丹沢山系(南山)『神奈川県』

2008年3月18日  南山(544m)
今日・明日予報では雨は降らないらしい。前回の休み雨でお流れになった南山と土山峠~三峰山。自宅から1時間とかからないが一泊二日の予定で食料を仕入れて10:40分に登山口に着いた。
コースとタイム
鳥居原園地11:05→鳥屋分岐11:38→権現平展望台地11:50→南山12:10→鳥屋分岐13:32→鳥居原園地14:00
歩行距離:7.498㎞ 歩行時間:2時間55分 歩行平均速度:2.5㎞/h
水の郷大吊橋からの権現平・南山
画像

GPS軌跡データ
画像
             
垂直プロフアイル 標高:294m 累積標高:(+)599m(-)570m
画像

スタート地点の宮ヶ瀬湖鳥居原園地駐車場の道標
画像

鳥居原園地駐車場と後方の山は焼山~黍殻山~八丁坂ノ頭~姫次~蛭ヶ岳の稜線だ。
画像

左岸道路を登山口へと300mほど進んでいく。
画像

左側に登山口の道標があり車に注意して横断し登山道に入る。
画像

直ぐ右手に虹の大橋越しに本間ノ頭・鬼ヶ岩ノ頭(駆け上がる馬の雪渓は大分消えている)・蛭ヶ岳・袖平山・姫次へ延びる稜線だ。
画像

鳥居平園地越しに焼山・茨菰山も見えている。
画像

人工林や雑木林の中を進んでいくが天気も良く暑くて薄手の長袖一枚で進んでいくが根などで歩きにくい所もある。
画像
画像

約30分アップダウンを繰り返し進んでいくと送電線の下にでて展望が開ける。
手前には柏原ノ頭・松茸山・ガタクリ峰・ヌタノ丸。後方には右から焼山・黍殻山・八丁坂ノ頭・袖平山・蛭ヶ岳・鬼ヶ岩ノ頭が霞んで見える。この時期は仕方ないな~。
画像

茨菰山と後方は石砂山・石老山だろう。
画像

宮ヶ瀬ダムと半原の町
画像

送電線下を進んでいくと直ぐに鳥屋への分岐だ。ここは右の方へと進んでいく。
画像

急な丸太の階段を登って行く。そろそろ568.5mの権現平展望台地に着くはずだ。
画像

登りきると綺麗なトイレが設置してある。へーパーも有ったが何時もあるかは分からない。
画像

鹿柵を越えると権現平展望台地(ダム工事地同時に整地したのだろうな。)テーブルや大きなあずま屋などが設置してある。のんびり過ごしには最適な場所だ。ただ、鹿糞に注意。
画像
画像

権現平の道標
画像

権現平(東山)の標高568.5mの標柱
画像

展望所からの宮ヶ瀬ダム。後方は愛川町と厚木・相模原方面
画像

辺室山・鐘ヶ岳・三峰山
画像

権現平山頂の祠
画像

権現平から南山へと緩やかに下り向かっていく。
画像

ここの分岐を右へと少し登る。これだけ道標がしっかりしているので間違うことはないだろう。
画像

檜林の中をなだらかに進んでいくと南山山頂部が見えてきた。
画像
画像

丸太の急な階段が山頂へ延びているが距離は短いようだ。登り切ると南山山頂のようだ。
画像
画像

南山(544m)山頂はベンチが有りそれほど広くはないが展望は良いようだ。
画像

高取山・仏果山
画像

辺室山・三峰山・大山(辺室山・三峰山は明日歩く予定だ)
画像

二ノ塔・三ノ塔・鳥尾山・行者岳・新大日・塔ノ岳で手前の山は宮ヶ瀬から延びる尾根の本間ノ頭だろうか。
画像

新大日・塔ノ岳・本間ノ塔・鬼ヶ岩ノ頭・蛭ヶ岳
画像

蛭ヶ岳・袖平山・八丁坂ノ頭・黍殻山・焼山
画像

今日の昼はインスタントのみそラーメンにキムチたっぷり。それにしても暑い。半袖で良さそうだ。
画像

展望も楽しみ、おなか一杯。そろそろ戻ろー。先ほどの階段の途中にあった。何の美??。
画像
画像
画像
画像

再び権現平(東山)へと戻ってきた。展望台地で二人の小父さんが展望を楽しんでいた。
画像

展望台地からの南山(木々がないのは山火事の後みたいだ。焦げた木々があった。)
画像

展望所で見つけたスミレ
画像

くさぼけ・ぼけどっちだったっけ?。も見つけました。
画像
画像
画像

東山から再び急な階段を下りていく。
画像

鳥屋分岐(左の直ぐ先が送電線鉄塔の開けた場所だ)このまま戻るのもつまらない。鳥屋の方へ向かって下りていく。送電線巡視路の分岐になった。鳥屋へ下りるとかなり遠回りになる。ここは巡視路(殆ど獣道に近い)を下りていく。本当はここから尾根沿いに登山道があるはずだが消えて無くなっていた。
画像
画像

鳥居原園地へと戻ってきた。正面は高畑山・松小屋ノ頭・本間ノ頭など丹沢山へ延びる尾根で右には蛭ヶ岳が見えている。
画像

水の郷大吊橋
画像
画像

"丹沢山系(南山)『神奈川県』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント