小金沢連嶺【大菩薩嶺・熊沢山】

2018年10月26日(金)くもり時々ガス 小金沢連嶺【大菩薩嶺2.057m・熊沢山
今日も予報ではだった。が早朝から太陽は拝めない。?はて本当に天気良くなるのだろうか。
昨日、三ツ峠山下山後上日川峠へに着いたのが14:30分頃だったが何と駐車場(第一・第二)は満車状態(第三は行っていないので分からない)紅葉もなかなか良い状態だ。紅葉時期も重なりかなりの人出だ。
時間は早いがもう一山登ってきてここまで移動してきた。運転はないので飲まずにはいらえない。ロング缶一本飲んで付近をもみじ狩り先ず先ずだ。夕方になると長兵衛荘泊まりの車以外駐まっていない。
大菩薩嶺山頂標柱・三等三角点
画像

GPS軌跡
画像

垂直プロファイル(累積標高:(+867m)(-808m)
画像

前日の上日川峠【第一駐車場】の紅葉
画像

上日川峠の紅葉
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

上日川峠の長兵衛ロッジ
画像

上日川峠【第一駐車場】の紅葉
画像

2018年10月26日(金)くもり時々ガス 小金沢連嶺【大菩薩嶺2.057m・熊沢山】1/3
コースとタイム
上日川峠駐車場6:24→唐松尾根福ちゃん荘分岐6:51→雷岩7:48→大菩薩嶺7:57→雷岩8:08→2000m地点8:16→賽ノ河原8:31→親不知ノ頭8:34→大菩薩峠8:45→熊沢山9:00→石丸峠9:18→林道出合9:47→林道小屋平10:05→上日川峠駐車場10:41 (行動時間:4時間17分)

朝起きるとなんだ~この天気。ガスが立ち込めているではないか。まぁ~いい。予報では晴れだ。これから良くなってくるだろう。トイレなど済ませ第二駐車場からトイレ前を通り直ぐの登山口へ。
画像

上日川峠の長兵衛荘右手が大菩薩嶺への登山口。直ぐに福ちゃん荘への林道と大菩薩嶺への登山道分岐だ。福ちゃん荘で合流するが当然登山道を進んで行く。
画像

緩やかな登りの登山道を紅葉狩りしながらノンビリと登って行く。まだ時間が早いので登山者は殆どいない。
画像
画像
画像
画像

約25分福ちゃん荘に到着。ここで唐松尾根/大菩薩峠への分岐だ。お地蔵さんにご挨拶して唐松尾根へと進んで行く。
画像

体調次第で下りてくる大菩薩峠からの道。今日は今のところ頗る調子が良いので恐らく【石丸峠】経由コースで歩くだろう。
画像

唐松尾根福ちゃん荘分岐の紅葉
画像

唐松尾根登山に入り大菩薩嶺へと進む。
画像

まだまだ緩やかな登り
画像

少しずつ勾配が増してくる。しかし、ガスがなかなか消えないな~。
画像

唐松尾根登山道からの黄葉
画像

ガスの中の歩きだが雨ではないので救われる。紅葉を楽しみながらゆっくりと登って行く。
画像
画像
画像
画像
画像

勾配が増してきて雷岩への急な岩帯の登りとなってくる。
画像
画像
画像

上方を見ると雷岩が見えても良いはずだがガズで全く見えていない。
画像

おぉ~やっと雷岩が見えた。
画像

雷岩(これでは大菩薩湖越しの富士山は拝めそうもないな~。)
画像

雷岩縦走路分岐
画像

晴れていても展望はない大菩薩嶺山頂(4回目かな)だが一応ピークは踏んでおこう。
画像

大菩薩嶺山頂の標柱と三等三角点
画像

残念ながら天気予報は完全にハズレ。まぁ~ブーブー言っても仕方ない。取りあえず予定通り先へ進もうか。
大菩薩嶺山頂標柱と三等三角点をあとに雷岩へと戻る。
画像

小金沢連嶺縦走路を雷岩へ
画像

雷岩(ガスの中に太陽が浮かび上がる。)この分だとだいぶ待たないと富士山は拝めそうもない。先へ進もう。
画像

展望は諦めて先へ進むのみ。
画像
画像

神部岩かな~
画像

ひょっこりと標高2000m地点が現れた。
画像
画像

小金沢連嶺縦走路を進むのみか~。
画像
画像
画像
画像

展望は見えてこれが限界か。
画像

小金沢連嶺縦走路【妙見ノ頭】左。展望が得られないの行かない。
画像

小金沢連嶺縦走路【賽ノ河原】
画像

賽ノ河原の大菩薩峠休憩舎
画像

休憩舎からひと登りで
画像

小金沢連嶺縦走路[【親不知ノ頭】
画像

岩帯の下りを慎重に進む。
画像

小屋らしき物が見えるが大菩薩峠?か~
画像

あっ やっぱり介山荘【大菩薩峠】だ。
画像

このガスでは紅葉の状況も分かんないな~。
画像

おぉ~ガズが吹き飛んで大菩薩湖が見えている。紅葉も良い感じ?かも。
画像

???
画像

介山荘と大菩薩峠に到着。
画像

大菩薩峠・介山荘・お地蔵様
画像

大菩薩峠の案内図(さてどうする。予定は石丸峠経由だがこの天気ではな~。でもまだ9時前だ。福ちゃん荘経由だと10時にはGOAL速すぎる。やっぱり石丸峠経由で進もう。
画像

大菩薩峠の休憩舎
画像

小金沢連嶺縦走路を先ずは【熊沢山】へと登って行く。
画像

小金沢連嶺縦走路【熊沢山の標識】
画像

熊沢山の岩壁(ピーク)か。登ってみる。特に何も無い。登山道に戻らずそのまま稜線を進むと防火帯の手前の水源管理標識に手書きで熊沢山と書いてあったがどっちだ。
画像

まぁ~どっちでもいいや。防火帯を下っても良さそうだが登山道を石丸峠へと下っていく。
画像

石丸峠・天狗棚・狼平
画像

小金沢連嶺縦走路【石丸峠】
画像
画像

石丸峠の標識(牛寝ノ通り~松姫峠間の紅葉も良いかも?。来年だな
画像

石丸峠から熊沢山を見上げる。
画像

上日川峠への登山道へと進む。
画像

ガス間に大菩薩湖が見えている。
画像

紅葉も良さそうな感じ。太陽さんが当たっていたら凄いんだろうな~。
画像
画像

狼平付近の紅葉
画像

ガスがだいぶ引いて周りの山々が見えるようになってきた。石丸峠からの富士山が拝めなかったのは残念だ。
大菩薩湖と日川尾根(この尾根も歩いてみたい一つだ)
画像

今のところ上日川峠へ緩やかな下りだ。逆コースでは歩いているが随分前。
画像

10分程度下っていくと樹林帯で紅葉が先ず先ずだ。
画像
画像

小金沢山(奥)も見えている。
画像

まだ笹道の緩やかな下りが続いている。小屋平バス停で降りた人達とのすれ違いが多くなってきた。
画像

林道が見えてきた。???この林道14年前にはなかったような。記憶違いだろうか。
画像

林道から小金沢山
画像

大菩薩湖(私が初めてこの山から見たときにはなかったダム湖だ。)
画像

林道の紅葉
画像
画像
画像

登山道が付け替えたらしく林道を少し歩いて行くと左に登山道。
画像

登山道に入ると先ず先ずの紅葉
画像

急な下りの山道。紅葉を楽しみながら下っていく。緩やかな道になってきた。
画像
画像

再び舗装された林道に出る。バス停がある【小屋平】だ。
画像

林道を横断して上日川峠へと進む。
画像

少し下っていくと紅葉が見頃。この辺りから大菩薩湖への登山道が整備さてたようだ。
画像

更に緩やかに下っていくと沢の徒渉点だ。
画像

沢の黄葉
画像
画像

沢を徒渉して登り返すと直ぐに緩やかな道になる。
画像

再び小さな沢を徒渉。紅葉も良いな~。
画像
画像
画像

三度、沢の徒渉。ここは注意して渡らないとドボンする。
画像

徒渉後紅葉を楽しみながら緩やな登りの道を進んで行く。
画像

右上方に第二駐車場が見えてくると紅葉も一段と鮮やかだ。
画像
画像
画像

そして上日川峠に飛び出す。
画像

右へ折れるとトイレ前を通り上日川峠第二駐車場到着。
画像

天目山温泉へ向かう途中に上日川ダムに寄り道
画像

ここからは上日川ダムからの紅葉ですが曇り空なので冴えませんが一応Upしました。(かなり粘ったんですけどね~今一です。)
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
この界隈に来ると必ず寄る【天目山温泉】かなりのアルカリ質の温泉でPh9.?だったと思います。スベスベのお肌になります。爺には及びでないですが女性にはお勧め温泉だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント