鈴鹿『入道ヶ岳』

2014年4月4日 金曜日  鈴鹿『入道ヶ岳906m』

今日は鈴鹿セブンマウンテン(七座目)に挑戦です。
前日、雨乞岳下山後、入道ヶ岳をどこから登ろうか取り敢えず大石橋へ向かった。(狭い落石の起きそうな道でした。)ここはトイレが無かったので断念。石大神展望台には駐車場とトイレが完備してあったが、このコースは1時間以上長い。足を考えると最短コースが良さそうだ。ゆかっちの歩いたコースで椿大神社から登ることに。
ゆかっちの情報でキャンプ場手前の河原付近まで車で入れるらしいので進んでみた。二本松尾根コース分岐のようだ。右側にボットンではあるがトイレもあった。ここで車中泊しここから登ることにした。
昨夜からの雨が6時過ぎまで降っていたが降水量は少なかったようだ。膝の状態はよさそう。7時を過ぎると青空も見えるようになってきた。天気や膝の状態で撤退も考えていたが七座目にトライすることにした。
コースとタイム
二本松尾根コース分岐7:34→登山口7:44→井戸谷避難小屋8:19→北尾根合流点9:11→入道ヶ岳9:15→椿大神社奥宮9:25→北の頭9:30→井戸谷コース分岐9:35→避難小屋10:19→二本松尾根コース分岐10:54
歩行距離:5.54㎞ 行動時間:3時間29分 歩行速度:1.7㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロフアイル 累積標高:(+1.259m)(-1.259m)
画像

二本松尾根コース分岐からスタート(ここに車を止めて良いのかは分かりません。)
画像

左手に二本松尾根コースを見送り井戸谷コースへの林道を進む。
画像

キャンプ場を過ぎると舗装路が切れる。
画像

振り向くと伊勢湾方面の展望が広がっていた。
画像

通報ポイント1が井戸谷コース登山口?になるのかな~
画像

ツメクサ?かな
画像

井戸谷かなを徒渉
画像

井戸谷を流れ落ちる???滝
画像

ここを越えて杉林の中を進んでいく。
画像
画像

アブラチャン
画像

山ノ神?か奥社?か。上方にご神体らしき大きな石が立っている。
画像

杉林を抜けると狭くて歩き難い所が現れ段々と険しくなっていく。
画像
画像
画像

タチツボスミレ
画像

ルンゼ状の谷の道を進みます。
画像
画像

ネコノメソウ
画像

癒やされる~
画像
画像

谷沿いを進む。
画像

アブラチャン
画像

掘っ建て小屋かと思ったが井戸谷避難小屋のようです。中は長椅子があるだけでした。
画像

砂礫の急な階段を登ると歩きやすい道になってきた。
画像
画像

そして谷を右岸へ徒渉し右岸沿いを登って行く。
画像
画像

谷を離れ進むと稜線が見えてきた。
画像
画像

笹原の少々きつい登りが続く。
画像
画像

アセビの木々が目立ってくると後方に伊勢湾の展望が広がる。
画像
画像

結構きつい登りだが北尾根からの合流点は近い。
画像

右に北尾根からの道が合わさり左へと折れて進む。伊勢湾方面の展望が開ける。
画像
画像
画像

雲母峰と後方は養老山地の山々だ。
画像

アセビのトンネル状の道を進んでいくとひょっこりと山頂部に飛び出した。
画像
画像
画像

鈴鹿セブンマウンテン『七座目『入道ヶ岳906m』の登頂
画像

三角点ゲット
画像

雲母峰と後方は養老山地の山々
画像

残念ながら鎌ヶ岳・御在所岳・雨乞岳はガスの中です。右後方は猫岳・釈迦ヶ岳だろうか。
画像

北の頭
画像

山頂の鳥居と伊勢湾(雨がパラパラ落ちてきました。急いで奥社へ向かいます。)
画像

入道ヶ岳山頂から(椿大神社奥宮)
画像

イワクラ尾根方面へ向かう。
画像

椿大神社(奥宮)
画像
画像

奥宮から入道ヶ岳
画像

北の頭へ向かう。
画像

北の頭
画像

入道ヶ岳
画像

雲母峰・養老山地の山々
画像

鎌ヶ岳・御在所岳・釈迦ヶ岳
画像

アセビ
画像

入道ヶ岳
画像

北の頭へ寄り道
画像

北の頭
画像

北の頭道標
画像

北の頭から入道ヶ岳
画像

井戸谷コースへ
画像

井戸谷コース分岐と入道ヶ岳
画像

右(井戸谷コース)正面(北の頭へ)・後方(入道ヶ岳へ)
画像

登ってきた道をゆっくり下りていくます。どうにか降られずにすんだようです。
画像

笹道からザレの道になってきました。
画像
画像

ムラサキケマン?
画像

タチツボスミレ
画像
画像
画像
画像

避難小屋まで下りてきました。
画像

ルンゼ状の井戸谷を下ります。
画像

杉林の道になるともう安心です。
画像

井戸谷を二回徒渉するとキャンプ場は近い。
画像
画像

舗装された林道をテクテクと進みます。
画像

寒いのかカタバミは開いてませんね。
画像

車を止めたところまで無事に戻ってきました。左側にボットントイレがありました。
画像
ゆかっちの助けもあり鈴鹿セブンマウンテンを何事もなく登頂できた。鈴鹿はまだ他にもいい山が沢山あるので何時かまた登に来よう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント