布引の滝・楊梅の滝・八ツ淵の滝

2016年6月10日(金) はれ 
日本滝百選『布引の滝』・『楊梅の滝』・日本滝百選『八ツ淵の滝

6月9日10時頃に鹿児島の実家をでて神戸行きのフェリー【さんふらわあ】乗り場の西大分港へと向かった。16時頃西大分港に着く。船内にもレストランやビールなどあるがコンビニで食料やビールを買い乗船・出港時間を待った。何時もなら志布志から大阪行きの船に乗るんだが、布引の滝が新幹線(新神戸駅)から直ぐの所にあるのでこの航路が一番便利である。乗船手続きを済ませ乗船後甲板へと出てみた。

さんふらわあ甲板より高崎山(最近話題が出ないがシャーロットは元気でいるのかな?。)
画像

さんふらわあ甲板
画像

出航後の別府湾と高崎山・鶴見岳・由布岳(部屋へ戻り食事後明日からの予定に備えて早々に仮眠。)
画像

6月10日朝飯食べた後甲板に出ると丁度明石海峡大橋を通過したところだった。
【さんふらわあ甲板より明石海峡大橋と淡路島】
画像

さんふらわあ甲板より明石海峡大橋と明石市
画像
画像

さんふらわあ甲板より明石海峡大橋
画像

日本滝百選【布引の滝】は雌滝・鼓ヶ滝・夫婦滝・雄滝となっているようだ。
神戸港で下船後新幹線駅【新神戸駅】へ向かい駅前の有料駐車場に駐車。駅舎を通り抜け『いさごばし』を渡ると布引の滝への遊歩道になる。渓谷沿いを進んでいくと布引の滝案内板があり【雌滝】に着く。
画像

布引の滝【雌滝(めんたき)】落差19m
画像
画像

更に上流へと進んでいく。【布引の滝【雌滝】の落ち口】
画像

布引の滝【鼓ヶ滝】落差8m(落葉時期でないと全容は見えないようだ。)
画像

布引の滝の遊歩道沿いには小滝などが見られた。
画像
画像

布引の滝【夫婦滝9m・雄滝43m】迫力満点である。
画像
画像

布引の滝【雄滝43m】
画像
画像
画像
画像

布引の滝は雄滝で終わりだがもう少し遊歩道を進み展望台まで登ってきた。
展望台から神戸港
画像

神戸の町並み
画像

遊歩道をもう少し進み【猿のかずら橋】を見てから戻ることにしよう。【渓谷沿いの小滝】
画像

猿のかずら橋
画像
画像
Uターンして駐車場に戻り次の滝【滋賀県の楊梅の滝】へと向かう。

滋賀県大津市楊梅の滝】は雌滝・薬研の滝・雄滝からなり総落差75mのようであるが今回は雌滝のみです。
楊梅の滝入口
画像

楊梅の滝説明板
画像

遊歩道沿いを流れる滝川
画像

滝川を流れ落ちる(???滝)
画像

楊梅の滝【雌滝】落差15m
画像

楊梅の滝【滝川を落ちる小滝】
画像

遊歩道沿いを流れる滝川
画像
駐車場へ戻り次の滝【八ツ淵の滝】の登山口(ガリバー旅行村へと向かう。

滋賀県高島市の日本滝百選【八ツ淵の滝(魚止めの滝・障子ヶ淵・唐戸の淵・大摺鉢・小摺鉢・屏風ヶ淵・貴船ヶ淵・七編返し淵の八つの滝)へとやってきた。ここは険しい登山道で安易に入渓は出来ないところだ。ガリバー旅行村の駐車場に止めて八ツ淵の滝/武奈ヶ岳への山道口へ林道を進んでいく。
画像

林道終点登山口の案内板だ。ここから登山道だ。今回は身支度が甘いので大摺鉢・小摺鉢・屏風ヶ淵・貴船ヶ淵だけとした。残りはまた機会があったらしっかりした身支度で訪れることにしよう。
画像

登山道からの展望
画像

鴨川には沢山の小滝が見られた。
画像

八ツ淵の滝【大摺鉢】
画像
画像
画像
画像
画像

八ツ淵の滝【小摺鉢】
画像

八ツ淵の滝【屏風ヶ淵】
画像
画像

八ツ淵の滝【貴船ヶ淵】
画像
画像
画像
画像

今回はここでUターン
画像

武奈ヶ岳方面?かなを見上げる。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント