信濃路自然歩道【女神茶屋~八子ヶ峰・車山】 

2011年8月12日(金)晴れ 信濃路自然歩道(長野県霧ヶ峰)を歩いてきた。
この山行で南八ヶ岳(天女山)~ビーナスライン茶臼山登山口(扉峠)間が繋がる。
主な通過ピーク:八子ヶ峰(1.869m)東峰・車山(1.925m) 
コースとタイム
蓼科山・八子ヶ峰登山口駐車場5:25→ヒュッテアルビレオ5:55→八子ヶ峰(東峰)6:07→八子ヶ峰(三角点)6:43→八子ヶ峰6:47→八子ヶ峰公園駐車場7:38→白樺湖8:22→ビーナスライン遊歩道入口8:59→車山高原駐車場分岐9:21→八島湿原分岐10:04→車山10:23→八島湿原分岐11:05→ビーナスライン11:57→東白樺湖12:15
歩行距離:20.284㎞ 行動時間:6時間50分 歩行速度:2.9㎞/h
GPS軌跡データ
画像

垂直プロファイル 累積標高(+)921m(-)1177m  
画像

登山口からの赤岳・阿弥陀岳
画像

蓼科山・八子ヶ峰登山口のスズラン峠園地駐車場(蓼科山側)ここで一夜を明かしたのは3年前の2月以来二回目である。
画像

反対側のスズラン峠園地駐車場(八子ヶ峰側)
画像

今回は、蓼科山ではなく反対側の先ずは八子ヶ峰を目指す。山から随分と遠のいていたのでここまで戻ってこれるか自信はないがゆっくりと歩き始める。

画像

薄暗い道を5分も登ると木々が低くなり明るくなってきた。振り向くと蓼科山がどっかりと座っていた。
画像

蓼科山
画像

雪山初心者やスノーハイクにはうってつけの北横岳・縞枯山・茶臼山
画像

タカネナデシコ
画像

中山・天狗岳・根石岳・硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳・権現岳・編笠山・西岳
画像

千頭星山・鳳凰三山
画像

シナノオトギリ
画像

花を楽しみながらゆっくりと進んでいるので汗も殆どかかない。
画像

マルバダケブキ
画像

ノコギリソウ
画像

ハクサンフウロ
画像

ヨツバヒヨドリ
画像

キオン
画像
画像

ツリガネニンジン
画像

コウリンカ
画像

コバギボウシ
画像

ヒメシャジン
画像
画像

左回りの道と合流すると緩やかな道になり山頂部は近い。
画像

ヤマハハコ
画像

ノハナショウブかな~
画像

経ヶ岳・御嶽山
画像

天狗岳・硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳・権現岳・編笠山・西岳
画像

鳳凰三山・高嶺・北岳・甲斐駒ヶ岳・鋸岳・仙丈ヶ岳
画像

 安平路山・仙崖嶺・南駒ヶ岳・空木岳・熊沢岳・檜尾岳・宝剣岳・木曽駒ヶ岳・将棋頭山・大棚入山・経ヶ岳と手前は守屋山
画像

シラヤマギク?でしょうか
画像

のんびりと歩いて30分で八子ヶ峰山頂部のヒュッテアルビレオに着きました。
画像

ヒュッテ前には手作りの道標もあり展望も抜群です。
画像

赤岳・阿弥陀岳・権現岳・編笠山・西岳
画像

薬師岳・観音岳・地蔵岳・高嶺・北岳・甲斐駒ヶ岳・鋸岳・仙丈ヶ岳と手前には日向山・鞍掛山・大岩山・雨乞岳なども見えています。
画像

中央アルプスと手前は守屋山
画像

経ヶ岳・御嶽山
画像

鉢盛山・乗鞍岳
画像

車山・穂高連峰・大キレット・南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳・常念岳
画像

蓼科山
画像

北横岳・縞枯山・茶臼山
画像

ヒュツテを後に白樺湖方面へと進んでいきます。
画像

マルバダケブキ
画像

よく整備された道を進んでいきます。振り返るとヒュッテと八ヶ岳が見送ってくれているような感じです。
画像

ウツボグサ
画像

ツリガネニンジン
画像

タカネナデシコ
画像

八子ヶ峰(東峰)山頂部の票柱
画像

少し先の方に杭のようなものが見えていたので行ってみると地籍図根点見出杭でした。
画像

東峰標柱と蓼科山
画像

北横岳・縞枯山・茶臼山
画像

丸山・中山・天狗岳・根石岳・硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳・権現岳・編笠山・西岳
画像

鳳凰三山・高嶺・北岳・甲斐駒ヶ岳・鋸岳・仙丈ヶ岳・白岩岳・釜無山
画像

中央アルプス(安平路山~大棚入山と守屋山
画像

御嶽山
画像

車山・南の耳・鉢伏山・穂高連峰・大キレット・南岳・槍ヶ岳・常念岳・大天井岳・三峰山
画像

鉢盛山・乗鞍岳・十石山
画像

乗鞍岳・車山・安房山・穂高連峰・鉢伏山
画像

北アルプス・鉢伏山・南の耳・北の耳・三峰山
画像

茶臼山・美ヶ原・1483mピーク・大出山・物見石山
画像

八子ヶ峰最高峰(東峰)山頂標柱と蓼科山
画像

一時間足らずでこれほどの展望と花を見れる山だとは思っていませんでした。今度は空気の澄んだ時期にきてみたいな~と思いながら白樺湖へと向かいます。
画像

女神湖
画像

コバギボウシ
画像

白樺湖への道を少々のアップダウンを繰り返しながら進みます。前方には今日の目的の山車山と明日の予定の美ヶ原が見えています。
画像

ヤマホタルブクロ
画像
画像

ミネウスユキソウ
画像

マルバダケブキ
画像
画像

展望と花を楽しみながら貸し切り状態の道を進みます。
画像
画像
画像

左やや後方には蓼科湖がみえていました。
画像

千頭星山・鳳凰三山・高嶺・北岳・甲斐駒ヶ岳・鋸岳・仙丈ヶ岳・白岩岳・釜無山・入笠山
画像

中央アルプス・経ヶ岳・守屋山
画像

御嶽山
画像

安房山・槍穂高連峰・常念岳・大天井岳と手前には鉢伏山・南の耳・北の耳・三峰山
画像

しらかば2in1スキー場リフトが見えてきました。そろそろ白樺湖も見えてくるでしょう。
画像

ハクサンフウロ
画像

ノアザミ
画像

オンタデ
画像

ヨツバヒヨドリ
画像

白樺湖2in1スキー場リフト
画像

リフトから登山道側には八子ヶ峰(1833m)三角点がありました。
画像

そしてこれから通過する白樺湖が見えています。
画像

まだまだ遠いですね。車山
画像

マツムシソウ
画像

八子ヶ峰山頂と手作りの標柱。ここからスキー場沿いに下りていきます。
画像

八子ヶ峰(1.833m)山頂部
画像

白樺湖への道へと進んでいきますが、ここから八子ヶ峰公園駐車場までは太ももから下(スパッツは着けていた)が靴の中まで朝露でびっしょりにななりながらの歩きでした。所々、笹に覆われて足下が見えない所もありました。
画像

山頂部から少し下りるとスキー上部に出ますが道は左側の笹の中へと続いていました。少し進んでみましたが笹が深く足下も見えない。おまけに露でびっしょり。たまらずスキー場内を進みました。
画像

コオニユリ
画像

もう直ぐそこまで秋が近づいてきています。
画像

信濃路自然歩道の道標に従い露いっぱいの草原の道を濡れながら進みました。
画像

タカネナデシコ
画像

スキー場から離れ緩やかな道が続きます。
画像

シラヤマギク?ですか
画像

ふと右方に目を向けると湯ノ丸/高峰高原の烏帽子岳・湯ノ丸山・篭ノ登山・髙峯山・浅間山が見えていました。
画像

そして蓼科山・北横岳が後方に見えるようになってきました。
画像

依然として緩やかな道が続いています。前方を鹿の親子が慌てて横切っていきました。
画像

シオガマギク
画像

ママコナ?ですか
画像

シナノオトギリ
画像
画像

鳳凰三山・甲斐駒ヶ岳・鋸岳・仙丈ヶ岳
画像

白樺湖・車山・美ヶ原
画像

緩やかな道も終わり八子ヶ峰公園へと苦手な下り階段を下りていくようになってきました。
画像
画像

階段が切れると再びスキー場内を下りていきます。八子ヶ峰公園と車山
画像

ヒメトラノオ
画像

コオニユリ
画像

コウリンカ
画像

ヒメトラノオ
画像

ヒメジョオン?ですか
画像

ママコナと花を楽しみながら下りていくと
画像

八子ヶ峰公園へ降り立ちます。ここからはビーナスラインまで舗装道路の歩きになりますね。
画像

八子ヶ峰公園から別荘地地を通り白樺湖へと進みます。
画像

ミヤマママコナ
画像

キオン
画像

ケキツネノボタンだと思うんですが6月頃咲く花だから違うかもしれません。
画像

本当はこの左から合わさる道を来るはずだったんですが、見落としてかなり遠回りしてしまいました。
画像

やっと白樺湖に到着です。ここからは殆ど日陰もなくちょっと苦しい歩きになるかな。
画像

白樺湖からの車山
画像

白樺湖(予想以上に静かです)
画像

白樺湖と蓼科山
画像

正面の路地から白樺湖・152号線を離れビーナスライン・車山方面へと向かいます。
画像
画像

ビーナスライン合流点付近から白樺湖と蓼科山・北横岳・八子ヶ峰
画像

ビーナスラインから信濃路自然歩道に入りいよいよ車山へと登っていきます。しかし、暑くてペースがグゥーンと落ちてきました。
画像

タチフウロ
画像

ギボウシ?
画像

白樺湖と蓼科山・北横岳・八子ヶ峰
画像

車山へと延びている信濃路自然歩道
画像

鳳凰三山・高嶺・甲斐駒ヶ岳・鋸岳・仙丈ヶ岳
画像

白樺湖と蓼科山・北横岳・縞枯山・茶臼山・八子ヶ峰
画像

甲斐駒ヶ岳・栗沢山・鋸岳・仙丈ヶ岳
画像

信濃路自然歩道・ビーナスライン・白樺湖と蓼科山・北横岳・縞枯山・茶臼山・八子ヶ峰
画像

車山高原駐車場分岐ももうすぐです。中央には車山が見えています。
画像

車山高原駐車場分岐
画像

分岐の道標に従い山頂を目指します。
画像

90度右へ折れて進みます。
画像

コオニユリと車山
画像

コオニユリ
画像

車山高原駐車場と車山。駐車場には車がいっぱい駐まっていますが歩いている人は殆ど居ません。リフト利用が殆どのようです。
画像

殆どの人たちがリフトに乗っています。歩いている人はごく一部ですね。山頂部はきっと凄い人なんでしょうかね。八島湿原分岐で一応繋がるので山頂はやめてもいいがま~分岐で決めればいいか。
画像

ご覧の通り歩いている人は殆ど居ません。下りてくる人がたまにいるだけです。
画像

ニッコウキスゲ
画像

ツリガネニンジン
画像

シオガマギク
画像

そろそろ八島湿原分岐です。山頂の気象レーダードームも見えています。
画像

ニッコウキスゲ
画像

ノコギリソウ
画像

八島湿原分岐にようやく到着です。休憩しながらせっかくなので山頂を目指すことにしました。
画像
画像

ナギラン
画像

最後の登りにかかりますが、平成9年の頃とは違って登山道が随分と整備されています。
画像

車山山頂到着です。山頂の車山神社
画像

1997年当時はこの山頂部の気象レーダードームはなかったと思うが。記憶が?
画像

蓼科山・北横岳
画像

北横岳・縞枯山・茶臼山・丸山と手前は八子ヶ峰
画像

茶臼山・丸山・中山・天狗岳・根石岳・硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳・権現岳・編笠山
画像

北/南八ヶ岳全景
画像

千頭星山・鳳凰三山・高嶺・甲斐駒ヶ岳北岳・間ノ岳・・鋸岳・仙丈ヶ岳・白岩岳・釜無山
画像

権現岳・編笠山・富士山
画像

中央アルプス
画像

車山肩への登山道と後方中央付近に御嶽山がうっすらと見えています。
画像

鉢盛山・乗鞍岳・十石山・高ポッチ山
画像

安房山・穂高連峰と高ポッチ山・鉢伏山・八島湿原
画像

八島ヶ原湿原・鷲ヶ峰・三峰山
画像

南の耳・北の耳・茶臼山・王ヶ鼻・王ヶ頭・物見石山
画像

1997年当時もこの位置にあった山頂票柱
画像

これは記憶にありませんね。何となく真新しいですが。
画像

この滑る石段も当時はなかったです。乙女茶屋へと戻っていきますが厳しい気がします。
画像

それにしても遠い。明日の予定もあるので白樺湖まで何とか行ければタクシーがあるだろう。
画像

蓼科山・北横岳・縞枯山・茶臼山を正面に見ながら戻っていく。
画像

お昼に近づくとあれほど綺麗に見えていた山々が霞んで見えてきました。
画像

同じ道はつまらないので途中から境界尾根を白樺湖へと向かう。
画像

境界尾根・信濃路自然歩道・ビーナスライン・白樺湖と蓼科山・北横岳・縞枯山・茶臼山・八子ヶ峰
画像

車山をふりかえります。膝が悲鳴をあげそうです。やっぱり乙女茶屋まで戻るのは諦めました。
画像

蓼科山・八子ヶ峰
画像

ヤマハハコ
画像

この境界尾根を進んでいくと大門峠に出るがここを下りた鞍部から登り返す元気がないので鞍部からビーナスラインへ出ることにします。
画像

オミナエシ
画像

この鞍部から下にビーナスラインへと薄い踏み後を進みます。
画像

ビーナスラインへと出ました。後は東白樺湖へ1㎞弱だろう。日陰で休憩しながら向かいました。
画像
コンビニでタクシーを呼び乙女茶屋へと戻りました。
今日は本当にゆっくりと歩いたのですがやっぱりブランクは大きいでした。まさかここまで体力が落ちているとは思っていなかった甘かったですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント