鹿児島県の山【亀ヶ丘・陣ノ尾】

2012年5月3日   陣ノ尾(463m) 兄貴と二人
最近、亀ヶ丘稜線の林道は部分的に荒れ気味のため軽トラで出かけた。陣ノ尾に登山道があるかは分からないが亀ヶ丘から見ていて登ってみたい山であった。
コースとタイム
林道登山口14:24→稜線合流点14:32→陣ノ尾14:50→稜線合流点15:20→林道登山口15:25(計 1時間1分)

画像
画像

まず何時もの東シナ海展望台・星ふる丘展望台に寄り陣ノ尾登山口があるであろう付近を確認し軽トラを走らせた。
東シナ海展望台付近にて(今岳・長屋山・唐岬)
画像

東シナ海展望台の東屋と陣ノ尾・359mピーク・392mピーク
画像

秋目港と沖秋目島
画像

沖秋目島・秋目港・女岳・西の丘・野間岳・平道山
画像

東シナ海展望台から今岳・長屋山・唐岬
画像

沖秋目島・西の丘・野間岳・平道山
画像

沖秋目島・秋目港・西の丘・野間岳・平道山
画像

392mピーク・今岳・長屋山
画像

星ふる丘展望台にて(?アザミ)
画像

残念ながら加世田側に多分発電用であろう風車が立ち磯間嶽や開聞岳の景観が台無しになった。1月頃のここから見る日の出と開聞岳が素晴らしかったのだが残念である。
星ふる丘展望台から磯間嶽・国見岳・開聞岳・395mピーク
画像

大浦干拓と吹上浜
画像

NTT無線中継所と亀ヶ丘・野間岳
画像

星ふる丘展望台から今岳・長屋山・唐岬
画像

星ふる丘展望台を後に荒れた林道を秋山口へ15分程度走らせていると、右手に登山道らしき入口があり路肩が3台程度駐められるスペースになっていたのでここが登山口であろう。道標などの表示は一切ない。
画像

一応、GPSを起動させ進んでいく。
画像

進んでいくと意外としっかりとした道だ。
画像
5分程度進んでいくと先ほどみたいな道が完全に消えた。よく観察すると人が通ったような形跡を稜線へ真っ直ぐ進んでいった。入口から約8分程度で稜線らしき所にでた。稜線上に踏み後らしき道すじが確認出来た。ここを左へ90度折れて進んで行った
90度左へ折れた所
画像

小ピークを何度か越え薄い踏み後を進んでいく。踏み後が所々消えるが稜線を外さないように進んで行きました。
画像
画像

一番高い所らしきピークに到着です。
画像

付近をよく見ると三等三角点がありここが陣ノ尾(463m)山頂です。残念ながら展望は木々の中で全く得られません。
画像

陣ノ尾山頂部
画像

山頂にはいくつかの石がありましたが海岸線でよく見かける波状になった石が確認出来ました。(大昔海岸線だったのか?)
画像
画像
画像

山頂を後に戻っていきますがどこが道だか分かりませんね。左右が下がっていますのでここが尾根の真ん中です。
画像

下っていると通った記憶のない所を歩いているのに気付きGPSを見ると30m位進みすぎて稜線からの下り口を通り過ぎていました。右へ下りていけば林道に出るのは分かっていましたが赤テープ等でマークしておくべきでした。(反省)
無事、登山口へと下り立ちました。
画像

全く展望が得られなかったが登ってみたかった山だったので満足でした。そして何処かの山岳会(会名は書きません)が縦走した旨のプレートを所々の木々に結んでありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント