北アルプス【常念岳~蝶ヶ岳】縦走

2012年9月26日~28日  
常念岳2.857m(三回目)・蝶ヶ岳2.677m(二回目)
今回は復帰第一弾『北岳』山行で知り合った名古屋の女性(ゆかりさん)と一緒に縦走してきた。
一日目(26日)は移動日で自宅を10時頃出て今晩の食料仕入れ高速道路に入り登山口の三股へと向かいます。
三股駐車場まで道中の山々などの写真や駐車場・登山口付近の様子です。
今回のGPS軌跡
画像

今回の垂直プロファイル
画像

中央高速『釈迦堂PA』下りは何時も寄り道するところです。ここからは南アルプス・奥秩父の山々が一望できます。今日は少々霞んでいますがそこそこに見えています。
農鳥岳・間ノ岳・北岳・鳳凰三山・アサヨ峰・甲斐駒ヶ岳
画像

赤石岳・荒川岳・白峰南嶺・広小内岳・農鳥岳と手前は櫛形山
画像

布引山・笊ヶ岳・生木割山・赤石岳・荒川岳
画像

朝日岳・国師ヶ岳・北奥千丈岳・黒金山・木賊山・破風山・雁坂嶺と手前には小楢山・乾徳山
画像

小楢山・金峰山・朝日岳・国師ヶ岳・北奥仙丈岳
画像

鳳凰三山・大蔵経寺山・兜山
画像

小楢山と後方に金峰山・北奥仙丈岳・国師ヶ岳
画像

甲斐駒ヶ岳・鋸岳
画像

辻山・砂払岳・薬師岳・観音岳・赤抜沢ノ頭・地蔵岳・アサヨ峰・栗沢山
画像

北岳・辻山
画像

間ノ岳・中白根山
画像

広小内岳・農鳥岳・西農鳥岳
画像

赤石岳・荒川岳
画像

櫛形山
画像

諏訪湖SAにも寄り道して展望を楽しみます。
高ポッチ山・鉢伏山・二ツ山・三峰山
画像

諏訪湖と鷲ヶ峰・車山・蓼科山
画像

蓼科山・北横岳・中山・天狗岳・硫黄岳・横岳・赤岳・権現岳・編笠山
画像

高ポッチ山
画像

鉢伏山・前二ツ山・二ツ山
画像

茶臼山・三峰山
画像

霧ヶ峰(車山)
画像

蓼科山・北横岳・縞枯山・茶臼山
画像

硫黄岳・横岳・赤岳・権現岳・編笠山
画像

安曇野麓から常念岳(この尾根を登って行くのだ)
画像

横通岳・有明山
画像

鳥川林道の延命水
画像
画像

三股駐車場にて(余裕をぶっこいでいる猿)日光のようになってしまうので餌付けするのは絶対に辞めましょう。
画像

母猿・子猿
画像

おすまし猿(こいつ私を完全無視しと言うか目を合わそうとしなかった。)
画像

ボス猿とナンバーツー(貫禄がが違う)
画像

グループのボスだろう。
画像

ボスとにらめっこ
画像

俺の勝ち
画像

りっぱ
画像

アキノキリンソウ
画像

イナカギク?
画像

三股駐車場から2.592m,2.512mピーク・常念岳・前常念岳
画像

カントウヨメナ?
画像

ヨメナ
画像

ヤマハハコ
画像

三股駐車場とトイレ(ここでゆかりさんと待ち合わせです)
画像

鳥川林道三股ゲート(ここから終点まで800m位歩いて行く)
画像

常念岳・蝶ヶ岳登山口への鳥川林道
画像
画像

鳥川林道終点(常念岳・蝶ヶ岳)登山口
画像

二日目(27日)  
今日は三股から前常念岳→常念小屋へと歩きます。
コースとタイム
三股駐車場4:58→三股登山口5:10→常念・蝶分岐5:16→2.207mピーク8:47→石室(避難小屋)11:51→前常念岳12:00→八合目分岐13:46→常念小屋14:58
歩行距離:11.043㎞ 行動時間:10時間 歩行速度:0.8㎞/h
27日のGPS軌跡
画像

垂直プロファイル 累積標高(+1.782m)(-557m) 
画像

昨夜、ゆかりさんと合流。4時に起きて準備後ヘッデンで林道を歩いて行きます。空は星が輝いています。予報は大外れのようです。
画像

林道終点で登山届けを出して登山道へと進んで行きます。嬉しそうなゆかりさん
画像

登山道に入り直ぐの橋を渡ると
画像

常念岳・蝶ヶ岳分岐で右へ折れて常念岳への道へと進みます。
画像

直ぐに急登で息があがります。元気ありすぎ。後から煽られています。
画像

ツルリンドウ
画像

急勾配の道をジグザグに登って行きますがお腹の調子が良くありません。(ゆかりさんが飲み過ぎ出すよ。酒臭いで~す。)まじっすか~やば~反省。早速足引っぱっている小父さんです。
画像

蝶ヶ岳の稜線(蝶ヶ岳・蝶ヶ岳ヒュッテ・三角点ピーク・蝶槍)かが見えています。しばし二人であそこを通るんだよね~と見入っていました。
画像

どうにか樹林帯の急登を登りきり、平になったところで休憩です。この付近は記憶に残っていましたね。おじさんへとへと。ゆかりさん余裕の笑顔。そのスタミナおじさんにもわ分けてくれへんか。しばらく緩やかに進みます。
画像

木々が低くなりそろそろ樹林帯を抜けます。
画像

2.207mピークに出ました。ここから前常念岳への超急登が始まるのだ。姫は相変わらず元気印。
画像

元気倍増・勾配倍増。オリャ~
画像

NORTH FACEが大好きなゆかり君です。外回り靴以外殆どこのメーカー。メーカーさん何かサービスしてあげて~
画像

こんな所が次から次へと現れます。そしてここをクリアすると素晴らしい展望が広がります。
画像

オリャ~どうだこのやろうと言っているようだ。奥穂高岳・北穂高岳と手前は明日通過予定の紅葉も始まっている2.512mピークと最低鞍部
画像

大滝山・蝶ヶ岳・蝶槍(思い出すな~上高地→赤沢山→西岳→大天井岳→常念岳→蝶ヶ岳→霞沢岳の縦走)
画像

奥左から北八ヶ岳・南八ヶ岳・富士山・南アルプス・経ヶ岳で手前に霧ヶ峰と鉢伏山・高ポッチ山そして鍋冠山
画像

蓼科山・北横岳・中山・天狗岳・硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳・権現岳・編笠山・美ヶ原・茶臼山・三峰山・鉢伏山・高ポッチ山・松本盆地
画像

黒沢山・経ヶ岳で後方には光岳も見えている。
画像

荒川岳・赤石岳・聖岳・上河内岳・茶臼岳・光岳
画像

北岳・仙丈ヶ岳・間ノ岳・農鳥岳・塩見岳・荒川岳
画像

地蔵岳・甲斐駒ヶ岳・駒津峰・北岳・仙丈ヶ岳・間ノ岳・農鳥岳
画像

奥から富士山・多分、雨乞岳・入笠山・守屋山
画像

中山・天狗岳・硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳・権現岳・編笠山・霧ヶ峰(車山)・鉢伏山・高ポッチ山
画像

蓼科山・北横岳・三峰山
画像

展望を楽しみながら大休憩後、再び岩帯の急登を牛歩いや亀歩きで登っていきます。
画像

先に行っててと言っても気を漬かってくれて一緒に歩いてくれています。ここは慎重に登ってきます。
画像

おっ笑いが消えている。笑って登れるとこではないですよ。うんだな~
画像

標高を稼ぐにつれ展望がドンドン開けてきます。2.592mピーク・前穂高岳・奥穂高岳・2.512mピーク・涸沢岳がちょこっと・北穂高岳
画像

湯ノ丸山・篭ノ登山・黒斑山・浅間山と手前は御鷹山・入山
画像

恐らく根子岳・四阿山だろう。
画像

ゆかっちはタフガイ。この傾斜を見てちょ。凄いぜょ。標高差約460m登るのに2.5時間の標準タイムになっている。おじさんこのコース一度往復しているがかれこれ14年も前40歳代だった。ゆかっちの足引っ張っているに違いないだろう。ごめんねごめんねごめんね~~~
画像

富士山・雨乞岳・入笠山・守屋山
画像

富士山・地蔵岳・甲斐駒ヶ岳・駒津峰・北岳・仙丈ヶ岳・間ノ岳・農鳥岳
画像

登ってきた尾根を見下ろしています。霧ヶ峰・八ヶ岳・富士山・南アルプス・鍋冠山(本当に撤退したの?信じられない)
画像

前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳と2.512mピーク・最低鞍部
画像

ここまで来たら行くしかないか。でも凄い傾斜だ。こんなに凄い傾斜だったか記憶が?????(ここで凄い雷雨に見舞われたことだけは記憶にある)あのピカ、ゴロ生きた心地しなかった。
画像

元気あるな~。だからテント装備で新穂高から槍~大キレット~奥穂と縦走できるんだな。もう、おじさんついて行けへんょ~。
画像

おじさん、もう限界休ませて~~。この余裕 どこから
画像

蝶槍・乗鞍岳・2.592mピーク・前穂高岳・2.512mピーク・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳
画像

北八ヶ岳・南八ヶ岳・三峰山・鉢伏山・高ポッチ山
画像

手乗り富士と地蔵岳・甲斐駒ヶ岳・駒津峰・北岳・仙丈ヶ岳
画像

明日、下る尾根ですね~。
画像

ドキッ 怒ってる。怒ってな~~~い。よかった~
画像

大分、登ってきました。あとワンピッチで避難小屋まで一気に行けるかな。
画像

避難小屋手前の紅葉
画像

頸城の山々も見えてきました。雨飾山・焼山・火打山・妙高山・黒姫山・飯縄山・高妻山・戸隠山
画像

エッ~まだ登るんか。かなりしつこいな。ここを登り切ると避難小屋のあるピークだ。そこから先はきつい所はないだろう。
画像

避難小屋のある石室ピークに着きました。きつかったな~。ゆかりさん嬉しそうです。
画像

登ってきた尾根を見下ろしています。後方は鍋冠山から大滝山への尾根です。
画像

蝶槍・乗鞍岳・霞沢岳・2.592mピーク・2.512mピーク・明神岳・前穂高岳・屏風ノ頭・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳
画像

蝶ヶ岳・御嶽山・蝶槍・乗鞍岳・霞沢岳
画像

前常念岳2.662mの三角点にタッチして嬉しそうなゆかりさんです。後方は穂高連峰
画像

常念岳(右)が見えてきました。右後方に見えるは水晶岳です。
画像

裏銀座縦走コースの赤岳(水晶小屋がある)・水晶岳(読売新道)と手前が喜作新道
画像

大天井岳・東天井岳・横通岳
画像

常念乗越と常念小屋が見えてきました。ここからまっすぐ行きたいな~。ムリ道無いでしょう。
画像

雄山・大汝山・別山・剱岳・八ツ峰と手前の尾根は表銀座縦走路(蛙岩付近)
画像

燕山荘・燕岳・北燕岳・針ノ木岳・赤沢岳・針ノ木峠
画像

北燕岳・針ノ木岳・赤沢岳・合戦ノ頭・唐沢岳・蓮華岳・剣ズリ・東沢岳
画像

餓鬼岳・東餓鬼岳・鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳・小蓮華山・白馬乗鞍岳
画像

八合目分岐へ登っていくが傾斜はそれ程でもない。しかし、前常念への登りでかなりのスタミナ消耗。疲れが蓄積しているのでゆゅっくりと進みます。
画像
画像

北穂高岳・大キレット・獅子鼻・常念岳・水晶岳(小屋への巻道通れないらしい。)ショック。
画像

蝶槍・乗鞍岳・霞沢岳・2.592mピーク・前穂はゆかりさんが隠している・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻と超うれしいゆかりさんです。
画像

