神奈川県の山【鳶尾山・八菅山】

2008年7月4日 鳶尾山(235m)・八菅山
朝方、もの凄い雷雨で諦めていたが8時頃から太陽が出てきた。準備して横浜方面・丹沢山を見ると再び今にも雨が降ってきそうな天気に変わっていたので諦めていたが11時頃から再び良くなってきた。雷警報機にも兆しは出ていない。早めのお昼を取り登山口へと向かった。
コースとタイム
いこいの森駐車場12:36→分岐→鳶尾峠12:54→鳶尾山13:04→展望台13:42→鳶尾山14:32→分岐→池蛉蜻→14:38八菅展望台14:48→七尾山→八菅展望台15:05→八菅神社15:20→いこいの森駐車場15:28
歩行距離:9.728㎞ 歩行時間:2時間52分 平均歩行速度:3.3㎞/h                             

軌跡データ
画像

垂直プロファイル
スタート標高:107m 累積標高(+)630m(-)627m
画像

本当はもう少し先にも駐車場があるのだが帰りに八菅山から八菅神社に寄り道するのでここが一番良さそうだ。
画像

八菅沢沿いのアスファルト道を進んでいくと道標がある(この先にも駐車場がある)。ここを左へと橋を渡り進んでいく。約20分で鳶尾峠に着いた。峠の案内板にはやなみ峠と書いてある。ここから左へと入り山道になる。
鳶尾峠
画像

オカトラノオ
画像

直ぐに鳶尾山さくらの名所の看板がある。ここから中津工業団地や相模平野が見られる。
画像

ホタルブクロ
画像

丸太の階段が現れると山頂は近い。
画像

登りきると山頂だ。山頂には句碑が立てられている。この付近は桜の木が沢山あり花見には絶好の場所だ。
鳶尾山山頂部
画像

展望台の反対方面へススキの道を進んでみたが花は無かった。
画像

ここから右へ進むと展望台へ行けるはずだ。ススキに覆われているが分け入って進んでみる。若干の踏み後があるがなれない人には分からないだろう。雑記林の急坂になり踏み後の方向が変わったので戻ることにした。
画像

シモツケ
画像

山頂に戻り正規のルートを進んでいき、短い急さかを下りると緩やかになり谷間からの風がすがすがしい。
画像

右に巻道を見送り少し登り下っていくと右に巻道が合流する。この付近から大山など最近歩いた山々が一望。
大山と三峰山
画像

石の転がる坂を登っていくと平らな道になる。程なく右へ曲がり丸太階段を登り切ると展望台だ。
画像

鉄筋で組まれた展望台の展望塔で360度の展望が得られる。
画像

大山・鐘ヶ嶽・三峰山
画像

鳶尾山
画像

東京タワー方面
画像

横浜ランドマークタワー方面
画像


厚木市・江ノ島方面
画像

湘南平方面
画像

手前から革籠石山・経ヶ岳・華厳山・高取山。その後が辺室山・三峰山・鐘ヶ嶽。またその後方が大山と丹沢連峰だが雲がかかっている。
画像

高取山・仏果山・革籠石山・経ヶ岳・華厳山・高取山で澄みきっていると相当の展望がありそうだ。
画像

来た道を戻り橋の分岐を左の八菅山へと向かう。直ぐに駐車場がある。
画像

池蛉蜻を過ぎ階段を登っていくと八菅神社からの道が合流する。
画像

池蛉蜻
画像

左へ進んでいくと八菅山展望台だ。 田名工業団地と相模平野と東京方面
画像

横浜方面
画像

展望台から七尾山まで足を延ばしてUターン。八菅山付近はフィルドアスレチックのグランドだ。
オオバジャノヒゲ?
画像

七尾山から再び戻り八菅神社へと戻っていく。両サイドにはフィルドアスレチック設備が一杯だ。
八菅神社
画像
画像

 お参り後駐車場へと戻っていく。急な長い階段だ。歩幅が狭すぎて歩きにくいので注意だ。
画像

八菅神社入り口の鳥居。この左側に駐車場がある。それにしても今日は暑かったな~。
画像

今日は他の登山者は居ないと思っていたが峠付近で単独の小母さん・展望台で単独の若い女性・展望台からの下りで単独の小母さん・巻道付近で単独の若い男性。また、八菅山付近は数名いました。

"神奈川県の山【鳶尾山・八菅山】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント