丹沢山系【畦ヶ丸】自然教室から周回

2017年11月16日(木)晴たり曇ったり 
自然教室から下棚・本棚畦ヶ丸1.292m二回目】白石峠を周回
昨日に続き丹沢を歩きます。今日は6時に起きて玄倉駐車場から西丹沢自然教室へ移動です。朝、丹沢湖越に不老山の右側に真っ白な富士山が見えてましたが写真はピンボケてたのでありません。
モロクボ沢ノ頭付近からの富士山
画像

駐車場に着くと速くも5台止まっていて発ってました。本来の予定は自然教室から畦ヶ丸をピストンの予定だったが調子が良かったので白石峠経由で周回してきた。
コースとタイム
西丹沢自然教室6:48→下棚沢出合7:30→下棚7:33→下棚沢出合7:42→本棚沢出合7:54→本棚7:58→本棚沢出合8:06→善六ノタワ8:57→畦ヶ丸9:41→畦ヶ丸避難小屋9:57→モロクボ沢ノ頭10:13→バン木ノ頭10:37→シャガクチ丸10:54→水晶沢ノ頭11:31→白石峠11:50→白石の滝12:28→林道終点13:08→用木沢出合13:33→西丹沢自然教室13:58(行動時間:7時間10分)

今回のGPS軌跡と垂直プロファイル
画像

西丹沢ビジターセンターと駐車場&奥中川園地の紅葉
画像

下棚・本棚・畦ヶ丸への山道へと入ると直ぐに河内川の吊橋を渡る。板が霜で真っ白。滑らないように注意して渡ります。
画像

吊橋から河内川と紅葉
画像
画像
画像

杉林の中を進んで行くと堰堤にぶち当たり左の階段を登り西沢へと階段で下りる。
画像

広い河原に下りて直ぐに西沢を丸太橋で左岸へと渡る。振り返ると【板小屋沢ノ頭】が見えていた。ここから丸太橋を13回・徒渉が5回あります。徒渉はドボンするような所もあるので注意です。
画像

西沢の紅葉
画像

何度も何度も徒渉や丸太橋を通過していく。左下の写真の徒渉は要注意です。
画像

丸太橋や徒渉をクリヤしていくと再び堰堤越。丸太橋は結構ユラユラと揺れるところもある。
画像

西沢の紅葉
画像

嫌になるほど徒渉や丸太橋が出てくる。
画像
画像

西沢に架かる八回目の丸太橋と紅葉
画像

丸太橋を渡ったところの紅葉が素晴らしい。
画像

緩やかに進んで行くと下棚沢出合だ。ここは下棚に寄り道しないとこのコースにした意味がない。
画像

3分弱で下棚の滝(40m)に着く。素晴らしい滝です。
画像
画像

紅葉も素晴らしい。
画像
画像

下棚沢出合へ戻り徒渉や丸太橋で先へと進んでいく。
画像

西沢へ流れ落ちている滝
画像

西沢の紅葉
画像

徒渉・丸太橋続きます。
画像

西沢の紅葉
画像

やっと本棚沢出合に到着です。当然、本棚に寄り道。やっちゃいました。不覚にもドボンしてしまい靴の中は水浸し。水量の違う同じ高さの滝が左右に有り結構楽しめる。
画像

本棚の滝(40m)と紅葉
画像

枯棚の滝(60m)
画像

本棚の滝(40m)
画像
画像
画像
画像

本棚沢出合へ戻り徒渉して丸太橋を渡る。
画像

西沢を詰めていきます。
画像

上方を見上げると鮮やかな紅葉が待ってくれてます。
画像

西沢を詰めていき水がなくなると左へ折れて尾根に取り付いていきます。
画像

下から見上げた紅葉が素晴らしい。
画像
画像
画像
画像
画像

急な山道を登っていくが紅葉が素晴らしく長めながらなので全く苦にならない。
画像

畦ヶ丸への登山道沿いの紅葉
画像
画像

下棚・本棚の滝も素晴らしかったが、西沢の谷を離れる付近からの紅葉が素晴らしいです。チョットキツイ登りの尾根かな。この紅葉を眺めながらの登り全くキツくはないですね。(止まってばかりいるからだろう)
畦ヶ丸への登山道沿いの紅葉
画像
画像
画像
画像
画像
画像

少し汗ばむ頃ひょっこりテーブルのある広場に飛び出す。先ほどの紅葉を見下ろしながら一休憩。
画像
画像

ミヤマシキミ・リンドウ・アセビ(花はこの位しか見当たらないです)
画像

真っ青な青空へ向かって登って行くみたいで気持ちよく歩いて行く。
画像

1000m付近を過ぎると落葉して枝だけの木々が多くなってきますが、まだまだ紅葉が楽しめます。
画像

少し緩やかに進んで行くと谷へ下りて登り返していく。
画像

再び緩やかになり谷へ下りて登り返し檜の根の多い緩やかな登りを進む。
画像
画像

少々キツイ階段の登り。登り切ると落葉して枝だけになった木々の隙間越しに周りの山々が見えだしてきた。狭いやせ尾根を過ぎると【善六ノタワ】で畦ヶ丸まで残す一時間か。
画像

少し緩やかに進むと急な梯子の下り登りで畦ヶ丸への尾根に取り付く。
画像

まだ鮮やかな紅葉が見られるが殆どの木々は落葉していて展望が得られるようになる。
画像

屏風岩山と箱根山
画像

この先しばらくは見られそうもないですね。
画像

北風が冷たい畦ヶ丸への尾根(以外とキツイ)をノンビリと進んで行くと前方に畦ヶ丸が見えてきた。
画像

更に尾根を詰めていく。傾斜が緩くなってくると畦ヶ丸(二回目)に着いた。展望は木々の隙間からしか得られない。
画像

畦ヶ丸1.292m山頂三等三角点ゲット(山頂にて)一回目は東海自然歩道から白石峠周回した。今回は東海自然歩道サブルートから白石峠周回です。
画像

姫次/大笄・檜洞丸
画像

富士山
画像

愛鷹山系【位牌岳・越前岳】
画像

御正体山
画像

今倉山
画像

計画では往路を戻る予定だったが、時間が早いのと調子が良いので白石峠経由で戻ります。先ずは避難小屋へと下ります。
画像

明神ヶ岳・箱根山・金時山と手前に大野山・日影山
画像

畦ヶ丸避難小屋(割りと綺麗です)
画像

モロクボ沢ノ頭へと急な下りです。落ち葉が多く足下に注意しながら下ります。
画像

三ツ峠山・本社ヶ丸/1.304mピーク峰
画像

富士山・弧釣山
画像

大界木山・御正体山
画像

今倉山
画像

神坂黒岳・三ツ峠山/1.304mピーク峰
画像

富士山
画像

モロクボ沢ノ頭へ下っていると女性3人・男性2人のパーティーとすれ違った。
画像

位牌岳・越前岳/不老山・湯舟山三国山
画像

モロクボ沢ノ頭でここを通るのは三回目だ。
画像

ここから丹沢主稜縦走路を白石峠へと進んで行く。
画像

バン木ノ頭と大室山だろう。
画像

シャガクチ丸・水晶沢ノ頭・大室山
画像

今倉山
画像

三ツ峠山・本社ヶ丸
画像

檜洞丸付近の空模様が怪しくなってきている。少しペースを上げアップダウンをくり返し進んで行く。
画像

木々の隙間からの展望を楽しみながら進んで行く。ここを歩いたのは20年以上前。歩いているとうっすらと記憶が蘇ってくる場所も出てくる。この先、白石の滝など楽しみだ。
蝙蝠岳・笹山・広河内岳・農鳥岳など?か/右手前は御坂山塊の大岳?か
画像

大笄・熊笹ノ峰・檜洞丸
画像

水晶沢ノ頭・大室山
画像

シャガクチ丸1.191mを過ぎると少し痩せた稜線の登り下り。
画像

畦ヶ丸を右手に見ながら進んで行く。
画像

小金沢連嶺
画像

大室山
画像

檜洞丸(上空には怪しい曇)
画像

加入道山・水晶沢ノ頭・大室山
画像

富士山
画像

アップダウンのくり返し。意外と遠いな~。
画像

やっと水晶沢ノ頭だ。少々疲れてきたぞ。単独の男性とすれ違う。【大室山】
画像

下っては登りを繰り返す。キツイ。やっぱりコース変更すべきではなかったか。あと少しで白石峠のはずだ。
画像

蛭ヶ岳・熊笹ノ峰・檜洞丸(朝、駐車場にいた親子とすれ違う)
画像

加入道山(少し下ると白石峠だな)
画像

大室山
画像

下っていくと白石峠に着いた。登山道整備の業者さん達が一生懸命に整備してくれている。なんと有り難いことか。ご苦労様。整備中で色々あるし荒れてるから気を付けてくださいとのこと。大室山方面から来た男性もここから下山していった。
画像

白石峠から白石沢コースへと下っていく。こんな急な下りだったっけ?。
画像

水のない石ゴロゴロの沢を下っていくといきなり水がザーザー流れ出てきてた。
画像
画像

何度となく沢を徒渉しながら下っていく。小さな滝が現れると白石の滝だ。
画像

白石の滝
画像
画像
画像
画像

滝を後に白石沢コースを下るがまだまだ先は長い。
画像

滝直ぐ先の紅葉が綺麗でした。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

徒渉したり丸太橋で渡ったりしながら下りていく。
画像

白石沢の紅葉
画像

傾斜がだいぶ緩くなってきたが沢の横断が多い。
画像

白石沢の紅葉
画像
画像

右岸へ丸太橋で渡り林道跡みたいな広い道を行き小さい沢を徒渉すると林道終点だ。登山道整備の業者さんの車が駐まっていた。ここからアスファルトの足には辛い林道歩きだ。
画像

紅葉狩りしながらノンビリと戻っていく。
画像

用木沢出合手前の林道ゲートまで来た。GOALまであと30分位かな。
画像

白石峠・犬越路分岐の用木沢出合で更に辛い林道歩き。
画像

林道からの紅葉
画像

テクテクテクと自然教室へ歩いて行く。
画像

権現山が見えてきたと言うことはもう少しだな。
画像

西丹沢ビジターセンター付近の紅葉
画像

西丹沢ビジターセンターと駐車場に到着です。途中から辛い歩きになったけど、素晴らしい滝や紅葉が見れて楽しい山歩きが出来た。
画像
車に乗り動き出したら雨が降ってきた。どうにか雨にも降られずに下山で良かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント