コミュニティ広場から高尾山・南高尾山稜周回

平成27(2015)年12月18日(金) 晴れ 
東京都の山【高尾山599m・南高尾山稜
高尾山は 関東の富士見百景及びミシュランガイド、最高ランクの“三つ星”の観光地に選出されている山で、人気が高く何時行っても沢山の人で賑わっている山だ。
今日は天気も良く澄んでいて展望が良さそうである。人が多くてあまり出向きたくない山ではあるが何故か行ってみたくなった。久々にコミュニティ広場から高尾山口へでて高尾山~南高尾山稜を歩きコミュニティ広場へ戻ってくるコース取りとした。欲を言うと小仏城山を踏んでから南高尾山稜をへて戻りたかったが、コミュニティ広場駐車場の閉門が16時のため間に合わない可能性があるので高尾山から学習の歩道経由とした。
コースとタイム
コミュニティ広場8:49→金刀比羅宮8:56→本沢ダム9:06→草戸山9:35→草戸峠9:41→高尾山入口10:42→ケーブルきよたき駅前10:45→1・2号路分岐11:19→1・2・3号路分岐11:27→高尾山薬王院11:43→高尾山山頂12:00(休憩)12:22→学習の歩道分岐12:25→富士見台園地12:34→林道出合13:00→林道学習の歩道分岐13:05→大垂水峠13:15→大洞山13:41→コンビラ山13:56→見晴台14:29→三沢峠15:05→コミュニティ広場駐車場15:30  (行動時間:6時間41分)

女房を仕事場へ送りコンビニで昼飯を調達後、今回のコースのスタート地点であるコミュニティ広場駐車場に8時40分に到着。遅いスタートとなったが何もなければ閉門までには戻ってこれるだろう。駐車場から広場を通り金刀比羅宮へと向かう。
画像

金刀比羅宮
画像

本沢ダムへのゲート前付近からは都心方面の展望良い【スカイツリー】今日はよく見えてます。東京タワーや横浜ランドマークタワー・房総半島なども見えます。
画像

本沢ダム・城山湖手前のゲートを抜ける。
画像

木々の隙間から右方を見ると【筑波山】が見えていた。
画像

緩やかに下っていくと本沢ダム堰堤と城山湖が見えてくる。
画像

城山湖と榎窪山
画像

周遊路の一番急できつい階段である。
画像

大地沢青少年センター分岐から一旦下り登り返していくと町田市の最高峰の草戸山だ。右に折れ高尾山口方面へと下っていく。
画像

軽いアップダウンを繰り返し進んでいくと草戸峠だ。
画像

草戸峠から高尾山
画像

高尾山口・四辻方面へと下ったり登ったりしながら進んでいく。木々の間から少し展望がある。
画像

このピークから少々展望があり蛭ヶ岳・富士山が見えていた。
画像

蛭ヶ岳
画像

四辻から300m位で甲州街道を横断すると高尾山入口商店街だ。あれっ人少ないですね~。
画像

高尾山ケーブルカーきよたき駅前の高尾山登山口(東海自然歩道起点)ここが各方面への分岐だ。今日は2号路から山頂へと向かう。
画像

高尾山ケーブルカーきよたき駅
画像

高尾病院前を通り②号路へ
画像

高尾山ケーブルカー(以外と低速ですね)
画像

登山道に入るとまだカエデの紅葉が見られた。
画像

荒々しい岩・石帯の登山道
画像

真っ赤なイロハカエデかな
画像
画像

このコースは何人か下りていったが意外と少ないです。(今日だけかも?ね)
画像

おぉ~三峰山・大山・二ノ塔・三ノ塔が見えてます。
画像
画像
画像

何度か分岐を過ぎて自然研究路2号路へと入ってきました。歩いている人は全くいません。上の1号路の方からは話し声など聞こえてきます。
画像

自然研究路1.2.3号路分岐で1号路へ
画像

あぁ~やっぱり人多いですね~。薬王院へ行くには仕方ないですね。
画像

1号路(男坂・女坂分岐)ま~今日は女坂から行きましょうかね。
画像

高尾山薬王院入口門(立派です)両端には仁王様
画像

境内 お札やお守りなど色々あるようです。
画像

本堂への階段。キツイですね~。
画像

薬王院大本堂
画像

本社(権現堂)への階段もキツいな~
画像

高尾山薬王院(誰もいない写真撮れましたラッキーです)
画像

本社(権現堂)左手の小さな社
画像

高尾山薬王院
画像

薬王院から・奥社・高尾山へとまだ階段を登ります。
画像

薬王院大師堂
画像

浅間大権現
画像

1号路を山頂へと進んでいきます。今日は山頂へ向かう人は半分くらいで薬王院でUターンしてました。
画像

山頂部が見えてきた。
画像

山頂手前トイレ横からの展望で手前から北高尾山稜/戸倉三山/御前山・大岳山/長沢背稜の山々
画像

高尾山山頂標柱(あまり人いないように見えるけど丁度お昼時。端っこでお食事中の人が大勢いました。)
画像

高尾山山頂【大見晴園地】からの展望です。 ここからは日の入りのダイヤモンド富士が見られるところですね。見ごろは(毎年12月冬至前後)で今年は12月19日(土)~24日(木) 頃だそうです。
相州アルプス(華厳山・経ヶ岳・仏菓山)
画像

奥から大山/三峰山/鍋嵐/仏菓山・高取山/南山・東山
画像

二ノ塔・三ノ塔・新大日・木ノ又大日・本間ノ頭・丹沢山と手前には仙洞寺山
画像

本間ノ頭・丹沢山・不動ノ峰・鬼ヶ岩ノ頭・蛭ヶ岳
画像

八丁坂ノ頭・黍殻山・焼山と手前は石老山で一番手前は南高尾の大洞山
画像

大室山・加入道山・鳥ノ胸山・富士山・鳥居立・長尾・御正体山・赤鞍ヶ岳・菜畑山・今倉山・二十六夜山
画像

倉岳山・三ツ峠山・御坂黒岳・本社ヶ丸・大栃山・達沢山・滝子山と後方には南アルプス
画像

本社ヶ丸・大栃山・達沢山・滝子山と後方は荒川岳・塩見岳・広河内岳・農鳥岳・西農鳥岳だろうか?。
画像

富士山
画像

高尾山大見晴園地から丹沢連峰の展望(園地を後に小仏城山方面へのコンクリート階段を下りていきます。
画像
画像

下りて広場になると奥高尾・六号路・学習の歩道など各方面への分岐になっています。斜め左の学習の歩道へと進むが後で城山への道と合流します。
学習の歩道から富士山・鳥井立・長尾・御正体山
画像

大室山・加入道山
画像

大垂水峠への学習の歩道(風もなくぽかぽか陽気で気持ちの良い道でした)
画像

学習の歩道の富士見台園地
画像

ヤブコウジ
画像

気持ちの良い道が続きます。
画像

不動ノ峰・鬼ヶ岩ノ頭・蛭ヶ岳・八丁坂ノ頭・袖平山/石老山/大洞山
画像

本間ノ頭・丹沢山・不動ノ峰・鬼ヶ岩ノ頭・蛭ヶ岳/大洞山
画像

小仏城山への道に合流です。ここまでの学習の歩道は殆どなだらかな道です。尾根道を避けて通っている人が意外といました。
画像

50m位進むと再び分岐で小仏城山への道を右に見送り左の学習の歩道へと入っていきます。
画像
画像

なだらかな道を進んでいくと大平林道に合流。左の学習の歩道は通行禁止のため右へ林道を進みました。
画像

右から一丁平からの道が合流です。
画像

直ぐに林道を離れ学習の歩道を大垂水峠方面へと進みます。
画像

学習の歩道の地蔵様
画像
画像

なだらかな学習の歩道。アップダウンは殆どありません。奥高尾の分岐から揺るやかーに下ってきてるのかな~
画像

甲州街道にかかる橋を渡り南高尾山稜へと進んでいく。
画像

大洞山への登りが続きます。
画像

大洞山山頂到着。木々の間から展望がある。ここから先アップダウンを繰り返し進むがキツイ登りはない。
画像

大洞山から富士山・御正体山・長尾
画像

御正体山(後方)/鳥居立・長尾・細茅ノ頭・赤鞍ヶ岳・岩戸ノ峰・菜畑山・今倉山・二十六夜山
画像

大室山
画像

後方から三ツ峠山・本社ヶ丸/九鬼山・高畑山・倉岳山などの山々
画像

静かな南高尾山稜の道
画像

コンビラ山山頂
画像

樹林越しに高尾山や東京都心部が見えます。
画像

見晴台からの三ツ峠山・本社ヶ丸・倉岳山などの山々
画像

富士山・今倉山・石老山
画像

八丁坂ノ頭・黍殻山・袖平山/大室山/石老山
画像

蛭ヶ岳・八丁坂ノ頭・黍殻山・袖平山
画像

三ノ塔・新大日・木ノ又大日・本間ノ頭・丹沢山と手前は仙洞寺山
画像

仏菓山・高取山/南山・東山/三峰山/大山
画像

三沢峠(何とか駐車場の閉門時間までには戻れそうです。)
画像

城山湖周遊路合流点でここから林道を進む。
画像

高尾山
画像

小仏城山
画像

城山発電所
画像

15:30分コミュニティ広場駐車場の到着です。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント