山梨県の山【浩庵から中ノ倉山周回】

2017年1月5日(木)はれ 繋ぎ登山【浩庵から中ノ倉山1.247m周回】
朝5時頃起きて浩庵駐車場へ移動してトイレ行ったり準備したりしながら明るくなるのを待っていると、駐車場は直ぐに満車で道路湖畔側もぎっしり埋まる。中ノ倉展望地での日ノ出は多分7:20分頃だろうから6:50分頃に登り初めれはいいだろ。
中ノ倉峠の名勝『富士五湖』中ノ倉展望地からの富士山
画像

コースとタイム
浩庵登山口6:51→パノラマ台分岐7:11→中ノ倉峠7:14(日の出待ち)7:46→中ノ倉山8:39→稜線【佛峠】8:56→いこいの森キャンプ場9:19→浩庵駐車場10:20 歩行速度:9.2㎞ 行動時間:3時間29分 歩行速度:2.6㎞/h 累積標高:(+535m)(-516m)
中ノ倉山のGPS軌跡
画像

垂直プロファイル
画像

早朝の千円札紙幣裏の富士山撮影地からの富士山
画像

段々と東の空がオレンジ入りに染まってくる。
画像
画像
画像
画像

そろそろ登り始めよう。稜線までは昨日とほぼ同じコースを登っていく。
画像

中ノ倉峠までの中間点付近が開けて富士山がよく見える。休憩がてら暫く眺める。
画像

だいぶ陽が昇ってきてるようだが時間的には間にあうはずだ。
画像

だいぶ緩やかになりパノラマ台への分岐で中ノ倉峠へと進む。直ぐに右側が少し伐採されて南アルプスの展望が得られるようになっていた。
画像

赤石岳・小赤石岳・奥茶臼山・前茶臼山
画像

奥茶臼山・前茶臼山・荒川岳・千枚岳
画像

徳左衛門岳・蝙蝠岳・塩見岳・北俣岳・笹山
画像

広河内岳・農鳥岳・間ノ岳・北岳と手前に源氏山・丸山・櫛形山
画像

布引山・笊ヶ岳・聖岳・生木割山
画像

聖岳・生木割山・赤石岳・荒川岳と手前に富士見山
画像

荒川岳・小河内岳・徳左衛門岳・蝙蝠岳・塩見岳・北俣岳・笹山・白河内岳
画像

塩見岳・笹山・白河内岳・大龍岳・広河内岳・農鳥岳・間ノ岳・北岳/源氏山・丸山・櫛形山
画像

南アルプスの素晴らしい展望。そこから直ぐに中ノ倉峠の名勝『富士五湖』中ノ倉展望地だ。
画像

あれ前回来たときよりも立派な展望地に変わっている。そうか富士山が世界遺産になり環境庁が整備し直したようだ。
画像

こんな立派な説明板まで設置してある。ここまで早い人なら20~30分。ゆっくり歩いても40分位なので立ち寄ってみてほしい。富士山好きにはたまらない場所だと思います。
画像

朝焼けを見ながら日ノ出を待ちます。
画像

眼下に浩庵の富士山展望地が見えて付近は車がびっしりです。
画像
画像
画像
画像
画像

日ノ出です。竜ヶ岳山頂はあと24分後だろう。今日素晴らしいダイヤモンド富士が見られるだろう。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

湖面がオレンジ入りに染まり綺麗ですね。(右の山は竜ヶ岳です)
画像
画像
画像
画像
画像

ここからのショーは終わりですね。竜ヶ岳山頂はそろそろ始まる時刻でざわついているだろうな~。
画像

ここから先は未踏路で楽しみだ。狭い尾根は外しようがないが、広いところは踏み跡も薄くテープなどの目印を見落とさないように進む。このコースは尾根を外れての急な下りは無いはず。急激な下りは要注意です。
画像

樹林越しに左は富士山や竜ヶ岳など、右は南アルプスを眺めながら進んでいく。
画像

若干注意箇所があるが今のところ問題なく進んでいく。右側からの風が非常に冷たい。
画像

南アルプス【赤石岳~北岳】
画像

急なアップダウンも多くなってくる。要所要所の赤テープやペンキマークも確認しながら進む。中ノ倉山がだいぶ近くになってきた。
画像

農鳥岳・間ノ岳・北岳
画像

仙丈ヶ岳がチョコッととアサヨ峰・鳳凰山
画像

中ノ倉山に近づくに連れ尾根が広くなってくる。
画像

南八ヶ岳【権現岳・三ツ頭・阿弥陀岳・中岳・赤岳・横岳】などの山々
画像

落ち葉で踏み跡が分かりづらい所が多くなってきた。目印を見逃さないよう進む。
【農鳥岳・間ノ岳・北岳】
画像

左下の写真は二重稜線の分かりにくい所。ここは左の尾根へと進むのが正しい。右へ進むと下り出す。この付近は既に中ノ倉山への登りなので下っていってはいけない所だ。
画像

中ノ倉山山頂手前からは南アルプスの展望がある。【広河内岳・農鳥岳・間ノ岳・北岳】
画像

赤石岳・荒川岳・蝙蝠岳・塩見岳・笹山
画像

中ノ倉山1.247m山頂と三角点に到着。樹林越しの展望しか得られないな~。
画像

中ノ倉山1.247m山頂三等三角点ゲット
画像

南ア【赤石岳・荒川岳】
画像

南ア【蝙蝠岳・塩見岳・北俣岳】
画像

南ア【広河内岳・農鳥岳・間ノ岳・北岳】
画像

南ア【布引山・笊ヶ岳・聖岳・生木割山】
画像

あまり展望もなく風があり少し寒いので長居は無用で佛峠へと下る。
画像

尾根が細くなるとピンクテープ二本あるところで、ほぼ90度左へ折れてかなり急な下りになる。
画像

急な道を5分位下っていくと尾根が広くなり分かりづらいので目印を見逃さないように進んでいく。
画像

雑記林から檜林に変わってくると踏み跡もしっかりしてくる。そして稜線(佛峠)分岐で本栖湖いこいの森キャンプ場方面へと向かう。
画像

緩やかに下っていくと正面に竜ヶ岳が見えてきた。
画像

更に緩やかに下っていくと本栖湖も見えてきた。
画像

緩やかな道をドンドン下っていく。
画像

端足峠・雨ヶ岳
画像

檜林の中の道を下っていくと、いこいの森キャンプ場に出て直ぐに県道709号線に出る。本来なら左へ折れて浩庵駐車場へ戻るのだが繋ぎ山行なので右へ折れて、昨日【端足峠】から下りてきたところまで行き繋いで折り返してくる。
画像

県道709号線から【節刀ヶ岳・鬼ヶ岳・雪頭ヶ岳・十二ヶ岳/三ツ峠山/足和田山】
画像

パノラマ台・烏帽子岳/鬼ヶ岳・雪頭ヶ岳・十二ヶ岳
画像

パノラマ台・烏帽子岳
画像

県道709号線を浩庵駐車場へと戻っていきます。
画像

本栖湖や周りの山々を眺めながら戻っていく。
画像

富士山が見えてくるようになってきた。
画像

大室山・富士山・竜ヶ岳
画像

大室山・富士山
画像
画像

大室山・富士山・竜ヶ岳
画像
画像

浩庵駐車場へと戻ってきました。駐車場の説明板
画像

GOALの浩庵駐車場。正面の建物はトイレです。
画像

千円札紙幣裏の富士山撮影地からの富士山・竜ヶ岳(温泉に入り時間があるので山中湖に寄り道して下道で帰ることにして山中湖へと向かう)
画像

山中湖【長沼親水公園】からの富士山
画像
画像

三国山・楢木山・大洞山・畑尾山
画像

鉄砲木ノ頭・三国峠
画像

赤石岳・荒川岳
画像

今回、竜ヶ岳のダイヤモンド富士は残念であったが先ず先ず楽しめた山行だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント