城山湖散策路と峯の薬師

2017年10月24日(火)曇り時々晴れ間 城山湖散策路一周と峯ノ薬師

本沢ダムから城山湖と榎窪山
画像

23日に台風21号が関東地方を通過した。その後、富士山の初冠雪が確認されたようである。予報では24日は晴れるようなので山中湖付近の山から眺めてこようと思っていた。朝起きると曇り空で丹沢山や奥多摩の山々は見えていた。女房を仕事場へ送る道程で富士山が見えるところがあるが残念ながら今日は雲が厚く見えていない。これでは行っても見えないかもしれないので予定を変更して歩き慣れたタイトルの山をノンビリと歩いてきた。

コースとタイム
コミュニティ広場駐車場8:30→本沢ダム8:41→はなさき休憩所8:54→青少年センター分岐9:00→境川源流分岐9:04→境川源流9:07→境川源流分岐9:14→草戸山9:15→ふれあい休憩所10:04→南高尾山稜入口10:07→榎窪山10:09→金毘羅様10:16→峯ノ薬師10:26→城山湖分岐10:47→コミュニティ広場駐車場11:09(行動時間:2時間39分)

今日は駐車場から城山湖散策路を時計反対回りで本沢ダムへと進む。
【本沢ダム(ロックフィルダム?かな)】
画像

本沢ダムから草戸山(町田市の最高峰)
画像

本沢ダムから東京都心方面(今日はスカイツリーは見えていませんね。都心のビル群は辛うじて確認できる)
画像

城山湖と榎窪山
画像

城山湖を離れ階段を登り門を抜ける。この門は施錠されるので通る際には注意です。(開門9時・閉門は季節により17時と16時と書いてありました。)
画像

コウヤボウキ
画像

はなさき休憩所(ここから先は急な階段の登り下りが数回ある)
画像

休憩所から下ると直ぐに急で長い階段の登り。緩やかになると青少年センター分岐を草戸山方面階段を下り階段を登り返していく。
画像

ヤクシソウ
画像

緩やかになると直ぐに境川源流への分岐だ。久々に寄っていこう。(以前は散策路から源流への道はなく、青少年センターを通るルートで途中から道のない谷(熟達者のみ)を登らないと行けなかったが、誰でも行けるように新たな道を切り開いたようだ。)
画像

境川源流
画像

境川源流(飲めるかどうかは分からない。この直ぐ上が草戸山山頂の広場になっているので私は飲まない。)
画像

草戸山山頂部を見上げる。
画像

散策路へ戻っていく。合流して右へ少し登って行くと草戸山山頂だ。
画像

草戸山364m山頂と案内図
画像

草戸山山頂の山之神
画像

草戸山から八王子市方面
画像

草戸山山頂の松見平休憩所
画像

草戸山から東京・横浜・相模原の展望
画像

草戸山からの下り階段。ここから階段の登り下りをくり返し、ふれあい休憩所へと進んで行く。
画像

ノアザミ
画像

階段登り下り
画像

ふれあい休憩所(ここから先は急な階段はない。比較的緩やかな登り下りだ。
画像

ふれあい休憩所から城山湖と東京都心・横浜方面
画像

小仏城山
画像

散策路を離れ南高尾山稜域へ。少し登って行くと榎窪山山頂だ。三沢峠へは進まず斜め左の踏み跡を進む。
画像

シロダモ
画像

直ぐに電波塔群への林道に出る。右へ折れると三沢峠からの道が合わさる。そのまま林道を進む。三つ目の電波塔が林道終点でここから峯の薬師への山道だ。
画像

峯ノ薬師守護【金毘羅様】の鳥居
画像

峯ノ薬師守護【金毘羅様】
画像

峯の薬師へと下っていく。直ぐに城山湖への分岐だがそのまま峯の薬師へ。峯の薬師奥の院を左手に見送り緩やかな車一台分の道を下っていく。
画像

峯の薬師
画像

津久井湖・城山と横浜方面の展望(津久井湖が台風の影響で茶色に濁ってますね。)
画像

峯ノ薬師子育とうがらし地蔵尊
画像

姿三四郎決闘の場石碑(柔道を少し齧った人なら知ってるかな?。)
画像

袖平山・黍殻山・焼山・大室山・石老山/津久井湖
画像

相州アルプス【経ヶ岳・仏果山・高取山】と後方に大山
画像

峯の薬師(少し紅葉してます)
画像

城山湖へ戻りながら奥の院へも寄り道。
画像

先ほどの城山湖への分岐で斜め右へ進んで行く。散策路に合流してコミュニティ広場駐車場へと進む。
画像

コミュニティ広場駐車場(車がだいぶ増えてました)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

西端朋子
2019年11月26日 19:33
村上裕哉
城山湖
2019年11月26日 19:34
城山湖