丹沢山主脈縦走『塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳』

2012年11月19日~20日 
日本百名山(71)丹沢山(塔ノ岳1.491m・丹沢山1.561m・蛭ヶ岳1.673m)
今回は名古屋のゆかりさんが丹沢山を歩くと言うので案内がてら同行して歩いてきた。
塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳を一日で往復するのはとうていムリである。また、この三山を周回するコース組は不可能だ。一泊小屋泊で案内してきた。前日ヤビツ峠で待ち合わせ仮眠。翌朝、菩堤峠へ移動。
二日分のGPS軌跡
画像

二日分の垂直プロファイル
歩行距離:28.352㎞ 累積標高:(+2.854m)(-2.850m)
画像

19日(一日目)(ガス)
コースとタイム
菩堤峠6:08→登山口6:19→二ノ塔7:24→三ノ塔7:45→鳥尾山8:22→行者ヶ岳8:49→新大日9:45→塔ノ岳10:35→竜ヶ馬場11:45→丹沢山12:12→不動ノ峰13:23→鬼ヶ岩13:53→蛭ヶ岳14:28
歩行距離:14.565㎞ 行動時間:8時間20分 歩行速度:1.7㎞/h
(休憩時間も含む)
一日目の垂直プロファイル  
累積標高:(+1.925m)(-1.018m)
画像

菩堤峠の駐車場
画像

菩堤峠から大山と電子基準計
画像

6時を過ぎても多少暗いが歩くには支障は無いのでケート横から登山口へと向かっていく。
画像
画像

林道から左の表尾根登山道へと入っていきます。前方右が富士見山荘からの道だ。
画像

先ずは二ノ塔を目指しますょ。
画像

何を見ているんだろう?。ザックには何時ものてるてる坊主をぶら下げています。
画像

ゆかりさんには全然余裕のコースだろうな~。
画像

振り向くと大山と大山北尾根がどかーんとみえている。
画像

そして黄金色に輝く江ノ島と相模湾。後方には三浦半島が素晴らしい。
画像

二ノ塔へのガレ場の急な登りです。
画像

左側は紅葉が綺麗ですね。
画像

二ノ塔へのガレ場の登りから大山素晴らしいな~。ここでの脇見歩き危険ですよ~~。
画像

ガレ場を過ぎた当たりからは伊豆大島が見ています。
画像

二ノ塔到着です。残念ながら富士山は雲の中ですね。
画像

二ノ塔からの三ノ塔
画像

一旦鞍部へと下ります。
画像

すると三ノ塔への長い階段です。以前は赤土の道で歩きにくい所でした。ここを登り切ると三ノ塔はすぐだょ。
画像

三ノ塔到着。超嬉しそうです。鍋割山稜・大倉尾根・塔ノ岳で尊仏山荘も見ている。
画像

三ノ塔の避難小屋
画像

鍋割山・大丸・鳥尾山・塔ノ岳・木ノ又大日・行者ヶ岳・新大日で、右上後方の丹沢山に懸かるガスが気になりますね。
画像

三ノ塔の急な下り口ではお地蔵様が気を付けてねと見守ってくれています。
画像

ここはまだ良いがこの先だんだんと険しくなってくる。
画像
画像

この梯子から先は特に注意しましょう。(落石を起こさないように)
画像

三ノ塔と鳥尾山の鞍部まで下りてきました。鳥尾山へと登り返しです。
画像

鳥尾山到着ですょ。鳥尾山荘は正三角形の小屋ですね。
画像

狙われてしまった。打たないで~(鳥尾山荘と三ノ塔)
画像

鳥尾山付近の紅葉
画像

下ったり登ったりしながら行者ヶ岳へと進みます。
画像

行者ヶ岳から三ノ塔・鳥尾山
画像

行者ヶ岳山頂部です。この付近からクサリ場が現れますょ。大キレットを歩いたゆかりさんならどおってことないだろうけど。
画像

行者ヶ岳のクサリ場。この余裕何処から。
画像

なりほどね~カニさん歩きですか。
画像

政次郎尾根手前のガレ場と後方に塔ノ岳・木ノ又大日・新大日(この付近は要注意箇所が多いですよ。)
画像

二個目のクサリ場です。短いが注意しましょう。
画像

三個目のクサリ場。ここが一番長い。今回一番の危険箇所だ。
画像

慣れた手つき足つきで下りてきます。クサリを補助として三点支持で安心してみていられます。
画像

下りてきて一言。超~楽しい
画像

1.209m手前のガレ場と崩落箇所。油断は禁物です。階段の先のクサリを跨ぐので引っかからないように注意しましょう。
画像

新大日手前の登りも気の抜けないところ有ります。(カイサク小屋は撤去され更地になっていました。)
画像

新大日山頂到着。
画像

休憩なしで進んで行きます。
画像

木ノ又大日へ登り切ったところです。相変わらず元気です。後方は三ノ塔
画像

ニホンジカの雄です。この後、子供をほったらかしで消えていきました。
画像

子鹿は親を探しているようです。
画像

やっぱりガスが出てきました。天気予報は大外れです。良くなるどころか悪くなっていきます。雨具上とザックカバーを着けます。
画像

こんな所の横を通ります。
画像

塔ノ岳山頂到着。生憎の天気で富士山は見えませんね。
画像

山頂に設置された登山安全宿願碑はいつ頃設置されたのだろうか。
画像

尊仏山荘の小屋主(花立昭雄氏)久しぶりに会って行こう。少し痩せてはいたが元気だった。雪が降ったら来る約束をつけて山荘を後にした。
画像

好きなコーヒー飲んで暖まり、猫に遊んでもらって再び元気もりもりのようだ。
画像

塔ノ岳と日高の鞍部。ここまで歩いてきてふと思ったが、狭い鞍部が殆ど崩落寸前になってきているようだ。ストックを使用の皆さん、このような所の前後は突かずに歩いてほしいですね。
画像

相変わらずガスの中の日高付近を軽やかに進んで行きます。
画像
画像

ガスの中の木道をひたすら進んでます。
画像

竜ヶ馬場到着。ここからはスカイツリー・東京タワー・ランドマークタワー・都心部のビル群などよく見える所だ。残念だ。明日に期待しよう。
画像

丹沢山はもうすぐですょ。
画像

ほ~ら着いちゃった。
画像

丹沢山山頂部
画像

みやま山荘(綺麗なトイレがある。一回100円)
画像

トイレを済ませ早々に不動ノ峰の鞍部へ下りていきます。
画像

風が強いので気を付けましょう。
画像

不動ノ峰休憩所で5分ほど休憩し、風が強く直ぐに冷えてしまうので早々に歩き出しました。
不動ノ峰
画像

10分ほどでユウシンからの道が合流する棚沢ノ頭ピークに着きました。
画像

そして鬼ヶ岩ノ頭との鞍部へと下ります。
画像

登り返して鬼ヶ岩ノ頭を過ぎ鬼ヶ岩に着きました。
画像

富士山蛭ヶ岳見えません。それどころか
画像

ここの下りの高度感も全く感じません。
画像

風が強いから気を付けてくださいね。
画像

一段目をクリアし二段目の急降下へと進みますが横風がかなり強いですよ。飛ばされたら一巻の終わりです。マジで慎重に行きましょうね。
画像

鬼ヶ岩を無事下り登り切ると最終目的の蛭ヶ岳山頂に到着。蛭ヶ岳山頂の祠(この木は私が初めて来た頃は沢山の枝や葉が付いていたが、来る度に枝が減っていき無残に枯れたようだ。
画像

蛭ヶ岳山頂三角点
画像

蛭ヶ岳山頂に到着。少々疲れたかな。これから楽しいことが始まるのだ。
画像

早く始めようよ楽しいこと。小屋へ入ってすき焼きで乾杯だ~~~。ロング缶2本・焼酎1.8L・水2L重たかったな~~。でもちっとも苦では無かった。こんな贅沢山頂で出来るんだもん苦になるはずが無い。富士山方面・奥秩父方面の展望を見ながら出来ないのが残念ですね。
画像


20日(二日目)   今日は菩堤峠へと折り返しです。
コースとタイム
蛭ヶ岳7:20→鬼ヶ岩7:50→棚沢ノ頭8:17→不動ノ峰8:34→不動ノ峰休憩所8:42→丹沢山9:25→竜ヶ馬場10:05→日高10:20→塔ノ岳10:53→新大日11:55→鳥尾山12:55→三ノ塔13:50→二ノ塔14:09→林道表尾根登山口14:50→菩堤峠15:02  
歩行距離:13.747㎞ 行動時間:8時間42分 歩行速度:1.7㎞/h

垂直プロファイル 累積標高:(+909m)(-1.832m) 
画像

4時30分頃起きると満点の星空が広がり東京、横浜方面の素晴らしい夜景が広がっていた。(池袋方面)
画像

東京中心部
画像

横浜、房総半島
画像

右上方にランドマークタワー
画像

東京タワーと左上方にスカイツリーが見えている。
画像

再び布団に潜り日の出を待った。横浜、房総方面
画像

横浜方面
画像

池袋方面と宮ヶ瀬湖も見えています。
画像

南山・小倉山・大峰・宮ヶ瀬湖・高取山・仏果山と右上隅っこにスカイツリーが見えている。
画像

横浜ランドマークタワー・横浜港・東京湾
画像

三峰山/鬼ヶ岩・鬼ヶ岩ノ頭/丹沢山棚沢ノ頭/塔ノ岳
画像

富士山/三国山/石棚山・檜洞丸など素晴らしい展望です。
画像

後方左から鞍掛山・箱根山(駒ヶ岳・冠ヶ岳・神山)・三国山/明神ヶ岳・金時山。日の出を待ち構えているゆかりさん。
画像

日の出(千葉県富津市の鹿野山付近だろうか。)
画像
画像

三峰山・鬼ヶ岩・鬼ヶ岩ノ頭・丹沢山と東京湾・相模湾・江ノ島も見えていますね。
画像

さむそ~ぉ~(上手く撮れていますか~)
画像

富士山/三国山・鉄砲木ノ頭・山中湖・高指山・石割山/石棚山稜・檜洞丸(富士が赤く染まってきています)
画像

すんばらし~ぃ。房総半島の日の出
画像

愛鷹山・富士山/三国山・石割山/菰釣山・御正体山・三ツ峠山・今倉山/同角ノ頭・石棚山稜・檜洞丸・熊笹ノ峰
画像

愛鷹山・富士山/三国山・石割山/同角ノ頭・石棚山稜・檜洞丸
画像

愛鷹山(愛鷹山・位牌岳・連菜山・越前岳)
画像

明神ヶ岳・箱根山・金峰山/檜岳山稜(雨山・檜岳・伊勢沢ノ頭)
画像
画像

愛鷹山・富士山/三国山・石割山・御正体山/同角ノ頭・石棚山稜・檜洞丸・熊笹ノ峰
画像

三ツ峠山・今倉山/小金沢連嶺/奥秩父の山々/桂川山系/道志山系/大室山・袖平山
画像

奥秩父・奥多摩の山々/袖平山・姫次
画像

袖平山・姫次
画像

後方から三ツ峠山・小金沢連嶺/今倉山・赤鞍ヶ岳・長尾/大室山
画像

富士山/三国山・鉄砲木ノ頭・山中湖・高指山・石割山・御正体山/菰釣山/石棚山稜・檜洞丸・熊笹ノ峰
画像

愛鷹山・富士山/三国山・鉄砲木ノ頭・山中湖・高指山・石割山/不老山・湯船山・菰釣山/同角ノ頭・石棚山稜・檜洞丸
画像

小金沢連嶺(牛奥ノ雁ガ腹摺山・小金沢山・熊沢山・大菩薩嶺と手前は雁ガ腹摺山・姥子山
画像

富士見・水師・木賊山(甲武信ヶ岳はこの後)・三宝山・破風山(西・東)
画像

雲取山・芋ノ木ドッケ/七ツ石山・高丸山・日陰名栗山と手前は三頭山
画像

蛭ヶ岳山頂の蛭ヶ岳山荘
画像

棚沢ノ頭・塔ノ岳・大丸
画像

貸し切りの蛭ヶ岳山頂にて(超寒そうにしています。そんなに寒くないけどな~)
画像

蕎麦粒山・川苔山・棒ノ折山/大岳山・鍋割山・御岳山/熊倉山・生藤山
画像

後方から雲取山・長沢背稜の山々/御前山/三頭山・槇寄山・丸山/袖平山・姫次
画像

南ア(鳳凰山)/御坂黒岳/三ツ峠山/加入道山
画像

蛭ヶ岳山頂にて(どうですか山頂を二人占めして)最高~
画像

蛭ヶ岳山頂からの展望
画像

富士山/三国山・鉄砲木ノ頭・山中湖・高指山・石割山・菰釣山/湯船山/石棚山稜・檜洞丸
画像

聖岳・赤石岳・荒川岳/毛無山・雨ヶ岳・竜ヶ岳・三ツ峠山/石割山・中ノ岳・御正体山/菰釣山/熊笹ノ峰
画像

南ア/御坂黒岳/三ツ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山/今倉山/大室山
画像

富士山・南アルプス・三国山・御正体山・三ツ峠山・檜洞丸・大室山
画像

布引山・笊ヶ岳・聖岳・生木割山
画像

赤石岳・小赤石岳
画像

荒川岳・千枚岳
画像

赤石岳・荒川岳・千枚岳/御正体山/熊笹ノ峰
画像

南アルプス/三ツ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山/今倉山/大室山
画像

愛鷹山/不老山
画像

三国山・金時山/矢倉岳/伊勢沢ノ頭
画像

二子山・箱根山・三国山/明神ヶ岳/檜岳山稜(雨岳・檜岳・伊勢沢ノ頭)
画像

天城山と手前は白銀山?などの稜線だろうか。見えている山々で、書いている山名の9割が歩いている。もっとゆっくり眺めながら一日ここでノンビリしたい気持ちだ。
画像

三峰山・丹沢山・・鬼ヶ岩ノ頭棚沢ノ頭・塔ノ岳・大丸・鍋割山
画像

城山・御座山/大峰/東山・南山・宮ヶ瀬湖・高取山・仏果山
画像

高取山・仏果山/丹沢三峰(本間ノ頭・円山木ノ頭太礼ノ頭)
画像

金峰山・北奥仙丈岳・木賊山・三宝山・破風山・雁坂嶺/大蔵高丸・黒岳・牛奥雁ガ腹摺山・小金沢山・大菩薩嶺/大峰/百蔵山・扇山/桂川山系(九鬼山?・高畑山?)/道志山系(鳥井立)
画像

飛竜山・雲取山など奥秩父の山/三頭山など奥多摩の山/権現山・高柄山/袖平山
画像

川苔山・棒ノ折山・御前山・大岳山など奥多摩の山々/生藤山など笹尾根の山々/姫次・八丁坂ノ頭
画像

丹沢山・鬼ヶ岩・鬼ヶ岩ノ頭・棚沢ノ頭・塔ノ岳・大丸・鍋割山(満足そうな顔しています。少々心苦しいがそろそろ戻ろう)これからも稜線歩きで素晴らしい展望が得られるょ。
画像

丹沢山・鬼ヶ岩・鬼ヶ岩ノ頭・棚沢ノ頭・塔ノ岳・大丸・鍋割山
画像

愛鷹山・富士山・三国山・湯船山・不老山・同角ノ頭
画像

鬼ヶ岩の鞍部へと下りていきます。
画像

富士山・三国山・同角ノ頭・石棚山稜
画像

鬼ヶ岩の登りです。名古屋の客人きっと弾んでいるに違いない。
画像

鬼ヶ岩への一段目の登りに取り付きます。今日は無風快晴なので全く問題ないだろう。
画像

余裕で進んでいますね。
画像

一段目クリアし二段目へと進みます。
画像

鬼ヶ岩(ここへ向かって登ります。)
画像

富士山・南アルプス・三国山・御正体山・同角ノ頭・石棚山稜・檜洞丸・熊笹ノ峰・臼ヶ岳
画像

二段目の鬼ヶ岩への登りにかかります。気合いはいっているかな~。
画像

よしよし順調だ。
画像

もうちょいですね。
画像

クリアしてばんざ~ぃ。あ~ぁ楽しかった。
画像

鬼ヶ岩からの眺め。鬼ヶ岩と蛭ヶ岳・檜洞丸・熊笹ノ峰・御正体山
画像

奥秩父、奥多摩、桂川、道志山系の山々と袖平山・姫次
画像

雲取山・芋ノ木ドッケ/三頭山
画像

飛竜山・三ツ山/権現山と手前は東海自然歩道の通る尾根
画像

御前山と長沢背稜の山々
画像

大岳山・御岳山・日の出山・生藤山などの山々
画像

聖岳・赤石岳・荒川岳・小河内岳・塩見岳・農鳥岳・間ノ岳/御正体山・三ツ峠山/熊笹ノ峰
画像

鬼ヶ岩の鞍部を見下ろします。高度感あるでしょう。
画像

鬼ヶ岩と富士山
画像

鬼ヶ岩ノ頭へと進みます。
画像

くっきり  農鳥岳・西農鳥岳・間ノ岳・中白根山・北岳/御坂黒岳/三ツ峠山
画像

富士山・南アルプス/三国山・御正体山・三ツ峠山・菰釣山/石棚山稜・檜洞丸・熊笹ノ峰
画像

富士山・南アルプス・三国山・御正体山・同角ノ頭・石棚山稜・檜洞丸・臼ヶ岳(浸っています。下りたくな~ぃ)

画像

年甲斐も無く遊んでいます。バリッ
画像

振り返ります。蛭ヶ岳と奥秩父の山々
画像

丹沢山・棚沢ノ頭
画像

仏果山・経ヶ岳・高取山・辺室山・円山木ノ頭・太礼ノ頭・瀬戸沢ノ頭
画像

棚沢ノ頭へと登っていきます。
画像

棚沢ノ頭
画像

またしても遊んでいます。好きなだけ遊んでください。
画像

棚沢ノ頭分岐からユウシンよりでこの展望が得られます。
富士山・南アルプス・三国山・湯船山・石割山・不老山・同角ノ頭」・石棚山稜・臼ヶ岳
画像

富士山・南アルプス・三国山・湯船山・石割山・不老山・同角ノ頭」・石棚山稜・臼ヶ岳
画像

南アルプス・御坂山塊・石割山・今倉山・檜洞丸・熊笹ノ峰
画像

小金沢連嶺
画像

不動ノ峰へと進みます。右は塔ノ岳
画像

依然としてこの展望です。富士山・南アルプス・御坂山塊・三国山・石割山・同角ノ頭・石棚山稜・檜洞丸・熊笹ノ峰・臼ヶ岳
画像

蛭ヶ岳が随分遠くに見えるようになってきました。南アルプス・三ツ峠山・小金沢連嶺・奥秩父・今倉山・檜洞丸・熊笹ノ峰・大室山・蛭ヶ岳
画像

棚沢ノ頭付近から日高・塔ノ岳・大丸・鍋割山(日高辺りが今日の中間点ですょ)
画像

高取山・仏果山・経ヶ岳・高取山・丹沢山
画像

丹沢山・大山・竜ヶ馬場(二銃流ですか)
画像

不動ノ峰休憩所へと下りていきます。
画像

不動ノ峰休憩所で暑いので調整します。その間誰かさん霜柱と戯れていました。
画像

丹沢山・竜ヶ馬場・日高・塔ノ岳・大丸へ向かってGO
画像

照りつけて頭が暑いからフード被っているのかな~。あっ てるてる坊主さん有り難う。
画像

塔ノ岳
画像

丹沢山へ登っていきます。結構暑いですね。
画像

箱根山・金時山・愛鷹山・明神ヶ岳と鍋割山から続く檜岳山稜
画像

富士山・不動ノ峰
画像

長沢背稜・御前山・大岳山・笹尾根は三頭山から高尾山と延びている(生藤山・陣馬山)。東海自然歩道の通る黍殻山・焼山
画像

本間ノ頭・円山木ノ頭・太礼ノ頭
画像

飛竜山・三ツ山・雲取山・芋ノ木ドッケ・三頭山
画像

富士山・三国山・鉄砲木ノ頭・湯船山・不老山・石小屋ノ頭・同角ノ頭
画像

箱根山・金時山・愛鷹山・明神ヶ岳・茅ノ木棚沢ノ頭・ジダンゴ山・檜岳山稜
画像

富士山・三国山・同角ノ頭・不動ノ峰・蛭ヶ岳(さぁ行こうぜ。丹沢山は直ぐそこだ。)
画像

丹沢山山頂にて
画像

昔は木々に邪魔されてこんなに展望は得られなかった。自然に枯れて無くなってしまったのだろうか。
画像

富士山・南アルプス・三国山・鉄砲木ノ頭・石小屋ノ頭・同角ノ頭
画像

間ノ岳・中白根山・北岳・仙丈ヶ岳/辻山・鳳凰三山・アサヨ峰・甲斐駒ヶ岳/三ツ峠山・本社ヶ丸/檜洞丸・臼ヶ岳・熊笹ノ峰
画像

上河内岳・聖岳・赤石岳・荒川岳・千枚岳/布引山・笊ヶ岳・生木割山/同角ノ頭・石棚山稜
画像

地蔵岳・甲斐駒ヶ岳・鋸岳/本社ヶ丸
画像

仙丈ヶ岳/辻山・砂払岳・薬師岳・観音岳・赤抜沢ノ頭・地蔵岳/本社ヶ丸/熊笹ノ峰
画像

間ノ岳・中白根山・北岳/御坂黒岳・三ツ峠山
画像

二子山・箱根山・三国山/愛鷹山/明星ヶ岳・明神ヶ岳・金時山/大丸・小丸・鍋割山・檜岳山稜
画像

富士山・南アルプス/大洞山・三国山・鉄砲木ノ頭・高指山・石割山/湯船山/不老山・戸沢ノ頭・権現山/大石山・石小屋ノ頭(塔ノ岳目指しましょう)
画像

竜ヶ馬場からの大山(今回は大山はムリですね。この次の楽しみに残しておきましょう。)
画像

霞んではいるがどうにかスカイツリーが確認できた。日高・塔ノ岳へと進みます。
画像

NOコメント  富士山・南アルプス/三国山・鉄砲木ノ頭・湯船山/不老山・戸沢ノ頭/大石山・石小屋ノ頭
画像

富士山・南アルプス/三国山・鉄砲木ノ頭・石割山・御正体山/湯船山・権現山/大石山・石小屋ノ頭・同角ノ頭・石棚山稜
画像

日高付近の落葉樹林と富士山
画像

塔ノ岳が大分近くなってきましたね。
画像

塔ノ岳へと登っていく。今日は天気が良いので賑わっているだろう。
画像

愛鷹山・富士山/三国山・鉄砲木ノ頭/湯船山・不老山/権現山・戸沢ノ頭/伊勢沢ノ頭
画像

塔ノ岳山頂に到着です。思ったよりは少ない。慣れっこの♂の鹿いました。昔ザックの中覗いたりしたのと違うみたいだ。
画像

塔ノ岳山頂の尊仏山荘
画像

塔ノ岳山頂にて(ここには何回来たのだろう)でも随分と久しぶりだ。
画像

塔ノ岳山頂は広くて展望抜群です。1月1日の元旦の朝方は初日の出を見に来た人で大混雑するところです。
画像
木ノ又大日・大山・三ノ塔
画像

二子山・箱根山(駒ヶ岳・神山)・三国山/明星ヶ岳・明神ヶ岳
画像

丸岳・金時山・矢倉山
画像

愛鷹山(愛鷹山・位牌岳・鋸岳・呼子岳・越前岳)
画像

愛鷹山・富士山・南アルプス/大洞山・三国山・鉄砲木ノ頭・石割山/不老山・戸沢ノ頭・権現山/大石山/伊勢沢ノ頭・檜岳・雨山・鍋割山
画像

上河内岳・布引山・笊ヶ岳・聖岳・赤石岳・荒川岳/石割山・菰釣山
画像

小河内岳・烏帽子岳・蝙蝠岳・塩見岳・白河内岳・広小内岳・農鳥岳・間ノ岳/杓子山・御正体山/同角ノ頭
画像

広小内岳・農鳥岳・間ノ岳・北岳・仙丈ヶ岳・鳳凰三山/御坂黒岳・三ツ峠山/同角ノ頭・テシロノ頭
画像

中白根山・北岳・仙丈ヶ岳・鳳凰三山・甲斐駒ヶ岳/御坂黒岳・三ツ峠山/テシロノ頭
画像

小河内岳・烏帽子岳・蝙蝠岳・塩見岳・白河内岳・広小内岳・農鳥岳・間ノ岳/杓子山・御正体山/同角ノ頭
画像

鳳凰三山・甲斐駒ヶ岳/権現岳・赤岳/小金沢連嶺/檜洞丸・熊笹ノ峰・大室山・臼ヶ岳
画像

権現岳・阿弥陀岳・赤岳・横岳・硫黄岳・天狗岳/大谷ヶ丸・大蔵高丸
画像

金峰山・朝日岳・北奥仙丈岳・国師ヶ岳/白谷丸・黒岳・奥牛ノ雁ガ腹摺山・小金沢山
画像

小金沢山・熊沢山・大菩薩嶺/富士見
画像

東梓・富士見・水師・木賊山(甲武信ヶ岳はこの山と重なって見える)・三宝山・破風山
画像

蛭ヶ岳・棚沢ノ頭・不動ノ峰
画像

木ノ又大日・大山・行者ヶ岳・鳥尾山・三ノ塔(これから歩いて行く稜線だ。)
画像

南山・宮ヶ瀬湖・高取山・仏果山・経ヶ岳・鍋嵐・辺室山・三峰山・長尾尾根(この尾根は山ヒル発生時期に歩くと間違いなく付かれるので歩くときは対策が必要だ。)
画像

塔ノ岳を後に木ノ又大日へと向かいます。
画像

木ノ又大日付近の落葉林のなだらかな道を進みます。往路ではこの付近で雨具を着けたな~。今日は素晴らしい天気で展望も最高ですね。本当に良かった。
画像

天神尾根付近の紅葉
画像

新大日へと戻ってきました。休憩なしで鳥井山へと向かいます。
画像

多分、大丸越しの富士山
画像

1.209mガレ場の下りを登っていく登山者も待ちながらクリアしクサリ場へと進みます。
画像

富士山/檜岳山稜(お昼を過ぎるとやっぱり霞んできます)
画像

塔ノ岳・木ノ又大日・新大日(塔ノ岳があんなに遠くになりました。)
画像

三箇所のクサリ場は慣れない登山者で少々つまり気味でした。一応、此方が登りなので声をかけ優先させて頂いた。そして鳥尾山に到着です。ここで三ノ塔のガレ場の登りに備えて休憩です。画面左側を登っていきます。
画像

さぁ~最後の登りですょ。ゆっくり歩いて行き休まずに登り切ろう。
画像

上から来る人いないが一応落石に注意していきましょう。
画像

ゆかりさんこういう所が好きらしいです。たくましい~。
画像

三ノ塔のガレ場上部(お地蔵様)から鳥尾山・鍋割山・大倉尾根・塔ノ岳・木ノ又大日・新大日・行者ヶ岳
画像

三ノ塔標柱と塔ノ岳・木ノ又大日(富士山は完全にガスの中です)少々休んで二ノ塔へと進みましょうか。
画像
画像

長い階段を下りて登り返し二ノ塔に戻ってきました。このまま菩堤峠へと行っちゃいましょう。
画像

リンドウ
画像

二ノ塔のガレ場と岳ノ台(大分疲れが溜まってきているので慎重に下ります。
画像

この辺りから殆ど問題ない下りですが、林道に出るまではもう少しなので気を緩めないで行きましょう。
画像

トネアザミ
画像

林道表尾根登山口へと無事下山しました。
画像

やったぁ~ ばんざ~い 一回尻餅付いたけど無事下山できました~ょ。
画像

あと700mでGOALです。
画像

林道の紅葉
画像

菩堤峠林道ゲート(駐車場に到着です)お疲れ様でした。
画像

菩堤峠の紅葉
画像

菩堤峠の電子基準点と大山
画像

菩堤峠からの大山
画像
近場に温泉が無いのは残念ですが、ゆかりさんとはここでお別れです。4時間強運転気を付けて帰ってください。私は1時間弱です。ではまた何処かの山登ろうね。バイバ~イ

追記
今回、久しぶりの丹沢山。ゆかりさんのおかげで楽しい山歩きが出来ました。有り難う。
初日は天気が悪くチョット大変だったけど、小屋では小屋番・登山道整備の業者さん全員集合でお酒飲みながら楽しいひとときでした。
二日目は本当に良い天気で丹沢の素晴らしいところ全て(夜景・日の出・展望・自然)など見せてあげること出来て良かったな~と思っています。ゆかりさんもきっと丹沢を満喫してくれてまた来たいな~と思ってくれたに違いない。
(また、丹沢に来てくださいね。何時でも案内します)
久しぶりに菩堤峠から歩いて見て登山道が整備され木道や階段になっていて驚いた。
また、至る所(特に鞍部)で崩落寸前の所が多くなっていた。行政も鉄パイプ・木材等で何とか食い止めようと努力しているようだ。有り難いことです。登山道以外を歩いたり、必要以上にストックで突いたりしないようしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

ゆかり
2012年11月29日 22:53
こんばんわ~(^O^)/

最高の丹沢の旅ありがとうございましたm(__)m
ホントに楽しかったです♪ 丹沢もすっごく好きになりました!
最後の方ずっこけましたが(笑)赤ちゃんのおちりにならずにすみました^_^;
近ければなんども足を運ぶだろ~な♪
近くに住んでるおじさんが羨ましいです(>_<)

どの山もそうだと思うんですが丹沢は奥が深いな~って思いました。
またよろしくおねがいしま~す\(^o^)/
やまや
2012年11月30日 16:59
ゆかりさん
こんばんわ~

初日、予想以上に天気が崩れてしまいましたね。
でも、何時もの笑顔とパワーで元気よく歩いてくれてほっとしていました。
本心は丹沢嫌いにならないといいけどな~と。

でもさすが~晴れ女とてるてる坊主。
素晴らしい天気で丹沢の良いところ沢山見て貰えて良かったです。
赤ちゃん尻にならずに良かったです。結構凄い尻餅だったので心配していました。

丹沢はまだまだ素晴らしいところ沢山有ります。
何時でも案内します。
また、奥秩父や奥多摩もいい山沢山有ります。
おじさんもまだ全て歩いてはいないですが
人気の山+α位は歩いていますので
此方へ出向くときは何時でも連絡くださいね。

また楽しい山登りしましょう。出かけましょう。