令和元年初登山

2019年5月2日(木)はれ (令和元年)初登山【磯間嶽363m】


平成最後の登山は雨など天気が悪く行けなかった。令和元年の初日に登ろうと思っていたが生憎雨続きで登れず。5月2日朝天気は回復したがPM2.5で展望は期待できそうもない。取り敢えず今日午前中はお袋の見舞いや食料の買い出ししながらPM2.5が消え去るのを待つことにした。

麓からの磯間嶽
画像

神奈川へ帰る日が迫り兄貴の手伝いもまだまだ残っている。登るには今日しかなさそうだ。兄貴は岩稜コースはもうムリと言うので最短コースで登ることにした。お昼を早めに取り磯間嶽最短コース登山口の県道270号線へと向かった。

県道271号線から左へ折れて県道270号線に入る。
画像

県道271号線の標識
画像

県道270号線に入り登山口へと進んで行く。
画像

15分弱で磯間嶽登山口(北口)登山口に着く。駐車帯には既に2台駐まっている。詰めて駐めれば3台は止められるのだが残念。使われていない荒れた林道にお尻から駐車。
画像

カメラだけ持ち磯間嶽登山口(北口)へと入っていく。(磯間嶽登山口もあるが少し荒れているので北口から登る)
画像
画像

昨日まで雨だったので滑りやすい。
画像

滑りやすい急な道から尾根に出ると少し緩やかになる。
画像

直ぐに磯間嶽登山口への分岐になとまたに急な道になる。
画像

斜めに岩帯を登ると人形岩に出る。
画像

人形岩
画像
画像

左に磯間嶽登山口への道があるが下らずに斜め右へ回り込む。
画像

滑りやすい急な道を一登りすると磯間嶽岩帯の鞍部に着く。一休憩してから岩場・クサリ場に取り付く。
画像

磯間嶽登山道(山頂/岩稜コース/大浦登山口)分岐の鞍部
画像

磯間嶽山頂へのクサリ場
画像

一番目の岩場に取り付く兄貴
画像

磯間嶽山頂への二番目のクサリ場
画像

二番目のクサリ場を登ってくる兄貴
画像

九州百名山【磯間嶽363m】山頂
画像

3個目のクサリに取りかかる兄貴
画像

クサリ場をクリアして山頂部に到着
画像

磯間嶽山頂にて
画像

磯間嶽から長屋山
画像

磯間嶽から蔵多山(残念、PM2.5で開聞岳は見えていません)
画像

磯間嶽岩稜コースの稜線と陣ノ尾
画像

磯間嶽から亀ヶ丘(九州百名山の野間岳もPM2.5で確認出来る程度です)
画像

さて下山しましょうか。
画像

岩場・クサリ場を下山中の兄貴
画像

最後のクサリ場を下りてくる兄貴
画像
画像
画像

磯間嶽鞍部からクサリ場を見上げる。
画像

磯間嶽登山口への登山道(この直ぐ下で荒れ気味のため北口からの登山道へ)
画像

GOALの磯間嶽登山口(北口)と駐車スペース(約1時間の山登りでした。)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 33

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント