鍬崎山『富山県』

2006年8月16・17日 三百名山(257)鍬崎山 (2.090m) 単独 日帰り

田舎の鹿児島を15日の夕方出て、鍬崎山登山口に16日の14時頃着いた。暇だったので滝百選の称名滝を見てきました。
日本一落差のある『滝百選』称名滝三段350m
画像
画像
ゴンドラ乗り場に戻り明日の時間を確認と思ったが、運行終了の張り紙がしてあり仕方ないので明日ここから歩いて往復することにした。立山山麓家族旅行村上部の(龍神の滝口)登山口へと移動。

17日 晴れ~雨
コース
登山口4:55→林道出合→龍神の滝分岐→瀬戸倉山6:37→大品山7:21→独標8:50→鍬崎山10:08→独標11:08→大品山11:48→瀬戸倉山12:40→林道出合→登山口13:45(計 8時間50分)

4時に起きて明るくなるのを待ち4時55分に歩き始める。途中、林道出合付近で野猿に出逢う。急登をこなし約2時間で瀬戸倉山に到着したが久しぶりの登山でペースがあがらず体が重い。ここから前方に鍬崎山が見えていた。
画像

一旦下り大品山への登りにかかる。大品山山頂に7時21分到着。やっぱりペースがあがらないが取り合えず独標まで行ってみることにして歩き始める。
                                                                                            大品山
画像

大品山を過ぎると少しずつ展望が開けて来る。
独標・桑崎山
画像

独標に8時50分若干ペースはあがったが相変わらず体が重い。毛勝山・大日岳が雲間に見えていた。山頂まで後1時間と少々山頂目指して進む。足下の雑草が少々うざったい。
画像
画像
画像

朝露に濡れながら山頂に着いた。桑崎山山頂
画像

展望は雲が低いものの雲間に北ノ俣岳・黒部五郎岳・薬師岳・奥大日岳・大日岳・毛勝山などが見えていた。また、大日平や弥陀ヶ原が素晴らしい。
画像
画像
画像
画像

有峰湖・富山平野・富山湾などの展望もありました。空模様が何となく気になったので早々に下山開始。
画像

大品山から降り出したが傘を差しながらの下山で林道出合から再び強烈な雷雨に見舞われた。他の登山者は一人でした。登山道状況は、瀬戸倉山への急登と15m位の梯子あり。大品山~独標間の岩場に鎖あり。また、何カ所か登山道脇が崩落あり。大品山から山頂間は足下に注意が必要。
カニコウモリ
画像
画像
画像
アキノキリンソウ
画像
画像
下山後、運転して移動する気力がない。今日はここでもう一晩過ごすことにした。

翌日起きて毛勝山を予定していたが依然として乗り気がしない。2ヶ月ぶりの登山と長旅の疲れか体調が思わしくないので帰ることにした。途中、毛勝山・剱岳など見えていたが登れなくて悔しい思いは湧いてこなかった。
画像
画像
画像

ここまで来て高速道路を走り帰るには少々抵抗がある。親不知インターで下りて親不知ピアパークに寄り道。国道八号線から松本街道をのんびりと走り付近の山々を見ながら松本インターへと向かった。
親不知ピアパーク
画像

青梅黒姫山
画像

"鍬崎山『富山県』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント