北ア縦走【南岳新道下山】編

(四日目)8月31日(ガス~曇り) 
北アルプス(南岳小屋から【南岳新道】で下山)
今日は今回の山行のミッション5【南岳新道】からの下山だ。既にミッション4まで何事もなく無事完了。少々膝や足など疲れを感じるが短いクサリ場ハシゴ場の登りがある物の殆ど下りだ。膝には少々キツイがゆっくり下れば問題ないだろう。
滝谷出合から大木場ノ辻・錫杖岳
画像
コースとタイム
南岳小屋5:40→槍平小屋8:18→南沢8:48→滝谷出合9:20(休憩)9:38→チビ谷9:59→白出沢出合10:41→穂高平小屋(夏道分岐)11:26→穂高平夏道入口(林道)11:47→登山指導センター12:14→新穂高温泉(無料駐車場)12:28(行動時間:6時間48分)
今日のGPS軌跡
画像

垂直プロファイル
画像

南岳小屋の入口に張ってあった注意書き。槍平小屋の南岳登山口にも表示してあった。小屋番の話では雨さえ降らなければ十分に注意して通れば通行可能だろうとの事だった。
画像

出発前の南岳小屋(ガスが立ち込めてはいるが雨は降っていない。風は殆ど吹いていないようだ。視界は50m位と言うところだろうか。一応、カッパのズボンとスパッツは履いていこう。
画像

南岳小屋を後にテン場を通り南岳新道へと入っていく。
画像

南岳のテント場
画像

テント場を過ぎると直ぐに石の間を通る緩やかな下りを進んで行く。
画像

5分ほど緩やかに下っていくと戯れたジグザグの急な下りになってきた。スリップしないようにゆっくりと進んで行く。先行者がいるらしく真新しい靴跡が残っている。テントが一貼り撤収されていたのでその人かもしれないな。
画像
画像
画像

桟橋を通過する。(慎重に通過)
画像

桟橋を通過すると岩壁沿いの狭い道をなだらかに進んでいく。
画像

狭い道を過ぎるとガラ場を下りトラバース気味に緩やかに進んで行く。
画像
画像

クサリ場の登りと梯子場の登りだ。長くはなさそうだね。
画像
画像

ハシゴを登ると稜線(ハイマツ)帯の木道を少し下り登り返しだ。ここを過ぎるともう槍平小屋まで登りはない。
画像

【2.631mピーク峰】ここから槍平小屋まで下りっぱなしだ。ゆっくり下っても新穂高温泉に13時には着くだろう。
画像
画像

おっガスが消え始めてきたぞ。展望が広がりそうだな。
画像
画像

下りていく登山道もよく見えるようになってきた。
画像

中崎尾根も見えてきました。
画像

右俣谷と新穂高温泉方面
画像
画像

下りてきた登山道を振り返る。
画像

中崎尾根と眼下は飛騨沢
画像

右俣谷と新穂高温泉方面
画像

北西尾根
画像

おぉ~槍平小屋が見えてきた。(ズームで引いたので近くに見えるがこんなに近くはないです)ここから1時間30分かかりましたょ。
画像

大キレット・北穂高岳
画像

【要注意】歩きにくい登山道が続きます。
画像

中崎尾根【奥丸山】同じくらいの高さと言うことは今いる辺りは2.400m位と言うことになるな。あと標高差400mは下るのか。ふぅ~
画像

ハイマツ帯から雑木林帯に変わってきました。若干小ムシがうざい。
画像

ゆっくりゆっくりだね。
画像

傷んでますね~
画像

おやアルミ梯子じゃーないですか。
画像

なるほど成る程。傷んでますな~
画像
画像

チョックら足下に注ですね。
画像

錫杖岳・大木場ノ辻
画像

なるほどこれは酷い。オマケに地べたは滑りやすい。
画像

おぉ~南沢が見えてきました。あと30分と言うところだろう。
画像

南沢を少し歩いて行くみたいです。
画像

南岳新道は確かに通れないことなかった。ただ誰でも通れるという道でもない。ベテランでも気を抜くと惨事を起こしそうな危険な場所も多々あります。何事も自分の責任と言うことになる。下山口・登山口の注意書きを参考に自分の技量を十分に吟味した行動が望ましい。
南沢に入りかけたとき大きな落石音が響いてきた。上方を見ていたがこの付近まで来ることなく止まったようだ。
画像

南沢の残雪のトンネル
画像

南沢の膨らんだ中央付近を下っていきます。分かりにくいのでよく探しましょう。少し下っていくと右岸沿いの登山道になります。
画像

左前に見える大きな石から右岸沿いの登山道へ入っていきます。
画像

石の転がる歩きにくい道ですね。
画像

暫く進んで行くと槍平小屋が見えてきました。三日ぶりに戻ってきました。小屋の人しかいなく静まりかえってます。南岳小屋を出てから初めての休憩なので長めに15分の休憩です。
画像

右俣谷の登山道【槍平小屋を後に新穂高温泉へと下る。】まだ白出沢(林道)までは未踏路なのでゆっくり楽しみながら戻っていきます。
画像
画像

少し木道が続くようです。
画像

オオバコウモリ・カメバヒキオコシ・ツリバナ・ソバナ
画像

南沢徒渉点(水は流れていませんね)
画像

南沢付近から滝谷ドーム・滝谷・涸沢岳?か
画像

石、岩の多い登山道ですね。すれ違う登山者が出始めました。
画像

ソバナ・タマガワホトトギス・ゴゼンタチバナ・キオン
画像

飛騨沢を見上げる。
画像

緩やかな道が続いてます。
画像

藤木リレーフ(ロッククライミングクラブの創設者)
画像

滝谷出合から南尾根【錫杖岳】【大木場ノ辻】
画像

滝谷出合と【錫杖岳・蟻ノ巣岩】【大木場ノ辻・錫杖岳】
画像

滝谷と北穂高岳・滝谷ドーム
画像

滝谷の雄滝
画像

北穂高岳・滝谷ドーム
画像

錫杖岳・蟻ノ巣岩・クリヤノ頭【大木場ノ辻・錫杖岳・クリヤノ頭】
画像

滝谷を角板橋で渡る。
画像
画像

ソバナ・ヒヨドリバナ・カメバヒキオコシなどのお花畑
画像

ジャコウソウ・ソバナ
画像

緩やかな道だが石、岩の多い道だ。
画像

チビ谷を振り返る。
画像

やっと石、岩の道から解放されたかな。
画像
画像

おぉ~白出沢だ。(ここから林道歩きだね)
画像
画像

右俣林道終点【白出沢】の水場
画像

右俣林道をテクテクと新穂高温泉へと歩いて行く。
画像

右俣林道【奥穂高岳登山口】だ。ここからは二回目でこの先危険箇所はないよね。これで今回の目標はほぼ達成である。(2005年に一日で南岳からキレット・北穂を越えて穂高山荘から新穂高温泉へと歩いた以来だ。)
画像

綺麗に整地された林道ですね。
画像

穂高平小屋に到着です。ここで何か食べようと思っていたがお休みのようです。ここから林道をシートカットする穂高平夏道へと進みます。
画像

あれー泥濘・崩落箇所ありでこんなに歩き難い道だったかな~。少々長くなるが林道を歩いた方が楽かもしれない。
画像

右俣林道【穂高平夏道】入口へと下りてここから再び林道歩きだ。
画像
画像
画像

右俣林道ゲート
画像

新穂高温泉【登山指導センターと観光案内所】下山届提出をだして駐車場へと進みます。
画像

新穂高温泉無料駐車場【GOAL】四日間の山旅。天気良くなかったが歩きたかったコースを達成できて満足だ。
画像
奥飛騨の湯で汗を流し、安曇野市の道の駅【ほりがねの里】(静かでよく眠れる)へと向かい車中泊。翌朝、天気がよければ塩尻の霧訪山でも登ろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年09月10日 20:58
実は槍ヶ岳から南岳新道で下山しようかという案があったんですよ。でも槍平に例のあの注意書きがあったので今回は止めとこうとなりました。どんな道か気になっていたので、詳細レポで大変参考になりました。どうもありがとうございます(^^)

またそのうちどこかでお会いしたいですね(^^)
2017年09月11日 08:30
みっちゃん お早うございます。

えっ 
みっちゃん・YAMAが【槍】登って同じ道で下山。(信じられません)
絶対に南岳新道か中崎尾根を下りてきたんだろうな~と思ってました。
確かにあの注意書き見たらね~。
槍平小屋の方は絶対にやめてくださいと言ってましたが、あの板敷きで飲みながらノンビリしていたら何と若い女性二人組・小学生を連れたお父さん・高年の夫婦が下りてきた。最初に下りてきた女性に聞くと通れないことなかったですと言ってた。(確かにこのコースを下りてきてるんだから可能なのでしょうね)
そうか~
でも(やまや)は今回は天気も良くないしやめとこうと決めてました。

南岳小屋でノンビリしているとき小屋番が(自分の責任で)雨さえ降らなければ通行可能的なこと言ってくれました。(でやっぱり新道下りようかな)
翌朝、ガスっているが雨は降っていないで突入しました。
写真以外にも傷んだ所や危ない所はありましたが大体こんな感じだったです。
みっちゃん・YAMAはベテランなので今度、チャレンジしてみてくださいね。

そうですね。会いたいですね。
二度もばったりしてるので、またきっと何処かで会えるでしょう。

2017年09月11日 19:09
同じ道で下山するのは面白くないので好きではないんですけどね(笑
詳細なお返事をありがとうございました
次回はチャレンジしてみたいけど、今回以上に荒れてなければいいけれど(笑
それではまたどこかで(^^)