南アルプス【仙塩尾根・白峰南嶺】縦走(4/4)

2012年8月18日~8月23日 (南アルプス)
北沢峠~仙塩尾根と白峰南嶺を単独小屋泊まり/テント泊まりで縦走
通過ピークの山 
仙丈ヶ岳(3.033m二回目)百名山78、標高ベスト17・大仙丈ヶ岳(2.975m)・伊那荒倉岳(2.514m)・独標(2.499m)・横川岳(2.478m)・三峰岳(2.999m二回目)・間ノ岳(3.189m四回目)百名山81、山梨百41、標高ベスト4・西農鳥岳(3.051m二回目)標高ベスト16・農鳥岳(3.026m二回目)二百名山166、山梨百42・広小内岳(2.895m)標高ベスト35・大籠岳(2.767m)標高ベスト74・白河内岳(2.813m)・笹山「黒河内岳」(2.733m)標高ベスト83、山梨百43
今回の山行にて日本標高ベスト100達成・山梨百名山達成しました。(百名山は既に達成済み)

2012年8月23日(五日目)  今日は最終日で奈良田へ標高差2.000m位の下りだ。バスの発車時間までたっぷりとあるのでゆっくり下りられる。節目の年に標高ベスト100登頂・山梨百名山登頂を無事達成でき満足しての下山だ。
コースとタイム
テン場4:50→笹山(北峰)4:55→テン場5:19→笹山(南峰)5:51→窪地6:56→2.256m地点7:05→1.670m地点8:03→1.603m水場入口8:17→送水管上9:32→笹山登山口9:53→吊り橋10:05→奈良田バス停10:15
歩行距離:9.120㎞ 歩行時間:5時間25分 歩行速度:1.7㎞/h
GPS軌跡データ
画像

垂直プロファイル 累積標高(+172m)(-2.066m)  
画像

4時30分に起きてパンを一個食べ撤収の準備(テントのみ残し)後、カメラと頭電を持ち展望のいい北峰へと向かった。北峰に着くと素晴らしい朝焼けが始まっていた。素晴らしい展望の山です。
白河内岳・大籠岳・西農鳥岳・農鳥岳・広小内岳
画像

富士山・雨ヶ岳・毛無山・笹山(南峰)
画像

駿河湾方面の展望
画像

八紘嶺・山伏・笊ヶ岳・布引山・青薙山
画像

小無間山・大無間山・上千枚山・上河内岳・千枚岳・荒川岳(東岳・中岳・前岳)と手前は徳右衛門岳
画像

上河内岳・徳右衛門岳・千枚岳・荒川岳・蝙蝠岳
画像

蝙蝠岳・本谷山・塩見岳・北俣岳
画像

歩いてきた山々で白河内岳・大籠岳・西農鳥岳・農鳥岳・広小内岳と北岳・早川尾根
画像

北岳・八ヶ岳・高嶺・地蔵岳・・ボーコン沢ノ頭・観音岳・薬師岳・砂払岳・辻山・小川山・金峰山
画像

小川山・金峰山・朝日岳・国師ヶ岳・北奥千丈岳・黒金山・飛龍山・雲取山などの山々
画像

小金沢連嶺と手前は櫛形山
画像

お散歩
画像

本当によくここまで歩いてこれたな~と自分を褒めた。
画像

素晴らし~~~~
画像

奥秩父・奥多摩の山々
画像

上河内岳・千枚岳・荒川岳・徳右衛門岳
画像

蝙蝠岳・本谷山・塩見岳・北俣岳
画像

小金沢連嶺(一番左が大菩薩嶺)
画像

5:02分 日の出です。小金沢連嶺の黒岳付近に昇って来ました。
画像

小金沢連嶺・櫛形山
画像

富士山が少し赤くなってきました。
画像

奥秩父・奥多摩・小金沢連嶺の山々
画像

最高~。頑張ってきた甲斐がありました。
画像

モルゲンロートに染まる蝙蝠岳・本谷山・塩見岳・北俣岳
画像

青薙山・大無間山・上千枚山・上河内岳・徳右衛門岳・千枚岳・荒川岳
画像

白河内岳・大籠岳・西農鳥岳・農鳥岳・広小内岳・北岳・八本歯ノ頭・ボーコン沢ノ頭
画像

八ヶ岳・高嶺・地蔵岳・観音岳・薬師岳・砂払岳・辻山・尾川山
画像

奥秩父・奥多摩の山々
画像
画像

三ツ峠山・蛭ヶ岳・御正体山など丹沢・道志・御坂山塊の山々
画像

富士山・笹山(南峰)
画像

八ヶ岳・高嶺・赤抜沢ノ頭・地蔵岳・観音岳・薬師岳・砂払岳と手前はボーコン沢ノ頭
画像

奥秩父・奥多摩の山々
画像

小金沢連嶺・櫛形山
画像

三ツ峠山・蛭ヶ岳・御正体山など丹沢・道志・御坂山塊の山々
画像

中歩アルプス(宝剣岳がはっきりと確認出来る)と手前は北荒川岳
画像

乗鞍岳・十石山と手前は仙塩尾根
画像

西穂高岳・奥穂高岳・前穂高岳・北穂高岳・大キレット・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳と仙塩尾根
画像

奥秩父・奥多摩の山々
画像

富士山・笹山
画像

富士山・雨ヶ岳・毛無山
画像

日の出・朝焼け・展望に満足してテント場へと戻っていきます。
画像
画像

笹山(北峰)から(南峰)へ樹林帯へ入って戻ります。
画像

踏み後はしっかりしているので問題ないですね。
画像
画像

テント場からの本谷山・塩見岳
画像

夜露で濡れたテントを撤収。左は(北峰)への道です。
画像

水1.8Lと酒をテント場に飲ませ(廃棄)て中央正面を通り直ぐの笹山(南峰)へ向かいます。画面右下方が(北峰)方面へです。
画像

約1分(南峰)ピークへ出ました。
画像

南峰から白河内岳・大籠岳・西農鳥岳・農鳥岳・広小内岳・北岳です。
画像

白河内岳・西農鳥岳
画像

西農鳥岳・農鳥岳・広小内岳・北岳・八本歯ノコル・八本歯ノ頭
画像

高嶺・赤抜沢ノ頭・地蔵岳(オベリスク)・観音岳と手前の尾根は池山吊尾根
画像

この二箇所が下山口で右が伝付峠方面。左が奈良田方面です。どちらも右側の木々に標識がつるしてありますが落ちている場合もあるので十分に確認しましょう。
画像

伝付峠への入口です。
画像

奈良田への入口です。
画像

奈良田への道に入って直ぐ前方に富士山・雨ヶ岳・毛無山の展望が広がりました。右後方は愛鷹山
画像

奥秩父・奥多摩の山々
画像

大室山・蛭ヶ岳・節刀ヶ岳など御坂山塊・御正体山・杓子山などの山々
画像

素晴らしい~
画像

金峰山・朝日岳・国師ヶ岳・奥千丈岳・破風山・雁坂嶺・飛龍山・雲取山などの山々
画像

奈良田への道に入って直ぐにこのハイマツ帯が現れました。
画像

クリアすると緩やかに下っています。
画像
画像

時々正面は富士山が見えます。
画像

だんだんと急で歩きにくい道となっていきます。
画像
画像
画像

農鳥岳・北岳です。手前は大問沢降下点から大門沢小屋方面への道が通る尾根でしょう。
画像

奥秩父・奥多摩の山々
画像

真っ直ぐな急な道です。
画像

時々ほんの少し緩やかな所も現れます。
画像

七面山・八紘嶺・山伏などの山々と笊ヶ岳・布引山・青薙山・生木割山などでしょう。
画像

時々こんな足休め出来るところが現れます。
画像

上千枚山・上河内岳・千枚岳・荒川岳(東岳)と手前は伝付峠へ延びている尾根です。この尾根も一度は挑戦してみたいですね。
画像
画像

赤抜沢ノ頭・地蔵岳・観音岳・薬師岳・砂払岳
画像

北岳・八本歯ノコル・八本歯ノ頭
画像
画像

緩やかな道になり後方には笹山が見えています。まだ25分しか下りてきていませんが、だいぶ標高を下げてきています。
画像

笊ヶ岳・布引山・生木割山・青薙山・小無間山・大無間山
画像

強烈な下りが続き標高をグングン下げていきます。
画像
画像
画像

休みたいな~と思う頃、旨い具合に展望が開けます。富士山・毛無山塊・愛鷹山
画像
画像

伝付峠への尾根が上に見えてくるようになってきました。
画像

まだまだ急で倒木など歩きにくいところが続きますね。
画像
画像

平らな所になってきました。窪地付近だと思われます。ここで靴紐を締め直します。
画像

10分位なだらかな道が続きました。
画像
画像
画像

そして下り勾配がきつくなる手前にはテントを張れる場所とたき火後がありました。この付近は所々テント設営出来る場所がありました。
画像

窪地を過ぎると下り坂になったり緩やかな下りになったりしながら下りていきます。。
画像
画像

この笹山ダイレクト尾根をテント装備で歩く場合は、出来るだけ細めのザックとマットなどは上や横ではなく後に納めた方がいいです。シラビソなどの木々の間を通るとき引っかかり苦労します。狭いです。ちなみに私はマットを上に留めていましたが両サイドがぼろぼろになってしまいました。
画像

2.256mピークまで下りてきました。約70分かかりました。ここが大体四分の一の所です。
画像

更に下って行くと約5分弱でガレ場(崩落箇所)の横を通ります。
画像
画像

ガレ場(崩落箇所)
画像

ガレ場(崩落箇所)ここは北岳・鳳凰山・奥秩父方面の展望が開けます。近づきすぎないように注意して展望を楽しみます。
画像

地蔵岳・観音岳・薬師岳・砂払岳・辻山で手前の尾根は農鳥岳から発生している尾根で大唐松山でしょうか。
画像

金峰山・北奥千丈岳など奥秩父の山々と手前は高谷山でこの下を夜叉神トンネルが通っています。
画像

北岳・八本歯ノコル・八本歯ノ頭
画像

白河内岳・大籠岳
画像

北岳・鳳凰三山・農鳥岳から延びる尾根・大籠岳から延びる尾根でしょう。
画像

展望のない坂道をどんどん下り高度を下げていきました。
画像
画像
画像

1.760m付近で緩やかな道を進んでいきます。
画像
画像
画像

1.760mピーク(段付近)はそんなに急な坂には感じませんでしたがきつい坂には違いないです。
画像
画像
画像

この付近が肩でしょうか。
画像

そして8:17分 約2時間20分 1.603mの水場分岐に着きました。この辺りが丁度中間付近ですね。
画像

あと2時間位下りが続きます。逃げ道がないので頑張らないと行けないですね。
画像

水場分岐から更に下って行きます。展望がないのでなおさら飽きてきます。
画像
画像
画像
画像
画像

ここ辺りが1.344mの尾根合流点でしょうか。するとこそ先急さかが待っていますね。こう下りばかりではさすがに膝が。むぅ~辛い。
画像

直ぐに急さかが始まりましたね。靴紐締め直しても直ぐに爪が当たる急さかです。逆ハの字で下ります。
画像

走ると止まりませんよ。
画像

そしてようやく送水管上部まで来ました。左の柵沿いか直ぐの所を右へ折れておりていきますが、ここを左へ踏み後が延びていました。進んでみましたが踏み後が薄くなってきたので戻り柵の淵から下りていきました。ここは短いですがかなりの下りです。
画像

そして送水管監視用(だろう)の道をジグザグに下りていきますが足の裏が痛くなってきましたね。
画像

やっと白河内へと下りてきました。
画像

そして振り向くと木々に笹山登山口の標識が取り付けてありました。
画像

車道らしき道を進んでいくと奈良田湖が見えてきました。ふぅ~~~~
画像

多分、ここが白河内の徒渉点だと思いますが、右側に土盛りしてくれていて何の問題もなく通過できます。有り難いことですね。そしてここで頭・顔・背中を洗い流しました。最高に気持ちよかったです。
画像

舗装された道を進んでいくと発電用の水がいきよいよく放出されていました。
画像

そして直ぐに吊り橋が見えてきました。
画像

この吊り橋を渡り県道37号線に出ます。
画像

吊り橋を渡りきったところから、下りてきた尾根 正面やや左上の尾根を振り返ります。
画像

この駐車場が開放されている笹山登山口駐車場でしょうか。
画像

左へ少しカーブしている家のあるところが奈良田バス停です。その上の方に奈良田温泉の建物が見えています。やっと10:15分ゴールです。
画像

芦安駐車場に車があるので広河原行きのバス時刻を見るとはやっぱり15:30分です。約5時間待つようなのでタクシーに電話してみると14.000円と言われました。ベラボーに高いです。とてもじゃないけど頼めません。仕方ないので上の奈良田温泉に入り食事して15:30分まで待つことにしました。
行ってみると沢山の人は寛いでいました。私以外殆どの人たちが大門沢を下りてきたようです。温泉に入り食事後のんびりしていたら農鳥小屋でテント泊していた学生さんたちが下りてきました。昨日はと聞いたら大門沢小屋だったそうです。意外とノンビリだったようです。
12時を過ぎると殆どの人が身延行きのバスに乗って帰っていきました。そして広河原行きのバスに乗ったのは6人でした。広河原に着くと沢山の人が最終のバスを待っていました。
今回の縦走は10年ほど前に笹山や・広小内岳・大籠岳など一緒に登ろうと大門沢からピストンしようと計画を練っていたが、奈良田からダイレクトルートを整備しているとの情報を得た。何年か前に整備が終わり笹山だけならば日帰りが可能らしい報告があった。
そして3年前に計画したが体調不良や怪我などでのびのびとなっていた。今回、どうせなら仙塩尾根で仙丈ヶ岳~三峰岳間が未歩なのでこれも同時にやっつけるべく小屋、テント泊の計画で実行した。
しかし、計画に若干甘さがあったのか残念ながら二日目の目的地にたどり着けない状態でビバークとなってしまった。テント装備だったので何ら問題はなかったが、自分の計画の甘さが悔やまれる結果となった。過去の山行計画はほぼ計画通りに達成してきていた。今回、如何に体力が落ちていたかが分かる山行だった。今後はこの結果を念頭に余裕のある山行計画を立てなければならないだろう。
ただ、一日延びてしまったが目的の山々を怪我やトラブルもなく歩き通せたことは最高の喜びでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

ゆかり
2012年09月18日 20:16
またまたお邪魔しますm(__)m

山の計画は難しいですね! 天候などにも左右されてしまいますし、体調も重要になってきますね。
わたしもこれから余裕ある計画を立てて行こうと思いました。

タクシーは広河原から芦安までですか?¥14,000‐ですか!
これは絶対にバスのある時刻までに戻らないと大変(>_<)
やっぱり余裕ある計画ですね!
やまや
2012年09月19日 11:07
ゆかりさんへ

計画には余裕を持たしてあったんですが、二日目以外は全て計画より早く着き時間つぶしに困るくらいでしたょ。二日目(計画崩れ)は振り向く度に仙丈ヶ岳が見えていて全然離れて行かず、なぜだか距離が稼げていませんでした。丁度、行程の中間付近(11時)で諦めて両又小屋へ下りようかとも思ったんですが、次の日の登り返しが辛いのでテント張れる場所を探しながら進みました。
多分、久々のテント縦走と荷物の重さ、体力不足のためだったのでしょうね。一日延びてしまいましたが結果的には残りの行程が楽だった気がします。

あ タクシーはですね奈良田から広河原までの料金です。バスは15:30分までないのは調べてあったので早く下りても長~く待つ覚悟はしていましたけどね。
下山後は余裕ある計画過ぎましたですね。