奥秩父【飛竜山・雲取山】

2007年11月9日 飛竜山2.069m・雲取山2.017m

丹波村役場に後山林道の状況を確認したところ10月29日より通れるようになったとのことで奥秩父緑の回廊(縦走路)繋ぎの飛竜山(飛竜権現)~雲取山(三条ダルミ)区間を歩いてきました。
8日 朝仕事を終え帰宅後今夜の食料を仕入れて後山林道へと向かう。相模湖~上野原~小菅村~丹波村と進み林道に入る。紅葉狩りしながらダートの林道を林道終点へ進んでいく。途中、3人ほど歩いて向かっていた。林道終点付近に14時頃着いたが平日にもかかわらず20台位路肩に止まっている。確か何日前か雲取山に皇太子が登ったからだろうか?。
今日はここで車中泊だ。11月に入ったにもかかわらずぽかぽか陽気で暖かい。付近の紅葉を楽しみながらの~んびり遅めの昼飯・ビール美味い。
画像
画像

林道終点から雲取山方面を見上げる。
画像


9日 5時に起きて明るくなるのを待ち 5:50分 三条ノ湯へと歩き出す。(今回は長丁場なのでタイツマンに変身)三条ノ湯付近は紅葉が丁度見頃のようだ。
画像
画像

6:15分 三条ノ湯の雲取・飛竜・サオラ峠の分岐に着いた。三条ノ湯では宿泊者が思い思いに準備していた。この分岐を右の中ノ尾根へとといきなりの急登を登っていく。
画像

木の根など歩きにくい急登を汗が出ない程度のペースで登っていく。今日このコースは私が先頭のようだ。(クモの巣がある)
画像

所々で紅葉が素晴らしい。
画像

なだらかに見えるが、まだまだきつい登りだ。紅葉を見ながらのんびりと進んでいるのできつく感じない。
画像

カシバ谷上流の谷を渡って孫左ヱ門尾根へと進んでいくが傾斜はだいぶ緩くなってきた。
画像

三頭山がひときわ高く見える。その左は御前山だろうか。
画像

多分これから向かう飛竜山だろう。
画像

手前の尾根はミサカ尾根で小金沢連嶺越しに富士山が見えてきた。
画像

ゴンゲン谷上部の沢を横切って行く。意外と水量の多い冷たい水が流れていたが何時も流れているようには見えない。
画像

もう少しで北天ノタルのようだ。
画像

7:50分(約2時間) やっと稜線(縦走路)の北天ノタルに着いた。左がこれから向かう飛竜山方面。右が後で向かう雲取山方面だ。ここで5分の休憩
画像

雲取山・七ツ石山・鷹ノ巣山が見えているが空模様が気になるな。
画像

七ツ石山・鷹ノ巣山・御岳山・大岳山だ。
画像

飛竜権現へとさほどアップダウンの無い縦走路を進んでいくが歩きにくい所や要注意の所がある。
画像
画像

三頭山
画像

小金沢連嶺と富士山
画像

8:20分 三回目の飛竜権現に着いた。
画像

山頂まで行くか迷ったが(往復35分)山頂へ。
画像

飛竜山
画像

山頂へ向かう途中でこんな展望が有るのには気づかなかった。奥秩父の山々で甲武信岳・国師岳・横尾山と後方には南アルプス鋸岳と八ヶ岳が見えている。
画像

国師ヶ岳・木賊山・甲武信岳・三宝山
画像

鋸岳・甲斐駒ヶ岳・仙丈岳・・アサヨ峰・鳳凰三山
画像

8:38分 三回目の飛竜山山頂
画像

山頂から小金沢連嶺(小金沢山・牛奥ノ雁ガ腹摺山)などと富士山
画像

三頭山  展望が有りそうなので山頂を後に禿岩へと向かう。
画像

飛竜権現から右へ5分位の禿岩
画像

禿岩から七ツ石山・鷹ノ巣山などの山々
画像

御岳山・大岳山
画像

三頭山
画像

大菩薩嶺・三ツ峠山・富士山
画像

小楢山と後方は南アルプスの山々(甲斐駒ヶ岳~荒川岳)
画像

乾徳山・黒金山・国師岳・北奥千丈岳
画像

唐松尾山・雁坂嶺・破風山・木賊山・甲武信岳などの山々
画像

竜喰山・唐松尾山
画像

東仙波・白石山
画像

ミサカ尾根と後方は大菩薩嶺
画像

禿岩を後に北天ノタルへと戻っていく。
画像
画像

途中、遙か遠くに雲取山が見えるがガスがかかりだした。まだ先は遠いな~
画像

9:40分 北天ノタルまで戻ってきた。ここは真っ直ぐ三条ダルミへと進んでいく。
画像
画像

歩きにくい注意箇所が次々と現れるが慎重に通過していく。まだ、先は長いが雲取山に登るには三条ダルミに遅くとも11時までには着かないと。
画像
画像

注意箇所は無くなり広くてなだらかな登山道になってきた。
画像
画像

10:50分 タイムリミットぎりぎりで三条ダルミに着いた。雲取山へ行くか迷うな~。取り合えず休憩だ。さっきはガスが掛かっていたが陽が当たり出したので山頂へ向かうことにした。
雲取山荘・雲取山の分岐
画像

ここから山頂まで急登だ。長丁場だったのでさすがにきつい。
画像

ここをクリアすると山梨県側の山梨百名山標柱のある山頂だ。
画像

11:25分 三回目の雲取山山頂到着だ。疲れた~~~~~ビール飲みたい~~~~~
画像

ログハウス風の綺麗な雲取山避難小屋。何時かはこの小屋に泊まってゆっくりとしたいな~。しかし、夜は鹿が凄いらしい。
画像
         

避難小屋の内部
画像

11:30分 雲取山(2.017m)山頂に着いた。山頂では今日初めて出会った単独の小父さん二人が食事しながら展望を楽しんでいるようだ。それにしても何でこんなに三角点があるのだろうか?。
画像

残念ながら富士山は雲に覆われている。
画像

前飛竜・飛竜山・三ツ山
画像

手前の尾根は白石山への稜線だろう。後方には三大峠の一つ雁坂峠と雁坂嶺・木賊山・甲武信岳・三宝山が見えている。
画像

長沢背綾の山々
画像
画像
画像

避難小屋からの展望 七ツ石山・鷹ノ巣山・御岳山・大岳山
画像

三頭山・奈良倉山
画像

長沢背綾の山々で多分、長沢山・西谷山・三ツドッケなどの山だろうか?。山頂には10分程度しか居られなかったが満足して下山にかかる。
画像

急な下りを慎重に下りていく。途中8人位登っていった。
三条ダルミの道標
画像

左が三条ノ湯へ。右が飛竜山への縦走路
画像

下山途中で雲取山を振り返る。
画像
画像

しっかり整備されている懐かしい山道を紅葉を楽しみながら下りていく。
画像
画像
画像
画像

下りるに連れて紅葉が素晴らしい。
画像

だいぶ足の疲れを感じてきた。狭い山道を慎重に下りる。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

先ほど通った飛竜山からの稜線を見上げる。
画像
画像
画像
画像
画像

紅葉が見頃で素晴らしい。そろそろ三条ノ湯のはずだが。
画像

三条ノ湯が見えてきた。
画像
画像

13:27分 三条ノ湯に着いた。あと20分位だ。ここを左へと下りていく。
画像

三条ノ湯
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

カツラの大木
画像
画像

滝の名前が書いてあったが記録するのを忘れたので滝名は分からない。
画像
画像

さすがに疲れた。亀さん歩き状態だな。後10分はかからないだろう。
画像

青岩谷橋が見えてきた。ゴールだ。
画像

青岩谷橋
画像
画像

後山林道終点の登山口
画像

14:00分 登山口に着いた。休憩含む8時間10分 先ほど歩いた稜線上は雲がかかり見えなくなっている。
画像

この山行で次の山々が繋がった。
鷹ノ巣山~雲取山~飛竜山~白石山~笠取山~甲武信岳~黒金山~国師岳・北奥千丈岳~金峰山~瑞牆山~倉掛山~黒川・鶏冠山~大菩薩嶺~小金沢山~雁ガ腹摺山~姥子山~大蔵高丸~滝子山~笹子雁ガ腹摺山~本社ヶ丸~高川山~岩殿山~九鬼山~倉岳山~高柄山~生藤山~陣馬山~高尾山~石老山~焼山~大山~塔ノ岳~蛭ヶ岳~大室山~御正体山~三国山~不老山~角取山~石割山~杓子山~今倉山~菜畑山~赤鞍ヶ岳~三ツ峠山~黒岳~節刀ヶ岳~十二ヶ岳~足和田山~三方分山~パノラマ台~竜ヶ岳~富士山の山々を繋ぐ大縦走路が出来た。 

ここからは後山林道の紅葉です。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

"奥秩父【飛竜山・雲取山】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント