鋸山『千葉県』 

2007年11月19日  鋸山(330m)

18日夕方飲みながら晩飯の支度をしていると空が赤くなり出した。素晴らしい夕焼けである。
画像
画像

丹沢山付近へ沈んでいく太陽。素晴らしい夕焼けを見ながら風が強いので車の中で一人宴会。明日の天気予報を確認して仮眠。
画像

19日 6時頃起きてコーヒータイム。東口管理所が開くのは8:30分だ。今日のコースをじっくり確認して日本寺無料駐車場へ移動。門が開くのを待ち拝観料600円納め展望台へと向かっていく。
画像

大黒堂へと階段を登っていく。
画像

大仏
画像

大仏広場から浮島・鬼ヶ崎と館山
画像

大仏前参道から鋸山を仰ぎ見る。この上まで観音様やお地蔵様など見ながら急な階段を登っていく。
画像
画像
画像

弘法大師護摩窟
画像
画像

今にも落ちてきそうだ。
画像
画像

不動滝
画像
画像
画像
画像

維摩窟(かわいそうに大分壊れている)
画像

奥の院無漏窟
画像
画像

宝筐印塔
画像
画像
画像

百躰観音
画像

通天閣をくぐり登っていく。
画像

西国観音
画像

山頂展望台から石切場跡。後で下へ下りていく。
画像

東京湾と久里浜港。そして後方には丹沢山地の山々が見える。
画像

金谷港
画像

東京湾と横浜・東京都心
画像

木更津方面
画像

マザー牧場方面の展望
画像

石切場跡
画像
画像

伊予ヶ岳と後方には御殿山・大日山などの山々が見えている。
画像

富山
画像

鬼ヶ崎・浮島と館山
画像

伊豆大島
画像

石切場跡と北口管理所
画像

凄いですね。昔の石切職人。どうやってこんなに切り出したのだろうか。
画像

地獄のぞき。先ほど立ったが怖いなんの。
画像

鋸山ロープウエイ山頂駅舎と後方は天城山だろうか。
画像

東京湾・三浦半島・駿河湾で後方は箱根の山々だろうか。
画像

久里浜港と丹沢山の素晴らしい展望だ。
画像

さー これからが本番だ。石切場跡を通り鋸山山頂へと向かっていく。
画像

石切場跡に彫り込まれた百沢観音
画像

下から見る地獄のぞき。おーこわ~い
画像

石切場跡をじっくり見ながら進んでいく。しかし、静かだ。風の音しか聞こえない。
画像
画像

分岐を右へと進んでいく。
画像

道標に従い石切場跡へ。
画像

展望台・地獄のぞきを石切場跡から見上げる。
画像

石切場跡
画像
画像
画像

こんな所にもリンドウが咲いている。
画像
画像

登山道へ戻り左へ登っていく。
画像

なんだかエジプトを想像するような石切跡だ。
画像
画像

落石に注意して急な階段を登っていく。
画像
画像

やっと東京湾を望む展望台だ。富山・御殿山が見える。
画像

伊豆大島  意外に近くに見えている。
画像

天城山だろう。
画像

三浦半島と箱根の山々
画像

先ほどいた山頂展望台・地獄のぞきとロープウエイ山頂駅。後方は三浦半島の先っぽだ。
画像

展望台から少し戻り道標に従って右へ進む。
画像

整備された急な階段を下りていく。樹林帯で展望はない。
画像

登ったり下ったりしながら進んでいく。そろそろ山頂かなと思ったが違うようでまだ先のようだ。
画像
画像
画像

どうやらやっと一等三角点のある山頂のようだ。
画像

9:44分 鋸山山頂到着。先客は居ない。すご~く長く歩いてきたように感じるが駐車場を出て1時間15分か。
画像

鋸山山頂部と一等三角点。山頂部は意外と狭い。
画像

東京湾横断道のアクアラインと東京都心部
画像

マザー牧場・鹿野山方面
画像

伊予ヶ岳・御殿山
画像

富山
画像

最初の予定はここから来た道を戻る予定だったがまだ10時前。林道金谷元名線に出て日本寺駐車場へ戻ろう。山頂を後に林道口へと急坂を下りていく。
画像
画像

良く整備されていて歩きやすいが展望のない急な下りが続く。
画像

東側の開けたところに出て富山が見えている。
画像

伊予ヶ岳・御殿山が見える。眼下は鋸湖だ。
画像

鬼ヶ崎・浮島と後方は館山の岬だ。紅葉はまーまーだ。
画像
画像

10:14分 林道口にでた。ここから林道を進んでいく。
画像

林道沿いの紅葉。まだ少し早いようだ。
画像

先ほど上から見えていた鋸湖と紅葉。この青空に紅葉が素晴らしい。水が澄んでいればもっと綺麗だろうな。
画像

林道から鋸山を見上げる。途中、単独の小父さんが登山口の方へ向かっていった。
画像

まっすぐ行くと保田駅だ。ここは右へ急な舗装された道を登っていく。
画像
画像
画像

鋸山登山道路(有料)と付近の紅葉
画像
画像

スイセンの開花にはまだ早いようだが咲いたスイセンをやっと見つけた。
画像
画像

先ほど歩いていた稜線を見上げる。
画像

駐車場付近から浦賀水道
画像

11:13分駐車場着。(2時間43分)
東京湾フェリーで金谷港から久里浜港へと向かい家路についた。

"鋸山『千葉県』 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント