北八ヶ岳【北横岳2.480m・大岳2.382m・双子山2.224m】周回

2018年8月26日(日)はれ 北八ヶ岳【北横岳2.480m・大岳2.382m・双子山2.224m】周回

今年の夏山アルプス係の山行計画が台風連発でことごとく中止に追い込まれている。もう我慢の限界。土日祭日関係なく日帰りでも良いので何処かを歩きたい。天気ピンポイント予報で彼方此方調べると八ヶ岳付近が良さそうだ。ならばまだ歩いていない北八ツの大岳と霧ヶ峰の大笹峰・殿城山を歩いた後、長野県佐久穂町の【乙女の滝】と埼玉県小鹿野町の滝百選【丸神の滝】へ三泊四日で出かけてきた。

赤岳・中岳・阿弥陀岳・権現岳・ギボシ・編笠山と手前に峰ノ松目
画像

25日天気が良いので午前中、高速道路は渋滞するだろうからお昼過ぎ三日分のビールを仕入れ当日の食料をコンビニで調達し高速道路を使い蓼科スカイライン【大河原峠】へと向かった。少し渋滞にはまったが峠に15時頃到着。車から出ると晴れてはいるが風が強く半袖では寒くて鳥肌が出た。明日に備え呑みながらノンビリと過ごす。
蓼科スカイライン【大河原峠】駐車場
画像

蓼科スカイライン【大河原峠】
画像

蓼科スカイライン【大河原峠】から湯の丸、高峰高原の山々と浅間山
画像

26日 今日の行程の半分位はまだ歩いていない区間である。楽しみではあるが大きな石や岩帯の通過が多いので注意が必要だろう。早朝目覚めると昨夜の風も収まり天気は良さそうだ。まだ行動するには早いので車の中から明けゆく浅間山などを眺めながらノンビリと準備。
コースとタイム
広河原峠5:15→分岐5:18→天祥寺原5:51→亀甲池6:13→北横岳(北峰)7:38→北横岳(南峰)7:45→北横岳(北峰)7:59→大岳分岐8:53→大岳9:02(休憩)9:24→大岳分岐9:32→天狗の露地10:20→双子池(雄池)11:04→双子池(雌池)11:14→テント場11:24→双子山分岐11:36→旧(双子山)12:18(休憩)12:28→双子山12:32→大河原峠12:57(行動時間:7時間42分)
今日のGPS軌跡
画像

垂直プロファイル 累積標高:(+1.381m)(-1378m)
画像

大河原峠から朝焼けと篭ノ登山・黒斑山・浅間山
画像

大河原峠にて朝焼け
画像

烏帽子岳・湯ノ丸山・西篭ノ登山・篭ノ登山・水ノ塔山・高峰山黒斑山・浅間山・浅間隠山・鼻曲山・留夫山
画像

根子岳・四阿山・烏帽子岳・湯ノ丸山・西篭ノ登山・篭ノ登山・水ノ塔山・高峰山黒斑山・浅間山
画像

大河原峠駐車場と前掛山(だいぶ明るくなってきた。トイレ行ったりしながらもう少しノンビリ)
画像

黒斑山・浅間山
画像

西篭ノ登山・篭ノ登山・水ノ塔山
画像

根子岳・四阿山・浦倉山・烏帽子岳・湯ノ丸山・角間山
画像

蓼科スカイライン【大河原峠駐車場】からの展望(菅平高原、湯の丸高原、高峰高原の山々)
画像

大河原峠駐車場から前掛山(予定時間になったので出発です。)
画像

大河原峠の大河原ヒュッテ(営業してるようには見えませんね。)の前を進む。
画像

根子岳・四阿山・浦倉山・烏帽子岳・湯ノ丸山・篭ノ登山・黒斑山・浅間山・浅間隠山・鼻曲山
画像

車から2分とかからずに天祥寺原/前掛山分岐(左へ折れ緩やかに下っていく)
画像

天祥寺原への登山道(なだらかな下り。直ぐに石の多い緩やかな下りになる)
画像

双子山方面の展望
画像

笹道の緩やかな下り
画像

天祥寺原への登山道から北横岳
画像

石の多い緩やかな下りになってきた。
画像

天祥寺原到着だ。【北横岳】
画像

天祥寺原から左へ折れて亀甲池・双子池方面へと向かう。
画像

折れて直ぐに水のない滝ノ湯川を徒渉
画像

直ぐに登りになるが5分位の登り。その後は緩やかに登って行く。
画像

北横岳方面を見上げる。
画像

振り返れば蓼科山にガスがかかっていた。
画像

なだらかな道を進んでいくとおぉ~亀甲池に到着。(22年振りかな)
画像

亀甲池
画像
画像

北横岳への登山道(池淵の石の多い緩やかな道)
画像

亀甲池
画像

北横岳への登山道(急で石の多い歩き難い登りが続く)
画像

焼山・火打山・妙高山と手前は鏡台山・大峯山・大松山などの山々だろう。
画像

湯ノ丸山・篭ノ登山・黒斑山・浅間山・浅間隠山と手前は双子山
画像

黒斑山・浅間山
画像

ゴゼンタチバナの実・タカネアオヤギソウ
画像

段々と緩やかになり再び急な石の多い急な登り。この付近で単独の女性と夫婦の3人すれ違った。
画像

いきなり稜線に出る。ガス風が強いところだ。
画像

稜線に出たところから2分位で【北八つ【北横岳(北峰2.480m)】山頂に到着。
画像

北横岳(北峰)山頂にて【北横岳(北峰2.480m)】山頂の旧御料局境界標石
画像

ガス風で展望がないので【南峰】へ
画像

北八つ【北横岳(南峰2.472m)】山頂(ガスの流れが速いので少し待ってみる)
画像

北八つ【北横岳(南峰2.472m)】山頂三等三角点
画像

おぉ~やっぱり見え隠れするな。【赤岳・中岳・阿弥陀岳・権現岳・ギボシ・編笠山・西岳と右後方に鳳凰山】
画像

北横岳(南峰)からガスの流れが速いので切れ間を待って撮った展望写真。
鳳凰山・北岳・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳・白岩岳・釜無山
画像

中央アルプス・御嶽山・経ヶ岳と手前は鉢伏山・守屋山
画像

赤岳・中岳・阿弥陀岳・権現岳・ギボシ・編笠山・西岳
画像

御嶽山
画像

中央アルプス・経ヶ岳と手前は鉢伏山・守屋山
画像

鳳凰山・北岳・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳・白岩岳・釜無山
画像

中央アルプス・経ヶ岳・御嶽山と手前は鉢伏山・守屋山
画像

南八ヶ岳・南アルプス
画像

赤岳・中岳・阿弥陀岳・権現岳・ギボシ・編笠山
画像

南アルプス【辻山・薬師岳・観音岳・地蔵岳・アカヌケ沢ノ頭・高峰/北岳・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳
画像

なかなかスッキリした写真は撮れなかったがまぁ~こんなもんだろう。北横岳(南峰2.472m)山頂を後に北峰へと戻ります。(北峰への入口から北峰が見えてます)
画像

北横岳(北峰2.480m)山頂
画像

黒斑山・浅間山
画像

大岳への登山道へと進む。(標識には難路と書いてありますね。)ここから双子池までは未踏路だ。直ぐに急な下りがあるが短い。
画像

南八ヶ岳
画像

南八ヶ岳と中央下に北横岳ヒュッテも見えている。
画像

段々と歩き難いところが出てくるが、まだなだらかで歩きやすいところが多い。
画像

シラタマノキ
画像

大岳への登山道から(北横岳を振り返る)
画像

赤岳・中岳・阿弥陀岳・権現岳・ギボシ・編笠山と手前に峰ノ松目(やっとスッキリと見えた)
画像

蓼科山・前掛山
画像

根子岳・四阿山・浦倉山/湯の丸高原の山々と双子山
画像

大岳と三ツ岳(右ピーク)
画像

段々と岩帯の乗り越えが増えてきたが急な登り下りの道ではないので幾分かましである。
画像

蓼科山
画像

大岳への登山道(岩帯の歩きにくい道は踏み跡が薄く分かり難い)
画像

大岳への登山道と大岳(岩帯の歩きにくい道ペンキマークをしっかり追う)
画像

蓼科山・前掛山(右下の草原が通ってきた所)
画像

菅平、湯の丸高原の山々とこれから通過する双子山
画像

篭ノ登山・水ノ塔山・高峯山・黒斑山・浅間山
画像

浅間隠山・鼻曲山・留夫山
画像

奥から榛名山/妙義山
画像

妙義山
画像

大岳
画像

根子岳・四阿山・浦倉山・烏帽子岳・湯ノ丸山・角間山・篭ノ登山・水ノ塔山・高峯山・黒斑山・浅間山
画像

大岳と分かりにくい岩帯の歩きにくい道が続く。
画像

蓼科山・前掛山(素晴らしいです)
画像

大岳への登山道(大岳分岐)
画像

岩帯の歩きにくい道
画像

大岳2.382m山頂
画像

大岳山頂のお地蔵様
画像

後方から硫黄岳/赤岳・中岳・阿弥陀岳・ギボシ/峰ノ松目/東天狗・西天狗・西尾根展望台/中山/丸山/雨池山
画像

北岳・間ノ岳・甲斐駒ヶ岳・烏帽子岳・鋸岳・仙丈ヶ岳と手前に日向山・鞍掛山・大岩山・雨乞岳
画像

鳳凰山・北岳・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳・丸山谷ノ頭・地蔵岳・穴沢ノ頭と手前に雨乞岳
画像

大岳から北横岳
画像

大岳から蓼科山・前掛山
画像

大岳から菅平高原・湯の丸高原・高峰高原の山々の展望
画像

根子岳・四阿山・浦倉山・烏帽子岳・湯ノ丸山
画像

大岳から双子池までも岩帯の上の歩きや乗り越えなどかなり辛い下りのようである。まぁ~時間はあるのでノンビリと下りて行けば良いだろう。
後方から白根山/篭ノ登山・水ノ塔山・高峯山
画像

黒斑山・浅間山
画像

浅間隠山・鼻曲山・留夫山
画像

奥から榛名山/妙義山
画像

妙義山
画像

船が転覆したような荒船山
画像

奥は赤久縄山/茂来山
画像

両神山
画像

御座山と後方は三国山など長野、埼玉国境線の山々
画像

後方から三宝山・甲武信ヶ岳・木賊山と手前は天狗山・男山
画像
画像

国師ヶ岳・北奥千丈岳・朝日岳・金峰山と手前に小川山
画像

八柱山と雨池
画像

双子山
画像

蓼科山・前掛山
画像

大岳2.382m山頂にて
画像

硫黄岳・赤岳・中岳・阿弥陀岳・ギボシ/東天狗・西天狗・展望台/中山/丸山/雨池山
画像

北岳・甲斐駒ヶ岳・鋸岳・仙丈ヶ岳・丸山谷ノ頭・地蔵岳・穴沢ノ頭と手前に日向山・鞍掛山・大岩山・雨乞岳
画像

大岳から南八ヶ岳・南アルプスと縞枯山/三ツ岳
画像

大岳から南アルプス・北横岳と北横岳ヒュッテも見えている。
画像

大岳から岩帯の道を分岐へと下っていく。ロープが張られているので道迷いはしないだろう。
コケモモ
画像

大岳分岐からも大きな石や岩帯の下り。急な下りもあるので注意だ。
画像

登山道沿いの迫力ある岩
画像

前掛山・双子山
画像

【蓼科山・前掛山】双子池への登山道(歩き難い岩帯の通過。コンパスの短い私には少々難儀した所)
画像

双子池への登山道(まだまだ歩き難い岩帯の通過が続く)
画像

天狗の露地に到着。少し休憩
画像

天狗の露地の祠
画像

天狗の露地から双子山
画像

西篭ノ登山・篭ノ登山・水ノ塔山・高峯山・黒斑山・浅間山
画像

浅間隠山・鼻曲山・留夫山
画像

榛名山・妙義山
画像

妙義山
画像

荒船山
画像

赤久縄山・茂来山
画像

赤久縄山/茂来山・四方原山
画像

両神山
画像

御座山
画像

双子山と高峰高原の山々
画像

黒斑山・浅間山・浅間隠山・鼻曲山・榛名山・妙義山・荒船山・赤久縄山
画像

榛名山・妙義山・荒船山・赤久縄山/茂来山・四方原山・両神山・御座山
画像

天狗の露地から双子池へと岩帯の道を進む。
画像
画像

おぉ~やっと【双子池(雄池)と双子池ヒュッテ】が見えてきた。
画像

双子山(双子山が上に見えるようになりまだ下っていく。キッと登り返しが辛いだろうな~。)
画像

歩き難い岩帯の超急な下りを下る。少々頼りない感じがする梯子だ。
画像

赤久縄山/茂来山・四方原山/両神山/御座山
画像

双子池が見えてから岩帯の道を下ること20分。やっと双子池ヒュッテに到着だ。
画像

双子池ヒュッテ前の標識と石祠とお地蔵さん
画像

双子池(雄池)の水はヒュッテの飲料として使っているようなので、水筒・カメラ以外は持ち込み禁止だそうです。
画像
画像
画像

双子池(雌池)も直ぐなので見ていく。
画像

雄池に比べると意外と濁ってますね。真正面がキャンプ指定地になっているようです。
画像

まだお昼前で時間があるし片道10分程度。テン場を偵察しておこう。亀甲池方面へと進んで行く。
画像

キャンプ指定地からヒュッテ方面。この後方がテント場になっていました。木々が多く陽は当たらないようだ。笹を切り開いて整地してあるがヤブ蚊が出そうな感じだね。4~5人位テント張ってました。多分、私はヒュッテ素泊まりにするだろうな~。
画像

ヒュッテ前に戻り左へ折れて双子山へと登って行きます。
画像

それ程急な登りではないが、少々疲れも出てきててキツく感じます。おや藪漕ぎに近いところが出てきました。足下が分かりにくいので注意ですね。
画像

藪漕ぎから約10分位で双子山山頂部に出ました。
画像

蓼科山・前掛山
画像

烏帽子岳・湯ノ丸山・角間山・西篭ノ登山・篭ノ登山・水ノ塔山・高峯山・黒斑山・浅間山
画像

榛名山・妙義山
画像

荒船山(左端が艫岩展望台)・経塚山・高岩・西立岩・立岩などの岩峰
画像

稲含山・赤久縄山/広小屋山・碧岩・茂来山
画像

両神山
画像

御座山・みず岩・三国山
画像

大山・三宝山・甲武信ヶ岳・木賊山/天狗山・男山
画像

国師ヶ岳・北奥千丈岳・朝日岳・金峰山と手前に小川山・瑞牆山
画像

硫黄岳/中山
画像

硫黄岳/中山/大岳・北横岳
画像

蓼科山・前掛山・双子山(旧)御料局山頂部
画像

(旧)双子山2.224m山頂(旧御料局四等三角點)
画像

(旧)双子山山頂の石祠と大岳・北横岳
画像

旧【双子山】山頂
画像

大河原峠への登山道と蓼科山・前掛山/双子山
画像

守屋山と中央アルプス方面の展望
画像

北横岳
画像

双子山2.224m山頂と山頂三等三角点
画像

大岳・北横岳
画像

蓼科山・前掛山
画像

大河原峠への登山道(緩やかな下りです)
画像

大河原峠への登山道(緩やかな石混じりの道になると大河原峠が見えて来る。直ぐに大河原峠だ)
画像

GOALの大河原峠駐車場(日曜日とあって随分と車が増えてます。)移動して兜布(トキン)の岩に寄り道
画像

大河原峠から車で5分弱で兜巾の岩入口(付近の路肩に駐車)
画像

兜巾の岩への登山道(緩やかな道)少し戯れてます。
画像

真っ直ぐが本道だが左へ折れて岩上を進む。
画像

直ぐに兜巾の岩2.013m山頂の祠と北横岳
画像

兜巾の岩2.013m山頂三等三角点
画像

兜巾の岩から双子山・大岳・北横岳と手前の鞍部が大河原峠
画像

前掛山と蓼科スカイライン
画像

赤久縄山/茂来山・四方原山/両神山・御座山
画像

赤久縄山
画像

荒船山
画像

浅間隠山・鼻曲山・留夫山
画像

四阿山・湯ノ丸山・角間山・西篭ノ登山・篭ノ登山・水ノ塔山・高峯山・黒斑山・浅間山・浅間隠山
画像

兜巾の岩2.013m山頂と三等三角点
画像

登山口へ戯れの下り
画像

マツムシソウ・タカネサギソウ?・ミネウスユキソウ・ヤマハハコ
画像

蓼科スカイラインを白樺湖へ。コンビニで今夜の食料を調達し、明日の予定の登山口(姫木平エコーバレースキー場駐車場)へと向かう。スキー場なので当然この時期トイレは開放されていないし登山口付近には見当たらない。登山口を確認し白樺湖に戻り15時頃トイレのある駐車場で早々にビール。はぁ~~~美味い。今日はここで車中泊し明日の早朝登山口へ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント