九重『タデ原湿原』【平治岳・大船山】のミヤマキリシマ

2014年5月29日(木)~30日(金)九重山群のミヤマキリシマ観賞山行

(一日目)5月29日(木)長者原『タデ原湿原』散策
霧島『高千穂峰』下山後九重山群登山口の長者原へとやって来た。缶ビールを一本飲み時間があるので湿原を散策した。
しかし、花の時季には少々早いらしくあまり見ることが出来なかった。
駐車場付近から三俣山
画像

硫黄山・星生山
画像

???
画像

チゴユリ
画像

ミツバツチグリ
画像

キスミレ
画像

サワフタギ?かな~
画像

ニガナ
画像

タチシオデ
画像

ハルリンドウ
画像

キンポウゲ
画像

ハルリンドウ
画像

サワオグルマ
画像

キンポウゲ?
画像

サワオグルマ
画像

サクラソウ
画像

三俣山・硫黄山・星生山
画像

ミヤマキリシマ
画像

マイズルソウ
画像

ベニドウタン
画像
もう少し多く咲いているだろうと思っていたがこの位しか見ることが出来なかった。明日は4時起きだ。少々早いが一杯飲んで寝ることにしょう。

(二日目)5月30日(金曜日)  日帰り
九重山群『平治岳1.643m』・『北大船山1.706m』
三百名山(269)花百名山(97)九州百名山(34)『大船山1.786m』
九重山群でミヤマキリシマが多く見られる山は平治岳・北大船山辺りだろう。ということで先日ビジターセンターで確認した所二分咲きとのことだった。ちょっと落ち込んだがせっかくここまで来たので九重の山を楽しむことにした。
今回のコースは防ガツルキャンプ場までと大船山は以前歩いていいて大凡のことは把握しているつもりだか、14年も前のことなのでだいぶ変わっているだろうから油断はできない。
コースとタイム
長者原(P)5:15→マットのある登山口5:28→雨ヶ池6:35→大船林道出合7:10→防ガツルキャンプ場7:22→平治大船分岐7:34→大戸越8:17→平治岳9:06→大戸越9:50→北大船山10:49→段原分岐11:00→大船山11:32→段原分岐12:07→防ガツルキャンプ場13:00→雨ヶ池入口13:17→雨ヶ池13:49→長者原(P)14:46
歩行距離:20.148㎞ 行動時間:9時間31分 歩行速度:2.1㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル 累積標高(+1.468m)(-1.452m)
画像
画像

ビジターセンター横のトイレは夜間も開けてあるが道路反対側駐車場のトイレは夜間閉鎖するようだ。トイレを済ませのんびりと歩いていく。
雨ヶ池越と三俣山
画像

先ずは右の階段から湿原へと進んで行く。
『三俣山・硫黄山・星生山』
画像

前方の林へ延びる木道を進んで行く。
『タデ原湿原と雨ヶ池越・三俣山』
画像

今日は水蒸気を上げています。
『硫黄山』
画像

タデ原湿原から雨ヶ池越へセンサーを横切りなだらかな林道を進んでいく。
画像

林道を離れ山道へと入るがマットで靴裏を掃除しましょう。
画像

広い緩やかな道だが木の根が多い。
画像

バイケイソウ
画像
画像

フウロケマン
画像

ギンリョウソウ
画像

段々と傾斜がきつくなってくるが、早い時間なので殆ど汗は出てこない。
画像

ユキザサ
画像

ケマルバスミレ?かな
画像

ホウチャクソウ
画像

涸れ沢を徒渉(土石流に注意の看板があった)
画像

ニガイチゴ?かな
画像

少々きつい登りが続きなだらかに進むようになる。
画像
画像

ツクシドウタン
画像

ミヤマキリシマ
画像

三俣山(北峰)・長者原・黒岩山と後方は涌蓋山などの展望が得られる。
画像

マムシグサ
画像

なだらかな道にはミヤマキリシマも見られるようになってきた。雨ヶ池は近い。
画像
画像
画像

雨ヶ池に到着。ここから少し木道だ。
画像

これから登る平治岳が見えている。
画像

雨ヶ池の木道が切れるとミヤマキリシマを見ながら若干登りぎみに進んで行く。
画像
画像

イワカガミ
画像

マイズルソウ
画像

クサボケ
画像

平治岳
画像

防ガツルと北大船山・大船山・立中山
画像

防ガツルへ下っていく。
画像

アセビ
画像

樹林帯を抜けると防ガツルの一角に飛び出し展望が広がる。
『平治岳』
画像

北大船山・大船山(体力が残っていたら二回目の大船山にも登ろう)
画像

鳴子山・臼口岳・中岳
画像

大船林道を右折
画像

セイヨウタンポポ(こんな所まで生息域を広げてるのか)
画像

ハルリンドウ
画像

大船林道から左の防ガツルキャンプ場方面へと進む。
画像

法華院温泉(一度は泊まって見たい)
画像

左へ折れ鳴子川を渡ると直ぐに防ガツルキャンプ場だ。
画像

防ガツルキャンプ場と北大船山・大船山(今度来るときはここでテン泊もいいな~)
画像

センサーを抜け左の平治岳へと進む。右は大船山へで周回してここへも戻ってくる予定。
画像

平治岳へ緩やかに登っていくが泥濘が増えてきました。
画像

平治岳(大戸越付近から平治岳山頂部がピンク色に染まっている。これは期待できそうだ。)
画像
画像

ギンリョウソウ
画像

段々と傾斜が増してきて大きな石の転がる歩き難い道になってきました。
画像

チゴユリ
画像

樹林帯を抜け前方が開けました。そろそろ大戸越だろう。樹林帯を抜けると暑いですね。
画像

大戸越の北大船山・平治岳分岐
画像

平治岳斜面のミヤマキリシマ(素晴らしい)
画像

平治岳へは上り下りの専用路を歩きます。
画像

立中山・硫黄山・星生山・三俣山
画像

素晴らしい(これが満開だったら凄いだろうな~)
画像
画像
画像
画像

ミヤマキリシマと九重山群・防ガツル
画像
画像
画像
画像
画像
画像

かなりの急登です。岩場を慎重に進みます。
画像

九重山群・法華院温泉・防ガツルキャンプ場
画像

だいぶ緩やかになってきました。
画像

下り専用路分岐付近はまだ蕾です。これが咲いたら凄いだろうな~。
画像

平治岳山頂部が見えてきました。2~3分咲きですね。
画像

キジムシロ
画像

平治岳山頂へと進む。
画像

おしい。これが全部咲いたら(1週間位早かったかな)
画像
画像

平治岳三角点ゲット
画像

平治岳山頂部と九重山群
画像

平治岳からこれから向かう北大船山・大船山です。
画像

平治岳山頂部のミヤマキリシマ
画像

キジムシロ
画像

ミヤマキリシマ
画像

平治岳山頂部のミヤマキリシマと九重山群
画像

平治岳山頂部のミヤマキリシマと北大船山・大船山
画像

奥から涌蓋山・黒岩山・指山・雨ヶ池
画像
画像

イワカガミ
画像
画像

クサボケ
画像

下山専用路分岐(正面は登り専用路・右が下り専用路)
画像

下山路から大戸越
画像
画像

大戸越に戻ると沢山の人達が休憩していた。10分位休憩後北大船山への樹林帯の中の道へと進んで行く。
画像

振り返ると平治岳斜面のミヤマキリシマ綺麗だ。
画像

北大船山への登山道のミヤマキリシマ
画像

タチツボスミレ
画像

クサボケ
画像

北大船山へ急な登山道が続く。
画像

イワカガミ
画像

平治岳のミヤマキリシマ(満開ならピンクの絨毯で鮮やかだろうな)
画像

傾斜も緩くなり一段落だ。北大船山のミヤマキリシマ
画像

大船山・北大船山
画像

北大船山付近からのミヤマキリシマと九重山群
画像

大船山・北大船山
画像

北大船山山頂と九重山群
画像

大船山(どうしょう二回目の大船山登るべきか。)
画像
画像

段原分岐と大船山(大船山山頂に行くか休憩しながら決めよう)
画像

やっぱり登ることにして進む。。緩やかな道も終わり山頂への急登にかかる。きつい登りが続く。
画像
画像

大船山山頂部と九重山群(二回目の大船山山頂)残念ながら祖母山・阿蘇山などは霞んで見えなかった。
画像

大船山山頂部の御池
画像

北大船山・平治岳
画像

雨ヶ池(これから防ガツルへ下りてこの雨ヶ池に登り返し裏側の長者原へと戻って行く。遠いなぁ~)
画像

三俣山・涌蓋山
画像

稲星山・久住山・中岳・星生山など九重山群
画像

段原分岐と北大船山。左へ折れて眼下に見える防ガツルへと下りていきます。
画像
画像

防ガツルキャンプ場の平治岳分岐へと戻って来ました。
画像

ハルリンドウ
画像

歩いてきた平治岳・北大船山・大船山を振り返る。
画像
画像

マイズルソウ
画像

防ガツルを離れ雨ヶ池へと戻って行く。
画像

大船林道を少し進んで行き長者原への山道にへと入って行く。
画像
画像
画像

ジジバリ
画像

ミヤマキリシマ
画像

まだ緩やかな登りだが疲れが溜まりきついですね。
画像

フモトスミレ
画像

そろそろ今日の歩いた平治岳・北大船山・大船山も見えなくなる。
画像

雨ヶ池まで来ました。あとは殆ど下りです。
画像
画像

この直ぐ先が長者原展望台だ。
画像

長者原・黒岩山・涌蓋山
画像

なだらかな道もそろそろ終わりだ。
画像

長者原へと下っていく。
画像

緩やかな道になってくると登山道も終わり林道を進んで行く。
画像
画像

タデ原湿原を横切るとGOALの駐車場に到着。
画像
画像
久々の9時間30分の行動きつかったです。もっと鍛えねば???。休憩後温泉に入り国東半島へ向かい道の駅で車中泊し熊野磨崖仏など観光。別府港からサンフラワーで大阪南港へ。そして伊吹山へと向かうのであった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント