岐阜県【養老の滝と養老山】

2013年3月25日(月) 
 日本の滝百選『養老の滝』と『養老山859.3m』
名古屋の山とも(ブログペンネーム:ゆかっち)に藤原岳の福寿草(6~7年も暖めていた)を見に行くので誘ってみた。まだ、見たことないので是非とのことで都合のいい日が26~27日とのこと。
久々の鈴鹿方面の山へ遠征。藤原岳だけでは余りにも勿体ない。と言うことで付近の山々を梯子することに。で、今回上がったのが滝百選のある養老山と養老の滝・藤原岳・霊仙山(ゆかっちのお勧め)に決定でゆかっちとは26日大貝戸コースの登山口で待ち合わせることに。
渋滞を避けるため日曜日の午後に食料やビールなど仕入れて家を出て新東名を使うコースで養老SAへと向かった。
18:30分位に養老の滝駐車場に到着。他には止まっていないが、時々夜景を見に来る人がいた。集金係のおじさんはいなかったので明日下山後500円払うことにして一人宴会後仮眠。
コースとタイム
養老の滝駐車場6:00→養老の滝6:06→駐車場6:18→林道入口6:21→滝谷徒渉点(登山口)6:31→三方山分岐7:28→三方山7:30→笹原峠7:38→小倉山7:49→養老山分岐8:05→養老山8:07→小倉山8:24→笹原峠8:39→滝谷徒渉点9:17→駐車場9:25
歩行距離:9.606㎞ 行動時間:3時間25分 歩行速度:2.7㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル 累積標高(+853m)(-849m)
画像

養老の滝駐車場(500円)ですが集金係がいないので下山後に納めることにして行動開始です。
画像

先ずは駐車場の養老の滝入口から滝を先に見てきます。
画像

階段を下りていくと御堂がありその横を滝へと進んで行く。
画像

直ぐに日本の滝百選『養老の滝』だ。当然、こんな早い時間には誰もいない。ノンビリと-イオンを浴びれそうだ。
画像

滝の釈迦如来像
画像

日本の滝百選『養老の滝』
画像
画像
画像

養老の滝駐車場付近から大垣市方面の展望だと思います。
画像

駐車場から直ぐ先の登山口へと進む。
画像

養老山登山道入口ここを左へと進んで行く。
画像

林道コースは通行止のようです。
画像

左の滝谷(養老の滝の上部付近)へと進んで行く。
画像
画像

これに従い滝谷へ
画像
画像

滝谷を徒渉すると登山口だ。
画像

いきなりの急な道をジグザグに登っていく。
画像

結構キツイ登りです。
画像

ジグザグの急な登りですね。
画像

ザレ場の丸太の階段辺りから傾斜も緩んできた。
画像

表山だろうか
画像

威徳山だろうか
画像

コンクリーの椅子が現れると尾根に出て緩やかに登っていく。
画像
画像
画像
画像
画像

三方山分岐
画像

地図によると展望が良さそうなので三方山に寄り道
画像

三方山山頂
画像

三方山山頂標柱
画像

大垣・羽島方面だろうか
画像
画像

分岐へ戻り笹原峠へと向かう。
画像

小倉山だろうか
画像

笹原峠に到着だ。小倉山へと進む。
画像

小倉山
画像

小倉山への登りで雪が消えたばかりのようだ。
画像

小倉山山頂
画像

826mピークにガスがかかりだした。天気持ってくれるかな?。
画像

養老山へと進む。
画像

アセビ
画像

右方が名古屋方面だろうか。
画像

養老山
画像

登山道沿いのお地蔵様(寂しくないのかな~)
画像

林道分岐
画像

養老山分岐を右へ折れ少し登ると
画像

山頂は直ぐだ。
画像

養老山山頂部と三角点(展望は得られない)
画像

養老山山頂標柱
画像

展望がないので直ぐ下山開始。分岐へ戻り小倉山へ戻っていく。
画像

直ぐの林道から分岐へと向かうと展望があり
画像

御池岳・烏帽子岳・霊仙山などの山々が見えていた。
画像

藤原岳・御池岳
画像

烏帽子岳
画像

明後日予定の霊仙山
画像

林道を少し進んで行き小倉山への登山道を進んで行く。
画像
画像

小倉山
画像

養老山(中央)を振り返る。
画像

小倉山に戻ってきました。左方の展望広場へ進むとテーブルや東屋があり展望が素晴らしい。しかし、冷たい風も強く長居できそうもない。
画像

小倉山展望広場と霊仙山
画像

笙ヶ岳
画像

霊仙山
画像
画像

高室山・鍋尻山だろうか
画像

御池岳・鈴ヶ岳・三国山だろう
画像

三方山(右)
画像

笹原峠へと下りていく。
画像

笙ヶ岳・表山・威徳山
画像

笹原峠で右へ折れる。(林道コースが通れれば笙ヶ岳まで行きたかったが残念だ。)
画像

三方山分岐付近の松
画像

三方山分岐(ここで単独の男性とすれ違う)
画像

ガレ場(右からの落石注意)
画像

滝谷を徒渉するとGOALは近い。
画像

滝谷を渡り林道に出て上を見るとりっぱな祠があった。
画像

林道を駐車場へ戻っていく。
画像

GOALです。養老の滝駐車場(おじさんに¥払い少しお話ししてから藤原岳登山口へと向かった。
画像

藤原岳登山口へ移動中、広瀬橋付近から伊吹山
画像

11時前に大貝戸コース登山口の駐車場に着くと満車で駐めるスペースがなかったので下の観光用駐車場に止めて付近を散策して歩いた。ここでは何時ものパターンである。

聖宝寺コース入口の鳴谷神社の鳥居
画像
画像

鳴谷神社
画像

急な長~い階段を登っていくと聖宝寺だ。この先から(聖宝寺コース)は砂防工事で通行止めとなっている。
画像

ミツマタ
画像

ジンチョウゲ
画像

ミヤマカタバミ
画像

ジンチョウゲ(白花)
画像

鳴谷の滝
画像
画像
画像

フキノトウ
画像

ハコベ
画像

ヒメオドリコソウ
画像

麓からの藤原岳
画像

???スミレ
画像

スギナ(ツクシ)
画像

13時頃大貝戸コース登山口へ戻ると幾らか駐車スペースが出来ていた。下山者に福寿草の情報を聞くと九合目付近が見頃で登山道はどろんこ道らしい。今日はここで車中泊だ。ビール飲みながら今日の写真をPCへ落とし整理しながらノンビリと過ごした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ゆかっち
2013年04月10日 21:01
こんばんわ~♪

やっぱり春霞であまり展望きかないですね。
空気がすんでると白山までバッチリ見えるんですが(>_<)でした。

養老山山頂の標識もう少しなんとかなると良いんですが…駐車場のおじさんが山の管理が違うからなんともならんって言われてました(^-^;
滝百選にちなんでキレイになると良いんですが…。

聖宝寺立派ですね~鳴谷の滝は写真から見ると養老の滝より良い感じですね~σ(^_^;)?
やまや
2013年04月11日 15:08
こんにちわ~

春霞もそうなんですが、この日は天気良くないとのことで展望は期待していなかった。でこんだけ見れれば本望です。
ただ、花が殆ど見られなかったので少々寂しかったですかね。

そうですね。山頂の標識何とかしてくれると有り難い。
あれじゃかえってない方がいいかも。

一気に落ちるか、何段か落ちるか、滑るかですが
養老の滝は水量がもう少し(飛沫がかかる位)あると良いんでしょうけどね。
これはこれで良かったですょ。

鳴谷の滝は小さいながらも見応えありましたね。