丹沢山系『日陰沢橋~大笄』周回 

2013年4月27日(土)   丹沢山系『大笄1.510m』
犬越路避難小屋が数年前にトイレ付きで建て替えられた。以前はトイレも無く夜中はネズミの大運動会が行われていた小屋だ。建て替えられてから行っていないので、小屋の様子を散歩がてら見に行ってきた。
予定では犬越路までで下りるつもりだったが、天気も良いし周りの展望もそこそこに見えている。ここで下りるのはあまりにも勿体ない。ここからは富士山は見えない。少し檜洞丸方面へ行くと見えるので予定を変更して大笄まで進んでみることにした。
コースとタイム
日陰沢橋8:53→林道終点登山口9:12→犬越路10:11(10:41)→小笄11:26→大笄12:02→ヤタ尾根分岐12:04(12:24)→神ノ川林道13:12→神ノ川林道13:36→日陰沢橋13:48
歩行距離:10:129㎞ 行動時間:4時間55分 歩行速度:2.0㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル 累積標高(+1.135m)(-1.153m)
画像

家を出たのが7:30分と遅く日陰沢橋の駐車スペースに9時少し前に着いた。予想以上に車が多い。
画像

日陰沢橋と犬越路を見上げる。左の建物はトイレです。
画像

日陰沢橋登山口(東海自然歩道へと進む)しばらくは林道を進む。
画像

ヤマブキ
画像

再建された神之川ヒュッテ(人の気配は感じなかった)
画像

意外と勾配のある林道だ。
画像
画像

左が数年前の土石流場所だろうか。林道終点の登山口
画像

直ぐの日陰沢の堰堤で
画像

日陰沢に架かる丸太橋で左岸へ渡り
画像

左岸沿いを進む。
画像

ヒトリシズカ
画像

杉林の急登を九十九折りに登っていく。
画像

シロバナオオタチツボスミレ?かな
画像

ちょっと狭いので注意。
画像

右からの落石注意箇所だ。足下も注意ですね。
画像

キケマン
画像

マムシグサ
画像

日陰沢を右岸へ渡り
画像

急で歩きにくい道を登っていく。
画像

風巻ノ頭・袖平山(東海自然歩道が通る)
画像

イワボタン(ミヤマネコノメソウ)
画像

急で歩きにくい檜林を進む。
画像

一段落し緩やかに進んで行くと
画像

ガレ場が現れた。ここは要注意箇所だ。
画像

左側にも道があるがロープを張ってあるので入らないで此方へと進む。雨の時は注意が必要だろう。
画像

涸れ沢を進んで行く。
画像
画像

涸れ沢も狭まりズルズル歩きにくい道だ。
画像

ヒロハコンロンソウ
画像

エイザンスミレ
画像
画像

ミツバツツジ
画像

キクザキイチゲ
画像

後200mで犬越路だ。
画像

この先を左に回り込んでいくようだ。
画像

見えました。犬越路と犬越路避難小屋
画像

新しく改装された犬越路避難小屋
画像

セイヨウタンポポ
画像

マルバタチツボスミレ
画像

りっぱになった犬越路避難小屋
画像

綺麗なトイレが完備され有り難いですね。お互い綺麗に使いましょう。
画像

土間
画像

ガラス窓が大きく明るいです。これだけ綺麗だと夜中にネズミの運動会は無いだろうな~。(山中湖からヤビツ峠へ大縦走した時はネズミが煩くて眠れなかった。)
画像

アセビ
画像

小笄
画像

小笄・檜洞丸
画像

明神ヶ岳・箱根山・金時山・長尾山・丸岳など箱根外輪山の山々/日影山?・不老山で矢倉岳・大野山も確認出来る。
画像

金時山・不老山・権現山
画像

取りあえず小笄を目指し緩やかな尾根を進む。
画像

犬越路からは富士山は見えないが、5分位檜洞丸方面へ行くと『畦ヶ丸の後方に富士山』が見えてくる。
画像

どっしりとした大室山
画像

長沢背稜の山々/大岳山/熊倉山・生藤山など
画像
画像

富士山ズームアップ
画像

富士山 超ズームアップ
画像

犬越路隧道への分岐(ここで下りようか迷ったが小笄まで進んでみる。)
画像

時々熊笹が茂る所がある。
画像

愛鷹山(位牌岳・越前岳)
画像

富士山・畦ヶ丸
画像
画像

権現山・富士山・畦ヶ丸・御正体山
画像

中ノ岳・前ノ岳・御正体山
画像
画像

ヤマザクラ
画像

小笄(下って登り返しか。迷うな~。11時かー。よし進んでヤタ尾根を下りよう)
画像

三国山・金時山・丸岳など箱根外輪山の山々
画像

後方(南アルプス)塩見岳・笹山・白河内岳・広小内岳(雲の中に農鳥岳)だと思います。手前は御坂山塊で鬼ヶ岳・十二ヶ岳・節刀ヶ岳・不逢山などだろうか。
画像

三ツ峠山・今倉山
画像

一旦下り小笄のクサリ場へと進む。
画像

コイワザクラ
画像
画像

小笄を見上げる。
画像

一旦下る。
画像

この付近から気の抜けないところが連続だ。
画像

コイワザクラ
画像

落石にも注意が必要だろう。
画像

富士山/三国山・鉄砲木ノ頭/菰釣山/御正体山/畦ヶ丸
画像

クサリ場
画像

袖平山・蛭ヶ岳
画像

小笄から大笄を望む。
画像

アセビ
画像

金時山・愛鷹山/不老山・権現山
画像

富士山/三国山・鉄砲木ノ頭/菰釣山/御正体山/畦ヶ丸
画像

御坂山塊/三ツ峠山/御正体山・今倉山
画像

小笄と大笄の鞍部へと下る。
画像

岩帯のクサリ場が連続する大笄への登りだ。
画像
画像
画像
画像

コイワザクラ
画像

大室山と犬越路からの稜線
画像

犬越路と避難小屋
画像

富士山・菰釣山・御正体山・畦ヶ丸
画像

愛鷹山・富士山/不老山・湯船山・三国山・鉄砲木ノ頭/権現山/権現山
画像

梯子場
画像

大笄への登りでもう一息だ。
画像

大笄手前からの展望が素晴らしい。
画像

さぁ~あと一登りで大笄のピークだ。
画像
画像

檜洞丸
画像

大笄から檜洞丸
画像

日陰沢橋へのヤタ尾根分岐だ。
画像

分岐の道標(檜洞丸まで往復1時間だが今回はここまでとしよう。)
画像

箱根山・三国山・金時山
画像

愛鷹山/不老山/権現山
画像

熊笹ノ峰と大笄の鞍部(日陰沢橋へのヤタ尾根分岐)からの展望
画像

南アルプス/御坂山塊の鬼ヶ岳・十二が岳・節刀ヶ岳・不達山・金堀山・中藤山・破風山
画像

後方にうっすらと見えている富士見山・源氏山・櫛形山で手前は毛無山・タカデッキ・雨ヶ岳
画像

日陰沢橋へのヤタ尾根分岐からの展望
画像

昼食後、直ぐの熊笹ノ峰と檜洞丸もパスして日陰沢橋へ下山です。
画像

途中、奥多摩方面の展望があり長沢背稜の山々・大岳山や生藤山などが見えていた。
画像

広いヤタ尾根で意外と急だ。以前下りたときは雪があったので感じか違うな。
画像

蛭ヶ岳・鬼ヶ岩ノ頭・棚沢ノ頭・臼ヶ岳・塔ノ岳
画像

棚沢ノ頭・臼ヶ岳・塔ノ岳・檜洞丸
画像

ヤタ尾根も狭くなってきた。
画像

アセビ
画像

袖平山・姫次
画像

檜林へと入っていく。
画像
画像

ザレの急な歩きにくい所です。
画像

緩やかになり檜の(森林浴)良い香りがします。
画像

日陰沢橋から延びてきている神ノ川林道です。
画像

神ノ川林道を横切り
画像

ザレた歩きにくい山道を、もう一段下の神ノ川林道まで下りていく。
画像

少々急です。落ちている杉の枝を引っかけないように注意だ。
画像

杉林を抜けると狭い尾根になるが歩きやすい。
画像

モミジイチゴ?
画像

川の流れる音が聞こえてきたぞ。
画像

神之川が見えてきた。もう少しで林道だろう。
画像

あっ 林道です。左へ10分程度でGOALだ。
画像

鐘撞山だろうか?。
画像

風卷ノ頭(東海自然歩道が通る。)
画像

下りてきたヤタ尾根を振り返る。
画像

神ノ川林道ゲート
画像
画像

GOAL
画像

ヒメウツギ
画像

マムシグサ(お母さん)
画像

マムシグサ(子供)
画像

えびら沢の滝
画像
画像

ヒメオドリコソウ
画像

ハコベ
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント