鈴鹿セブンマウンテン『鎌ヶ岳・御在所岳』

2013年11月30日(土) 
『鈴鹿』鎌ヶ岳1.161m・御在所岳1.212m(二回目)
菰野の道の駅から20分位だったと思うが、武平トンネル滋賀県側の駐車帯へ来ると速くも二台車が止まっていて既に登っていったようだ。(P)にはうっすらと雪が。御在所岳を見上げるとガスで見えていない。木々は白く見える。一方鎌ヶ岳は見えているが登山道らしき所が白く見えていた。予定では鎌ヶ岳を先に御在所岳が後。ほんの少しではあるがパラパラ落ちてきている。のんびりと準備しながら様子見。次から次へと登山者がやってきて鎌や雨乞へと登っていく。今日はノンビリ山行だ。滋賀県側は晴れ間も覗いているので歩き始める。
コースとタイム
武平トンネル(P)7:18→武平峠7:29→直登コース分岐8:15→鎌ヶ岳8:27→武平峠9:36→御在所岳三角点10:41→御在所岳10:45→アゼリア11:05(昼飯)11:40→大黒岩11:49→アゼリア前広場12:12→長者池12:32→峠道入口12:38→武平峠13:19→武平トンネル(P)13:29
歩行距離:10.185㎞ 行動時間:6時間11分 歩行速度:1.6㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル 累積標高:(+1.146m)(-1.147m)
画像

武平トンネルの滋賀県側(P)から先ずは鎌ヶ岳を目指します。レッツラGO
画像

トンネル真上から滋賀県側の展望(左右に駐車帯があります)
画像

今日はゆかっちに先を歩いて貰います。
画像

う~顔腫れぶったいですね。飲み過ぎですか。おっとおじさんもか。御在所岳・鎌ヶ岳分岐です。右の鎌ヶ岳へと進みます。
画像

きっと雨乞岳も舞っているだろう。
画像

今のところ鎌ヶ岳は大丈夫そうだな。でも急な山だな~。通称:鈴鹿の槍ヶ岳
画像

御在所岳の山上公園付近が見えてきました。
画像

ゆかっちもこのコース初めてらしい。
画像

ここは今のゆかっちの足には少々手強いかもね。コンパスが~と言いながら余裕でしたね。越えると
画像
画像

養老山地方面かな?~が左手に見えなだらかな道です。
画像

やっぱしね~。急登が・・・・・・でた~。伊勢湾と名古屋方面眺めながら登っていくとおぉ~素晴らしい。鈴鹿の槍:鎌ヶ岳かっこいい
画像

振り向けば御在所岳(後で行きますよ~待っててね~)
画像

凄い。楽しい。展望が楽しみだ。

画像

うっすらと雪が出てきましたね。朝方降ったようだな。この付近からおじさんが先頭に出ます。コンパスが~の連呼です。
画像

寒いはずだ。霧氷が見られます。
画像

今回は直登コースは避けて巻き道から登っていきますが、ここのトラバースは油断できないところですね。
画像

ガレ場を抜け尾根になるとこ普通に歩けます。
画像

仙ヶ岳や亀山/甲賀方面の山々ですか?。
画像

鎌ヶ岳山頂部に到着です。ピークはこの先にあるそうだ。
画像

鎌ヶ岳山頂の天照皇大神社社
画像

鎌ヶ岳山頂にて。ゆかっちは二回目?かな。
画像

サクラグチ(918mピーク)?手前は鎌尾根
画像

綿向山・奥草山・サクラグチなどだろうか。
画像

綿向山?か・雨乞岳(この後の方に琵琶湖があるはずだ)
画像

雨乞岳・七人山・イブネ
画像

御在所岳(後で通る道が見えています)
画像

養老山地の山々菰野町・名古屋方面などの展望が見られる。
画像
画像

伊勢湾
画像

鈴鹿セブンマウンテン四座目:鎌ヶ岳山頂にて
画像

入道ヶ岳・仙ヶ岳・サクラグチ・綿向山・伊勢湾方面の展望をどの山がそれか同定出来なかったが、ゆかっちが入れてくれたコーヒーを飲みながら楽しんだ。
画像

さ~て御在所岳へと向かいます。武平峠分岐へと下りていきます。
画像

直登コースを見上げながら慎重に下りていきます。
画像

はぁ~またもや(一日一回)は。
画像

あぁぁ足場が。
画像

武平峠分岐まで来ました。さて御在所岳へ向かいますか。
画像

山頂部まで登り登り登りです。暑いです。汗が噴き出ますね。
画像

上を行くおじさんなにやらかましたらしいですよ。ゆかっちと大笑いです。振り向くと鎌ヶ岳がかっこいい。
画像

岩帯は慎重に行きましょう。
画像
画像

頑張って登ってきます。完全にアルコール抜けましたね。
画像
画像

またもやココココンパスが~
画像

半分くらい登ってきたかな~。土曜日にしては登山者が少なくて良かったです。
画像

ゆかっちが何を狙っていましたがこの岩でした。ゆかっち曰く『ぐう岩』
画像

ぐう岩を過ぎると傾斜も緩くなってきました。
画像

山頂部の御嶽大権現が見えてくるとアスファルトの道は近い。チョイとお疲れの様子。
画像
画像

山頂部のアスファルト道に出て髭ダンスを踊り出したゆかっち。
画像

御嶽大権現はパス。長者池は後で行くことにして先に山頂へ向かいます。
画像

山頂部の木々には霧氷が見られます。
画像

御嶽大権現と霧氷(桜が咲いているようにも見えます)
画像

山上公園と霧氷
画像

先ほどまでいた鎌ヶ岳と霧氷
画像

日本二百名山(182)鈴鹿セブンマウンテン:・御在所岳(1.212m)山頂到着。二回目(この山はもう一度登に来ようと思っていた山だ。)
画像

なるほどね~山頂部はこうなっていたんですね。あそこが御在所岳の最高点か。
画像

ゆかっち滋賀県、三重県境を跨がる。
画像

ほんじゃおじさんも滋賀県、三重県境を跨がる。
画像

ここが御在所岳最高点ピーク峰。一番高い所にて
画像

じゃ~あたしも御在所岳の一番高い所にて
画像
画像

御在所岳望湖台から雨乞岳と琵琶湖方面
画像

望湖台からの展望
画像
画像

望湖台からの展望(水晶岳・金山・昨日の釈迦ヶ岳・三池岳ですかね。御池岳や藤原岳は雲の中ですね。)
画像

三国岳?と後方は養老山地の山々
画像

御在所岳山上公園
画像

鎌ヶ岳と伊勢湾
画像

お腹も空いてきたのでアゼリアへ向かいます。
画像

今日は山頂のアゼリアで昼めし(二人ともカレーラーメンを食べました。)
画像

そして外に出てゆかっちが一服。大黒岩へ行こうか迷ったけど、ゆかっちがやっぱり行こうと言うことで向かいます。
画像

大黒岩到着です。ゆかっがどうしても連れてきたかったところだそうです。あぁ~  なに驚いてるのかな~。内緒だそです。
画像

大黒岩にて(ゆかっちもここに来たかっのだ)
画像

大黒岩からの展望
画像
画像

雲母峰?
画像

雲母峰?・入道ヶ岳?かな~
画像

入道ヶ岳・鎌ヶ岳(超嬉しそうなゆかっち)いやいや何か企んでたな。
画像

浸ってます。何を考え何を思っているんだろ~?。
画像

かっこいいな~『鎌ヶ岳』
画像

山頂部へと戻ってきました。ゆかっち一服後下山します。
画像

長者池に寄り道(ドラにパンチ良い音です。あっゴムハンぶら下げてあるよ。早く言ってよ)
画像
画像

さてさて山道(峠道)へと入っていきます。
画像

あちゃ~ お決まりの出ました。
画像

駐車場が見えてきました。我らがムスタング二台も見えている。
画像

ザレ場注意しましょう。この直ぐ先が分岐ですね。
画像

ほら分岐到着(お別れも近いですね)
画像

そして登山口へと降り立ちました。二日間有り難う。ご苦労様でした。
画像
写真データを交換し合ってお別れ。ゆかっちは菰野を通り名古屋へ。おじさんは八日市から高速で敦賀・越前を通り石川・富山・新潟・長野へと向かったのであった。天気が悪く白山やアルプスの山々は見ることが出来なかった。ノンビリ日本海の旅人は中止。改めて旅することにしょう。

"鈴鹿セブンマウンテン『鎌ヶ岳・御在所岳』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント