軽井沢付近の山と滝観賞の旅【石尊山】編

2018年9月17日(月)~9月20日(木)軽井沢付近の山と滝観賞の旅(三泊四日)
今年の夏山(8月/9月)の北アルプス山行計画が台風接近や前線・オマケに秋雨前線がかなり早く出現したため天気が安定しない日が多く、餓鬼岳・唐沢岳の三泊四日/唐松岳・祖母谷・白馬岳の五泊六日/ブナ立尾根と七倉尾根の三泊四日がことごとく中止に追い込まれ今年の北アルプス山行は終わった。一泊二日の山行は可能だったが、この日程ではアルプスを楽しめない(ノビリ出来ない)ので来年に持ち越しとなった。
だけど日帰り可能な何処かの山々を歩きたいな~。そうだ。以前から計画してあった軽井沢(浅間山周辺)の鼻曲山/小浅間山/石尊山/離山と周辺の滝に出かけマイナスイオンを浴びてリフレッシュしてきた。
2018年9月19日(水)はれ 長野県の山【石尊山1.668mせきそんさん】
赤滝(血の滝)
画像

千ヶ滝駐車場で一夜を明かし石尊山登山口駐車スペースに到着。所が何と杭やロープが張られ倒木の可能性が有り駐車禁止となっていた。あとの写真参照。2台ほどのスペースはあるが東信森林管理署で駐車禁止とされ代替え駐車場が用意されているのでそちらへと向かった。

登山口の駐車スペース。倒木による車両被害があり駐車禁止。
画像

駐車禁止の表示と車両被害の案内
画像

代替え駐車場案内図(駐車場から登山口まで大凡15分)
画像

コースとタイム
追分宿駐車場6:00→石尊山登山口6:15→駒飼いの土手6:37→赤滝分岐7:32→赤滝7:40→座禅窟分岐7:50→源泉分岐8:07→おはぐろ池9:08→石尊平8:30→石尊山8:40→石尊平8:58→源泉分岐9:15→源泉9:17→源泉分岐9:21→座禅窟分岐9:35→赤滝分岐9:40→石尊山登山口10:45→追分宿駐車場11:00(行動時間:5時間)
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル  累積標高:(804m)(802m)
画像

追分宿駐車場入口(国道側からは入れません。中山道からです)
画像

まだ新しい追分駐車場から入口とトイレ・中山道・郷土館の入口
画像

中山道の標識
画像

駐車場から中山道を登山口へと進んで行く。
画像

大凡6分で90度右へ折れる。
画像

舗装された真っ直ぐな緩やかな道を進んでいく。
画像

T差路にぶつかり車に気を付けて横断すると石尊山登山口。
画像

事前に作成していた登山届けを投函し登山道へと進む。
画像

緩やかな道を進んでいくとほんの少しススキなどの藪を通過すると造成中の道路を横断。
画像

更に緩やかな道を進むと何本か倒木を通過していく。
画像

再び通行量の多そうな林道を横断。
画像

少し進むと緩やかな階段の登りになる。
画像

白いキノコがいっぱい
画像

まだまだ展望のない緩やかな道が続く。
画像

またまた林道横断
画像

そして展望のない緩やかな登りの道が続く。
画像

なだらかになり林道に飛び出す。少し(50m弱かな)林道を進む。
画像

チョウセンコミシの実
画像

林道を離れ緩やかな登りの山道をすすむ。
画像

緩やかな道を進んでいくと左手に赤茶げた濁川を見ると直ぐに滝分岐だ。
画像

100m位なので見に行く。
画像

赤滝前洞窟の不動明王
画像

赤滝(血の滝)
画像
画像
画像
画像

少し(50m位)戻り石尊山への登山道に合流。
画像

赤滝(血の滝)
画像

石尊山への登山道(濁川)にかかる橋を渡る。
画像

赤滝(血の滝)の落ち口
画像
画像

緩やかな道を進んでいく。
画像

またまた林道横断(左へ1㎞位行くと座禅窟)らしいか行かずに山頂へ。
画像
画像

緩やかな登りが続く。
画像

トリカブト
画像

緩やかな登り
画像

少し泥濘んだ登りを進む。
画像

もう歩き始めてそろそろ2時間になる。樹林帯の中の展望のない緩やかな登りはあとどの位続くのか。途中、赤滝がなかったらウンザリしそうな登山道だ。アップダウンがない分ましか。イヤイヤアップダウンがあって展望がある方がやっぱり良いだろう。
左方に石尊山だろうが見えると源泉経由分岐に到着。
画像

源泉コースは下山時通ってくるとして先ずは左へ折れて山頂へと進む。
画像

直ぐに【血の池辨財天神社】
画像

そして【おはぐろ池】
画像

まだ緩やかな登りだ。
画像

泥濘を過ぎると濁川徒渉点(土の上は潜るので石伝いに)
画像

徒渉点を過ぎると段々と勾配が増してくる。
画像

やっと山登りしている気分になる。
画像

源泉コースからの道に合流【石尊平】だ。約20分の登りだったな。
画像
画像
画像

石尊山へ少々急な登り。(約7分)
画像

石尊山1.668m山頂に到着。マム出没(残念ながらガスに覆われ全く展望が得られない。)
画像

石尊山1.668m山頂にて
画像

石尊山1.668m山頂三等三角点
画像

山頂に咲いていた花【ヤマラッキョウ・ノアザミ・アキノキリンソウ・マツムシソウ・トリカブト】
画像

花など探しながらガスが引くのを少々待ったがなかなか消えてくれないので源泉コース経由で下山。
画像

ガスで少し濡れているのでスリップに注意しながら下る。
画像

なだらかな石尊平の道
画像

あれま(踏み跡はしっかりしているのに源泉コースは立入禁止だそうです。じゃ~何故下の分岐には禁止表示していないのか疑問)
画像

出来るだけ強行突破はしない方針なので来た道を戻ります。
画像

石尊平から少し緩く下っていく。
画像

ほんの少し急な下り。てか今までが緩すぎだ。
画像

そして徒渉点を過ぎ泥濘通過。
画像

直ぐに源泉コース分岐。折角なので源泉に行ってみます。
画像

チョビッと藪
画像

石尊山(源泉)到着(山頂へこの先の道もしっかりしているが立入禁止の表示無し)
画像

源泉(結構冷たかった)
画像
画像

濁川(そう言えば滝付近の流れは結構濁っていたがこの辺は殆ど濁っていないね。)
画像

分岐へ戻る。
画像

石尊山登山口への登山道(分岐を左へ折れて下る)
画像

もうここからは緩やかな下りで全く問題ない道。ガンガン下りたいところだが、次の山があるのでまぁ~それなりに下っていこう。
画像

赤滝の濁川徒渉点の橋を渡る。もうここまで来た。
画像

赤滝(血の滝)
画像

赤滝分岐(ベンチがあるので少し休憩)
画像

展望のない緩やかな下り(飽きるな~)
画像

少し林道を進む。
画像

林道を離れ緩やかな山道に入り何度か林道を横断しながら下っていく。
画像
画像

石尊山登山口に無事下山。追分宿駐車場へと向かう。
画像

登山口から道路を横断して真っ直ぐ下っていく。
画像

突き当たったら中山道。左へ折れて中山道を進む。
画像

追分宿駐車場に11時00分到着。少しゆっくりして次の浅間山の吹き出物の山【離山】へと向かう。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント