久々に塩水橋から丹沢山

2014年11月13日(木)   神奈川県の山 丹沢山系【丹沢山1.567m】
前日19時前の天気予報は快晴マーク。女房を仕事場に送ってからになるので登山口まで車で1時間位。往復6時間位で歩いてこれる山。何処登るか準備しながら悩む。
久々に塩水橋から丹沢山をピストンするか。タイムリミットを山頂に12時までに着かなければ12時の時点で折り返す。紅葉はブナ林から上部は終わってるだろうが塩水林道は楽しめるだろう。と言うことで塩水橋から丹沢山に決定。
コースとタイム
塩水橋ゲート9:11→ワサビ沢入口9:51→堂平登山口10:14→堰堤10:39→天王寺尾根分岐11:08→ガレ場11:18→丹沢山11:43→三叉路/堂平分岐12:07→ガレ場12:24→天王寺尾根分岐12:36→堂平13:13→ワサビ沢入口(林道経由)13:41→塩水橋ゲート14:18
歩行距離:14.2㎞ 行動時間:5時間7分 歩行速度:2.7㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル  累積標高(+1.157m)(-1.220m)
画像

女房を仕事場に送り宮ヶ瀬北原信号を右折し。秦野清川線を走り塩水橋を渡ると直ぐに本谷林道入口だ。通行の邪魔にならない路肩に駐車(9時)。既に7台位止まっていた。準備を済ませ左のケートを潜り本谷林道へと進む。
画像

本谷川左岸側の紅葉が見頃だ。
画像

本谷林道を少し進んでいき瀬戸橋で本谷川を渡り塩水林道へと進んでいく。(林道終点(堂平)まで舗装されている)
画像

林道沿いの右手の斜面の紅葉を楽しみながら進む。
画像

塩水川
画像

途中、林道をトラバースしショウトカット。紅葉もまずまずだ。
画像

塩水林道からの紅葉(円山木ノ頭方面)
画像
画像

塩水林道からワサビ沢への入口(ここから林道を離れ登山道を堂平へと登って行くが、そのまま林道を進んでも10分位しか変わらない。)
画像

入口が少々不明瞭だが左側に黄色い保安林の看板が目印。
画像

意外と勾配があり少々キツイ登りです。ここの登りでは鮮やかな紅葉が見れました。
画像
画像
画像
画像

国交省の雨量計が見えると直ぐに林道終点(堂平)に飛び出します。
画像
画像
画像
画像

雨量計の左斜め前が堂平の登山口です。
画像

直ぐに緩やかな道で所々鮮やかに紅葉した木々を見ながら杉林を進んでいく。
画像
画像
画像

杉林を抜け雑木林を進むと崩落後(今も進んでいる)を右手に見ると堰堤を越える。(この堰堤上でちょこちょこ休憩している人、グループを見るが何時落石があるか分からないところだ。おぉ~怖い)この堰堤(水は流れていない)で右岸へ渡る。こちら側も上部をザレの登山道が通るので休憩には思わしくない)
画像
画像
画像

ザレた道を登って行くと堂平のブナ林だ。新緑の頃は素晴らしいところです。
画像

ブナ林を進んでいくと段々とキツイ登りになる。木の階段を過ぎると間もなく天王寺尾根分岐だ。
画像
画像

ここから少々緩やかな道。
画像

直ぐに木道階段になる。登り切るとこのコース一番の危険箇所のガレ場・鎖場だ。
画像
画像

クリアすると素晴らしい展望が得られる所。邪魔にならない安全な場所で。ここからは筑波山やスカイツリー・東京タワー・ランドマークタワーなど見えるが今日は生憎見えていない。
【円山木ノ頭・本間ノ頭】
画像

相模平野と高取山・仏菓山
画像

相模平野と高取山・仏菓山
画像

大山北尾根と大山
画像

三ノ塔
画像

大山・三ノ塔と長尾尾根
画像

展望を楽しんだら先へ進む。少し進むと長~い木道が三叉路からの合流点まで続く。
画像
画像

宮ヶ瀬三叉路&丹沢三峰からの道が合わさる分岐を左へ折れると丹沢山は直ぐだ。
画像

丹沢山山頂部(10回目)
画像

みやま山荘前の???できれいです。
画像

愛鷹山(愛鷹山・位牌岳・越前岳)
画像

富士山/大洞山/同角山稜/不動ノ峰
画像

富士山/湯船山・三国山・鉄砲木ノ頭/不老山・権現山/同角ノ頭
画像

丹沢山1.567m山頂三角点ゲット
画像

丹沢山山頂からの展望
画像

丹沢山山頂のみやま山荘(山頂を後に塩水橋ゲートへと戻ります。
画像

三叉路/堂平分岐(ここの15m位先からは奥多摩方面の展望が素晴らしい。
画像

長沢背稜の山々/雲取山・芋木ドッケ/高丸山・日陰名栗山・鷹ノ巣山/三頭山
画像

蛭ヶ岳
画像

分岐からガレ場へと続く長~い木道
画像

太礼ノ頭・円山木ノ頭・本間ノ頭(このコース(三叉路~丹沢山)は白ヤシオ咲く頃がお勧めかな)
画像

ガレ場上部から辺室山・三峰山・大山
画像

東京湾と横浜(右にランドマークタワー)と東京湾横断道(海ぼたる)も見えてます。
画像

東京都心部
画像

ガレのクサリ場。下りは特に注意。
画像

ガレ場をクリアして天王寺尾根分岐へと進みます。
画像

太礼ノ頭・円山木ノ頭・無名峰・本間ノ頭
画像

天王寺尾根分岐(この時点でロープが張られ天王寺尾根は林道崩落のため通行止めになっていました。往路の時に瀬戸橋の所にも通行止めの立て看板があった。)
画像

ブナ林への急坂
画像

塩水林道終点の堂平登山口に到着だ。
画像

まだ13時ちょい過ぎか。紅葉狩りしながら林道を戻ろう。
画像

塩水林道・林道沿い・林道から見えていた紅葉・塩水林道から見えていた滝
画像
画像
画像
画像

往路で進んだワサビ沢入口を左手に見送り林道をテクテクと戻る。
画像
画像
画像
画像

塩水川
画像
画像
画像

塩水林道・林道沿い・林道から見えていた紅葉
画像
画像
画像

瀬戸橋(塩水橋ゲートは近い)
画像

本谷林道ゲートGOAL
画像
天気良し・展望よし・紅葉よしのまずまずの山行だった。

この記事へのコメント