北ア【針ノ木雪渓・針ノ木岳~鹿島槍ヶ岳~爺ヶ岳~扇沢】

2014年7月24日(木)~7月26日(土)
北アルプス縦走 二泊三日小屋泊まり ゆかっち・やまや 
行程(予定)
一日目
扇沢無料駐車場→針ノ木雪渓をへて針ノ木小屋→蓮華岳をピストン
二日目
針ノ木小屋→針ノ木岳・スバリ岳・赤沢岳・鳴沢岳・岩小屋沢岳をへて冷池山荘
三日目
冷池山荘→鹿島槍ヶ岳ピストン後爺ヶ岳をへて扇沢無料駐車場
6月に入り『ゆかっち』から針ノ木雪渓から蓮華岳に登る連絡があり、雪渓コースはまだ歩いていなかったので一緒に登ろうと言うことになった。
日程はゆかっちの休みに合わせて7月下旬。テント泊の予定でいたができれば鹿島槍ヶ岳も登りたいと連絡が入り計画を詰めてみた。日程的にテント装備での縦走としてはかなり厳しいので二泊三日の小屋泊で歩いてきた。
24日(木) 針ノ木雪渓
ゆかっちとは駐車場で待合せだったが、大町温泉で合流後扇沢無料駐車場へ。残念ながら霧雨が降っていた。天気予報では曇り、昼から良くなるらしいので予定通り決行。
コースとタイム
扇沢無料駐車場4:58→扇沢駅5:07→登山口(針ノ木自然游歩道)5:17→大沢小屋6:40→雪渓取付点8:00→針ノ木小屋10:30
歩行距離:8.3㎞ 行動時間:5時間32分 歩行速度:1.5㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル  累積標高(+)(-)誤差が大きいので無記入
画像

雨具を着て予定時刻駐車場を後にする。止んでくれるかな~と赤沢岳方面を見上げるゆかっち。
画像

トイレのため扇沢駅に寄り道
画像

針ノ木雪渓(針ノ木自然遊歩道)登山口で臨時安全登山指導センターの係りの人に登山届を提出し雪渓へと歩き始めた。
画像

何度か黒部ダムへの関電トンネルへの林道を横切る。
画像

安定しない石のゴロゴロ転がる涸れ沢を横断。
画像

ベニバナイチヤクソウ
画像

関電トンネル手前の左側に広い空地があり、そこから登山道へと入っていく。
画像

針ノ木雪渓(稜線はガスの中で見えていませんね)
画像

道しるべの鯉のぼりが現れる。以前として小雨が降り続く。
画像

ミソガワソウ
画像

淡々と流れ出てくる湧き水
画像

丸太橋を渡る。濡れていて滑りやすいので注意だ。
画像

オオバミゾホオズキ
画像

キヌガサソウ
画像

サンカヨウ
画像

大沢小屋に到着。雨足がやや強くなってきたので、中で休憩がてら雑談や情報収集。
画像

大沢小屋を後に雪渓へと進んでいると左側に滝が見えていた。
画像

赤石沢雪渓?だろうか。
画像

オオバギボウシ?かな~
画像

赤石沢雪渓?
画像

タテヤマウツボグサ
画像

針ノ木雪渓が見えてきました。針ノ木雪渓前にて。雪渓を歩けるので嬉しそうです。
画像

オオバキスミレ?かな
画像

もう少し夏道を進むようです。
画像

鯉のぼりがあります。ここから針ノ木雪渓を進むようです。
画像

雪渓前にて二人とも六本爪アイゼンを装着。
画像

針ノ木雪渓上にて。ホントに好きなんですね。楽しいの連呼で超嬉しそうです。
画像

針ノ木雪渓上(針ノ木峠方面)を見上げる。残念ながら雨足は強くなる一方です。
画像

針ノ木峠直下のかなりキツい登り。この急傾斜でも余裕を見せます。(ここは八本以上が欲しいところでした。)
画像

上方を望むと右にヤマクボ沢の雪渓が見えます。左の鯉のぼりが立ててある方へと進みます。晴れていれば峠付近が見えているかな。超キツイ所でスリップしないように一歩一歩慎重に進みました。
画像

針ノ木雪渓最上部に到着(さすがにゆかっちもキッカッた~みたいな顔してました。)
画像

針ノ木峠にて。嬉しそうですね。
画像

針ノ木小屋前にて(雨足強くなる一方ですね。)取り敢えず小屋に入り天気の情報を収集だ。
宿泊手続きをしながら、これからの天気を聞くともっと悪くなるとのこと。さてどうする。風が強くコマクサなど花の写真はまず撮影不可能だ。むぅ~ゆかっち 残念だけど蓮華のシロバナコマクサ諦めて~と言うとこれじゃ仕方ないよね~と気持ちよく受け入れてくれた。ビール飲んだり、コーヒー飲んだり、昼寝したりしながら山小屋でのひと時を満喫。そして夕方まで凄い風雨が続いた。
画像

夕食しながら外を見ると雨は上がり風も弱くなっていた。食事を済ませカメラ片手に外に出てみた。まだ、ガスはあるものの展望が開けてきていた。
針ノ木小屋と針ノ木岳方面
画像

スバリ岳
画像

不動岳・烏帽子岳・南沢岳(右見えている山は赤牛岳だろう)
画像

針ノ木雪渓を見下ろす(これはかなりの急登だ。キツカッたはずだ。)
画像

北葛岳・七倉岳と後方は唐沢岳だろう。
画像

不動岳・船窪岳・烏帽子岳・南沢岳
画像

ゆかっちが靴に履き替えてきてあそこまで行ってくるといって蓮華岳方面へお散歩に向かった。
画像

この時間で頼むからそれ以上行かないでよ~。聞こえるわけないか。見えなくなった。
画像

赤沢岳・鳴沢岳・岩小屋沢岳(明日通過する山々だ)
画像

あと5分待って姿が見えなかったらライトもって迎えに。靴に変えようと小屋へ入ろうとしたら姿か見えた。マジでホッとした。
画像

赤沢岳・鳴沢岳・岩小屋沢岳(このコース逆回り歩くの何年振りだろうか明日が楽しみだ。)
画像

(二日目)7月25日(金)ガス~ (今日は超ロング)

通過した山:針ノ木岳2.821m・スバリ岳2.752m・赤沢岳2.678m・鳴沢岳2.641m・岩小屋沢岳2.630m
今日は長丁場で3時40分起床。しかし、残念ながら今日もガスってますが今の所雨具は必要なさそうです。予報では好くなるそうなんですが????。
コースとタイム
針ノ木小屋4:16→針ノ木岳5:35→スバリ岳6:47→赤沢岳9:05→鳴沢岳10:00→新越山荘11:04→岩小屋沢岳12:02→種池山荘13:23→冷池山荘15:42
歩行距離:16.3㎞ 行動時間:11時間26分 歩行速度:1.4㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル  累積標高(+1.699m)(-1.757m)
画像

外に出ると真っ暗闇。ガスってるので余計暗い。ザックカバーをしてヘッデン点けて小屋を後にした。
画像

針ノ木小屋~針ノ木岳間の花々
画像

そういえばストック使うゆかっち初めて見たな~
画像

針ノ木岳への登り。そろそろライトはいらないですね。
画像

ゆかっちは雪渓とか石ゴロゴロのこんなとこ好きらしい。
画像

ほんの少しだけ雪渓を通過。何の問題もない。
画像

タカネヤハズハハコ(タカネウスユキソウ)
画像

針ノ木小屋~針ノ木岳間の花々
画像

針ノ木小屋~針ノ木岳間の花々
画像

針ノ木岳山頂到着です。凄い展望得られるんですが残念ですね。
画像

お決まりの三角点ゲット
画像

この天気では長い無用だ。針ノ木岳山頂からスバリ岳への降下点。これで鯉のぼりともお別れ。スバリ岳へと向かいます。
画像

シコタンソウ
画像

途中、雨交じりのガスで合羽を着てヤマクボノコルへ下っていく。
画像

何時ものことだがゆかっちの元気をコソーともらう。
画像

ガスで見えないのでどの位下るのか予想が付かない。以前縦走時かなり長くキツい登りだったように記憶しているが。今回は逆コースだ。
画像

元気はつらつ~
画像

スバリ岳へと登って行く。そろそろコマクサが観れるはずだ。
画像

針ノ木岳~スバリ岳間の花々
画像

コマクサを眺めながら進むとすぐにスバリ岳に到着。あらら凄いお腹してますね。でっ腹ではありませんよ。ウエストポーチが濡れないように合羽の中に入れてるんですから。
画像

ここも長い無用のようだ。スバリ岳と赤沢岳の鞍部へと下ります。
画像

何となく明るくなってきてるような気がします。ガスが途切れるかもしれませんね。
画像

ミヤマクワガタ・ツガザクラ・クモマスミレ
画像

何となくコマクサ有りそうでゆかっちがキョロキョロしながら歩いてます。
画像

ゆかっちがキャ~~~~。何だ~。しろ、シロ、白、あれ~~~シロバナコマクサと超興奮してます。
シロバナコマクサ
画像

ゆかっちも必死で撮ってる。近くへ行けないことないが危険個所。そばまで行くの止めよう。
画像

ガスがドンドン消えて赤沢岳への稜線が見えてきました。ゆかっちも更に興奮です。
画像

スバリ岳~赤沢岳間の花々
画像

風が強いときは要注意箇所だ。
画像

赤沢岳への登りになります。
画像

黒部湖と猫ノ耳(手前の斜面にはコマクサがいっぱい)
画像

晴れてきて展望を見入っているゆかっちであります。
画像

蓮華岳
画像

段々と展望良くなってくるね。
画像

コマクサ・クモマスミレ
画像

コマクサ
画像

コマクサ撮影中。
画像

ゆかっちのデジイチも活躍し始めました。上手く撮れたのかな?。
画像

結構登って行くね。赤沢岳なかなか遠い。
画像

よそ見しながらは危ないとこです。
画像

スバリ岳~赤沢岳間の花々
画像
画像

赤沢岳への登りの危険地帯で落石の多いところのようです。
画像
画像

慎重に通過していると上からおばはんが下りてきた。
画像

危険地帯を無事クリアしほっと一息かな。
画像

あらら もうトウヤクリンドウが咲いてます。
画像


赤沢岳山頂到着です。またもやガスに覆われてしまいました。残念です。雨が降っていないだけましか。
画像

赤沢岳山頂三角点ゲットして先へ進みます。
画像

鳴沢岳へ一旦下って登り返しになりますかね。
画像

こんな所になると一段と元気になる、ゆかっち
画像

鳴沢岳へと登っていきます。
画像

赤沢岳~鳴沢岳間の花々
画像

鳴沢岳ピークが見えてきました。
画像

もうひと登りて鳴沢岳です。
画像

鳴沢岳山頂到着。段々と天気が良くなってきてます。
画像

鳴沢岳山頂三角点ゲット
画像

岩小屋沢岳
画像

おちゃめなゆかっち まだまだ余裕ですね。
画像

新越山荘へと下っていく。
画像

鳴沢岳~岩小屋沢岳間の花々
画像

新越山荘が見えてきました。今日の工程のほぼ中間です。
画像

おぉ~ 扇沢駅が見えています。
画像

岩小屋沢岳
画像

鳴沢岳~岩小屋沢岳間の花々
画像

新越山荘到着です。約7時間少々疲れてきてます。若干遅れ気味ですが長めの休憩を取ります。
画像

陽も照り付けてかなり厚いです。岩小屋沢岳へと登っていきます。
画像

さすがのゆかっちもこの暑さと登りはきつそうです。
画像

昨日歩いた針ノ木雪渓(中央)が見えています。
画像

新越岳?山?ピーク(2.623m)
画像

岩小屋沢岳ピークが見えています。遠いですね。
画像

ひたすら登ることようやく岩小屋沢岳到着です。もう少し展望が得られれば疲れも吹っ飛ぶんだろうけど。
画像

岩小屋沢岳~冷池山荘間の花々
画像

凄いコケモモの群生
画像

種池山荘が見えてきました。まだまだ遠いです。
画像

冷池テント場と冷池山荘(今日のGOAL行けるな~)
画像

なかなか着かない種池山荘への道のり
画像

ハクサンチドリ
画像

立山?かな(右手前に黒部別山が見える)やっぱ立山・剱岳だ。
画像

シナノキンバイのお花畑(足の疲れもコンパイ花どころではないかな)
画像

種池(種池山荘到着)ゆかっちはコーラ・おじさんはノンアルコール飲みながら進むか検討中・・・・・・・・・・・・15時30分までには着けるだろう。と言うことで進むことに決定。冷池山荘に☎入れて再スタート
画像

岩小屋沢岳を振り返る。
画像

岩小屋沢岳・種池山荘と元気なゆかっち  後方は立山・別山
画像

雄山・大汝山・富士ノ折立・真砂岳・別山・剣御前と種池山荘
画像

剱岳(一服剱・前剱は確認できる)
画像

牛首山・鹿島槍ヶ岳(南峰)・布引山
画像

爺ヶ岳(左から北峰・中峰・南峰)
画像

冷池山荘へ爺ヶ岳ピークを巻く登山道を進む。
画像

足がベロベロの俺に比べ余裕のゆかっち
画像

冷池山荘が見えてきましたね。(でも遠いんですよこれが)
画像

冷乗越(赤岩尾根登山道分岐)あと10分。いやいや今の俺は15~20分かかるな。で無事冷池山荘に到着。一杯飲んで生き返る。
画像

食事後夕焼けを楽しむ ゆかっち
画像

爺ヶ岳(南峰)・(中峰)・(北峰)
画像

布引山・鹿島槍ヶ岳(南峰)・(北峰)
画像

剱岳
画像

真砂岳・別山と右後方は劔御前
画像

雄山・大汝山・富士ノ折立
画像

(三日目)7月26日(土)  鹿島槍ヶ岳2.889m・爺ヶ岳2.670m
今日は最終日で鹿島槍ヶ岳をピストンして爺ヶ岳を通り扇沢へと下山だ。四時前に起きて遅くとも4時半には行動開始したい。
コースとタイム
冷池山荘4:18→テン場4:26→布引山5:23→鹿島槍ヶ岳6:12→冷池山荘8:17→休憩 冷池山荘9:08→冷乗越9:21→爺ヶ岳(中峰分岐)10:22→爺ヶ岳(中峰)10:30→種池山荘11:35→ケルン13:44→扇沢無料駐車場14:58
歩行距離:16.7㎞ 行動時間:10時間40分 歩行速度:1.6㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル 累積標高(+1.148m)(-2.079m)
画像

予定より早く目覚めて準備して、山荘にザックをデポしアタックザックで外に出ると既に東の空が赤く染まってきていた。
焼山・火打山・妙高山・高妻山
画像

岩菅山・草津白根山・四阿山・浅間山などの山々
画像

これから登る布引山・鹿島槍ヶ岳
画像

今日はきっと素晴らしい天気展望になるだろう。ヘッデン点けて予定より10分早く行動開始。
画像

今日も快調なゆかっち
画像

冷池のテント場と布引山・鹿島槍ヶ岳(南峰)・(北峰)ここは展望のいいテン場だがトイレまで片道約10分は遠いですね。
画像

焼山・火打山火打山・高妻山
画像

蓮華岳・不動岳・針ノ木岳・スバリ岳・岩小屋沢岳・赤沢岳・鳴沢岳・薬師岳と今日、下る分岐の種池山荘も見えている。
画像

立山連峰(雄山・別山・剱岳)などの山々
画像

蓮華岳・針ノ木岳・スバリ岳・赤沢岳・鳴沢岳・岩小屋沢岳(蓮華を除けば全てクリアしてきた。)現状からすると残りもクリアできるだろ。蓮華岳が悔やまれるが悪天では仕方ない)
画像

布引山・鹿島槍ヶ岳(南峰)・(北峰)
画像

富士山
画像

布引山・鹿島槍ヶ岳(南峰)・(北峰)を見入る ゆかっち(かっこいいな~)
画像

北八ヶ岳・南八ヶ岳・富士山・美ヶ原
画像

火打山・妙高山・高妻山
画像

冷池山荘~鹿島槍ヶ岳間の花々
画像
画像

布引山・鹿島槍ヶ岳(南峰)・(北峰)やっぱカッコいいね。
画像

ご来光時間過ぎている。やっぱり雲が邪魔したようだ。
画像

雲海に浮かぶ奥志賀・草津の山々の山々
画像
画像

四阿山
画像

浅間山
画像

蓼科山・横岳・赤岳・阿弥陀岳・権現岳・編笠山・美ヶ原などの山々
画像

富士山
画像

お花畑を通り布引山へと登っていく。
画像

爺ヶ岳・大天井岳・前穂高岳・北穂高岳・槍ヶ岳・蓮華岳・針ノ木岳と登るにつれて展望が広がってくる。
画像

唐沢岳・燕岳・大天井岳・赤岩岳・西岳・前穂高岳
画像

赤岩岳・西岳・前穂高岳・北穂高岳
画像

剱岳
画像

富士ノ折立・真砂岳・別山・劔御前
画像

やっと太陽が出てきましたがだいぶ上ですね。
画像

爺ヶ岳・大天井岳・穂高岳・蓮華岳(展望がありすぎて先へ進みませんね。歩いてきた稜線の山々を見入っている ゆかっち)(きっとあぁ~蓮華岳登りたかった~~~と思っているな)
画像

槍ヶ岳(少しづつ傾いて行ってるとか。しまいには倒れてしまうのか?。)
画像

唐沢岳・燕岳・大天井岳・赤岩岳・西岳・前穂高岳・北穂高岳・南岳と右後方は間ノ岳?かな~
画像

歩いてきた稜線の山々(針ノ木岳・スバリ岳・赤沢岳・鳴沢岳・岩小屋沢岳)右は薬師岳
画像

薬師岳・龍王岳など立山連峰の山々
画像

雄山・大汝山・富士ノ折立・真砂岳・別山・劔御前
画像

別山・劔御前・剱岳と手前に黒部別山
画像

赤谷山・猫又山・釜谷山・毛勝山
画像

いよいよ布引山への急な登りです。
画像

爺ヶ岳・蓮華岳などの山々
画像

常念山脈・槍穂高・後立山連峰・立山連峰の山々
画像

立山へ伸びる影、鹿島槍ヶ岳
画像

タフガイのゆかっちもさすがに疲れ気味???か。まさか~~~~~~~
画像

中岳・大喰岳・槍ヶ岳と手前の尾根は蓮華岳の東尾根
画像


赤谷山・猫又山・釜谷山・毛勝山(毛勝山はもう一度登りたい山だ。)
画像

南アルプスも見えてきました。『鳳凰三山・甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳』(仙丈ケ岳は間ノ岳に被さっています。)
画像
画像

劔 かっこいいな~
画像

鹿島槍ヶ岳(南峰)
画像

布引山山頂にて(バックは剱岳・毛勝三山)
画像

四阿山・浅間山
画像

蓼科、八ヶ岳連峰・美ヶ原で右手前に鉢伏山も見えています。
画像

富士山
画像

南アルプス(鳳凰三山・甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳・塩見岳・荒川岳・赤石岳・聖岳などの山々)もう一度縦走したいな~)
画像

爺ヶ岳と眼下に冷池山荘
画像

爺ヶ岳(南峰)と後方は中央アルプス?か
画像

常念岳・餓鬼岳・横通岳・燕岳・大天井岳・唐沢岳・赤岩岳・西岳
画像

西岳・前穂高岳・奥穂高岳・北穂高岳・南岳・大喰岳・東鎌尾根・槍ヶ岳(キャ~~~~もう最高~)
画像

布引山山頂からの槍穂・針ノ木・薬師方面の大展望
画像

鷲羽岳・水晶岳・針ノ木岳・スバリ岳・赤牛岳と手前に歩いてきた岩小屋沢岳・鳴沢岳
画像

薬師岳
画像

龍王岳?・雄山・大汝山・富士ノ折立・真砂岳・別山
画像

龍王岳?・雄山・大汝山・富士ノ折立・真砂岳・別山・劔御前
画像

剱岳・赤谷山
画像

赤谷山・毛勝三山・サンナビキ山・僧ヶ岳・駒ヶ岳と手前に牛首山
画像

さ~布引山を後に鹿島槍ヶ岳へと進みます。
画像

さぁ~いよいよ鹿島槍ヶ岳への登りに突入
画像

富士山を眺めてんのかな~
画像

鹿島槍ヶ岳(南峰)到着
画像

当然、鹿島槍ヶ岳山頂三角点ゲット
画像

清水尾根・清水岳・旭岳・天狗ノ頭・白馬岳・五竜岳・白馬乗鞍岳
画像

雨飾山・焼山・火打山火打山・高妻山・黒姫山
画像

鹿島槍ヶ岳(北峰)(今回は北峰はスルーします)
画像

志賀、草津方面の展望
画像

四阿山・浅間山
画像

奥秩父・八ヶ岳連峰・美ヶ原
画像

富士山
画像

南アルプス
画像

鹿島槍ヶ岳山頂からの爺ヶ岳・槍穂高方面展望
画像

経ヶ岳・中央アルプス?か
画像

常念・大天井岳方面の展望
画像

槍穂高連峰と蓮華岳
画像

南岳・大喰岳・東鎌尾根・槍ヶ岳
画像

槍・野口五郎・不動・鷲羽・水晶・赤牛で手前には蓮華・針ノ木・スバリ・鳴沢岳・赤沢岳
画像

赤牛岳・赤沢岳・薬師岳
画像

針ノ木・水晶・赤牛方面の展望
画像

赤牛岳・赤沢岳・薬師岳
画像

龍王岳?・雄山・大汝山・富士ノ折立・真砂岳・別山・劔御前
画像

別山・劔御前・剱岳
画像

赤谷山・毛勝三山
画像

サンナビキ山と後方に僧ヶ岳・駒ヶ岳
画像

名だたる山々がずらり。殆ど歩いている山々だ。
画像
画像
画像


清水岳・旭岳・天狗ノ頭・白馬岳・小蓮華山・五竜岳(清水尾根、一度は祖母谷から歩いてみたいコース)
画像

旭岳・天狗ノ頭・白馬鑓ヶ岳・白馬岳(杓子岳の天狗菱も見えてますね)
画像

小蓮華山・白馬乗鞍岳と手前は五竜岳
画像

富士山(現在9回。もう一回は登るだろう。)
画像

今回登れてよかったね。朝飯後一服しながら・・・・・・・・・・・・
画像

さぁ~て飛びま・・・・・・・
画像

何処まで飛んでくの~
画像

おぉ~ここだったか。嬉しさの余り標柱に抱き付いてしまいました。
画像

八ヶ岳連峰・富士山・南アルプス
画像

さぁ~爺さまが待ってるので下りますよ~
画像

爺さま~待っててね~
画像

冷池山荘~鹿島槍ヶ岳間の花々
画像

布引山・鹿島槍ヶ岳を何度も振り返りながら下りていきました。
画像

冷池山荘~鹿島槍ヶ岳間の花々
画像

冷池山荘と爺ヶ岳
画像

冷池山荘到着。ザックを回収してコーヒータイム。そして
画像

爺ヶ岳へと登っていきます。『冷乗越』天気のいい土曜日。予想はしていたが沢山の人達がやってきます。
画像

ここからキツい登りが始まります。
画像

指を指して何やら
画像

鹿島槍ヶ岳。ついにガスが湧き始めました。こんな感じ好きですね~。
画像

針ノ木岳・スバリ岳・薬師岳・赤沢岳
画像

さぁー爺ヶ岳への登りです。きっいが短いのでがんばれるかな。
画像

爺ヶ岳(中峰)山頂にて(誰もいない山頂で休憩)ゆかっちが南峰は人が多いので立寄らないでいいょ~と。
画像

恒例の爺ヶ岳山頂山頂三角点ゲット
画像

10時を過ぎると彼方此方でガスが湧いてきました。
『槍穂高連峰』
画像

蓮華岳(また登ろうね)
画像

針ノ木岳・スバリ岳(あんな所通ってきたんだ~)
画像

薬師岳と爺ヶ岳(南峰)
画像

雄山・大汝山・富士ノ折立・真砂岳・別山
画像

剱岳
画像

赤谷山・猫又山・釜谷山・毛勝三山・サンナビキ山と後方に僧ヶ岳・駒ヶ岳
画像

鹿島槍ヶ岳・冷池山荘
画像

さぁ下りますか。いやだ~。じゃ置いてく~なんて話したような?話さないような?
画像

剱岳を眺めながら登ってますね。(次のターゲットにするつもりかも?)
画像

蓮華岳・針ノ木岳・スバリ岳
画像

立山・別山・剱岳(本当に素晴らしい展望だったね。)
画像

種池山荘に到着です。あとは扇沢へずっと下り。ノンアルコール・コーラを飲みながら休憩。
画像

足もってくれるかな~?。万歳してお見送りですか。
画像

雪渓通過中。素早く通過しましょう。
画像

これで雪渓の横断は最後です。
画像

羨ましい体力(段々と足が~やばい)
画像

種池山荘~扇沢間の花々
画像

蓮華岳・針ノ木岳・スバリ岳・赤沢岳の見納めです。
画像

ゆかっちは余裕。俺は余裕なし。
画像

ケルンまで下りてきた。あと1時間少々。頑張ろう。
画像

八ツ見ベンチで休憩。もう少し出すね。八ヶ岳、今日は見えていませんね。
画像


画像

柏原新道登山口に到着です。無料駐車場まであと15分だ~
画像

扇沢無料駐車場入口に到着。そして我らが愛車エクストレイルのお出迎えでGOAL。駐車場はいっぱいです。指定外にも沢山停めてありますね。上から見たとき篭川を渡った先の駐車場もいっぱい停めてあるのが見えていた。
画像

大町温泉『薬師の湯』で汗を流しゆかっちとお別れです。でも五日後にまた合流です。ゆかっちは自宅へ。俺は合流の日まで山三昧します。ゆかっちを見送り次の山へと向かったのであります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆかっち
2014年08月11日 00:08
おつかれさまです♪ 初日は雨でしたが楽しいく雪渓が歩けて良かったですv(^o^)

落石のオバチャンがいなければもっと良かったでけど(笑) 遅い時間のお散歩は控えますねf(^^; もしかしたらシロバナコマクサに会えるかもって行ってしまいました(^^;

3日間あっと言う間に終わってしまいましたね…

やまやさんのおかげで北アルプス復帰することができたし、さらに鹿島槍まで行くことができました♪
ほんとに有難うございましたm(__)m
マジで感謝です!

少しハードだったようなので来年蓮華岳行くときはゆっくりのんびり行きましょうね♪
やまや
2014年08月11日 09:01
お疲れさんでした。

雪渓楽しく歩けてよかった。
けど
落石起こしたおばはん・おじんにはさすがに参りました。
わしらには予想も出来ない行動をしてましたね。
どっちももう少し下にいたら間違いなくクラっていたね。
今、思い出すだけでもゾッとします。

ヘッデン持っていってたらそんなには心配しなかったんだけど。
なんせカメラだけだったでしょ。

多分、そうだろうな~とおもってました。
でもね
おじさんの知ってる限りでは
山頂を過ぎて蓮華の大下りを少し下りないと見れない。

今度、来年?になるかな観に行きましょう。



ほんと早かったですね。

いやいやゆかっちのがんばりですよ。
鹿島槍ヶ岳ホントに行けて良かったです。
種池山荘着いたときマジで迷いました。
喜んでもらえてホントに良かったです。

そうですね。
もう歳だし少しハードすぎましたね。
これからは
もう少しソフトな計画にしないといけませんね。
もう
お互いに予約しときますが蓮華岳山行。
決定

お疲れ様でした。
ソワレ
2014年08月13日 14:15
元気いっぱいなゆかっちとの縦走、おつかれさまでした!
とても北ア復帰山行だなんて思えないほどの元気っぷり。。。(笑)
テン泊でもよかったんじゃ。。。|д゚)
最終日はお天気良くてよかったですね♪
北ア北部は未踏の地ですが、こんなに展望いいんですね。
そりゃ人気なはずだわー。

ゆかっちのジャンプ写真、こんな風に使われてるなんて~(笑)
おもしろすぎるヾ(*´∀`*)ノ
でもたしかに飛び付きたいくらい嬉しかっただろうしね♪
ともあれ、お二人ともおつかれさまでした!
やまや
2014年08月13日 16:04
ほんとに元気なゆかっちで何時も付いていくの大変です。(笑)
二日目が超ロングなのでテント止めたんですよ。
でもね
あのゆかっちでも調子が悪いときが今までに2回ありましたょ。
飲み過ぎ・食い過ぎかな・・(笑)おじさんのせいです。

二日目後半から最終日と天気良くなってほっとしました。
おじさん鹿島槍ヶ岳は三回ともこんな天気で大好きな山になりましたね。
ソワレちゃんも是非登ってみてください。応援しますよ。

ゆかっちのジャンプ写真で遊んでしまいました。
ゆかっち怒ってたりしてないかな?。
ゆかっちあまり人がいないとき標柱などに抱きつくこと多いですょ。
きっと嬉しいんだろうな~と思ってるおじさんです。(笑)

有り難う
また遊びに来てくださいね。
おじさんも結構読み逃げしてます。(ごめんです)