埼玉・山梨県境の山【竜喰山(2012m】

2012年4月6日 
2012年の山(2011.8m)で辰年『竜喰山』埼玉・山梨県境
今年は2012年辰年。そこで2012mで竜の名の付く山『竜喰山』2011.8m(正規の登山道はない)に登ってきた。元々は1月1日に予定していた山だが色々ありのびのびとなっていた。登山前日の登山口付近は夕方に雪が1㎝位降り真っ白になった。アイゼンは六本爪しか持ってきていないが上は大丈夫だろうか。
コースとタイム
三ノ瀬民宿「みはらし」駐車場5:58→三ノ瀬将監登山道入口6:00→林道徒渉点6:21→牛王院下分岐6:29→将監峠分岐7:30→将監小屋7:32→将監峠7:42(8:00)→尾根取り付き点7:55→1883mピーク8:08→1950mピーク付近8:30→竜喰山8:42→降下点8:52→縦走路出合9:06→将監小屋分岐9:12→将監小屋9:25→駐車場10:48
歩行距離:14.038㎞ 歩行時間(写真撮影・飲み物飲む以外休憩なし):4時間50分 歩行速度:2.9㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル  
画像

三ノ瀬民宿「みはらし」駐車場500円(料金は下山後払う)に駐め支度して市ノ瀬林道を少し戻っていく。
画像

一ノ瀬林道
画像

昨日の夕方の雨がまさか雪になるとは予想もしていなかった。
画像

三ノ瀬将監登山道入口(民宿から2分とかからない。)ここから将監小屋まで林道歩きだ。今回は四分の三はこの林道歩きとなる。
画像

何度か歩いているので状況は把握出来るが、残雪のアイスバー上に雪が降ってわからないので要注意だ。
画像

この林道で橋の架かっていない徒渉点だ。雨後の水量の多いときは苦労するかも。
画像

林道牛王院下分岐
画像
画像

牛王院下分岐を少し進んでいくと竜喰山が見えてくる。
画像
画像

竜喰山と1999mピーク・大常木山・飛竜山
画像

竜喰山への稜線を見ながら緩やかな林道を将監小屋へと進んでいきます。
画像
画像

竜バミ谷越しの岩岳と黒川山、鶏冠山・大菩薩嶺方面は雪のようだ。
画像

竜喰山がどんどん近づいてくる。
画像

将監小屋へ延びる林道から将監峠
画像

将監峠・将監小屋分岐(ここは小屋経由で峠へと向かいます。)
画像

分岐からの1950m付近のピークと竜喰山
画像

将監小屋と将監峠方面(小屋はまだ営業していないようだ。)
画像

将監小屋から1950m付近のピークと竜喰山
画像

将監小屋の水場(夏は冷たくて美味しい)
画像

将監小屋の道標
画像

広い防火帯を将監峠へと登っていく。あの独特の鳴き声の鹿が少々うるさい。
画像

登り切ると将監峠と和名倉山への稜線見えてくる。
画像

将監峠道標(ここで六本爪アイゼン装着)
画像

奥秩父主脈縦走路、雲取山方面へ向かいます。
画像

将監峠から竜喰山
画像

峠から縦走路を少し行くと防護策がある。そこから縦走路を離れ尾根を急登していく。意外と手強いところです。
画像

あまりにも急で息が上がるので休み休み展望を楽しみながらゆっくり登っていきます。大菩薩嶺と黒川山、鶏冠山と柳沢峠付近も見えています。
画像

最初のコブ1883mピークから1950m付近のピークと竜喰山。右方にはミサカ尾根も見えている。
画像

雁ガ腹摺山・小金沢山・大菩薩嶺・黒川山、鶏冠山
画像

柳沢峠から延びるハチワリ尾根の山々
画像

乾徳山・黒金山。中央付近が牛王院平手前下が将監峠になります。
画像

1950m付近のピークと竜喰山(奥)と右後方に見えるはミサカ尾根の前飛竜だろうか。
画像

三ノ瀬から将監小屋へ延びてきている(歩いてきた)林道。
画像

1883mピークから少し下り薄い踏み後のなだらかな尾根を進んでいきます。
画像
画像

後方を振り向くと既に歩いている唐松尾山・西御殿岩・リンネ峰が見えていた。
画像

右手には日帰りピストンした和名倉山(白砂山)への稜線の山々で西仙波・東仙波だ。
画像

1950mへのキツイ登りで雪の下がバリバリのアイスバーン10本爪がほしい登りだった。
画像

再び緩やかな尾根を進んでいくと既に歩いている山々が見えていた。
画像

雁ガ腹摺山・大菩薩嶺(小金沢連嶺)
画像

ハチワリ尾根の笠取山と手前は石保戸山だろう。
画像

尾根を緩やかに進んでいく。
画像
画像

右手に小金沢連嶺が見えると山頂は直ぐだった。
画像

竜喰山2011.8m(2012m)山頂はあまり展望はよくない。付近を少し歩き回ると木々の間から展望が得られる。
画像

手前が三角点で竜喰山山頂部です。叶うかとうか分からないが2012年12月12日12時12分12秒に再チャレンジ出来るといいな~
画像

大菩薩嶺
画像

柳沢峠から笠取山へ延びるハチワリ尾根の山々
画像

奥の尾根は丸川峠~柳沢峠の山々。手前に黒川山、鶏冠山で右手前に藤尾山
画像

大菩薩嶺・黒川山、鶏冠山
画像

雪がなければ大常木山を通り飛竜山との安部へ下りて縦走路を将監小屋へと戻りたかったが、今日はここでUターンしこの先の1950mへ登る手前付近からから左へ直角に折れ急勾配の藪こぎで縦走路へと下りていった。
画像

右の枯れ木の大木へと下りてきました。正面が将監峠方面です。
画像

藪こぎして下りてきた所を見上げる。何カ所かにテープが下がっていたが、おそらくもっと雪の多いときに通って付けたも物だろうと思うが、付けた人はいろんな意味で回収していくべきではなかろうか。
画像

将監峠と将監小屋への分岐です。
画像
画像

分岐から先ほど歩いた稜線を見上げる。
画像

将監小屋へと下りていきます。
画像
画像

将監小屋へと無事戻ってきました。ここから再び林道を戻っていきます。アイゼンは外したが日陰の所はアイスバーンなので注意が必要だろ。
画像

雁ガ腹摺山・小金沢山・大菩薩嶺
画像

先ほど歩いた1883mピークを見上げる。
画像

1883mピークと次の1950m付近のピーク。かなり手強かった。
画像

1950m付近のピークと竜喰山(中央やや右)を見上げる。
画像

林道をひたすら戻っていきます。
画像

一ノ瀬林道登山口へ無事下山。
画像

民宿みはらし駐車場到着
画像

前日の予定外の降雪と予想以上の残雪で苦労したが、何とか登頂でき何事もなく無事下山できた。また、今回のコースは展望の得られないコースと思っていたが、そこそこに展望があり満足できる山歩きだった。

"埼玉・山梨県境の山【竜喰山(2012m】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント