北アルプス【蓮華温泉・白馬大池・風吹大池・風吹岳】

2014年7月27日(日)~7月29日(火)
北アルプス【蓮華温泉・白馬大池・風吹大池風吹岳1.888m】

(一日目)7月27日(日) 
今日は今回の山行(10日間)の中日で休養日だ。昨日、鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳から下山し白馬の道の駅で車中泊。早朝に蓮華温泉へ移動中から雨が降り出してきた。駐車場に着いても止む気配はない。駐車場もほぼ満車状態だが何とか止めるスペースがあった。まぁ~今日は温泉でのんびりなので問題はないが蓮華の森散策を諦めて昨日までの写真整理したり飲んだりしながら暇つぶし。お昼前から晴れて来たので露天風呂(500円)の遊歩道を歩いてみた。
駐車場から白馬岳蓮華温泉ロッジへは直ぐだ。
画像

蓮華温泉にある登山道案内図
画像

白馬大池への登山道入口には蓮華温泉の露天風呂案内図ある。
画像

右は明日歩いて行く白馬大池への道で左の道へ
画像

雨上がりでグチョグチョの道を登っていきます。
画像

シナノオトギリ
画像

ズダヤクシュ
画像

タケシマラン
画像

三国一ノ湯
画像

手を入れてみたらかなりぬるかったです。更に上へ
画像

ノギラン
画像

火山噴気帯が見えてきました。
画像

アカモノの実
画像

気仙ノ湯から長栂山から伸びる尾根の山々だろう。
画像

気仙ノ湯
画像

一番上の薬師湯
画像

女性三人が水着で入ってました。顔入れないので浴槽の写真撮って良いか聞くと、だめと言ってわざわざ退いてくれた。すみませんでした。
画像

天気良くて缶ビール片手に露天風呂に入りながら眺める山々は最高だろうな~。聖山や赤禿山などだろうか。
画像

気仙ノ湯からの展望
画像
画像

蓮華温泉の温泉源(ここから先は立入禁止区域)
画像

ボコボコ湧いてきてます。(ここから引いてるんですね。)
画像
画像
画像

カンチコウゾリナ
画像

タマガワホトトギス
画像
画像

黄金の湯(直ぐ下を白馬大池への登山道が通る。)
画像

温泉周りに咲くタマガワホトトギス
画像
画像
画像

トリアシショウマ
画像

サンカヨウ
画像

蓮華温泉駐車場からの朝日岳
画像

蓮華温泉駐車場からの朝日岳と右は五輪山?だろうか。
画像

ここの温泉は観光で来る人もいます。
露天風呂は写真でも分かると思いますが浴槽以外は脱衣所など囲いなどなく自然のなかです。男性も女性も水着など用意(着用)して行った方か良いと思います。(自身のある方、気にならない方は別ですけど)参考まで。

7月28日~29日【白馬大池・風吹大池と風吹岳1.888m】
以前から歩いてみたいと思っていた『千国揚尾根・笹目尾根』これだけを歩いたのではつまらない。
今回は蓮華温泉から白馬大池経由風吹山荘に泊まり蓮華温泉へ戻るコースで歩いてきた。
(一日目)28日(月)くもり~晴れ
コースとタイム
蓮華温泉駐車場5:26→蓮華ノ森5:50→天狗ノ庭7:10→白馬大池、山荘8:26→乗鞍岳9:10→三角点9:23→天狗原分岐10:01→風吹山荘12:16→風吹岳12:59→小敷池13:10→血ノ池・神ノ田圃分岐13:19→血ノ池・神ノ田圃13:22→分岐13:35→科鉢池13:50→風吹天狗原14:01→風吹山荘14:11
歩行距離:16.7㎞ 行動時間:8時間45分 歩行速度:1.9㎞/h
二日間の垂直プロフアイル  累積標高:(+1.751m)(-1.726m)
画像

朝もう少し早い時間に登るつもりでいたが、ガスと小雨が降っていた。今日は天気は良いはずなので様子見。小雨も止み上空が明るくなってきた。殆どの人がカッパ着て出て行く中、ザックカバーだけ掛けて行動開始した。
画像

白馬大池へは白馬岳蓮華温泉ロッジ前を進む。斜め右へ進むと朝日岳行ってしまうので注意。
画像

ロッジ裏手が露天風呂や大池への登山口となる。
画像

直ぐに黃金の湯の分岐だが大池方面へ真っ直ぐ進む。
画像

今の所緩やかな登り。濡れているのでスリップに注意。
画像

蓮華温泉から白馬大池までの花々
画像

蓮華ノ森到着。依然としてガスで展望が無い。
画像

まだ緩い登りが続いています。
画像

蓮華温泉から白馬大池までの花々
画像

この当たりが栂ノ森なんだろうか。まだ緩い登りが続いてます。
画像
画像

蓮華温泉から白馬大池までの花々
画像

庭園風の所に出ました。天狗の庭だろうか。
画像

やっぱり天狗ノ庭に到着です。
画像

青空が見え隠れしてきたので少し待ってみました。すると五輪山・2.049mピーク・黒負山が見えてきました。
画像

少しずつ険しくなってきます。
画像

小蓮華山
画像

鉢ヶ岳・雪倉岳も見えてきます。なんかウキウキしてきました。
画像

石の多い道になってきた。
画像

赤男山・朝日岳・五輪山などの山々も見えてきました。
画像

小蓮華山・鉢ヶ岳
画像

鉢ヶ岳・雪倉岳
画像

傾斜はそれ程キツくないが大きな石の転がる道になってきた。
画像

もう直ぐそこが白馬大池だろう。
画像

かなり緩やかな道になってきた。間違いないこそ直ぐ先が白馬大池だ。凄いお花畑が広がっていた。
画像

ハクサンコザクラのお花畑(他にハクサンイチゲ・チングルマなど)凄いです。
画像

蓮華温泉から白馬大池までの花々
画像

白馬大池山荘とお花畑
画像

船越ノ頭(奥)
画像

チングルマのお花畑と白馬大池
画像

白馬大池山荘(この時期はここでテン泊するのも良いね)
画像

2.469mピーク峰と大池
画像

白馬大池と船越ノ頭方面
画像

白馬大池のお花畑(タテヤマリンドウ・ハクサンコザクラ・ハクサンイチゲ・チングルマ・イワカガミ・キジムシロ)など沢山です。)
画像

休憩、花観賞も程々に先へ進みます。先ずは白馬乗鞍岳へと岩や石の道を進みます。
画像
画像

白馬大池と白馬大池山荘
画像

白馬大池
画像

白馬大池から風吹大池までの花々
画像

白馬大池
画像

歩き難い道。ゆっくりのんびり
画像

白馬大池と白馬大池山荘(何時かは小屋かテントで泊まってみたいところです。)
画像

少し雪渓を横断
画像

白馬大池と船越ノ頭(素晴らしい)
画像

白馬乗鞍岳へと登っていきます。
画像

白馬乗鞍岳のケルン
画像

乗鞍岳(白馬)山頂(ここには三角点は無いこの少し先にある)
画像

天狗原へと進んで行く。
画像

白馬岳大池から風吹大池までの花々
画像

乗鞍岳(白馬)の三角点(当然ケット)
画像

ちょっと長い雪渓を横断するようです。下の方には天狗原が見えてます。
画像

天狗原を見下ろす。今回は左へ伸びている木道へと進むんですね。
画像

雪渓を横断。心配な人はロープが有るので持つと良い。
画像

雪渓をクリアすると、またコレ凄いとこ通るんですね。(こんな所だったか記憶に無い)登りも、下りもヒーこら。下れども下れどもこんな道が続いてます。
画像
画像
画像

なだらかになったけど、まだ石ゴロゴロです。
画像

やっと天狗原に下り立ち木道に出ると、直ぐに左へ折れ風吹岳へと進みます。
画像

さぁ~ 風吹大池へ0/13からスタートです。等高線を見ると殆ど下りですが2~3回少々登るようですが短い登りです。
画像

下りてきた白馬乗鞍岳を見上げます。(この逆三角形の雪渓の左上を横断したんですね)
画像

山之神尾根への分岐です。ここは風吹大池へ真っ直ぐ進みますが、この先の木道は整備が行き届いていないのか若干心配な所です。
画像

ぐらぐらだったり真ん中で割れていたりしていて恐る恐る通っていきます。このままだと危なくて木道以外の所を歩く人が出てくるかもです。早く直してほしいですね。案の定この先で転びました。
画像

木道を離れ少しずつ下っていきます。
画像

風吹山荘まで4㎞(平地なら40分)1時間30分位かな。後で分かったことだが、この標識は奉仕で風吹山荘の管理人が作成設置してるらしい。ありがたいですね。
画像

結構下っていきます。何となくいやな感じの所です。熊さん来ないでね。
画像

白馬岳大池から風吹大池までの花々
画像

登山道沿いの池?(地塘?)
画像

なだらかだが泥濘が多い。
画像

あと3㎞(この辺りから遠く長く感じた)
画像

所々泥濘に板を敷いてあり助かる。泥濘の所が多くなってきた。
画像
画像

あと2㎞ふぅ~
画像

緩やかな道が続く。日の当たる所で休憩するが蚊がうるさくて休憩処ではない。
画像

あと1㎞(ここが蓮華温泉への分岐で天狗原から初めて人に出会った。蓮華温泉から日帰りらしい。その他にも蓮華温泉の方から話し声や鈴の音が聞こえた。
画像

白馬岳大池から風吹大池までの花々
画像

風吹天狗原と風吹岳
画像

風吹大池が見えてきました。大池と言うだけあって大きいです。
画像
画像

急な階段を下るといきなり風吹大池が目の前に。ここから木道です。
画像

白馬岳大池から風吹大池までの花々
画像

風吹大池
画像

風吹山荘
画像

風吹山荘到着です。小屋番と少し話付近の情報を頂いた。
画像

荷物を預け空身で大池一周に出る。
画像

風吹大池
画像
画像

風吹岳分岐(小屋番が登っても展望無くつまんないよと言った。しかし、時間がいっぱい有るので登ってみることに。
画像

荷物が無いのでスイスイだが足下が結構滑る。
画像

風吹岳山頂に到着です。山頂の東屋
画像

火打、妙高方面の展望
画像

分岐へ戻ってきて周遊路を回ります。
画像

風吹岳
画像

風吹大池
画像

小敷池に寄り道
画像

小敷池と横前倉山
画像

小敷池と横前倉山・風吹岳
画像

血ノ池・神ノ田圃分岐。当然寄ってきます。
画像

白馬大池から風吹大池までの花々
画像

血ノ池
画像

神ノ田圃
画像

ハートの形をした地塘
画像

神ノ田圃の地塘群
画像

神ノ田圃
画像

血ノ池
画像

周遊路へと戻り回ります。
画像

横前倉山・風吹岳
画像

風吹大池・小敷池
画像

風吹大池・風吹山荘
画像

科鉢池標識
画像

科鉢池
画像

風吹天狗原
画像

風吹天狗原の地塘(周りをモウセンゴケが囲んでます)
画像

風吹天狗原の地塘
画像
画像

風吹大池・横前倉山・風吹岳
画像

先ほど通った風吹山荘への道に合流し小屋へ戻ります。
画像

風吹大池を一周して小屋へと戻って来ました。
画像

風吹大池
画像

風吹山荘(今日は他に二人(夫婦)で3人のみだそうです。)小屋番が長靴貸してあげるかあらこの上まで行ってきな。北信の展望が良いらしい。行ってみた。
画像

雨飾山・大渚山・火打山
画像

先ほど通ってきた天狗原
画像

鬼ヶ面山・鋸岳・雨飾山
画像

焼山・火打山
画像

高妻、戸隠方面
画像

雨飾山(いい山だったな~)
画像

焼山(笹ヶ峰からの高谷池テン泊。紅葉が素晴らしかった。)
画像

鋸岳・雨飾山・焼山
画像

戸隠山
画像

焼山・火打山・妙高山
画像

乙妻山・高妻山
画像

乙妻山・高妻山・戸隠山
画像

天狗原
画像

黒姫山・乙妻山、高妻山(どちらももう一度登ってみたい山)
画像

戸隠山と手前に奥西山・中西山・東山・黒鼻山などの山々
画像

妙高山
画像

風吹大池
画像

夕方の風吹大池
画像


(二日目)29日(火)はれ
今日(29日)は風吹山荘から蓮華温泉へ下山し温泉に入り、次の山の登山口へ移動です。
のんびりスタートなので早朝の大池を見に行ったり日の出(間に合わなかった)を見に行ったりと自然を満喫。
コースとタイム
風吹山荘7:20→風吹大池、蓮華温泉分岐7:38→風吹大池入口9:25
歩行距離:4.6㎞ 行動時間:2時間5分 歩行速度:1.8㎞/h
二日間のGPS軌跡
画像

早朝の風吹大池
画像
画像

この風景観てあっしまった~日の出。
画像

昨日の場所へすっ飛んで行ったがすでに遅し。
画像

白馬乗鞍岳(今日はガスもなくよく見えています)
画像
画像

駒ヶ岳・鬼ヶ面山・鋸岳・雨飾山・焼山・火打山
画像

焼山・火打山・妙高山(妙高山ピークやや左に昇ってきていた。)絶好のロケーションを逃してしまった。
画像

黒姫山・乙妻山、高妻山
画像

戸隠山と手前に奥西山・中西山など
画像

天狗原と白馬乗鞍岳
画像

駒ヶ岳・鬼ヶ面山?かな~
画像

雨飾山
画像

焼山・火打山(手前に金山)
画像

妙高山
画像

黒姫山と手前に佐渡山
画像

乙妻山、高妻山
画像

五地蔵山・1.857mピーク・一不動・1.888mピーク
画像

戸隠山と手前に中西山・東山などの山々(飯縄山も見えていたがピンボケてました)
画像

頸城の山々
画像
画像

木漏れ日(小屋へ戻ります。)
画像
画像
画像

風吹山荘管理人の江蔵 実さん。また、秋(紅葉時期)に来ますと告げ小屋を後にする。
画像

今日は時間が掛かっても3時間の工程だ。7時20分とのんびりスタート。
画像

風吹大池
画像
画像

大池から風吹天狗原へ朝一の急な階段を登る。
画像

登りきると栂池の天狗原と白馬乗鞍岳そして昨日歩いてきた千国揚尾根も見える。
画像

天狗原と白馬乗鞍岳
画像

風吹天狗原(ここから若干の登りはあるが殆ど下っていきます)
画像

風吹山荘から風吹登山口までの花々
画像

風吹天狗原・岩菅山・横前倉山・風吹岳
画像

乙妻山、高妻山
画像

蓮華温泉分岐へと進む。
画像

蓮華温泉分岐を右へと折れます。(左は栂池へ)
画像

泥濘には板を敷いてあるがあまり効果はないですね。
画像

朝日岳・五輪山
画像

風吹山荘から風吹登山口までの花々
画像

青梅黒姫山・明星山が見えています。
画像

岩菅山・横前倉山・風吹岳
画像

風吹天狗原は予想以上に広い。
画像

岩菅山・横前倉山・風吹岳と後方は頸城山々
画像

妙高山・黒姫山・乙妻山、高妻山
画像

朝日岳が見えるようになってきた。
画像

雪倉岳・赤男山
画像

赤男山・朝日岳・長栂山・五輪山
画像

青梅黒姫山・明星山
画像

雪倉岳・赤男山・朝日岳
画像

雪倉岳
画像

乗鞍岳
画像
画像
画像

青梅黒姫山・明星山
画像

日本海と糸魚川市
画像

駒ヶ岳・鬼ヶ面山・鋸岳
画像

もうほとんど登りはない。
画像
画像
画像

結構、滑るコースだ。
画像
画像
画像
画像

鉢ヶ岳・雪倉岳
画像

乗鞍岳
画像

雪倉岳
画像

グングン高度を下げます。
画像

五輪山・2.049mピーク・黒負山
画像

油断して滑りました。
画像

だいぶ緩い下りになってきました。
画像

見えました。林道(入ノ平白馬線)風吹大池登山口に到着です。
画像

あと10分ぐらいで蓮華温泉行きのバスが通るので乗って駐車場へと戻ろう。(歩いても30分ですね)
画像

ここからは帰り道(林道)ヒワ平からの展望です。『白馬岳・鉢ヶ岳・雪倉岳・赤男山・朝日岳・五輪山』
画像

赤男山・朝日岳・五輪山・2.049mピーク・黒負山と手前に丸倉山
画像

白馬岳・旭岳・鉢ヶ岳・雪倉岳
画像

鉢ヶ岳・雪倉岳・赤男山
画像

赤男山・朝日岳と手前の尾根は朝日岳への登山道が通る五輪尾根
画像

朝日岳・五輪山・2.049mピーク
画像

ヒワ平からの展望図
画像

白池
画像
画像
画像

五月池
画像
画像

白池
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント