北ア縦走【槍ヶ岳登らず】編

(二日目)8月29日(霧雨~暴風雨)
北アルプス【槍ヶ岳3.180m】登頂断念
今日も5時スタートで飛騨沢を詰めて飛騨乗越から槍ヶ岳(三回目)に登って東鎌尾根をヒュッテ大槍までの行程だ。残念ながら天気は良くないようであるが、飛騨沢コースと東鎌尾根はまだ歩いていないので歩けないほどの荒れ天で無い限り続行の予定で槍平小屋を予定通り出発。
ヒュッテ大槍がら槍ヶ岳山荘・槍ヶ岳
画像
コースとタイム
槍平小屋5:00→最後の水場6:06→千丈分岐点7:22→飛騨乗越9:19→槍ヶ岳山荘9:36→槍取付点9:41→槍ヶ岳山荘9:45→槍ヶ岳分岐9:46→殺生ヒュッテ分岐10:15→ヒュッテ大槍10:33(行動時間:5時間33分)
今日のGPS軌跡
画像

垂直プロファイル
画像

雨具下とスパッツを履いて槍平小屋を後に槍ヶ岳を目指す。
画像

槍平小屋前の標識に従い左へ折れる。右は明後日下りてくる予定の南岳新道だ。
画像

小屋から緩やかに進むとキャンプ指定地だ。
画像
画像

キャンプ指定地を過ぎるといきなり石の多い登りになる。まだヘッデン歩行なのでゆっくりと登っていく。
画像

明るくなってきて前方を見上げるとガスに覆われている。
画像

中崎尾根もガスの中のようだ。今日は荒れそうだ。
画像

水のない中ノ沢を横断
画像

緩やかになったり急になったり石ゴロゴロになったりの道を進んでいく。
画像

キヌガサソウ・ミソガワソウ・エゾシオガマ・ウメバチソウ
画像

中崎尾根を見上げる。
画像

(大喰沢)最終水場。ついにパラパラと落ちてきた。本降りになる前にまだ食べたくはないがここで朝飯の弁当を少し放り込む。カッパの上も着て登っていくが暑いのでスローペースに切り替える。
画像
画像

段々と急な道になってくる。少しずつすれ違い者も出始めた。あれカッパ着てないぞ。上は降っていないのか。まぁいいや。着たり脱いだりが面倒なので少し様子見よう。
画像
画像

左は中崎尾根で千丈乗越方面を見上げる。一旦上のカッパを脱ぐ。
画像

段々と中崎尾根と同じ高さになってきた。もう少しで【千丈分岐】だろう。
画像

オオヒョウタンボク・チングルマ・ミヤマホツツジ・イワオトギリ
画像

千丈乗越に到着。救急箱が設置してある。ここで下りの人達が沢山休憩していた。
画像

トリカブト・エゾシオガマ・クロトウヒレン・ミヤマダイコンソウ
画像

いよいよガスの中に突入。恐らくカッパを着るようだろう。
画像

チングルマ・ウサギギク・エゾシオガマ・イワツメクサ
画像

霧雨に風も出てきた。カッパを着よう。
画像

風もだいぶ強くなってきた。
画像

そろそろ飛騨乗越のはずだが先が見えないし風が強くてなかなか先へ進まないな~。ノンビリすすめは良いか。
画像

かなり風が強いと思ったら目の前にいきなり飛騨乗越が現れた。(やっぱりガスは怖いな~)
画像

飛騨乗越から槍ヶ岳へ進むが風に吹き飛ばされそうにならながら先ずはテント場へと進む。(槍平から抜きつつ抜かれつつしながら登ってきた親子はここで撤退していきました。
画像

強風が吹く槍ヶ岳テント場を無事通過し槍ヶ岳山荘に到着。数人が待機中か休憩中でした。この天気では全く槍ヶ岳は見えません。
画像

この天気では登る意欲は全く湧きませんが、ザックをデポして登り口まで進んでみました。登り専用口の→10m手前からの写真です。槍ヶ岳は天気の良いときに二度ほど登頂しているのでリスク背負ってまで登らなくても良いな~。でデポザックを回収して先へと進みます。
画像

槍ヶ岳山荘前の標識に従い東鎌尾根へと進む。
画像

山荘から30m位下りたところで雷鳥が槍ヶ岳分岐まで道案内してくれました。
画像

槍沢分岐で標識に従い西岳・大天井岳方面の東鎌尾根へに突入です。初めて歩くので楽しみですが天気が(゜◇゜)ガーン。まだ10時前、時間は捨てるほどあるのでカメさんになろう。
画像

先が全く見えないので少々気にはなりますが、最初はガレの緩やかな道を進んでいくようです。
画像

段々と狭い岩帯の道になってきます。
画像
画像

濡れた岩帯を滑らないように慎重に進んで行くと殺生ヒュッテ分岐だ。このまま真っ直ぐ東鎌尾根を進んで行く。
画像

ガレ場や岩帯を慎重に下っていく。
画像

イワギキョウ・シラタマノキ・イワオトギリ(まだ他にもあったがガスで視界が効かない危険地帯の通過なのでこれ位しか撮れず)
画像

槍ヶ岳山荘から50分。ガスの中にヒョコッと今日の宿【ヒュッテ大槍】が現れた。まだ10:30分だ。ドンだけノンビリ出来るのだろうか。贅沢な日になるな~。こんな日もあって良いかな?。
画像

ヒュッテ大槍に着き宿泊手続きを済ませノンビリしていると、ガスがドンドン引いていき展望が広がってきた。荷物整理もほったらかして寒そうなので一枚羽織カメラも持って外に飛び出すと素晴らしい槍ヶ岳が目の前に。思わず(うぉ~~~~~)ここから先の写真は全てヒュッテ大槍からの物です。30~40分位の晴れ間だったが素晴らしい展望だった。(明日、山中間のIちゃんの誕生日。素晴らしい槍ヶ岳の写真をメールでプレゼントしようかな)
槍ヶ岳山荘と槍ヶ岳
画像

北鎌尾根(ここも歩いてみたいが無理だろうな~)
画像

唐沢岳・北燕岳・燕岳/燕山荘も見える。
画像

大天井岳・中天井岳・東天井岳/手前には牛首山・赤岩岳
画像

横通岳・常念岳/手前には西岳・西岳ヒュッテ・赤沢山
画像

八峰・六峰・五峰・前穂高岳/吊尾根
画像

蝶槍・三角点ピーク峰(旧、蝶ヶ岳)・蝶ヶ岳(旧、長塀ノ頭)
画像

槍ヶ岳山荘・槍ヶ岳
画像

大喰岳
画像

中岳
画像

横通岳・常念岳・2.692mピーク峰/西岳・ヒュッテ西岳・赤沢山
画像

大天井岳・中天井岳・東天井岳・横通岳/手前には牛首山・赤岩岳・西岳
画像

唐沢岳・北燕岳・燕岳・燕山荘・大下りノ頭
画像

南岳
画像

中岳・大喰岳とヒュッテ大槍
画像

天狗原(氷河公園)天狗池も見えている。明日歩く予定のコースだ。しっかり確認しとこう。なかなか手強そうですね。
画像

前穂高岳・北穂高岳・南岳
画像

八峰・六峰・五峰・前穂高岳・北穂高岳・南岳・中岳
画像

明日下る水俣乗越への東鎌尾根
画像

常念小屋・常念岳/手前に西岳ヒュッテと右手のハゲてる左が西岳テント場だ。
画像

瞑想の丘・蝶ヶ岳ヒュッテ・蝶ヶ岳と左後方は鍋冠山?だろうか。
画像

前穂高岳・北穂高岳・涸沢岳・奥穂高岳・南岳
画像

槍ヶ岳山荘・槍ヶ岳
画像

前穂高岳・北穂高岳・奥穂高岳・南岳・中岳(素晴らしい)
画像

五峰・前穂高岳・吊尾根・北穂高岳・涸沢岳・奥穂高岳・南岳(北穂高小屋も見えている)
画像

南岳への稜線と南岳
画像

南岳への稜線と中岳
画像

中岳・大喰岳/ヒュッテ大槍
画像

飛騨乗越・槍ヶ岳・殺生ヒュッテ・ヒュッテ大槍
画像

真砂岳・野口五郎岳と手前は北鎌尾根
画像

針ノ木岳・蓮華岳と手前は七倉岳
画像

槍ヶ岳・北鎌尾根/後方に野口五郎岳
画像

針ノ木岳・蓮華岳と手前に七倉岳(針ノ木小屋も見えている)
画像

唐沢岳・北燕岳・燕岳・燕山荘・大下りノ頭
画像

大天井岳・中天井岳/牛首山(喜作新道)
画像

東大天井岳・横通岳/赤岩岳(喜作新道)
画像

常念岳/西岳・ヒュッテ西岳・赤沢山
画像

蝶槍・三角点ピーク峰・蝶ヶ岳
画像

2.833mピーク峰・真砂岳・野口五郎岳
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント