北ア【風吹大池】紅葉狩り

平成26年10月1日(水)~10月3日(金) 長野県小谷村【風吹大池
今年の7月に蓮華温泉から白馬大池→天狗原→千国揚尾根→風吹大池→風吹岳→蓮華温泉と一泊で歩いたとき、ここは超静かな紅葉スポットに間違いなしだろうと確信。風吹山荘オーナーに確認すると9月下旬から10月上旬が見頃とのことだった。
ようやくその時期になり小屋予約を兼ね電話すると紅葉は真っ盛りとのことだった。栂池から入る予定でゴンドラリフトイブ乗り場真ん前の風吹山荘オーナーが経営(冬シーズンのみ)するウル・シャイクに素泊まりOK(多分、特別)で9月30日栂池高原へと向かった。
ウル・シャイクに着くと誰もいないので車の中でインターネットをやっていると、いきなりオーナーが現れて超びっくり。事情を聞くと所用で昨日下りてきたとのことだった。(なので山荘は誰もいない)明日、どこから登ると聞かれたので予定は栂池からです。俺(オーナー)は明日、北野から入るよ。えっじゃ私もそこから登る。一緒に登山口まで乗せていってください。いいよ~一緒に登ろうと言ってくれた。一番良い部屋に通され買い込んだ食料とビールを飲み食いしながら翌日に備えてのんびりと過ごした。 
(一日目)10月1日(水) 
7時30分頃オーナーの車で北野登山口へと向かった。途中、林道沿いで日本カモシカの親子がお食事中。こんな下の方まで下りてきてるんですね。いろんな話をしながら45分位のドライブ。登山口に着くと上方はガスが懸かっていた。
コースとタイム
北野登山口8:21→風吹山荘10:24(休憩48分)→風吹大池周遊11:12→小敷池11:39→血の池11:52→神の田圃11:54→科鉢池12:20→風吹天狗原12:23→風吹山荘分岐12:34→天狗原、蓮華温泉分岐12:41→風吹山荘13:08
登り:約2時間  今日歩いた距離:8.9㎞
風吹大池周回:超ゆっく歩いて1時間30分もあれば十分。
GPS軌跡
画像

今日一日の垂直プロファイル  累積標高(+798m)(-325m)
画像

北野登山口には駐車場はあるがトイレはない。周りを見るとガスが懸かっている。ガス間に紅葉がきれいだ。オーナー自作の標識はここから山荘まで3.5㎞。平地なら1時間と懸からない距離だが、山は平地の3倍位が目安のタイム。(登る山コースなどで比率は変わる)オーナーを先頭に歩き始める。オーナーは多い時は週に2回はピストンしている(食料など歩荷のため)。さぁ~ここからキツイ登りだよ。いや~ついて行けない。先に行ってください。キノコを採りながら行くからゆっくり登ってきな。なんてやりとりしながら登って行きました。
画像

登るにつれ紅葉が素晴らしい。池の紅葉が楽しみだ。
画像
画像
画像

ハシゴを登ると急登も一段落。しばらくなだらかな道だ。
画像

ゴゼンタチバナ
画像

ガスで周りの山々は見えないが、この紅葉の中を歩いていればそんなことどうでも良い。
画像
画像
画像

これで日が差していればもっと鮮やかで凄いだろうな~。
画像

風吹山荘まで0.5㎞。オーナーには先に進んでもらってじっくり紅葉狩り。
画像
画像
画像

北信五岳や栂池の天狗原などが見えるピークに到着。今日は生憎見えていないが、今回は展望などどうでも良い。ここから少し下ると山荘だ。なんだかワクワクしながら下りていくと直ぐに山荘到着です。
画像

風吹山荘
画像

山荘前の紅葉と板を敷いて底上げしてあるテン場は3張り(小屋泊はもちろんテン場も必ず予約してください)
画像

何はともあれ荷物をほっぽって風吹大池へ(1分位)わぉ~~~~~ぎゃ~~~~~~~凄い。いいぞ~~~。小屋に戻り腹ごしらえ。
画像

池一週周遊開始。誰もいないこの素晴らしい紅葉狩りを独り占めだ。おまけに今日の宿泊者は私のみ。なんと贅沢なんだろう。
画像

この木道を進んでいくと風吹天狗原へ。時計回りで風吹天狗原を経て池を周回できるが反対回りの小敷池経由で回る。
画像

風吹大池・岩菅山の紅葉
画像

風吹岳の紅葉(ピークはここからは見えません)
画像

風吹大池と紅葉
画像

風吹大池・岩菅山の紅葉
画像

風吹岳の紅葉
画像

風吹大池と紅葉
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

風吹山荘付近の紅葉
画像
画像

風吹大池の紅葉
画像
画像
画像
画像

本当に素晴らしい。なかなか周回できない。まぁ~いいさ時間ならいくらでもある。じっくり楽しみながら回る。
風吹大池の紅葉
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

岩菅山の紅葉
画像
画像

シラタマノキ
画像

小敷池付近の紅葉
画像
画像

風吹大池の紅葉
画像
画像
画像
画像
画像

標識に従い周遊路から10m位右へ折れると小敷池と岩菅山の紅葉が素晴らしい。
画像
画像
画像

小敷池・風吹岳の紅葉
画像
画像

小敷池から周遊路に戻り血の池方面へと向かう。
風吹大池付近の紅葉
画像
画像
画像

風吹大池の紅葉
画像
画像
画像
画像
画像

周遊路から血の池・神の田圃分岐で右に折れて進むと5分弱で血の池だ。
画像

更に奥へ2分弱で神の田圃だ。
【神の田圃の紅葉】
画像
画像
画像
画像
画像
画像

周遊路へと戻ります。
【血の池の紅葉】
画像

血の池の紅葉
画像

血の池付近の紅葉(周遊路に戻り右へ折れ、ちょこっとつらい登りを一登りで大池を見下ろしながら稜線を進む)
画像

風吹大池の紅葉
画像
画像

風吹大池・横前倉山・風吹岳の紅葉
画像

風吹大池の紅葉
画像
画像
画像

横前倉山の紅葉
画像

風吹山荘付近の紅葉
画像

風吹大池の紅葉
画像
画像
画像
画像

風吹大池・小敷池の紅葉
画像

風吹大池付近の紅葉
画像
画像
画像

小敷池・横前倉山の紅葉
画像

科鉢池の紅葉
画像
画像

緩やかな道を進んでいくと草原状の風吹天狗原に飛び出す。
画像

風吹天狗原
画像
画像

風吹天狗原から風吹大池・風吹岳の紅葉
画像

風吹大池の紅葉
画像

風吹天狗原の紅葉
画像

風吹天狗原(笠目尾根)の紅葉(少し蓮華温泉方面へ進んでみたがガスが広がっているので山荘へ戻る)
画像

風吹天狗原付近の紅葉
画像
画像
画像

風吹大池の紅葉(この辺りから風吹大池へ急な階段を下りる)
画像

風吹山荘付近の紅葉
画像

風吹山荘前の紅葉
画像

ガスが引いたので北信五岳方面の山々が見えるピークへ登ってみた。
鋸岳・昼闇山・雨飾山
画像

北信五岳方面の展望
画像

栂池方面の展望(山荘へ戻る)
画像

風吹山荘前の登山概念図
画像

夕方食事前に風吹大池へ行ってみた。
横前倉山の紅葉
画像

風吹岳の紅葉
画像

風吹大池の紅葉
画像

風吹岳と山荘付近の紅葉
画像

今日の夕食はオーナーがホルモン焼きを用意してくれて飲みながら山のお話。天気予報を見ると明日はよさそうで明後日は雨のようだ。明後日は常念岳を予定していたが雨の中登りたくないので中止して、明日天気がよさそうなのでもう一泊して(オーナーが特別料金にしてくれた)風吹付近をのんびり歩くことにした。そして明日は二人の予約で常連さんとのこと。帰りも北野登山口から車の処(ウル・シャイク)まで送ってくれるよう頼んでくれるとのこと。感謝感激。何やかんやで既に21時を過ぎていた。さぁ切り上げて寝よう。外に出ると満天の星空。このまま晴れてくれますように。明日が楽しみだ~~~~。

(二日目)10月2日(木)晴れ
朝起きて部屋から外(新潟方面)を見るとオレンジ色に染まってきていた。(やばい寝坊だ~)
今日は昨日に続き風吹山荘泊で風吹周辺のスポットをオーナーに教えてもらったのでのんびり散策し山や紅葉を満喫する。今まで山登りを始めてこんなにのんびり贅沢に山を楽しんだことない。
画像
画像

反対側の風吹大池を見ると靄が懸かっている。慌てて外に出たがさぁ~どっちへ行く。先ずは日の出を見に展望地へと駆け上がった。心臓が口から飛び出してきそうくらい心拍が上がった。
画像

どうにか間に合ったようだ。
日の出前の雨飾山・妙高・高妻山・戸隠方面
画像

鋸岳・雨飾山・焼山・金山・火打山
画像

モルゲンロートに染まる白馬乗鞍岳
画像

雨飾山・焼山・金山・火打山
画像

もう少しですね。いやいや待ってる場合じゃない。日が出る前に風吹大池へ駆け下りる。
画像

風吹岳の紅葉
画像

風吹山荘付近の紅葉
画像

風吹岳の紅葉
画像

ちょっと遅かったがぎりぎり間に合ったようだ。
風吹大池の紅葉
画像
画像
画像

日の出と風吹山荘
画像

風吹大池の紅葉
画像

凄いです。日の出を待たずに戻ってきて正解だ。
画像

風吹大池・岩菅山
画像

風吹山荘付近の紅葉(だんだんと日が差し込んできて素晴らしい光景です。)
画像

太陽と靄と紅葉と池のコラボ(声もです見入ってました。)
画像

段々と奥の方へと広がっていきます。
画像
画像

じゃ~~~~ん凄いとしか言いようか無い。
画像

風吹岳
画像

風吹大池・岩菅山(段々とこちらにも日が当たってくるだろう。楽しみだ~~~。)
画像

風吹大池の紅葉
画像

お出ましです。
画像

波一つと無いまるで鏡のように風吹大池に映ってます。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

一端小屋に戻り朝食後再び紅葉狩りに出ます。
画像

蓮華温泉方面と栂池(天狗原)方面へ紅葉狩り。どちらも一度は歩いているので登山道などの状況は把握済み。
画像

先ずは風吹大池から風吹天狗原へと登って行く。
画像

階段を登り切ると天狗原と乗鞍岳が飛び込んでくる。
画像

風吹天狗原付近の紅葉を楽しみながら風吹天狗原へ緩やかな道を進んでいく。
画像
画像

風吹岳
画像

オーナー自らこの夏整備してくれた木道。有り難いですね。風吹天狗原付近は随分整備してくれてました。
画像

乗鞍岳
画像

風吹天狗原の草紅葉。ここで木道を右へ進むと風吹大池の周遊路です。今日は左の木道を進んでいきます。
画像

栂池・蓮華温泉分岐を右へ笹目尾根を進んでいくと正面に【朝日岳・長栂山・五輪山・2.049mピーク・黒負山】が飛び込んでくる。
画像

笹目尾根の紅葉
画像

岩菅山・風吹岳
画像

そして日本海と青海黒姫山も見えた。
画像

赤男山・朝日岳・長栂山・五輪山・2.049mピーク・黒負山(蓮華温泉から五輪尾根~朝日岳・白馬・五竜・鹿島槍・針ノ木・水晶・赤牛・鷲羽をへて湯俣温泉へ下りた北アルプス大縦走を思い出す)
画像

青海黒姫山・明星山
画像

笹目尾根の最高点1866mピーク付近の紅葉。もう少し進み蓮華温泉へ下り出す手前で折り返した。
画像

雪倉岳
画像

白馬乗鞍岳
画像

日本海と糸魚川市(白くまっすぐに伸びている線は北陸新幹線の架橋で中央やや右に駅舎が見える。)
画像

笹目尾根の黄葉
画像

笹目尾根の紅葉
画像

焼山・火打山と手前は風吹岳
画像

乙妻山・高妻山
画像

焼山・火打山・妙高山と手前は風吹岳
画像

妙高山
画像

焼山・金山・火打山・天狗原山と手前は風吹岳
画像

昼闇山・雨飾山
画像

雨飾山・焼山・火打山・妙高山・地蔵岳・乙妻山・高妻山/風吹岳
画像

岩菅山・風吹岳
画像

笹目尾根の紅葉
画像
画像

栂池・蓮華温泉分岐まで戻ってきて今度は栂池高原(天狗原)方面へ千国揚尾根を進んでいく。
唐松沢の紅葉(この付近は硫黄臭がして温泉が出ているとのことだ。)
画像
画像

栂池高原【天狗原】
画像

千国揚尾根の紅葉
画像
画像

白馬乗鞍岳
画像

千国揚尾根の紅葉
画像

乙妻山・高妻山と千国揚尾根の紅葉
画像

千国揚尾根の黄葉
画像

千国揚尾根の紅葉
画像
画像

風吹大池の紅葉(山荘へと戻りテン場で日光浴。)お昼はオーナーがホットドッグ入りパン・ゼリーなどご馳走してくれた。大切な自分の食料お礼の言いようが無い。ちなみにここ(山荘)では軽食やカップ麺・飲み物などは販売していないので各自準備が必要ですよ。
画像

13時頃になると今日のお客さん(看護師さん(女性)お二人がオーナーの言っていた時間ぴったしに到着。
山荘前の高台(許可を得て)から風吹山荘と付近の黄葉
画像

風吹山荘付近の紅葉と白馬乗鞍岳
画像

オーナーが周りを見回りに行くと言うので同行させてもらった。
風吹大池の紅葉
画像

小敷池の紅葉
画像
画像
画像

横前倉山・風吹岳の紅葉
画像

横前倉山の紅葉
画像

風吹岳の紅葉
画像

小敷池の紅葉
画像

風吹岳の紅葉
画像
画像

横前倉山の紅葉
画像

風吹岳の紅葉
画像
画像
画像

風吹大池の紅葉
画像
16時位から雨風が強く荒れ始めた。小屋から外を見ていると紅葉した葉っぱがどんどん落ちて行った。夕食はオーナー込みの四人で看護師さんが持ち込んだワインやオーナーのウイスキーなどいただきながら宴会で盛り上がりました。20時ころ一端止んだが夜半から再び降り始めた。明日は予報通り雨だろう。

2014年10月3日(金)  
朝起きると雨は止んでいた。カッパを着ずに下山できそうだ。
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル
画像

朝食前に散歩。雨は降っていないがガスで殆ど見えない。紅葉した葉っぱはだいぶ落ちてしまいましたね。
画像

山荘前の紅葉
画像

上空は青空も見え出しました。(天気予報外れ?)
画像

山荘前の紅葉
画像

上空は天気よさそうですが山荘付近がガスがどんどん流れ込んできますね。
画像

おっ 風吹大池も見えてきました。やっぱり昨日の風雨でだいぶ落ちたようです。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

朝食を食べている間に晴れ間はなくなり今にも降ってきそうです。やっぱり天気予報当たりでかな)
8:30分頃に小屋を後にした。
画像

10分くらい歩くとぱらぱらと落ちてきた。カッパを着るかきくともう少し様子見と言うことでそのまま下山。処が段々雨脚が強くなる一方だ。ザックカバーを着けカッパの上だけ着て下りていった。下りるほど雨は強くなっていった。
看護師さんの車に同乗させて貰い栂池へ。途中、おそば屋さんで早めのお昼。そして日帰り温泉で汗を流し、ウル・シャイクへと送って貰った。オーナーの奥さんが外にいてみんなでご挨拶。看護師さんたちはかなりのお付き合いらしい。皆さんとお別れして国道に出る前に山天を確認すると明日はこの付近よくなさそうだ。八ヶ岳付近がよさそうなので雨飾山を取り止めて北八ツの白駒池へと向かった。
オーナー・奥さん・看護師さん本当に有難うございました。

この記事へのコメント