浅間山と米山瀑布『長野県』

2007年4月8日 はれ 
百名山(43)浅間山(前掛山)2.525m)と滝百選(米子瀑布
飯盛山下山後、車坂峠へ向かっていると雨が降り出してきた。浅間橋(浅間山荘への分岐)辺りから雪になり下りてくる車が雪をかぶっている。登るに連れて激しくなり峠に着くと道路や木々は真っ白だ。
今回は浅間山に登る予定ではなく高峯山・篭ノ登山・湯ノ丸山などを登る予定だったが、湯の丸林道が閉鎖中で地蔵峠へ車が通れないため、明日の天気次第で二回目の浅間山(今回は前掛山まで登れるようになっている)に登ろう。(前回は入山規制で黒斑山までしか登れなかった)取合えず雪降る中車中泊。夜中に目が覚め空を見上げると星が輝いていて天気は良さそうである。4時半に起きて支度しながら明るくなるのを待ち5時半に登り始める。
車坂峠の登山口(5:31)
画像
雪の登山道を登っていく。この付近は10㎝位の積雪(5:37)
画像
途中で振り向くと篭ノ登山と右後方に四阿山が見えていた。(5:43)
画像
樹林が切れ展望があり雲海上の八ヶ岳連峰が素晴らしい(5:46)
画像
右後方に四阿山が見える。(6:03) だいぶ雪は溶けているようだがここは多い。
画像
槍ヶ鞘付近からの浅間山(前掛山)(6:29)やっとお目見えである。
画像
ここから一旦下りトミーノ頭へ登っていく。トミーノ頭と黒斑山(6:34)
画像
トミーノ頭からの黒斑山・蛇骨岳(6:45)
画像
トミーノ頭にてこれから歩いていく外輪山の蛇骨岳・仙人岳・鋸岳(6:45)
画像
二回目の黒斑山(2.404m)から浅間山(6:59)ここまでアイゼンは着けていない。
画像
いよいよアイゼン装着し外輪山をJバンドへと向かう。右側は切れ落ちているので注意しながらゆっくりと歩いていく。
蛇骨岳山頂2.366m(7:35)
画像
蛇骨岳からの四阿山と田代湖(7:36)ここから岩間じりの歩きにくい所が続くのでアイゼンを引っかけないように慎重に進む。
画像
蛇骨岳からの草津白根山と茨木山だろうか(7:36)
画像
三角点のある仙人岳(2.319m)からの浅間山(7:55)
画像
鋸岳2.254mからの浅間山(8:10)
画像
鋸岳からの八ヶ岳連峰(8:10)
画像
鋸岳からのトミーノ頭・黒斑山(8:10) いよいよJバンドへ危険地帯を急降下
画像
雪でトレース(登山道)が全く分からなかったが何とか無事Jバンドにたどり着いた。写真中央の降下点に標識があったがあとは全く分からず苦労した。
Jバンドから鋸岳を見上げる。(8:38)
画像
Jバンドから浅間山
画像
本来ならJバンドから湯平高原へ行き賽ノ河原へと登っていくが、雪があるため賽ノ河原の分岐へ直登したがかなりのアルバイトでした。賽ノ河原付近からの前掛山(9:48)この付近から膝位の積雪の所がありました。
画像
現在登れる浅間山最高点の前掛山(2.524m)頂山(9:59)
画像
前掛山からの四阿山(9:59)
画像
前掛山から八ヶ岳連峰(10:00)他の山はガスが出始めて見えなくなりました。
画像
下山にかかるころ賽ノ河原付近を15人位のグループが登って来るのが見える。その後、湯平高原分岐付近までで単独の小父さん2名が登っていきました。
湯平高原からの仙人岳・蛇骨岳(10:49)
画像
湯平高原草スベリコース分岐からからのトミーノ頭(11:05)
画像
草スベリコースを車坂へ戻る予定だったが新コース開拓。分岐から黒斑山(雲の所)へ尾根を直登した。岩がもろく手掛かりを捜すのに苦労したが1時間40分で黒斑山直下へでて車坂へと戻った。
画像
追加レポ
米子瀑布(日本滝百選)を見てきました。
まだ滝への道には所々雪があり回り切れませんでしたが見事に凍り付いた滝が見れました。次回は秋頃行ってみようかな???
不動滝(85m)
画像
画像
権現滝(75m)
画像
林道からの滝群
画像
画像

"浅間山と米山瀑布『長野県』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント