長野県の山【鉢伏山~三峰山】

2012年8月29日
鉢伏山1.928m・三峰山1.887m】へ歩いて美ヶ原、霧ヶ峰、八ヶ岳連峰に繋いできました。
この山行予定は昨年の9月頃マツムシソウが咲く頃と計画していたが怪我のため今年度に持ち越しとなっていた山行ある。予定としては鉢伏山~三峰山ピストン。高ポッチ高原で仮眠後次の日そこから鉢伏山をピストンする予定で前日の20時頃二日分のお酒・食料を買い込み鉢伏山荘駐車場に着き軽く呑み仮眠。
翌朝、展望台で日の出をと早起きしたが風とガスで周りは真っ白である。雨は降ってい。上空に時々青空が覗くので準備して待機。鉢伏山周りのガスが殆ど消えたので5時55分に歩き出した。
コースとタイム
鉢伏山荘駐車場5:55→鉢伏山山頂6:20→展望台6:24→鉢伏明神の石祠と石碑6:33→二ツ山、三峰山分岐6:40→前二ツ山7:21→二ツ山7:54→三峰山9:58→二ツ山12:27→前二ツ山13:03→二ツ山、三峰山分岐13:48→前鉢伏山14:09→鉢伏山荘駐車場14:31
歩行距離:22.702㎞ 行動時間:8時間36分 歩行速度:2.6㎞/h
GPS軌跡データ
画像

垂直プロファイル 累積標高(+1.594m)(-1.594m) 
画像

鉢伏山高原道路終点
画像

鉢伏山荘と駐車場
画像

鉢伏山荘と鉢伏山
画像

御嶽山
画像

駐車場は私の車だけだ。山荘の管理人も下山しているようです。
画像

維持管理費ですので必ず納めましょうょ。
画像

鉢盛山・乗鞍岳・十石山
画像

鉢伏山・前鉢伏山への遊歩道を進んで行きます。
画像

直ぐに前鉢伏山分岐で正面に美ヶ原が見えていました。
画像

武石峰・美ヶ原(王ヶ鼻)(王ヶ頭)電波塔なんど見ても痛々しいです。
画像

右へ折れて鉢伏山への遊歩道を進んで行きます。
画像

蓼科山・北横岳も見えてきました。
画像

凄い展望が広がっています。西穂高岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳と手前は中村新道の大滝山・蝶ヶ岳
画像

西穂高岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳と手前は大滝山・蝶ヶ岳・蝶槍
画像

槍ヶ岳・常念岳・横通岳・大天井岳・燕岳
画像

燕岳・有明山・剣ズリ・餓鬼岳・立山・針ノ木岳・蓮華岳・前鉢伏山
画像

針ノ木岳・蓮華岳・赤沢岳・爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳
画像

爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳・唐松岳・大遠見山・白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳・小蓮華山・白馬乗鞍岳
画像

北穂高岳・大キレット・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳と手前は蝶ヶ岳・蝶槍。その手前は鍋冠山
画像

常念岳・西岳・赤岩岳・横通岳・大天井岳
画像

裏銀座縦走コースの大下りの頭・燕岳・北燕岳と後方に野口五郎岳も見えています。
画像

鳶山・鷲岳・東沢岳・剣ズリ・餓鬼岳と手前は有明山
画像

立山・別山・剱岳と手前に舟窪岳・針ノ木岳・蓮華岳・七倉岳と餓鬼岳へ延びる尾根の大凪山
画像

爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳
画像

鹿島槍ヶ岳・五竜岳・唐松岳
画像

唐松岳・大遠見山・鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳
画像

山座同定見失いました。
画像

金山・戸隠山・焼山・乙妻山・高妻山・火打山
画像

美ヶ原
画像

蓼科山
画像

鉢伏山
画像

御嶽山で手前は大笹沢山
画像

鉢盛山
画像

乗鞍岳・十石山
画像

鉢伏山(マツムシソウで花の百名山なんですが真っ盛りのはずなのに一輪も見つけることが出来ません。また、他の花も殆ど見かけませんね。)ど~なってんの?
画像

山頂が見えてきました。
画像

鉢伏山山頂三角点(一回目は雪に埋もれていて分かりませんでしたね)
画像

山頂部の鳥居と祠
画像

鉢伏山山頂展望台
画像

南八ヶ岳(横岳・赤岳・阿弥陀岳・権現岳・編笠山)
画像

富士山
画像

南八ヶ岳と富士山
画像

鳳凰山・甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳・仙丈ヶ岳・塩見岳
画像

南アルプス
画像

中央アルプス・経ヶ岳
画像

御嶽山
画像

御嶽山・鉢盛山・乗鞍岳と手前に大笹沢山
画像

乗鞍岳・十石山・安房山
画像

富士山
画像

南八ヶ岳
画像

南八ヶ岳・富士山
画像

富士山・南アルプス・入笠山
画像

中央アルプス・経ヶ岳
画像

御嶽山
画像

鉢盛山
画像

乗鞍岳・十石山・安房山
画像

北アルプス・松本盆地
画像

西穂高岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大滝山・蝶ヶ岳
画像

北穂高岳・大キレット・蝶ヶ岳・南岳
画像

南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・蝶ヶ岳・蝶槍・2.592mピーク
画像

常念岳・西岳・赤岩岳・横通岳・大天井岳
画像

有明山・剣ズリ・餓鬼岳・立山・針ノ木岳・剱岳・蓮華岳と舟窪岳・七倉岳も見えている。
画像

爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳・唐松岳・大遠見山・鑓ヶ岳・杓子岳
画像

戸隠山・焼山・乙妻山・高妻山・火打山・黒姫山・妙高山・飯縄山
画像

富士山
画像

松本市と鉢伏山への高原道
画像

二ツ山分岐方面へ戻ります。
画像

雨乞信仰の名残の石祠・石碑へ寄り道します。
画像

雨乞信仰の名残の石祠・石碑
画像

二ツ山分岐です。ここを右へと折れて進みます。
画像

左の道へと進む。右は鉢盛山山頂と展望台へ。
画像

トウヒに付いた水滴が光って綺麗です。
画像

正面ピークへと進んで行く。
画像

林道跡から登山道へと入っていきます。
画像

正面のピークは通らずやや右へ巻いて進んで行きました。
画像

笹原の道でガスが笹を濡らしていてズボンはびっしょりです。
画像

横川山を右手に見送り下って行きます。
画像

この付近はしっかりした道です。二ツ山まではこんな道が続くのだろうか。
画像

時々ガス間に展望が開けます。美ヶ原
画像

ここも右手のしっかりした道を進みます。
画像

前の状況が全くつかめませんね。
画像

この先どうなっているの?。でも進みますよ。
画像

前二ツ山山頂に到着。ガスがなかったら展望いいのだろうな~。
画像

そんなに急ではないが登ったり下ったりを繰り返し進んで行きました。
画像

前二ツ山を振り返ります。ガスもだんだんと消えていきます。
画像
画像
画像

やっとガス間に北アルプスが見えました。
画像

爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳
画像

五竜岳・唐松岳・大遠見山
画像

杓子岳・白馬岳・小蓮華山
画像

中岳・大喰岳・槍ヶ岳と手前は蝶槍・2.592mピーク
画像

美ヶ原・茶臼山
画像

二ツ山まではおそらく問題ない道が続いているのだろう。
画像

美ヶ原・茶臼山
画像

立ち枯れが多いな~
画像

二ツ山山頂到着
画像

中岳・大喰岳・槍ヶ岳と手前に蝶槍・2.592mピーク・常念岳・西岳・赤岩岳
画像

爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳・唐松岳・小蓮華山
画像

北アルプス
画像

鳳凰山・甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳・仙丈ヶ岳・塩見岳
画像

蓼科山・北横岳・天狗岳
画像

富士山
画像

富士山・南アルプス
画像

北八ヶ岳・南八ヶ岳・富士山
画像

北八ヶ岳・南八ヶ岳と手前に霧ヶ峰
画像

鳳凰山・甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳・仙丈ヶ岳
画像

二ツ山を後に三峰山へと向かいます。この下りは等高線からすると相当な下りです。
画像

マルバダケブギ
画像

マルバダケブキ
画像

この下りを後で登り返すの辛いだろうな~
画像

気が遠くなりそうだ。
画像

なだらかになり尾根を巻いた道となってきました。
画像

少しキツイ下りを進むと緩やかになってきました。
画像

再びなだらかな巻道が続きました。
画像
画像

巻道なので展望はないだろうと思っていたが爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳・唐松岳・大遠見山が見えていました。
画像

美ヶ原もこんなに近くに見えるようになっていました。
画像

あっ 目的の三峰山が見えてきました。
画像

依然としてなだらかな道です。
画像

おっと  急に登り出しましたね。
画像

やせ尾根を通ります。右側は要注意です。
画像

傾斜もきつくなってきました。このまま三峰山まで進むのかなと思っていると
画像

緩やかになり前方が明るくなってきました。
画像

展望の良い場所に飛び出しました。鳳凰山・甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳・仙丈ヶ岳と手前には鋸岳
画像

伊那谷の右側の山だから茶臼山・将棋頭山・経ヶ岳だろう。
画像

富士山
画像

権現岳・編笠山
画像

この付近は注意しながら進みます。
画像

もう少しで三峰山山頂です。
画像

蓼科山・北横岳・中山・天狗岳・硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳・霧ヶ峰
画像

三峰山
画像

八ヶ岳連峰・霧ヶ峰
画像

鷲ヶ峰・富士山
画像

阿弥陀岳・キレット・権現岳と手前に霧ヶ峰(車山)
画像

鳳凰山・甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳・仙丈ヶ岳・鋸岳・入笠山
画像

ここを登り切ると二回目の三峰山山頂到着だ。
画像

三峰山山頂到着
画像

三峰山山頂標柱と浅間山
画像

三峰山山頂三角点ピークと北八ヶ岳・南八ヶ岳・霧ヶ峰
画像

三峰山山頂三角点
画像

三峰山山頂三角点と美ヶ原・茶臼山
画像

三峰山山頂三角点と浅間山方面の展望
画像

三峰山山頂三角点と富士山方面の展望
画像

蓼科山・北横岳
画像

中山・天狗岳・硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳・権現岳・編笠山・車山(霧ヶ峰)
画像

富士山・鷲ヶ峰
画像

甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳・仙丈ヶ岳・入笠山
画像

諏訪湖と守屋山
画像

爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳かな。
画像

三峰山山頂部と北アルプス
画像

美ヶ原・茶臼山・物見石山と中央付近にビーナスラインの物見峠か見える。ここは縦走路が車道と重なる所だ。
画像

根子岳・四阿山・湯ノ丸山・篭ノ登山・高峯山・黒斑山・浅間山と左手前は物石見山
画像

物見石山・根子岳・四阿山と後方には草津の山々
画像

湯の丸高原の(烏帽子岳・湯ノ丸山)高峰高原の篭ノ登山・水ノ塔山
画像

高峯山・黒斑山・浅間山
画像

荒船山
画像

蓼科山・北横岳
画像

中山・天狗岳(東天狗・西天狗)と手前には八子ヶ峰
画像

硫黄岳・横岳・三叉峰・赤岳・阿弥陀岳
画像

権現岳・編笠山・霧ヶ峰(車山)
画像

三峰山山頂部と北アルプス
画像

美ヶ原・茶臼山・物見石山と扉峠
画像

鉢伏山山への登山道が通る峰々
画像

二ツ山・鉢伏山へと往路も4時間かかるだろう。
画像

三峰山を下りて緩やかに少し進んだ所は注意です。どちらも同じくらいの踏み後ですがここはほぼ90度右へ下りていきます。
画像

稜線を巻いた長いなだらかな道が続きます。
画像
画像
画像
画像

いよいよあの急な二ツ山への登りですね。
画像
画像

後ずさりしながらの登りです。しんどいです。この登りで体力が一気に消耗していきます。
画像
画像

緩やかになってきました。二ツ山山頂が近いですね。
画像

二ツ山山頂へと戻ってきました。この登り何度休み休み息を整えたのだろう。
画像

10分休憩後鉢伏山へと進みます。あと半分の距離だが道はここからはっきりしていて危険箇所もないので安心だ。
画像

諏訪湖
画像

前二ツ山(二個目のピーク)遠いな~)・鉢伏山(なお遠いな~)
画像

ハクサンフウロ
画像

前二ツ山手前のピークの登りです。少々疲れてきているので辛いかも。
画像

前二ツ山山頂と鉢伏山山頂が見えています。まだ一時間はかかるな~
画像

前二ツ山山頂から茶臼山と先ほどまでいた三峰山(右奥)
画像

三峰山
画像

蓼科山・北横岳
画像

根子岳・四阿山と手前に扉峠も見えています。
画像

ビーナスラインと霧ヶ峰(車山)
画像

鉢伏山へと進みます。
画像
画像

横川山
画像

見えなくなるのでもう一度三峰山・二ツ山を振り返りました。
画像

ここからは緩やかな道です。本当に花がないですね。
画像

シロバナニガナ
画像

キバナイカリソウ?
画像

ここまで来れば分岐は直ぐそこだ。
画像

ヤマハハコ
画像

鉢伏山分岐に到着です。ここを右へと進みます。
画像

前鉢伏山(奥)はどうしょうかな~。まだ、少々体力は残っているが花がない。行ってみるか。
画像

前鉢伏山分岐です。右へと進んで行きます。
画像

前鉢伏山
画像

遊歩道を外れ真っ直ぐに進みます。
画像

やっぱり花がない。
画像

カワラナデシコ
画像
画像

ノアザミ?
画像

前鉢伏山山頂です。正面に北アルプスがどか~んとあるんですが時間的には仕方ないですね。
画像

前鉢伏山山頂三角点と鉢伏山
画像

武石峰・美ヶ原(武石峰は何時か歩いて王ヶ鼻へ繋ぐ予定である。)
画像

茶臼山・三峰山
画像

蓼科山・北横岳・二ツ山・中山・霧ヶ峰
画像

鉢伏山(駐車場へ戻ります。)
画像

トモエシオガマ
画像

ウメバチソウ
画像

アキノキリンソウ
画像
画像

先ほど止まっていたマイクロバスはもう下りていったようだ。
画像

ゴールの駐車場(鉢伏山荘のおばさんの話だとここ数年花がだんだん咲かなくなってきているとのこと。ニッコウキスゲの後にはマツムシソウが咲くんだけど、今年はニッコウキスゲも殆ど咲かなかったらしい。マツムシソウ真っ盛りのはずが一輪も見ることが出来なかった。また、茎、葉っぱなど確認出来なかった。マツムシソウの花の百名山は返上、あるいは取り消しなどガイドブックなど発行元は修正などする必要があるのではないでしょうか。
画像

高ポッチ高原駐車場(今日はここで車中泊です)明日、ここから鉢伏山をピストン予定だったが、道路沿いにはトリカブト・マルバダケブギくらいしか見当たらなかったので中止して明日の朝帰宅することにした。)ただ、ここからの松本市の夜景や高ポッチ山からの諏訪湖の夜景、朝焼けの富士山など期待したいところだ。
画像

自然保護センター・トイレ・電波塔
画像

鉢伏山
画像

高ポッチ山への遊歩道をサンダル履きで歩いて行きます。
画像

マルバダケブギ
画像

ノアザミ?
画像

ここも殆ど花がない。
画像
画像

高ポッチ山山頂(二回目)
画像

方位版と鉢伏山
画像

霧ヶ峰
画像

諏訪湖・守屋山と南アルプス方面
画像

かろうじて富士山
画像

駐車場へと戻ってきました。一杯やりながら夕焼けを楽しみます。
画像

穂高方面
画像

鉢伏山
画像

お月様
画像

これでおしまいかな~
画像

もう少し楽しめそうだ。
画像
画像

そろそろ夕焼けも終わります。今度は松本市の夜景が楽しみです。高ポッチ山からの諏訪湖の夜景はお酒飲んだので今回は辞めときます。
画像

松本市の夜景
画像
画像
画像
画像
今回の山行は鉢伏山を三峰山へ繋ぐ事が主目的。花目的ではなかったがこんなに花が少ないとは予想もしていませんでした。アップした写真以外にはトリカブトがありました。殆どがぽつんぽつんとかなり離れてひとりぽっちで咲いていました。

"長野県の山【鉢伏山~三峰山】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント