藤原岳・銚子岳・静ヶ岳
画像

養老山地の山々と手前に遠足尾根が見えます。
画像

飛びます飛びます  おっ やっぱ飛んだ。
画像

藤原岳を眺めながら静ヶ岳・銚子岳分岐へと戻っていきます。
画像

分岐を静ヶ岳・銚子岳へと向かいます。
画像

短いがいきなり急斜面の雪渓を横断
画像
画像

前方に静ヶ岳を見ながらのんびり進みます。
画像
画像

分岐から下りてくると風もなく暑いです。一枚脱いで調整して進んでいく。
画像

所々に池が現れ
画像

セキオノコバ(静ヶ岳・銚子岳分岐)に到着。先ずは静ヶ岳へ向かいます。
画像

静ヶ岳へ最後の登りかな。両側にはイワカガミが沢山あり花咲く頃は楽しめるところでしよう。
画像

静ヶ岳山頂に到着です。
画像

三角点ゲット(足つりそう)そして
画像

ピークに立てると嬉しいですよね。出ました。いつもの。
画像

山頂部は樹林であまり展望は得られませんでした。
『竜ヶ岳』
画像

三池岳・釈迦ヶ岳・御在所岳・雨乞岳
画像

明日の登山予定の雨乞岳楽しみです。(晴れると良いな)
画像

コーヒータイムも終わり下山です。銚子岳まで行きたかったが、明日の行程を考え下山することに。
画像

セキオノコバへと下りていきます。
画像

遊びながら下山します。藪の中へ
画像

消えてい(ないか?)
画像
画像

現れる。
画像

そして何時ものポーズと笑顔
画像

竜ヶ岳への分岐まで戻ってきました。山頂に5~6人見えます。
画像

金山尾根分岐で遠足尾根へと進みます。
画像

気持ちが良さそうな草原の道が伸びてますね。
画像

裏道登山道の分岐です。安全な遠足尾根を下ることにしました。
画像

傾斜のない雪渓を横断します。
画像

竜ヶ岳を振り返る。いい山でした。機会があったらまた登ろう。
画像

??なんで??内股歩き??

画像

ひょっとしてズルズルズリズリ越し引けてますよ。
画像

こう言うとこほんとに好きなんだな~。歩き方違うもんな~((うわぉ~))なんかあんの~~~~
画像

アブラチャン
画像

???

画像

竜ヶ岳見納めかな。
画像

植林帯へと入っていくようです。付いてきてる~
画像

この笑い何か企んでるな?。
画像

遠足尾根登山口まで下りてきました。そして林道をテクテクと戻ります。
画像

駐車場到着です。お疲れ様でした。温泉に入り次の登山口朝明渓谷へと向かい
画像

車の中で宴会です。盛り上がりました。
画像
画像
明日も楽しみですね。

"鈴鹿セブンマウンテン『竜ヶ岳』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント