折立から北ア五日間の縦走(四日目・五日目)

2015年8月31日(月曜日)~9月4日(金曜日) 四泊五日小屋泊 
メンバー:Yちゃん・Iちゃん・やまや
Yちゃん・Iちゃん恒例の小屋泊縦走に便乗して歩いてきた。
今回は折立~雲ノ平~髙天ヶ原~水晶岳~鷲羽岳~黒部五郎岳~北ノ俣岳~薬師岳~折立の周回縦走である。
(四日目)
9月3日(木曜日) 雨 (三俣山荘~【黒部五郎岳北ノ俣岳】~太郎平小屋)
朝起きるとやっぱり強くはないが雨が降っていた。三俣蓮華岳からの鷲羽岳は素晴らしいがこの天気では期待できない。三俣蓮華岳を巻く道から黒部五郎小舎へと向かうことにした。
Yちゃんのおかげと薬・湿布で何とか足は回復したが、今日はかなりの長丁場で油断は出来ない。
コースとタイム
三俣山荘4:50→巻き道分岐6:38→黒部五郎小舎7:50→黒部五郎岳11:20→中俣乗越13:10→北ノ俣岳15:22→太郎平小屋16:55 
(行動時間:12時間05分)
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル  累積標高:(+1.755m)(-1.948m)
画像

小雨降る中、予定より20分遅れで三俣山荘を後に黒部五郎岳へ向かいます。
画像

残念ながら今日もカッパ着ての行動です。天気が悪いので三俣蓮華岳は通らずに巻き道を行きます。
画像

YちゃんとIちゃん二人とも調子今一みたいですね。そうだよね~連日歩き始めからカッパ着ての行動で疲れ溜まってる。段々と明るくなってきて山々が見えてきますが今日も雨で辛い一日になりそうな?。
画像

モミジカラマツ
画像

雪渓横断地点前にて(やっぱ疲れ溜まってる顔してます)
画像

ワリモ岳・鷲羽岳
画像

祖父岳・ワリモ岳
画像

雪渓横断中(黒くしみているところは全然滑らない。外れるとツルツルでした)
画像

急登をIちゃん頑張ってます。
画像

Yちゃん頑張って登ってきて~
画像

登り切って休憩後緩やかな道を進むが岩が多い。ゆっくり行こう。
画像

ミヤマアケボノソウ
画像

緩やかだがハイマツ帯の歩き難いところです。
画像

左から三俣蓮華岳からの道が合流する巻き道分岐点に到着
画像

岩帯の急降下後石のゴロゴロ転がる道など通りながら進んで行く。
画像

巻き道分岐点から1時間10分(黒部五郎小舎到着)凄く長く感じた道のりだった。約14年ぶりに歩いたが登山道など随分変わっていた気がした。この小屋も14年前泊まったときと様子が違う気がしたが気のせいか)
黒部五郎小舎にて
画像

30分位休憩後カールコースから黒部五郎岳へと緩やかに登っていきます。
画像

段々と傾斜も増し、石岩も増えてきて歩き難い道となっていきます。
画像

四日目、Iちゃんもさすがに疲れ溜まってるのか笑顔が少ない。
画像

Yちゃんも何時もの笑顔が出てませんね。きっと俺も違うんだろうな~。
画像

カールコース登山道にて
画像

石ごろごろの道を登っていくと平らな所に出た。この辺りが水場なのだろう。
画像

ここでも増水した右俣を徒渉。Iちゃん慎重です。
画像

増水した右俣を徒渉中のYちゃん
画像

いよいよ急勾配の登りが始まります。ガスもかなり濃くなってきてちょっと離れると見えなくなります。
画像

やっぱ調子悪そうだな~大丈夫か~~~  大丈夫で~す。
画像

げげ~これはかなりキツいぞ。
画像

かなりキツイ登りです。YちゃんとIちゃん頑張って登ってきくるがYちゃんが遅れ気味なので更にペース落とします
画像

ミヤマホツツジ
画像

あと少しで稜線だよ。
画像

少々緩やかになるこの登りでやっと絵顔を見せるIちゃん
画像

稜線に出て岩帯を進んで行くと黒部五郎の肩に到着です。
画像

ここにザックをデポして今回三座目の百名山【黒部五郎岳】をピストンします。
画像

黒部五郎岳山頂(肩から随分遠く感じたが10分と少々でした)
画像

黒部五郎岳山頂にて(YちゃんとIちゃん初登頂・おじさん二回目)今回百名山三座目(皆疲れてる顔してます)それにしても残念な天気です。展望いい山なんだけど、また何時か三人でこれるかな~。
画像

団体のおばさんグループが来たので早々に黒部五郎岳山頂三角点ゲットし肩へと戻りました。
画像

肩へ戻りザック回収し一服。さっきの団体が下りてきて喧しい。早々に歩き難い急な下りを太郎平小屋へと進みます。
画像

チングルマ
画像

中俣乗越で食事休憩。お腹いっぱい食べたのかな~。一服もしたし満足満足。太郎平小屋へ向かう。先ずは赤木岳へと登って行く。Yちゃん・Iちゃん嫌な思い(気持ちに)させてごめんね。反省してます。
画像

赤木岳への登りもキツいですね。
画像

偶にこんな岩帯が現れる。疲労困憊でもう嫌だ~と思ってるかもしれないな~。
画像

赤木岳、未だかいな~と言ってたらひょっこり赤木岳到着。(ピークは巻いてるようだ)
画像

まだまだこれでもか~と言うぐらいに岩帯が現れる。
画像

北ノ俣岳にて(強い風で最悪コンディション)風雨が激しくやっとカメラの方を向いての撮影。長居は無用だ。先へ進もう。
画像
北ノ俣岳を下りきった辺りの木道付近でYちゃんとIちゃんが休憩したいと。時計を見ると17時か迫っていた。うんこれはまずいぞ。おじさん先に小屋へ行きチェックインしとくからゆっくりおいで。でもあんまりノンビリしていると暗くなるので注意してね。ま~Yちゃんのことだから大丈夫だろう。先に小屋へと向かったがもの凄く遠く時間がかかったように思えた。手続きなど済ませ外で待とうとした瞬間YちゃんとIちゃんが到着した。
【部屋からの薬師岳方面の写真】
画像
小屋に入り食事後部屋で寛ぎながら明日の(薬師岳)ミーティング。明日も天気が悪い。Yちゃんが風邪気味。登っても展望が得られない。連日雨の中の行動で疲労困憊。と言うことで全員一致で薬師岳中止してノンビリ下山する事に決定。途端に皆の顔がほころんで見えたのはおじさんだけだっただろうか。
画像

9月4日(金曜日) 雨 (太郎平小屋~折立)
今日は朝食後ノンビリ支度して下山だ。朝食後雨が止んでいたので外に出てみた。時々青空が覗くも廻りの山々は殆どガスの中だ。そんな中宿泊者は目的地へと進んで行って我がパーティーのみとなっていた。
コースとタイム
太郎平小屋6:51→五光岩→三角点ピーク峰7:22→折立10:51 
(行動時間:4時間)
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル  累積標高:(+110m)(-1.069m)
画像

昨夜は風雨で煩くてあまり眠れなかった。食事後カメラ持って外へ出てみた。殆どの人が出発して行き静かな太郎平小屋
画像

太郎兵衛平標柱
画像

鷲羽岳方面に青空が。
画像

太郎山と太郎平小屋
画像
画像

黒部五郎岳方面
画像

雲ノ平・鷲羽岳方面
画像

折立への登山道。一瞬青空が覗くも直ぐにガスる。(部屋に戻り下山の準備です)
画像

小屋を一番最後に出る我らパーティー(6:51と遅い出発、小屋泊ではないような?。)たまにはいいよな~。
画像

薬師岳方面は相変わらずですね。
画像

さ~折立へ。今の所、雨は降ってないがカッパ下だけ履いて下山開始です。(Iちゃんは上下)
画像

今日は下山と言うこともあり元気モリモリかな。Yちゃんの風も悪化しなくて良かった。(殆ど下り膝持ってくれよ)
画像

初日とおんなじ顔(笑顔)してるような。太郎兵衛平よ又来るからね~
画像
画像

何時ものYちゃんに戻ってますね。良かった~
画像

小石ごろごろで歩きにくい道をゆ~っくり下りてきます。
画像

有峰湖
画像

太郎山をバックに(やっぱりガスが懸かり出しました。やっぱり雨が降ってくるのだろう)
画像

折立へ歩き難い長~い長~い登山道
画像

順調~快調
画像

遠くに五光岩ベンチピークが見えてきました。
画像

今日予定だった薬師岳方面を見入るIちゃん。その様子をのぞき込むYちゃん
画像

五光岩ベンチ遠いね~。ま~ゆっくり下りてるからいいか。
画像

水たまり通過中
画像

Yちゃんが飛び石伝いに両手広げバランス取りながら越えてきます。
画像

五光岩ベンチで一服しようね~。うんうんそうしょ。
画像

五光岩ベンチで一服タイム。青空が少し見えるものの薬師岳・太郎山はガスの中で更に段々被さっていきますね。
画像

途中、雨が降り出しカッパを着て下りてきます。そして登って行く人(すれ違い)が多くなってきました。
画像

三角点ピーク峰で休憩。しかし、蚊や虫が凄いです。YちゃんとIちゃんは既にネットを被ってるので問題無いな。おれ休憩中、ヤブ蚊と格闘さて何匹やっつけたでしようか。さ~あと一時間と少々だがここからが泥濘が多く大変だ。それにすれ違いも多い。
画像

下りは特に滑りやすいので気を付けよう。
画像

Yちゃんは~  さ~ねー
画像

折立到着です。
画像

五日間お疲れ様様でした。(超疲れ切った顔と姿勢。お二人さん役者さんか~)
画像

ご苦労様乾杯。ほら~ こっちじゃん(休憩後休憩所入り口の水道で泥んこだらけのカッパ・靴を洗わせてもらい駐車場へ)
画像

薬師岳登山口にて
画像

あと100m弱でGOAL駐車場。
画像

食事後有峰湖展望台にて(ゆかっち号)
画像

有峰湖
画像
画像
今回の縦走色々あったけど振り返ると楽しかった。
何故か雨ばかりの行動の中で大好きな温泉では雨も止み良かった。(三人で混浴入れなかったのは残念だったな~。変態かー)水晶岳・鷲羽岳は太陽も出てきて展望も最高だった。黒部五郎岳はガスで何にも見えなくて残念だった。Iちゃんきっと中止した薬師岳登りたかっただろうけど又一緒に登りに行こうね。
今回は山小屋の位置関係でハードな日程、行動だったけど皆よく頑張った。次からはもっと余裕のある計画にしましょう。こんなおじさんで良かったらまた登ってくださいね。
Yちゃん・Iちゃん本当にご苦労様でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ゆかっち
2015年09月11日 00:17
こんばんわ~
お疲れさまでした~♪

色々あった5日間でしたね
盛りだくさんで楽しかったです(≧▽≦)
4日目がかなりハードで久々にどうなるかと思いましたよ~熱も出ちゃったしね(^_^;)

雨ばかりじゃくて半日だけど絶景も見られたし温泉にも入れたしとっても良い山行だったと思います(^^)v
みんながいたから成し遂げられたのかな?

色々と勉強になりました♪
来年はどこにしましょうか(笑)
また行きましょうね(^o^)
やまや
2015年09月11日 10:49
お早うさんです\(^_^)/

ホントに色々あった五日間でした。
楽しんで貰えたですか。そう言ってもらえると救われます。

四日目は計画でもかなり厳しいと思ってました。
黒部五郎小舎迄はぴったし計画通りの時間だったのに。

ここから狂い始めた。(ゆかっち分かるよね。ほらあれよ二人いや三人かも嫌だ~と思ってた)
ほんで
二つ目が黒部五郎岳であったじゃん(何だかゆっくり休憩も出来なかったよね)
おまけに北ノ俣岳付近最悪だった。
正直何時になったら着くか検討も着かなかった。ビバークだけは絶対させたくなかったし超不安になり焦りました。いろんな面で今回ほど勉強になった山行はそうないです。
でも
振り返ると良かったことも沢山あったね。
温泉好きのゆかっち気にいってくれたかな~。
水晶岳~鷲羽岳は今回の山行で最高のお天気で二人の嬉しい楽しい気持ちが伝わってました。山頂でもっとノンビリ出来たらもっと楽しめただろうな~と思ってます。
次からは暇でどうしようも無いくらいの計画にしましよう。
来年ですか(三泊四日の超ノンビリで立山・別山・大日三山の周回なんてどうかな)
是非また行きましょう。

今日は超久々に太陽が覗いてます。
縦走で濡れた物再度乾燥させて防水かけようと、朝からベランダは大混雑してます。