綺麗どころと言ったらゆかりさん大受けしています。ゆかりさんこの付近で撤退したらしい。リベンジ大成功間違いなしって所ですね。大天井岳・東天井岳・横通岳
画像

蝶槍・御嶽山・中村新道の2.246mピーク・乗鞍岳・霞沢岳と手前は・2.592mピーク
画像
すんばらし~い
画像

ウラシマツツジ
画像

あ~ぁ手乗り槍ずれちゃいました。すんませ~ん。あっ直ぐそこ8合目分岐ではないか。やったね。
画像

八合目分岐でついこの間テント縦走した槍様をバックにピース
画像

獅子鼻・南岳
画像

中岳・大喰岳・槍ヶ岳と手前は赤沢山・西岳ヒュッテ・西岳
画像

標高ベスト(98)赤沢山へは西岳ヒュッテのヘリポートを通り行くが私が登頂したときは正規の登山道は無くハイマツ帯など藪に近かったですね。
画像

ヘリポート・西岳ヒュッテ・西岳と後方の尾根は東鎌尾根
画像

北鎌尾根・双六岳・三俣蓮華岳と手前は喜作新道の西岳・赤岩岳
画像

三俣山荘・鷲羽岳・ワリモ岳・赤岳・水晶岳・温泉沢ノ頭
画像

水晶岳・温泉沢ノ頭・牛首山・真砂岳・野口五郎岳・大天井岳と右後方は龍王岳だろう。
画像

龍王岳・東天井岳・雄山・大汝山・富士ノ折立・別山・剱岳・八ツ峰・大下りノ頭
画像

大下りノ頭・針ノ木岳・燕岳・北燕岳・赤沢岳・蓮華岳
画像

燕岳・北燕岳・赤沢岳・蓮華岳・唐沢岳・剣ズリと手前は横通岳
画像

2.733mピーク・旭岳・鹿島槍(南峰)・白馬岳・鹿島槍(北峰)・小蓮華山・爺ヶ岳・餓鬼岳
画像

雨飾山・焼山・火打山・妙高山・高妻山・戸隠山・黒姫山・飯縄山
画像

横手山・本白根山
画像

根子岳・四阿山
画像

篭ノ登山・黒斑山・浅間山
画像

常念岳。今日は登らず常念小屋へと向かいます。
画像

奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳
画像

大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳と手前には赤沢山・西岳
画像

中岳・大喰岳・槍ヶ岳・赤沢山・西岳・赤岩岳・鷲羽岳・ワリモ岳・赤岳・水晶岳・温泉沢ノ頭・牛首山
画像

鷲羽岳・ワリモ岳・赤岳・水晶岳・温泉沢ノ頭・牛首山・大天井岳・東天井岳
画像

鷲羽岳・ワリモ岳・赤岳・水晶岳・温泉沢ノ頭・牛首山・大天井岳・東天井岳・横通岳
画像

三回目の宿泊になる常念小屋(生ビールが待っている)急ごう
画像

タフガイのゆかり姫もお疲れの様子です。かれこれ10時間の行動だもんな。
画像

着きましたね。ご苦労様でした。大工さんがきて外回りの改修工事中ですね。
画像

手続きを済ませ槍様の見えるテラスで生ビールで乾杯です。そして、氷とぽん酒・枝豆・唐揚げなどで宴会。このときはおじさん完全に体調復帰していましたが控えめに。ゆかりさんにたっぷりと飲んでもらいました。
画像

三日目(28日) 今日は常念岳蝶槍蝶ヶ岳をへて三股へ
コースとタイム
常念小屋4:27→八合目分岐5:55→常念岳6:05→鞍部8:08→2.512mピーク8:21→2.592mピーク9:30→蝶槍鞍部10:03→蝶槍10:50→三角点ピーク11:04→蝶ヶ岳ヒュッテ11:45→蝶ヶ岳12:27→大滝山分岐12:44→まめうち平14:55→水場15:57→吊り橋16:07→三股登山口16:24→駐車場16:40
歩行距離:17.148㎞ 行動時間:12時間13分 歩行速度:1.4㎞/h
今日のGPS軌跡
画像

垂直プロファイル 累積標高(+1.126m)(-2.266m) 
画像

今日は4時起きで常念岳へ登り返し蝶ヶ岳をへて三股へと下山です。今日の天気は曇り午後から晴れの予報でしたがてるてる坊主さんおお陰で昨夜から満点の星空が広がっています。感謝。
画像

常念小屋よ有り難う。4時半出発です。常念岳方面を撮っていますが、まだ真っ暗です。ヘッデンでの行動です。
画像

嬉しさを表現する踊りでしょうか。ないすです。違うってば~ザック背負ってんの。
画像

まだまだライトがないと歩けないですね。ペンキ印を確実においながらの登りです。
画像

行動開始いきなり石ごろごろの歩きにくい急登を登っていきます。少々冷たい風が吹いていて寒いですね。
画像

鷲羽岳・水晶岳・大天井岳・東天井岳・横通岳で眼下に常念小屋も見える明るさになってきました。
画像

北信五岳方面が赤く染まっています。山頂での日の出間に合いそうにありませんね。
画像

夜明け前の槍様をバックにハイ・・・・・・・・・・
画像

真っ青な青空が広がっています。常念岳山頂が見えてきました。そしてここを左へカーブするともう小屋見えなくなります。
画像

常念小屋に別れを告げて山頂へと向かいます。
画像

草津白根方面です。
画像

頸城の山々
画像

剱・白馬方面
画像

大天井岳・東天井岳・剱岳・八ツ峰
画像

鷲羽岳・ワリモ岳・赤岳・水晶岳・温泉沢ノ頭・牛首山
画像

大喰岳・槍ヶ岳・北鎌尾根・双六岳・三俣蓮華岳・赤沢山・西岳・赤岩岳
画像

獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・赤沢山・西岳
画像

奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳
画像

完全に浸っているゆかりさんです。
画像

この辺が限界だろう。
画像
画像
画像

もう真っ赤に焼けていてもいいのだが。これ以上太陽が昇るとモルゲンロートになりにくいのだ。
画像
画像
画像

これ以上は期待できないな~
画像

あぁ~やっぱり。でも陰常念が中岳付近まで伸びている。
画像

大天井岳・東天井岳・横通岳
画像

諦めて山頂を目指します。
画像

さっすが~。しっかりとお願い事聞いてくれた太陽さんでしたね。
画像

おぉ~~~~~すげえぇ~~~~~~~
画像

ここも焼けてほしかったな~。贅沢か。
画像

龍王岳・東天井岳・雄山・大汝山・富士ノ折立・別山・剱岳・八ツ峰
画像

旭岳・鹿島槍ヶ岳(南峰)・白馬岳・鹿島槍ヶ岳(北峰)・小蓮華山・手前に爺ヶ岳・餓鬼岳と種池山荘が見えていますね。
画像

さぁー後10分位で山頂だ。行くぞ~。あいょ~
画像

南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・赤沢山・西岳
画像

常念岳山頂到着です。三度目にしてやっと晴れてくれました。素晴らしい展望が見られるんですね。今まで歩いた山々が一望です。ジィ~ンときます。奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・赤沢山・西岳。陰常念は赤沢山にかかっています。
画像

きっとゆかりさんも大満足しているでしょう。だってさ嬉しさで顔が目が。
画像

大喰岳・槍ヶ岳・北鎌尾根・双六岳・東鎌尾根・西岳・赤岩岳
画像

中岳・大喰岳・槍ヶ岳・東鎌尾根・赤沢山・西岳
画像

獅子鼻・南岳・中岳
画像

北穂高岳・長谷川ピーク・大キレット・獅子鼻・南岳でキレットの後方には白山が見えている。
画像

奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・長谷川ピークと涸沢小屋もみえている。
画像

明神岳・前穂高岳・奥穂高岳と手前は屏風ノ頭
画像

明神岳・前穂高岳・奥穂高岳と手前は屏風ノ頭
画像

乗鞍岳・霞沢岳
画像

御嶽山
画像

富士見台・神坂峠・恵那山
画像

中央アルプス・鉢盛山
画像

飯縄山
画像

黒姫山
画像

奥から妙高山・高妻山・雲の下に戸隠山
画像

金山・焼山・火打山
画像

鋸岳・雨飾山・金山・焼山
画像

旭岳・鹿島槍ヶ岳(南峰)・白馬鑓ヶ岳・白馬岳・鹿島槍ヶ岳(北峰)・小蓮華山・爺ヶ岳・餓鬼岳
画像

蓮華岳・北葛岳・唐沢岳
画像

針ノ木岳・燕岳・北燕岳・赤沢岳
画像

雄山・大汝山・富士ノ折立・別山・剱岳・八ツ峰・南沢岳・不動岳・東天井岳
画像

龍王岳・一ノ越・雄山・烏帽子岳・南沢岳と一ノ越山荘も見えている。
画像

大天井岳・龍王岳・烏帽子岳
画像

温泉沢ノ頭・南真砂岳・真砂岳・赤牛岳・野口五郎岳と手前に牛首山
画像

ワリモ岳・赤岳・水晶岳・温泉沢ノ頭・南真砂岳・真砂岳
画像

三俣山荘・鷲羽岳・ワリモ岳・赤岳・水晶岳
画像

乗鞍岳・霞沢岳・明神岳・前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・屏風ノ頭
画像

あっ へび喰ってる~。違いますよ~~パパパンです。こうでなくっちやパワーでない。
画像

大キレット(長谷川ピーク)獅子鼻と後方には白山です。
画像

カメラも復帰・腹も満腹になれば笑顔も出てくるずら~。
画像

この尾根を歩いて行くのだ。そしてこぶ二つ下の最低鞍部まで標高差400m強の下りで甘くはない。ゆかりさんはここから蝶ヶ岳(瞑想の丘)まで初踏みで落ち着かないようだ。いくよ~。はいはい~
画像

太陽さんを引き連れて突入してくるゆかりさん。さすがゆかりパワー
画像

右は間違い。左へ進んでください。
画像

依然として素晴らしい天気展望です。
画像

どおだ~~~~~~~参ったか。
画像

昨日歩いた稜線
画像

ペンキマークを外さないようしっかり確認しながら下りていきます。
画像

セーフ。転ばないように行こうね。こんな所で転んだら打撲ではすまない。
画像

落ちない・倒れないこのような岩よく見かけますが不思議です。大滝山・蝶ヶ岳・乗鞍岳・霞沢岳
画像

常念岳を振り返ります。後続誰もいません。
画像

もうすぐ最低鞍部です。この付近紅葉しています。若い単独の女の子ができれば大天井岳まで行きたいと言って登っていきました。今日、初めてのすれ違い者です。大滝山・蝶ヶ岳・超槍2.592mピーク・2.512mピーク
画像

最低鞍部の紅葉
画像

2.512mピークと紅葉
画像
画像
画像
画像

おじさんヒーヒーハーハー言いながら登った前常念への登りですね。なあ~んと14年ぶりだったんですね~。あんな急なところ登っていったんですね。凄いぞ ゆかっち・俺
画像

こんな所によく道つけたもんだな~(常念岳を見上げるが頂上は見えていない)
画像

前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・赤沢山
画像

ここから蝶槍まで多少きついアップダウンの歩きとなるよ。オッケ~。2.512mピークへの登りです。
画像

やったー。残念ですね~。もう一段上が2.512mピークですよー。
画像

あそこが2.512mピークずら~。この辺は紅葉が綺麗です。
画像
画像
画像

蝶ヶ岳をバックに両手を広げて飛んでいきた~い~ょ。
画像

明神岳・前穂高岳
画像

奥穂高岳・涸沢岳と手前は屏風ノ頭
画像

涸沢岳・北穂高岳・長谷川ピーク
画像

北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳
画像

大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・赤沢山
画像

鷲羽岳・真砂岳
画像

真砂岳・牛首山・大天井岳
画像

2.512mピークから常念岳を見上げています。
画像

2.592mピークへ向かいますょ。大滝山・蝶ヶ岳。この付近で単独の男性二人が常念へ向かっていきました。
画像

おっと 月光仮面登場
画像

2.592mピークへ登りにかかります。花の時期はお花沢山咲いていそうな所です。
画像

センジョウアザミ(ミツバチがセッセと蜜を集めていますね)
画像
画像

結構キツイ登りが続きます。
画像

なだらかになり進んで行くと突然展望が開けました。蝶ヶ岳・三角点ピーク・蝶槍
画像

御嶽山・乗鞍岳・霞沢岳・明神岳・前穂高岳で画面の右へ少し入った所に2.592mピークがあります。ここから蝶槍の鞍部へと下って行きます。
画像

カニコウモリ
画像

ウラジロナナカマド
画像

鞍部の手前には池がありオタマジャクシが沢山泳いでいました。と言うことは蛙がいる。と言うことはこの辺は蛇も多いんだろうな~。
画像

鞍部手前から蝶槍を見上げています。登り応えありそうです。
画像

ふぅ~きっいだろうな~。でも頑張ろう。ここを登り切ると急で長い登りは無い。この鞍部で男女の若者三人が休憩中で常念までとのこと。
画像

滑りそうな岩の登りです。小父さんが初めて通ったときはここまで露出していなかったと思うが?。
画像

途中で休憩がてら槍、穂高を見入っているゆかりさん。きっとあの縦走を思い耽っているなだろう。
画像

獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・赤沢山・西岳・赤岩岳
画像

奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳。これを単独テント縦走したゆかりさん凄いぜ。
画像

もうすぐだぞ~。でもガスが~~~
画像

見えてます。もう直ぐ蝶槍です。しかし、このガス
画像

ほーらやっぱりね~。雷鳥親子三羽(もっとガスってくるょ)
画像
画像

そろそろ親から離れるのだろうか。
画像

バイバイ
画像

またね~
画像

雷鳥も見れたし蝶槍も直ぐそこだし
画像

蝶槍付近の紅葉
画像

蝶槍ピークでピース。大満足のゆかり姫
画像

蝶槍付近の紅葉
画像

イワツメクサ
画像

蝶槍ピーク
画像

すくい投げ ゆかりの勝ち
画像

けっチョロいぜ
画像

蝶槍付近の紅葉
画像
画像

ウラシマツツジ
画像

ウラシマツツジのじゅうたん
画像

槍様ー神様ー仏様~~ばんざい ばんざ~い ばんざ~~~い
画像

ふぉえー
画像

すげ~しか言葉が出ない。表現できない。
画像

蝶ヶ岳三角点へ寄り道です。
画像

たたたたおさないで~
画像

蝶ヶ岳ヒュッテへと向かいます。
画像

ガスが濃くなってきました。横尾からの道が右から合わさるが真っ直ぐに進みます。
画像

北穂高岳・大キレット・獅子鼻・南岳
画像

奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳
画像

中岳・大喰岳・槍ヶ岳
画像

お腹すいてきましたね。蝶ヶ岳ヒュッテでなんか食べょうょ。賛成~あたしもすいた~
画像

常念小屋を出てからかれこれ7時間。疲れてきましたね。
画像

十石山・安房山と手前は霞沢岳
画像

焼岳
画像

とうとう穂高は雲がかかり出しました。
画像

ここまで来たんですね。蝶ヶ岳ヒュッテと瞑想の丘・蝶ヶ岳
画像

ゆかりさん瞑想の丘は二回目らしいが後方の蝶ヶ岳は踏んでいないらしい。どおして~わすれた~~えぇ~聞かんといて~。それよっか腹ごしらえだょ~
画像

さー ラーメン食べよう。ビール呑みてぇ~。まだ3時間以上の下りがあるので炭酸飲料で我慢です。
画像

左はテン場で直ぐ先が蝶ヶ岳ピークです。
画像

蝶ヶ岳山頂です。新しい標柱が立てられていました。
画像

念願の蝶ヶ岳山頂に立てて良かったね。超嬉しそうです。
画像

ピークの紅葉と上高地への登山道・ジャンクションピーク・霞沢岳
画像

焼岳
画像

12:30分。さてそろそろ下りないと。だね~
画像

もう一度。これが限界か。昨日から一杯見てきたので諦めも付くだろう。下ろう~
画像

テン場付近から松本盆地。今日こちら方面の山々は雲に覆われていました。
画像

大滝山(中村新道)分岐です。ここから三股へ向かいます。ここからはゆかりさんは二回目・おじさんは初めてです。ここから徳本峠へはもの凄く静かな樹林の道です。時々少々展望はあります。このコース紅葉時期に良いかもしれませんね。
画像

最初は木々が色づいた中の緩やかな道を下りていきます。
画像

時々このような歩きにくいところが現れます。疲れた足には応えますね。ゆかり姫も慎重に下りてきます。
画像

わかりません
画像

依然として緩やかに下ります。と言うことは標高なかなか下がらないてぇ~ことだよな~。気分的には梯子・クサリの連続で一気に下げたいよね~。
画像

見上げると歩いた蝶ヶ岳の稜線が見えていました。
画像

おっ膝には応えるが標高グングン下がる。
画像

13:30分まだ沢山の人が登っていきます。
画像

再びだらだらと下って行きますね。
画像

何かみっけたか?。
画像

おォ~真っ白なキノコか。おじさんはキノコには絶対に触らない採らない。写真は撮りますょ。
画像
画像

ちょちょっと~広げすぎじゃ~ん。
画像

14:55分まめうち平到着。登りの最終すれ違い者は14:40分ぐらいだったかな。それぞれ事情があるだろうがお勧めできない時間帯ですね。
画像

相変わらず元気なゆかりさんです。若さかな~。それともやっぱりタフガイ。疲れを知らないゆかりさんですね~。やっぱりおじさん足引っぱっているようです。
画像

あと1時間40分の下りですね。予定より30分以上遅れています。少々ピッチあげますょ。と言ってもそれ程あがりませんが。
画像

だらだらと下っていきます。
画像

ゴジラだってさ。ふ~ん
画像

梯子場です。
画像

通過後梯子場を見上げます。
画像

お~ついに水場に到着です。お腹を壊さない程度にガブガブ飲みました。
画像

あと30~40分でゴールだろう。でも長いな~。
画像

遂に吊り橋に出ました。チョット元気が復活したような。
画像

満足だ~~~~
画像

ゼリの花撮っているのかな。
画像

戻ってきました。昨日の朝5:16分に常念へ向けて登っていった分岐です。
画像

本当にお疲れ様でした。あと800m林道を歩いて行きます。がんばんべ~~~~~
画像

三股駐車場に到着です。今日、約12時間の行動お疲れ様でした。おじさんさすがに疲れました。大朝日岳以来の12時間行動でした。ゆかりさんはまだ行けそうな感じですね。ゆかりさん足引っぱって本当にご免なさいね。懲りずに、また一緒させてください。麓の温泉に入ってゆかりさんとお別れです。
画像

ではまたです。バイバイ~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆかり
2012年10月07日 08:02
おはようございま~す♪
お疲れさまでした~(^^)/

ブログ一気にアップされましたね!

ちゃんとお礼が言ってなかったですね!m(_ _)m
おじさんのおかげで三股から常念岳のリベンジができ、蝶ヶ岳のトップに立つことができましたありがとうございましたm(_ _)m
楽しい・美味しいお酒もいただけて幸せでした♪♪♪

あっという間の最高の2日間でした。また一緒に歩けたらいいな~♪
やまや
2012年10月07日 09:30
ゆかりさんへ
お疲れ様でした。

お礼なんて良いですよ。その代わりまた一緒に歩いてくださいね。
今のゆかりさんなら何処だって登れ(歩け)ますよ。
おじさん見ていてパワーが違うな~と感じていました。

リベンジして達成すると何時もと違った感動・感情が込み上げてくる気がします。
今回、おじさんは三回目だったけどリベンジのつもりでしたょ。
だって、常念~蝶の稜線からこんな展望は見たこと無かったから。

もう楽しいやら面白いやら最高でした。この山行は全てに有り難うでしたね。

お腹の調子が悪いやら(飲み過ぎ)膝の調子が悪いやらでゆかりさんのペース乱したような、足引っぱったような気がします。
また何処か予定があるときには是非連絡くださいね。(足引っぱるかもしれないけど)
楽しみにしています。