みずがき自然公園から【瑞牆山】周回

2012年11月2日  【瑞牆山2.230m】二回目
今日も昨日に続き繋ぎ山行だ。以前、里宮平から金峰山・瑞牆山をピストンいる。林道を歩いて横尾山へ繋いでも良いのだが出来るだけ登山道を歩いて繋ぎたい。今回、みずがき自然公園から小川林道終点経由で瑞牆山を周回するコースで歩いてきた。
コースとタイム
みずがき自然公園6:15→小川林道合流点6:25→小川林道終点6:38→不動滝7:24→夫婦岩7:42→じじくい坂7:51→黒森分岐8:47→瑞牆山8:53→黒森分岐9:21→天鳥川徒渉点10:22→富士見平10:49→富士見平林道入口11:05→みずがき林道分岐11:13→芝生広場分岐11:347→みずがき林道11:49→みずがき自然公園11:55  
(歩行距離:13.94㎞ 行動時間:5時間40分 歩行速度2.4㎞/h)
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル 累積標高:(+1.036m)(-1.027m)  
画像

昨夜は駐車場には私を含めて2台で朝方3台来ました。夜中、風が強かったので今日の天気が心配だったんですがすっきりと晴れてくれました。
画像

スタート前の瑞牆山
画像

自然公園駐車場を後にみずがき林道を小川山林道合流点と向かう。昨日、下見で歩いている。
画像

昨日は雲が多く見えていなかったが今日はすっきりと見えています。
自然公園からアサヨ峰・栗沢山・仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳・鋸岳と日向山・鞍掛山・大岩山も見えている。
画像

観音岳・中白根山・地蔵岳・北岳・高嶺
画像

瑞牆山
画像

みずがき林道を小川山林道へと向かっていきます。
画像

小川山林道に合流し右へと進んで行きます。
画像

小川山林道に入ると直ぐにダートの道となります。
画像

小川山林道終点登山口(車数台駐められますのでピストンする人はここまで車で入ると良いかも)
画像

比較的緩やかに登っていきます。
画像

皆さんは何に岩に見えますか。
画像

鋸岳を300倍で引っぱりました。
画像

手前は横尾山で後は三ツ頭・権現岳だろう。
画像

依然として緩やかに登っていきます。静かです。
画像

偶にこんな所も現れます。楽しい
画像

時々、平らなところもありますね。
画像

登山道沿いの岩壁です。
画像

不動沢沿いを進みます。クサリの手すりは当てにしない方が良いです。非常に弱いです。
画像

登山道らしくなってきました。
画像

登山道沿いには色々な岩群が見られ飽きないコースです。
画像
画像

不動沢を右岸へ渡り直ぐに右へ折れて進んで行きます。
画像

まだ緩い傾斜が続きます。全然疲れませんし汗も出てきません。
画像

あれ~滝らしき物が見えます。不動滝に到着です。静かな滝ですね。
画像

不動滝
画像
画像

不動滝から見えていた岩
画像

不動滝を過ぎると少しずつ険しいところが現れてきます。
画像

不動沢の徒渉点です。左岸へ渡ります。
画像
画像

少々沢沿いの道を行きます。滑りやすいので注意です。
画像

夫婦岩
画像

じじくい坂の急な登りです。
画像

シャクナゲの咲く頃綺麗でしょうね。
画像

南八ヶ岳の三叉峰・横岳でしょうか。
画像
画像

ここは少しだけルートに注意しましょう。
画像

これが三冠岩だろうか?。
画像

??岩
画像

樹林帯の道で岩もよく確認出来ませんが面白いですね。
画像
画像

この付近は少々きついところがあります。(足が短いので届かない股が開かない。)
画像

黄金色に輝くカラマツ
画像

そろそろ富士見平からの道と合流するはずだ。
画像

美味しそうな氷柱ですね。
画像

富士見平からの道と合流する黒森分岐に到着です。後10分弱で山頂です。
画像

分岐を左へ折れて進みます。
画像

山頂まで注意しましょう。
画像

この短い梯子を登ると山頂だ。
画像

二回目の瑞牆山山頂到着です。今のところ私を含めて3人で静かです。
画像

金峰山(五丈石がはっきりと見える)中央やや下に金峰山小屋も見えています。
画像

富士山・御坂山塊(大まかに御坂黒岳・節刀ヶ岳・王岳・三方分山)
画像

富士山・御坂山塊・天子山塊(竜ヶ岳・雨ヶ岳・毛無山)・帯那山系(水ヶ森)・中津森
画像

竜ヶ岳・雨ヶ岳・毛無山と手前に三方分山・蛾ヶ岳
画像

天子山系・安部山系・深南部の山々・南アルプス・奥秩父の山々
画像

安部山系・深南部の山々・南アルプス・奥秩父の山々
画像
画像

南アルプス・八ヶ岳連峰
画像

八ヶ岳連峰
画像

十枚山などの山々だろうか。
画像

七面山?・富士見山?などの山々か。後方は大無間山?などか。
画像

青笹山?・山伏?などか。
画像

笊ヶ岳?/櫛形山か。
画像

上千枚山?・茶臼山・上河内岳・聖岳
画像

上河内岳・聖岳・荒川岳(東岳)(中岳)/笹山・白河内岳
画像

後方から荒川岳(中岳)・塩見岳(ちょこっと)/笹山・白河内岳・広小内岳・農鳥岳・西農鳥岳/辻山
画像

後方から西農鳥岳・間ノ岳・中白根山・北岳/砂払岳・薬師岳・観音岳・地蔵岳・高嶺・赤灘沢ノ頭
画像

赤灘沢ノ頭・小太郎山・早川尾根ノ頭・ミヨシノ頭・アサヨ峰
画像

アサヨ峰・栗沢山・仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳
画像

後方から中央アルプス/白岩岳・釜無山/雨乞岳
画像

黒富士・1.640mピーク・曲岳
画像

茅ヶ岳・金ヶ岳
画像

三ツ頭・権現岳・旭岳
画像

赤岳・三叉路・横岳・硫黄岳
画像

大ヤスリ岩
画像
画像

大やすり岩と奥秩父、鳳凰、南アの山々
画像

小川山(この山も登頂済みだ。何時か富士見平へと繋ごう)
画像

瑞牆山の岩峰群
画像

朝日岳・金峰山
画像

飯盛山/横尾山(飯盛山~横尾山の稜線は来年歩いて繋ぐぞ)
画像

南八ヶ岳/飯盛山/横尾山
画像

塩見岳/農鳥岳・西農鳥岳/辻山・砂払岳・薬師岳
画像

間ノ岳・中白根山・北岳/薬師岳・観音岳・地蔵岳・高嶺
画像

仙丈ヶ岳/アサヨ峰・栗沢山・甲斐駒ヶ岳
画像

甲斐駒ヶ岳・鋸岳/日向山・鞍掛山・大岩山
画像

大展望を満喫したし登山者が増えてきて賑やかになってきたので富士見平へと向かいます。
画像

慎重に下りましょう。
画像

黒森分岐は来た道と反対の左の富士見平へと向かいます。
画像

直ぐに歩きにくい急さかを下りていきます。
画像

こんな所が多いので下りは特に注意です。
画像

岩を眺めながらゆっくり下りていきます。登っていく登山者が多くなってきました。
画像
画像

まだまだ続きますね。
画像
画像

登山道沿いは岩壁が多く飽きないです。
画像

山頂部を見上げる。人の声がここまで聞こえてきます。(そんな大きな声でしゃべらなくても)
画像
画像

以前登ったときはこんなに歩きにくく無かったよな~。
画像

飽きませんね~
画像
画像
画像
画像

16年前よりやっぱり歩きにくくなっているきがします。。
画像

展望の無い下りをひたすら下りていると、いきなりの展望で富士山/御坂山塊が素晴らしい。
画像

何処までこんな道が続いているのか。山頂ピストンなら断然小川林道終点からが楽だ。
画像
画像

以前は無かったぞ。
画像

無事、天鳥川徒渉点へと下りてきました。
画像

石の多い歩きにくい道を10分位登り返しです。
画像

登り切ると緩やかなアップダウンの道を進みます。
画像

小川山分岐です。シャクナゲの咲く頃ここから往復して繋ごう。
画像

素晴らしいですね~。
画像

なだらかな道ですが足首をひねらないように注意です。
画像

富士見平に到着です。小屋が前よりよくなっている気がする。
画像

綺麗なトイレですね。確か一回100円?と書いてあったような。
画像

富士見平のテン場です。十数張り設営しています。
画像

里宮平へと向かいますが途中から富士見平林道→みずがき自然公園へと進みます。
画像

途中の富士見平林道の道標に従って右へと折れて進みます。
画像

富士見平林道からの岩峰
画像

進んで行くと右手に道標がある。これに従いみずがき林道方面の登山道に入ります。
画像

さくさくと気持ちの良い落ち葉の上を歩いて行きますが、隠れている石など障害物に気をつけながら進みます。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

急な道になったり緩やかになったりしますが短いのでそれ程苦にはならないですね。
画像
画像
画像

画像

この道に入り紅葉も先ず先ずです。
画像
画像

あっ道が消えた~。よく見てください。右手に赤布が。そう、ここで90度右へ折れます。
画像

ほ~ら 良い道があるでしょう。進んで行くと三叉路の
画像

みずがき林道と芝生広場の分岐です。ここは芝生広場へと進みます。
画像

よく整備された道です。
画像

再び三叉路でここでも芝生広場へと進みます。(みずがき林道方面へ向かうと登り返しになりますよ)
画像

直ぐに小さな川に架かった丸太橋を渡ります。
画像

またも三叉路でここは、みずがき林道芝生広場方面へ向かいます。(芝生広場へ向かうとやや登りですね)
画像

約1分ほど進むと左手に道がありますのでここへ進んで行きます。(多分、まっすぐ行っても広場へ行くと思います)
画像

するとみずがき林道と富士見平への登山口の(P)が見えてきます。
画像

ここで右へみずがき林道を5分程進んで行くと
画像

みずがき自然公園へと戻れます。(戻ってきました。)
画像

下山後のみずがき自然公園駐車場からの瑞牆山
画像

帰りに増富ラジウム鉱泉にノンビリ入り帰りました。

"みずがき自然公園から【瑞牆山】周回" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント