『八ヶ岳』ツクモグサ・ホテイラン観賞登山

2014年6月13日(金曜日) 硫黄岳2.760m・横岳2.829m  
今回はブログ仲間のゆかっちがツクモグサを観たいと言うので、白馬岳にするか八ヶ岳にするか迷った。(ツクモグサはこの2山にしか生息しない。)
白馬岳は日帰りは厳しいしまだ開花には早い。八ヶ岳(硫黄岳周辺)が6月に入ると咲き始め残雪もほぼ消える。梅雨の合間ではあるがゆかっちの休みと晴れ間のタイミングを見て13日に決定。
早発ちしたいので道の駅(こぶちさわ)で待合せし車中泊。そして多分よくないだろうがここに車を一台デポして次の朝早朝に赤岳山荘駐車場(1000円)に停めることにした。お互いに用事を済ませ道の駅へ。ゆかっちは夕方18時位には着が届く。
道の駅(こぶちさわ)入口(缶ビール飲んで付近をフラフラ散歩。)
画像

時間通りゆかっちがオニュウのエクストレイルで到着。
画像

道の駅(こぶちさわ)の足湯で早速寛ぐゆかっちである。俺早く宴会やりて~(車の中で)のに。
20時過ぎまで飲んでおしゃべりし仮眠。
画像
今回のコースとタイム
赤岳山荘駐車場5:04→巻道入口5:19→北沢登山口5:51→赤岳鉱泉6:50→赤岩の頭8:48→硫黄岳9:22→硫黄岳山荘9:42→横岳11:24→三叉峰12:04→地蔵の頭13:34→行者小屋14:26→赤岳山荘駐車場17:03
歩行距離:18.926㎞ 行動時間:11時間59分 歩行速度:1.6㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル 累積標高:(+3.680m)(-3.861m)
画像

4時に起きてトイレなど済ませてゆかっちの車をデポし、赤岳山荘駐車場に着きおばちゃんに1000円払い歩き始める。
画像

林道の橋の上から北沢を見ると水は綺麗だ。上はガスっているが雨ではなさそうだ。
画像

美濃戸山荘前が南沢登山道入口でどっち周りで行こうか相談。この時間だとホテイランを観るには暗すぎる。
画像

と言うことで北沢コースから登ることに。林道終点の北沢登山口へ向かう。
画像

林道をしばらく歩いて行く。すると左に大きなモミの木が現れる。直ぐ左の林道ショウトカットコースへ入る。5分位で再び林道に出る。
画像

大家族のユモトマムシグサ
画像

5分位進んでいくと林道添いの右側に大きな二本の木々の前に山ノ神がある。お願いしていこう。
画像

林道終点の手前で再びショウトカットして行くと直ぐに北沢登山口だ。北沢を左岸へ渡り直ぐ左へ折れる。ほぼ正面への道は増水時のトラバース山道。
画像

北沢左岸沿いの木道を行く。
画像

北沢の滑滝
画像

右岸へ渡る。今日は今一調子が悪いらしいが?。
画像

北沢の滑滝(癒されます)
画像
画像

キバナノコマノツメ
画像

赤岳鉱泉到着ですね。
画像
画像

休憩トイレ後かなり寒いので着込んでスタート
画像

赤岩の頭・硫黄岳へと向かいます。本当に大丈夫なのかな~。
画像

ジョウゴ沢を徒渉する。
画像

ガスの中へ突入して進んでいくと、二人してこんな階段あったっけ???。そして段々と歩き難くなってくる。
画像
画像

イワカガミ(まだ蕾です)
画像

残雪残る道を登ってくるゆかっち
画像

ヒメイチゲ
画像

赤茶げた道になってきた。そろそろ赤岩の頭分岐だよ。ゆかっちにしてはスローすぎる。まだ今一調子が上がらないみたいだ。
画像

赤岩の頭分岐だよ~
画像

えっ行ってない。じゃ~寄ってこ。赤岩の頭にて(調子戻りつつあるね)
画像

コケモモ
画像

コメバツガザクラ
画像

なぜか止まってます。頑張れゆかっち
画像
画像

ミネズオウ
画像

キバナシャクナゲ
画像

ウラシマツツジ
画像

ここの岩(左)ねこ・(右)ゴジラに見えませんか。
画像

大岩を右に巻くと硫黄岳手前の岩場でクリアすると山頂だ。
画像
画像
画像

そして山頂部。えっ三角点行ってない。じゃ~行こうで硫黄岳山頂三角点ゲット
画像

硫黄岳山頂にて(ゆかっちは2回目?。おじさん5回目かな)
画像

爆裂火口をみたかったゆかっちだが残念ですね。取り敢えず硫黄岳山荘でコーヒー飲んで温まろう。
画像

完全復活か。ガスと強風の中を硫黄岳山荘へガンガン下りていきます。
画像

ミネズオウ
画像

イワウメ
画像

硫黄岳山荘に到着です。中でコーヒータイム。途中、この葉っぱがコマクサだよと教えながら急ぎ足で下りてきました。
画像

石油ストーブの前でコーヒー飲みながら40分も休憩してしまいました。ツクモグサ観に横岳へと登っていきます。
画像

完全復活。ゆかっちはこうでなくちゃいかんょ。
画像

キバナシャクナゲ
画像

いました。ありました。『ツクモグサ』ゆかっち待望のツクモちゃんに会えて大騒ぎです。ツクモグサ(残念ながら天気が悪くて(超寒い)開いてくれていません。)
画像

コメバツガザクラ
画像

オヤマノエンドウ
画像

ウラシマツツジ
画像

アタシで~す。
画像

ミヤマキンバイ
画像

横岳のクサリ場
画像

向こう側からこちら側へ越えてきます。
画像

濡れていて滑りやすいので慎重に。
画像

前かがみになりぎていなですか?。こんな所も通過していきます。
画像
画像

ツクモグサがだいぶ観られるようになってきて先へ進みませんね。
画像

ツクモグサに夢中になりすぎて、転けないでょ。(この付近のツクモグサは危険なところに多く咲いています。)
画像

クサリ場続きますね。
画像

そっちどうなってんのかな~。そろそろ横岳山頂だょ。
画像

横岳山頂(奥ノ院)にて(ガスガスガスで展望ないね。)
画像
画像

ミヤマキンバイ
画像

三叉峰?か。
画像

滑りやすいから気つけてやぁ~
画像

疲れたかな?。
画像

ガスっているとよう分からん。
画像

コメバツガザクラ
画像

もうちょっと頑張って開いてくれるといいのにね。
画像

ツクモグサ携帯で撮って誰に送るのかな??。
画像

オヤマノエンドウ
画像

疲れちゃったぁ~
画像

イワカガミ
画像
画像

ウルップソウ(やっとこさ出たところでまだ早いみたいです)
画像

お日様が出ていれば開いてくれてるだろうなぁ~
画像

キバナシャクナゲ
画像

三叉峰の手前には維久産霊大神が祀られている。
画像

維久産霊大神から三叉峰を見る。
画像

三叉峰
画像

三叉峰分岐
画像

まってぇ~~
画像

イワウメ
画像

やっぱゆかっちこうでなくちゃ。でもそこはね~ちとやばくねーか。まっいいか前後誰もおらんし。
画像

ミヤマハンノキ?か
画像

ツクモグサ
画像
画像

大権現
画像

キバナシャクナゲ
画像
画像
画像

ハクサンイチゲ
画像

パラパラ落ちてきました。濡れるほどではないですが。レンズに雨粒が~
画像

ハクサンイチゲ
画像

地蔵の頭へと進んできます。まだまだクサリ、梯子場が続きます。
画像

クモマナズナ?か
画像

クサリ場の下りに突入
画像
画像
画像
画像

今度はクサリ場の登り。ここにもツクモグサいっぱい咲いていたが岩場の危ないとこです。
画像
画像
画像

さぁ~行きますよ~ゆかっちは岩場好きなんだよね~(ス~イスイと)
画像
画像
画像
画像

チョウノスケソウ
画像

チョウノスケソウ・オヤマノエンドウ
画像
画像
画像
画像

さぁ~て日の岳を巻くクサリ場を下りよう。
画像

余裕~~~~~~~~
画像
画像
イワカガミ
画像

ハクサンイチゲ
画像

ウラシマツツジ
画像

イワベンケイ
画像

前後にはわしらしかおらん。ゆっくり行こう。いてもいなくてもここはゆっくり落石起こさないようにね。
画像
画像
画像
画像

清里は晴れてるな~
画像

小川山・瑞牆山・国師ヶ岳・金峰山
画像

甲武信ヶ岳
画像

奥は御座山そして男山・天狗山・三国山で手前に女山だろう。
画像

茅ヶ岳・曲岳・黑富士などの山々(後方は御坂山塊で左の高い山が御坂黒岳かな)
画像

あっー赤岳の頭が見えてる~。
画像

地蔵の頭へと下りていきます。
画像

行者小屋(これから地蔵尾根で一気にここへと下りていく。)
画像

赤岳展望荘
画像

ミネザクラ?か
画像

コイワカガミ
画像

かれこれ8時間行動している。疲れてきているので慎重に行こう。
画像

オケー
画像

赤岳
画像

行者小屋・赤岳鉱泉
画像

茅ヶ岳・御坂山塊と富士山の裾野だけ
画像

クモマナズナだと思うが葉っぱを撮らなかったので間違ってるかも。
画像

さ~この梯子下りると地蔵の頭は直ぐだ。こらこらよそ見はいかん
画像

??ハタザオ?か
画像

地蔵の頭到着です。今日は時間切れで赤岳は通らずこの地蔵尾根を下ります。このルートは二人とも初めてだ。
画像

仲良し
画像

赤岳・中岳
画像

等高線を見れば分かるが、しかし凄い所に登山道を付けたんですね。
画像

疲れも溜まっているので、気を抜かずに自分のペースでゆっくり下ります。
画像

凄いところに下りていくんですね。
画像
画像

岩峰を見上げると岩に穴が空いていました。
画像

途中でもお地蔵様が見守ってくれてます。
画像

見上げます。きゃ~こわ~ぃ
画像

ほんとに凄いところだ。気を抜くなよ~
画像

こらー気を抜くなってば~
画像

若干傾斜が緩んだかな。取り敢えず安全圏ですかね。
画像

ここは意外に残ってます。ガリガリでないのでそれ程滑らないですね。
画像

行者小屋に到着です。(ここでお昼にします)既に9時間を超えましたね。
画像

水の無い河原を下山していきます。
画像

誰だ。こんな所にトランクスをオキッパしていった奴。(左の石の上)
画像

ヤツガタケキスミレ
画像

ツルネコノメソウ
画像

イワカガミ
画像
画像
画像

今くらいが一番気が抜けて危ないころですね。
画像

ヤツガタケキスミレ
画像

南沢の滝
画像

ミヤマカタバミ
画像

勝久雄彦霊神の祠
画像
画像

赤嶽神社
画像

赤嶽神社前にて
画像
画像
画像

シロバナヘビイチゴ
画像

南沢を左岸へ渡ります。
画像

ホテイラン(絶対に保護ロープの中には入らないようにしましょう。所々踏み跡がありました。そして私が以前来た時より少なく感じます。と言うか前有った処には無くなっていて保護ロープも無くなっていました。)
画像

夢中でホテイランを撮っています。
画像

イチョウラン
画像

南沢を右岸へ渡り堰堤を越えると林道だ。
画像

無事に南沢登山道入口に到着です。駐車場まであと少し林道を歩きます。
画像

カラマツソウ
画像

ウツギ系の花だと思うが分からない。
画像

美濃戸(赤岳山荘)駐車場に到着。12時間の行程お疲れ
画像
天気は今一だったが時々パラパラ落ちてくる程度で雨具は必要なかった。工程が長丁場で大変だったと思うがツクモグサ・ホテイランを観れて大満足のゆかっちでした。道の駅に戻り温泉入り各々家路に着いた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

ゆかっち
2014年06月17日 23:51
こんばんわ~
お疲れさまでした~\(^o^)/

硫黄岳までの登り…ご迷惑おかけしましたm(__)m
山荘でのcoffeeで完全復帰しました♪
一時期どぉなるかと思ったけど(^^;

ツクモグサめっちゃかわいかったです♪毎年観に行こうと決めました!
それに対照的なホテイラン素敵でした~(≧▽≦)

あんなに長い時間歩いたのに疲れ感じなかったです
出だしがゆっくりだったからかな?(笑)

長い時間お付きあい(山デート♪)ありがとうございました♪
懲りずに行きましょうね(^^)/
やまや
2014年06月18日 08:46
ゆかっち おはようさんです(^_^)

お疲れ様でした。
赤岩の頭手前(さくら)観た辺りで、まじて撤退考えましたよ。
頭での笑顔みたら行けそうと思ったけど硫黄への登もかなり辛そうだったね。
三角点ゲットした頃からは戻って来たように見えた。大丈夫行けるな。

毎年観にいっちゃいますか。そんときは晴れて開いてくれるといいね。
ホテイランは少し遅いかもと思っていたけど観れてよかった。

この付近で12時間近く経過していたのに「ゆかっち」超元気。まだ3時間位は歩けそうだったね。

頑張ったからお山から一杯プレゼント貰えてよかったじゃん。
うん
また行こうね。