丹沢山系『塔ノ岳』

2013年1月16日~17日  丹沢山系『塔ノ岳1.491m』
成人の日に予想以上に雪が降った。丹沢山にもかなり積もったに違いない。久々に雪山の塔ノ岳に戸沢から歩き尊仏山荘に一泊してきた。
一日目(16日)~粉
9時に家を出て戸沢へと向かった。道中途中から道路には雪が全くない。しかし山を見ると白い。戸川林道に入っても全くなく11時前に難なく戸沢の駐車場に着いた。止まっている車は4台ほど。一台は雪で動けなかったのか乗り捨て状態だ。登っていく尾根を見上げるとガスがかかっているようだ。駐車場付近も粉雪がぱらぱらと落ちてきていた。天気予報では午後から晴れると言っていたが多分だめだろう。
コースとタイム
戸沢駐車場10:57→天神尾根取付点11:10→天神尾根分岐12:31→花立山荘13:18→金令シ13:45→塔ノ岳14:12
歩行距離:4.976㎞ 行動時間:3時間15分 歩行速度:1.4㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル  累積標高(+991m)(-70m) 
画像

駐車場から直ぐ上の林道へと進む。
画像

駐車場から天神尾根と右の上の方は木ノ又大日方面だ。ガスが懸かっているが支度して歩き始める。
画像

左が駐車場で戸川林道を終点へと進んで行く。すると
画像

右手に行者ヶ岳・新大日への道を分けて真っ直ぐ林道を進んで行ます。
画像

戸沢を徒渉し進んで行くと
画像

本谷沢に架かる鉄の橋を渡ります。林道はここで終わりです。
画像

緩やかに進んで行くと天神尾根の取り付き点に道標がありそれに従って登って行きます。
画像

まだアイゼンを着けて登るほどでは無いですね。
画像

雪も段々と多くなってきました。通常コースからトレースが消えました??。
画像

付近をよく観察すると雪の少なめの所に真っ直ぐにトレースがありそれを登っていきますがかなり急です。アイゼンはまだ着けません。
画像

依然として急な檜林の登りが続きます。
画像

緩やかになると直ぐに大倉尾根との合流点の天神尾根分岐に飛び出しました。
画像

ここからはトレースがしっかり付いています。そしてしばらく緩やかな道が続きます。
画像
画像

少しずつ傾斜が付いてきました。アイゼンなしでも進めるがアイゼン歩行訓練を兼ねて12本爪を装着して進みます。
画像

さすがに大倉尾根コースです。沢山の人が下りていきます。
画像

花立山荘手前の急な登りです。結構キツイですね。
画像

花立山荘に到着です。営業していませんね。話によると土、日のみとか?。
画像

剥製ではありません。本物です。お腹が空いているとかで食べ物を与えている人がいました。私は絶対にあげません。
画像

上は風が強いらしい。休憩なしで緩やかに登っていきます。
画像

しまった~。階段の端の杭にアイゼン引っかけて跪いてカメラが雪に埋もれてしまいました。
画像

登るにつれ木々に付いた霧氷綺麗です。
画像

ここは風が強くて雪は吹き飛ばされて無いです。アイゼンだと凄く歩きにくいです。
画像

エビのしっぽほどでは無いですが3㎝位まで成長しています。
画像

この天気では鍋割山稜や蛭ヶ岳などが見えないですね。
画像
画像

霧氷が綺麗です。
画像
画像

鍋割山稜への金令し分岐です。やや右へ進みます。
画像

12本爪だとトレース幅が狭くスパッツに引っかけそうです。
画像
画像

段々と勾配が付いてきて塔ノ岳への登りになってきました。
画像
画像

14:12分 塔ノ岳に到着です。山頂部には二人しかいません。
画像

塔ノ岳山頂標柱
画像

山荘に入り焼酎のお湯割りで体を温めよう。明日はきっと晴れてくれるだろう。
画像

二日目(17日) 
朝方早く目が覚めた。部屋の凍り付いた窓から外を見ると東京方面が明るく見えていた。ヤッター晴れているぞ。
今日の予定は日の出を見てからノンビリと雪山を楽しみながら下山だ。
コースとタイム
塔ノ岳7:20→金令し分岐7:38→花立山荘7:57→天神尾根分岐8:18→戸沢駐車場9:10
歩行距離:3.845㎞ 行動時間:1時間50分 歩行速度:2.1㎞/h 
垂直プロファイル 累積標高(+38m)(-976m)
画像

カメラを持って外に出ると素晴らしい夜景と星空がが広がっていた。(東京方面の夜景)
画像

大山と横浜・藤沢方面の夜景
画像

愛鷹山・富士山・大洞山、三国山と御殿場の夜景
画像

塔ノ岳山頂部と愛鷹山・富士山
画像

塔ノ岳からの朝焼けと大山・三ノ塔・江ノ島・相模湾
画像

ミカゲ沢ノ頭・蛭ヶ岳・棚沢ノ頭・不動ノ峰
画像

大まかに富士山/三国山・石割山・御正体山/同角ノ頭・檜洞丸・大室山/臼ヶ岳
画像

愛鷹山
画像

相模湾と江ノ島などの素晴らしい展望。
画像

尊仏山荘は何度お世話になっているのだろ。寒いので一旦小屋に入り身支度しながら日の出時間を待ちます。
画像

鍋割山稜/不老山・三国山/富士山/石割山・御正体山/同角ノ頭・檜洞丸
画像

日の出時間になってきたので外へ出ます。素晴らしい朝焼けです。房総沖の雲が日の出を遅くしている。
画像

塔ノ岳山頂からの富士山
画像

愛鷹山
画像

駒ヶ岳・神山(箱根山)/明神ヶ岳・金時山
画像
画像

仏果山
画像

大山・木ノ又大日・江ノ島
画像

大山・木ノ又大日・行者ヶ岳・鳥尾山・三ノ塔
画像

6:48分 日の出です。素晴らし~
画像
画像
画像
画像

富士山が少しずつ赤く染まってきています。
画像

完全に太陽が出てきました。暖かいです。
画像

江ノ島/大山/木ノ又大日・三ノ塔
画像

不老山・湯船山・大洞山・三国山・富士山・鉄砲木ノ頭・権現山
画像

二子山・箱根山・三国山・丸岳・愛鷹山/明神ヶ岳・金時山/高松山・大野山/大丸・小丸・鍋割山・雨山・檜岳
画像

石割山・御正体山/小金沢連嶺/同角ノ頭・檜洞丸・大室山/臼ヶ岳・ミカゲ沢ノ頭
画像

ミカゲ沢ノ頭・蛭ヶ岳・棚沢ノ頭・不動ノ峰
画像

すばらし~~~
画像

すばらし~~~
画像
画像

樹氷も少し赤くなってきました。
画像

高取山・仏果山
画像

辺室山・三峰山で手前の尾根は長尾尾根
画像

大山北尾根(ミズヒノ頭・西沢ノ頭)・大山/木ノ又大日
画像

素晴らしかったです。
画像
画像

みんなと言っても六人ですが小屋に入って山頂は誰もいません。
画像

樹氷がオレンジ色に輝き凄く綺麗でした。
画像
画像

富士山/立山・畑尾山・大洞山・楢木山・三国山・鉄砲木ノ頭/湯船山
画像
画像

二子山・駒ヶ岳・神山・三国山/明神ヶ岳
画像

三国山・丸岳/金時山/矢倉岳/ジダンゴ山・高松山
画像

愛鷹山と手前の雪で白い山が大野山だ。
画像

再び小屋に入り身支度して下山前にもう一度展望を楽しんだ。
画像
画像

御正体山/同角ノ頭・檜洞丸・熊笹ノ峰・大室山/臼ヶ岳
画像

大蔵高丸・白谷丸・黒岳・牛奥ノ雁ガ腹摺山・小金沢山・大菩薩嶺/雁ガ腹摺山/赤鞍ヶ岳/ミカゲ沢ノ頭
画像

ミカゲ沢ノ頭・蛭ヶ岳・棚沢ノ頭・不動ノ峰
画像

下りる前に塔ノ岳からの大展望もう一度眺める。
画像
画像
画像
画像

展望を楽しんだ後塔ノ岳を後にした。
画像

丸太の階段にアイゼンを引っかけないように注意しながら下りていきます。
画像

まだまだ素晴らしい展望が見られます。本当にゆっくり下りていきました。
画像
画像

樹氷もだいぶ落ちています。
画像

登り下りの人がまだいないので静かでじっくり楽しみながら下りていけます。
画像
画像
画像

そんなに大きくは無いですが雪庇が張り出しています。
画像

金令シ付近から蛭ヶ岳・棚沢ノ頭・不動ノ峰
画像

痩せ尾根を通過していきます。
画像
画像

すると直ぐに金令シの分岐です。大倉方面へと進みます。
画像

アイゼンを引っかけないよう注意しながら進みます。
画像

箱根山・明神ヶ岳・金時山・高松山
画像

塔ノ岳を見上げます。
画像

三ノ塔
画像

富士山と鍋割山稜(鍋割山への稜線)
画像

檜洞丸・大室山・臼ヶ岳
画像

蛭ヶ岳・棚沢ノ頭
画像

金時山・愛鷹山・富士山・高松山・大野山
画像

檜洞丸・大室山/臼ヶ岳・ミカゲ沢ノ頭・蛭ヶ岳・棚沢ノ頭・不動ノ峰
画像

蛭ヶ岳・棚沢ノ頭・不動ノ峰・塔ノ岳
画像

大山と手前は表尾根です。
画像

大山・行者ヶ岳・鳥尾山・三ノ塔
画像

花立山荘まで下りてきました。途中、早立ちの人が登っていきました。
画像

箱根山・明神ヶ岳・金時山・高松山・ジダンゴ山・雨山
画像

愛鷹山
画像

花立山荘からの下りです。
画像

檜岳山稜/富士山/立山・畑尾山・大洞山・楢木山・三国山/湯船山。この先展望無くなります。
画像

一人、二人とすれ違い者が増えてきました。
画像

緩やかになり天神尾根分岐は近いです。アイゼン外してもいいのですが戸沢への檜林の下り(道無き急傾斜を真っ直ぐ)を下りるので着けたまま進みます。
画像

天神尾根分岐です。ここで大倉尾根から離れ左へと折れて進みます。
画像

かなりの傾斜です。少しトレースはありますが完全に消えるところもあるので注意です。少し左に夏道があると思います。この時は誰も通った跡無い様子でした。
画像

沢の流れる音が大きく聞こえてくる頃夏道(通常の登山道)を下りていきます。
画像

檜林を抜け緩やかになると駐車場は近いです。
画像

駐車場到着です。すれ違った人は殆ど大倉からの人たちでしょう。ここに車は一台しか駐まっていない。この車の人は天神尾根ですれ違った大荷物を背負った小屋の人の車だろう。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ゆかり
2013年01月21日 11:57
こんにちわ~(^^)/

雪の丹沢良いですね♪
夜景もすっごく綺麗です(≧∀≦)
これからもっと雪も増えてスノーハイクが楽しめそうですね(^^)

尊仏山荘のねこちゃんは元気でしたか?また会いに行きたいです(^_^)v
やまや
2013年01月21日 15:39
ゆかりさん こんにちわ~

雪の丹沢もいいでしょう。機会があったら雪の丹沢にも来てくださいね。

ここからの夜景や日の出もすばらしいんですょ。
でも一脚ではやっぱりぶれました。しっかりした三脚でないとだめですね。

スノーハイクはトレース幅50cm位か歩かれて無いとこでないと厳しい。
丹沢はあまり見ないですが今度、上青根から蛭ヶ岳で使ってみます。降雪後はこのコースあまりトレースが無いので面白いかもしれませんね。

ねこちゃん元気でしたよ。