福寿草を見たくて『藤原岳』

2013年3月26日(火)   藤原岳1.140m(福寿草観賞山行) 
今回で3回目。登山口まで来たのは5回目だ。全て花を求めてである。
藤原岳は福寿草で花の百名山にも選ばれている山だ。以前から見に来たかったがタイミングを逃して6~7年になる。やっとベストタイミングで遠征できるのでゆかっちさんに声かけてみた。まだ、見たことがないとのことで、一緒に福寿草観賞山行の運びとなり大貝戸コース登山口の駐車場で待合ることに。
コースとタイム
駐車場6:06→二合目6:24→四合目6:52→八合目7:43→藤原山荘8:49→天狗岩9:41→藤原山荘11:20→下山開始12:20→駐車場14:45
歩行距離:14.189㎞ 行動時間:8時間39分 歩行速度:1.6㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル 累積標高(+1.344m)(-1.335m)
画像

5:40分頃ゆかりさんと合流。昨年の11月以来だ。また楽しい山登りになるに違いない。
お日様のお出ましと同時に大貝戸コース登山口駐車場をSTART
画像

あらら はやくも・・・・・・・
画像

神武神社の右手から山道を進んで行く。
画像

ザックに何時ものてるてる坊主をぶら下げて張り切ってます。
画像

緩やかな登りが続きます。
画像

二合目(浅山車難子)通過
画像

気になって覗き込んでしまうと言うゆかりさん。今回また覗き込んでいます。何が気になるの。この穴どうして出来たんだろね~不思議だ~。
画像

三合目。そろそろ踊り出すのかな。
画像

アセビ(きゃわぃ~)と夢中で撮っています。
画像

四合目でもお決まりのポーズです。
画像

アセビ
画像
画像

でるぞ~   ついに始まりました。
画像
画像

八合目から1128m付近を見上げる。
画像

八合目を過ぎると残雪が出始めた。福寿草なかなか出てこないな~
画像

でた~~(九合目付近)
画像

カメラを出してキョロキョロ。足下みて登りましょう。
画像

やった~福寿草一杯だ~。感激だ~。最高だ~。ここから先へなかなか進まない気がする。
画像
画像
画像
画像
画像

福寿草バシバシ撮ってほんの少しずつ上へと登っていきます。
画像
画像

ゆかりさ~ 名古屋・桑名方面でっかー
画像

どうにか藤原山荘到着です。
画像

飛んでいるのは気持ちだけで足地面に着いたままじゃん。後は藤原岳
画像

お昼には早すぎるのでこのまま天狗岩向かいます。
画像

藤原岳
画像

霊仙山・伊吹山
画像

伊吹山と左後方は金糞山?だろうか。
画像

金糞山?か
画像

能郷白山方面
画像

養老山地の山々
画像

福寿草探しながら天狗岩へ進んで行きます。
画像

やっとこさ見つけた蕾
画像

結構残雪あります。これでは福寿草は出てきませんね。
画像

誰も歩いていないとこ歩いています。
画像
画像

ゆかり出没
画像

天狗岩から藤原岳
画像

天狗岩からの展望
画像

藤原岳
画像


黒鼻の女天狗
画像

竜ヶ岳・御在所山方面の展望だろう。
画像

御池岳
画像

難しい表情してます。そうか朝早かったので眠いんですね。
画像

天狗堂・滝谷山?か。手前は土倉岳かな
画像

旭山・日本コバ・天狗堂などだろうか。
画像

銚子ヶ岳・静ヶ岳で後方は御在所山や雨乞岳などの山々か。
画像

竜ヶ岳・銚子ヶ岳・静ヶ岳と後方は釈迦ヶ岳・銚子ヶ口などの山々か。
画像

藤原岳と後方は竜ヶ岳への遠足尾根
画像

土倉岳・御池岳
画像

藤原山荘へ戻ります。
画像

天狗岩にマスクマン現れる。
画像

藤原山荘付近の福寿草
画像

藤原山荘近くの2級基準点
画像

藤原山荘付近の福寿草
画像
画像
画像

何で見たか覚えていないが山頂付近には二つの池があるらしい。一つ(??次郎池)はピークから微かだが見た記憶がある。それがこれだろうか。
画像

二つ目がこれだろうか。
画像

山荘で昼食(ホイル焼き)美味しかったです。ごちそうさまでした。下山開始です。
画像

まーまー満足そうですかね。
画像

下山時再び福寿草のオンパレード。帰りの方が若干開いている気がする。なかなか下山できないかもね。
画像
画像
画像
画像

夢中で撮っています。
画像
画像
画像

セツブンソウ?(違うかも)
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

さ~てカメラをしまいがんがん下りましょう。
画像

八合目通過。ホントにすたこらさっさと下りていきます。
画像

GOALの大貝戸コース登山口の駐車場に到着です。お疲れ様でした。
画像
明日もゆかりさん霊仙山に付き合ってくれます。今晩は二人とも車中泊です。
取りあえず阿下喜温泉へと向かいます。その後食料を仕入れて藤原町365号線沿いのトイレのあるパーキングへ移動して宴会です。呑みながら山の話など盛り上がりあっという間に22時を過ぎていました。やばい、明日四時起きで榑ヶ畑へ移動だ。早々に切り上げて仮眠。今日はお疲れ様でした。

"福寿草を見たくて『藤原岳』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント