那岐山 『岡山・鳥取県境』

2007年5月10日 三百名山(286)那岐山1.240m 単独 日帰り

前日9日の三瓶山下山後、滝百選を2滝ほど寄り道し約170㎞の道程を高速道路を使いかっとんでGW最後の山の登山口の蛇淵ノ滝駐車場に15時頃着いた。駐車場には3台ほど駐まっている。取り合えず滝を見に行った。前を走っていた人も滝を見に来たらしい。
蛇淵ノ滝
画像
画像
車に戻ると一人下山してきていた。様子を聞くと4時間位で戻ってこれてそれほどきつくはないらしい。ここの駐車場は斜めっていて寝にくいので下の第三駐車場へ行きビールを飲みながらノンビリする。18時位から夜の部に入る。19時前の天気予報では明日はくずれるとのこと。最後が雨か。いじわるだな~~~。仕方ないので明日起きてから決めることにして仮眠。

10日
4時前はまだ雨は降っていないので第二駐車場のトイレにより登山口の蛇淵ノ滝駐車場へ。山頂の方はまだ雲はかかっていないが町の方は雲の動きが速い。まだ雨は降っていないので登り始める。林道を5分位行くと登山口のC・Bコースの表示があり進んでいくと直ぐにC・Bコースの分岐に出た。この写真は下山時の撮った物ですのでレンズに雨があたっています。
画像

Cコースを登っていくと伐採されて明るい登山道が続く。しばらくするとごろごろする石混じりの登山道になってきた。
画像

チゴユリ
画像

わりあいなだらかな道が続くがいよいよ降り出した。新調したばかりの真新しい雨具を着ける。
画像
画像
画像

丁度、中間の大神岩に着く。
画像

雨が降って喉も渇かない。先へ進んでいく。少しずつ嶮しくなるがそれほどでもない。
画像

山頂まで1.1㎞の標識。雨具の調子は快調である。
画像

だんだんガスが濃くなり風雨も激しくなってきた。
画像

だんだん、木の根混じりの歩きにくい登山道となってきた。また、ガスが濃くなり視界30m位になってきた。
画像

三角点手前の石がごろごろとした歩きにくい所を進む。
画像

三角点山頂に到着。荒れ狂う山頂
画像

1.240mの三角点を過ぎ避難小屋へと向かう。
画像

山頂の避難小屋。ガスも濃く視界も悪い。何となく不気味で覗かないで通過。
画像

那岐山山頂に到着。当然、誰もいない。早々に山頂を退散Bコースへと向かう。
画像

なだらかに下っていくとA・Bコース分岐が現れた。右へ折れBコースへと下りていく。
画像

伐採されて見通しの良いであろう登山道をぐんぐん下りていくと杉林になってきた。分岐からここまでの写真は電池切れでありません。(風雨が激しいので交換できず)やっとこの辺で交換できた。
画像
画像

五合目の棚柵出入り後はきちんと閉めての表示があった。八合目付近にも棚柵がありましたよ。
画像

もう~ ガンガン下る。でも花は捜しながら。
画像

淀川の橋を渡りもうすぐB・Cコースの分岐だ。
画像

水平道を分岐へと進んでいく。相変わらず雨は降っている。
画像
画像
画像
画像
途中から雨風の強い中を登った。大山や蒜山など見ることが出来ず残念な登山となった。しかし、新調したばかりのレインウエーが威力を発揮。試してみろと言わんばかりの大荒れの中だったが快適に歩けた。そして、今回の山行では順調で予定していなかった三瓶山・那岐山(荒れたが)にも登ることが出来た。大荒れの高速道路(約600㎞)をかっとんで16時に自宅到着、GW8日間の山旅を終えた。ニュースではこの日は全国的に大荒れで災害も発生したらしい。

"那岐山 『岡山・鳥取県境』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント