厳道峠~赤鞍ヶ岳 『山梨県』

2007年3月1・2日 はれ 
朝日山1299m(赤鞍ヶ岳)・赤鞍ヶ岳1267m道志山系の山を厳道峠から赤鞍ヶ岳を歩いてきました。
初日は厳道峠に14時頃到着し富士山・大室山を見ながらノンビリひなたぼっこ。Tシャツでも寒くないくらいのぽかぽか陽気でした。
大室山・御正体山・富士山
画像
峠の開通記念碑
画像
丹沢山系第二位の標高 檜洞丸と大室山
画像
黄金色に染まる富士山と御正体山
画像
画像
二日目峠には私の車以外は止まっていない。

コースとタイム
厳道峠6:34→御牧戸山7:00→長尾7:18→細茅ノ頭→赤鞍ヶ岳8:10→秋山峠8:45→朝日山(赤鞍ヶ岳)8:50→岩ノ戸峰9:15→ 朝日山(赤鞍ヶ岳)9:48→赤鞍ヶ岳10:32→細茅ノ頭11:10→長尾11:25→御牧戸山11:40→厳道峠12:05  
早朝の富士山・御正体山
画像
軽く朝食を取り支度しながら富士山が焼けるのを待つ。
日の出前の大室山と檜洞丸
画像
大室山・加入道山・御正体山・富士山
画像
長々待っていたのにそれほど焼けませんでした。
画像
大室山にも陽があたりだしたので歩き始める。
画像
コンクリートの階段を上がって直ぐに右へ行くと送電線の鉄塔下に出る。ここからの展望もいい。歩き始めて直ぐの急登は辛い。御牧戸山にはテレビ中継用のアンテナがたてられていた。ここからは富士山・浅間嶺・大岳山・三頭山・鷹ノ巣山・七ツ石山・雲取山・権現山・生籐山などの山々が見えていました。樹林越しに奥多摩の山々を見ながら尾根を長尾と進む。1.093mピークを下り平坦になる当たりで奥多摩・奥秩父・小金沢連峰の大展望があった。
画像
手前から九鬼山・高川山・滝子山・大谷ヶ丸・大蔵高丸・黒岳・雁ガ腹摺山
画像
九鬼山・老子山・雁ガ腹摺山・黒岳・奥牛ノ雁ガ腹摺山・小金沢山
画像
倉岳山・九鬼山・扇山・百蔵山・飛竜山・唐松尾山笠取山・破風山
画像
倉岳山・扇山・権現山・三頭山・御前山・雲取山・飛竜山
画像
三頭山・御前山・大岳山と手前は高柄山だろうか
画像
展望をほどほどに細茅ノ頭の登りにかかる。山頂からは若干の奥多摩方面の展望が有る。この先に踏み後の薄い不明瞭の所があるので尾根を外さないように進むと、大栗からの道が合流し少し登ると雨量計のある赤鞍ヶ岳に着くが展望は得られない。今回はここまでの予定だったが戻るにはあまりにも早すぎるので朝日山(赤鞍ヶ岳)まで進むことにした。先へ進むとウバガ岩がある。この付近は注意しながら通過した方がいい。
ウバガ岩
画像
慎重に通過していくと前方が開けるがやせ尾根ですのでしっかり止まって展望を楽しむ。
手前から鳥ノ胸山・菰釣山・菜畑山・御正体山・富士山
画像
菜畑山・御正体山・富士山
画像
甲斐駒ヶ岳・アサヨ峰・鳳凰三山・北岳・間ノ岳
画像
大室山・蛭ヶ岳
画像
鳥ノ胸山・畦ヶ丸・大界木山・城ヶ尾山・菰釣山
画像
秋山峠に着くと木々が切ってあって展望が良い。
ブドウ岩ノ頭・菜畑山・御正体山・中ノ岳・奥ノ岳・日向峰・富士山や大洞山・畑尾山
画像
畦ヶ丸・大界木山 越しに箱根の山
画像
秋山峠から直ぐに朝日山(赤鞍ヶ岳)に到着。山頂からの展望は殆どない。戻るのはまだ早いのでもう少し先の岩戸ノ峰へ向かう。山頂からはあまり展望は得られなかったが木々の隙間 から荒川岳・赤石岳・聖岳が見えた。
画像
北岳・間ノ岳・濃鳥岳と手前は大崩頭山だろうか?
画像
あと一時間30分位で菜畑まで行けるが無理しないで今回はここで引き返すことにした。
                                 岩戸ノ峰付近からの朝日山(赤鞍ヶ岳)
画像
ウバガ岩付近から朝日山(赤鞍ヶ岳)・菜畑山・富士山
画像
送電線鉄塔付近からの檜洞丸・蛭ヶ岳・袖平山
画像
今回のコースは危険箇所は殆ど無いでしたが注意した方がよい所が何カ所かありました。また、他の登山者には会わないと思っていたが下山時に細茅ノ頭付近で一組の夫婦と御牧戸山で単独の小父さんと出会いました。

"厳道峠~赤鞍ヶ岳 『山梨県』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント