霧ヶ峰(八島湿原・車山・鷲ヶ峰・池のくるみ)

2014年7月29日~30日【八島湿原・車山・鷲ヶ峰・池のくるみ】
29日(火) 北ア(風吹岳)下山後この八島湿原駐車場へと移動してきた。もうここは何回目になるのだろうか。少々早めに着いたので昨日までの山行で濡れた物を乾かしながら
夕方近くになり登山者や観光者も殆どいなくなったので湿原を軽く散策して花々を楽しんだ。
八島湿原と男女倉山・北の耳・南の耳・蓼科山・蝶々深山・車山
画像

南の耳・蓼科山
画像

車山
画像

八島湿原の八島ヶ池
画像

霧ヶ峰(八島湿原)の花々
画像
画像
画像

八島湿原・男女倉山・北の耳・南の耳
画像

八島ヶ池
画像

ニッコウキスゲと湿原
画像
画像

霧ヶ峰(八島湿原)の花々
画像

八島湿原と南の耳・蝶々深山・車山
画像

シシウドと八島湿原
画像

ノアザミと蝶々深山・車山
画像

霧ヶ峰(八島湿原)の花々
画像

霧ヶ峰(八島湿原)の花々
画像

八島湿原と男女倉山・北の耳・南の耳
画像

ここからは八島湿原駐車場からの夕焼け『鉢伏山・二ツ山』
画像

鉢盛山?だろうか。
画像

八島湿原駐車場からの夕焼け
画像
画像
画像

7月30日(水) 霧ヶ峰車山1.925m・鷲ヶ峰1.798m』
今日は八島湿原を周回する形で車山湿原を通り車山に登り、車山肩へ下りてニッコウキスゲを鑑賞。そして八島湿原から鷲ヶ峰をピストン後、花で有名らしい池のくるみを歩いた後次の山へ移動だ。
朝早く起きたが又もや今日も大失敗。大あわてで準備し入口へ行ったが既にお出まししていて湿原入口からの日の出を見損ねた。まぁ~また来ればいいじゃんと自分に言い聞かせ行動開始。
コースとタイム
駐車場5:10→奥霧小屋分岐5:36→沢渡分岐6:05→車山乗越分岐6:43→車山山頂7:05→車山肩8:00→旧御射山神社8:37→八島湿原入口9:04→鷲ヶ峰山頂9:42→八島湿原駐車場10:30
歩行距離:15.3㎞ 行動時間:5時間20分 歩行速度:2.9㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル  累積標高(+770m)(-711m)
画像

早朝の八島湿原駐車場ガラガラですね。静かでよく眠れました。
画像

男女倉山左方に昇ってきてました。
画像

八島ヶ池
画像

八島湿原と車山(あそこまで行って戻ってくるんですね)
画像

八島ヶ池(池に映る太陽は水が波打っているので諦めます。)
画像

霧ヶ峰の花々
画像
画像

八島ヶ池と車山
画像

湿原のシモツケ
画像

早朝の湿原を時計回りで歩き車山へ。静かですね~
画像

八島湿原
画像

八島湿原と蝶々深山・車山
画像

湿原入口方面
画像

湿原の木道(ここの木道はいつ来てもよく整備されてますね)
画像

鎌ヶ池
画像

奥霧小屋(営業しているの見たことないな~)
画像

90度右へ折れて御射山方面へ進む。
画像

八島湿原
画像

御射山方面へへ
画像

後で登る予定の鷲ヶ峰
画像

鹿防護柵(前回来たときにはここには無かった。)
画像

鷲ヶ峰
画像

霧ヶ峰の花々
画像

もう少し舗装された林道を進みます。
画像

沢渡分岐標識(車山湿原・蝶々深山方面へと向かいます。このコースは2回目)
画像

分岐からも少し林道を進むと林道を離れ真っ直ぐの笹道を進んで行く。
画像
画像

夜露でびしょ濡れになりながら進んで行く。
画像

霧ヶ峰の花々
画像

車山湿原と車山
画像

車山湿原と肩を見上げる。
画像

何という小鳥だろう。
画像

車山湿原の木道を乗越へと進みます。このコース木道なかったんだけど何時ごろ設置したのかな~。
画像

左から蝶々深山経由の道が合わさりました。
画像

更に木道を乗越へと進みます。
画像

車山肩への分岐を右に見送ると直ぐに車山乗越です。
画像
画像

蓼科山・北横岳(今日は展望期待できないですね。)
画像

これではどの山か分かりません。
画像

蓼科湖方面への道を左に見送り右へ登っていきます。この付近はお花畑が広がってます。
画像
画像

蓼科湖と蓼科山
画像

車山への急な階段(ここはキツイ登りなんですよね。)
画像
画像

車山神社到着です。
画像

車山神社
画像

車山山頂気象レーダードーム
画像

南アルプス
画像

鳳凰三山・甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳・仙丈ヶ岳
画像

甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳
画像

仙丈ヶ岳
画像

車山山頂部
画像

車山山頂標柱と三角点
画像

二等三角点
画像

あらら 間に合わなかったのね。車山山頂にて
画像

鉢伏山・二ツ山
画像

三峰山
画像

美ヶ原
画像

霧ヶ峰・美ヶ原
画像

これから向かう鷲ヶ峰と八島湿原
画像

蓼科山・北横岳
画像

縞枯山・丸山などの山々
画像

中山・天狗岳・根石岳などの山々
画像

赤岳・阿弥陀岳
画像

権現岳
画像

鳳凰三山
画像

甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳
画像

仙丈ヶ岳
画像

車山肩へと向かいます。
画像

霧ヶ峰の花々
画像

美ヶ原・三峰山・鷲ヶ峰・男女倉山・南の耳
画像

車山肩と八島湿原・鷲ヶ峰・鉢伏山・三峰山
画像

車山肩(ニツコウキスゲ思っていたよりは咲いていませんね)
画像

霧ヶ峰の花々
画像

車山気象レーダードーム
画像

沢渡へ下り八島湿原へと戻っていく。
画像

沢渡分岐まで来ました。
画像

ヒュッテみさやまが見えて来ました。その向こうには鷲ヶ峰も見えています。
画像

旧御射山神社に寄り道
画像
画像

御射山神社から湿原へ。
画像

ここから八島湿原の木道を進む。
画像
画像

八島湿原
画像

八島湿原と鷲ヶ峰
画像
画像

霧ヶ峰の花々
画像

鷲ヶ峰
画像

八島湿原入口まで戻ってきました。続いて正面の鷲ヶ峰に登ります。
画像

信濃路自然歩道へと入っていきます。
画像

鷲ヶ峰ピークはここからは見えない。この裏側になる。
画像

蓼科山・北の耳・南の耳
画像

諏訪湖
画像

鉢伏山・二ツ山
画像

鷲ヶ峰はこの向こう。
画像

御嶽神社石碑
画像

鷲ヶ峰山頂(三回目)
画像

三峰山と後方は美ヶ原(王ガ鼻・王ガ頭)
画像

美ヶ原(王ガ鼻・王ガ頭)・茶臼山
画像

蓼科山・北横岳・北の耳
画像

前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳と手前は鉢伏山
画像

南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳と手前は二ツ山
画像

鷲ヶ峰山頂三角点ゲット(古い方)
画像

鷲ヶ峰山頂三角点ゲット(新しい方)
画像

奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・南岳と手前は鉢伏山
画像

南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳と手前は二ツ山
画像

前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳と手前は鉢伏山
画像

三峰山と王ガ鼻
画像

美ヶ原(王ガ鼻・王ガ頭)
画像

王ガ頭・茶臼山
画像

三峰山・美ヶ原・茶臼山
画像

南の耳・蝶々深山・車山
画像

車山・八島湿原・八島湿原駐車場
画像

前回登ったときは無かった鹿防護柵
画像

抜けると駐車場で予想通り空き待ちの車が並んでました。
画像

花で有名な池のくるみに寄ってみた。踊場湿原入り口
画像

蓼科山・カボッチョ
画像

踊場湿原
画像
画像

踊場湿原(一周するつもりでいたが花が全く見当たらないので途中(約半分)で引き返し、白樺湖のコンビニでビール、食料を仕入れ次の山の登山口(唐沢鉱泉)へと向かった。)
画像

この記事へのコメント