神奈川県の山【仏果山・高取山】

2011年2月13日 仏果山(747m)・高取山(706m) 
この11・12・13日三連休、太平洋側も天気が悪いようで雪になるようだ。13日だけは晴れるとのことで地元の低山で雪山を楽しめそうだ。だか思っていたほど降ってくれなかった。13日朝5:30分に起きて登り慣れた仏果山・高取山に登り雪山・展望を楽しんできた。
コースとタイム
棚沢広場駐車場7:40→仏果山登山口7:43→宮ヶ瀬越8:44→高取山8:57→宮ヶ瀬越9:33→仏果山9:56→宮ヶ瀬越10:30→棚沢広場駐車場11:06
歩行距離:7.692㎞ 行動時間:3時間26分 歩行速度:2.2㎞/h
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル  累積標高(+775m)(-770m) 
画像

駐車場に着くと一台止まっていたが山では無さそうだ。軽い食事後支度して外に出ると意外と暖かい。
大棚沢広場(P)から宮ヶ瀬湖・焼山・茨菰山
画像

本間ノ頭・御殿森ノ頭・八丁坂ノ頭・黍殻山・焼山
画像

棚沢広場駐車場から仏果山登山口・土山峠方面と向かう。
画像

3分位で上村橋手前の仏果山登山口バス停だ。橋手前で反対側に渡りコンクリート階段を登り登山道へと入っていく。
画像

階段を登りなだらかな道を進むとちょっとしゃれた登山届けポストがある。ここにはヒル避けスプレーも用意されているが今の時期は必要無い。
画像

緩やかに登っていくと木々に漂着した雪に朝日があたりまるで桜が満開に咲いているように見えた。
画像

少し汗ばむ頃山の神が祀られているのだろうか祠の所に着いた。ここから7分位はなだらかな道が続く。
画像

そして約90度右へ曲がると展望が開け、宮ヶ瀬湖と東海自然歩道の通る「八丁坂ノ頭・黍殻山・焼山」で右後方には小金沢連嶺の「白谷丸・黒岳・雁ガ腹摺山・牛奧ノ雁ガ腹摺山などが見えている。ここを過ぎると
画像

少しずつ傾斜が付いてくる。念のため六本爪アイゼンを装着して進んで行くとこのコースの一番の急勾配だ。
画像

汗が噴き出ないペースで登って行くと無人の雨量計施設だろうかがありここからも展望が得られる。
画像

丹沢山・不動ノ峰・円山木ノ頭・本間ノ頭・蛭ヶ岳
画像

雨量計を過ぎると少しずつ傾斜が付いてくるが先程ではない。宮ヶ瀬越までこんな感じかな~。でも噴き上げてくる風が冷たい。
画像

ここからは木々の隙間に後方には大山・左方には丹沢の山々と小金沢連嶺など・右には仏果山。
画像

緩やかになり正面に真っ青な青空が見えてくると直ぐに宮ヶ瀬越だ。ここからも丹沢の素晴らしい展望がある。
画像

宮ヶ瀬越手前から宮ヶ瀬湖・丹沢山・不動ノ峰・本間ノ頭・蛭ヶ岳・姫次・八丁坂ノ頭
画像

宮ヶ瀬越分岐で右が仏果山。今日は先に高取山へ行き甲斐駒ヶ岳を眺めることにしょう。(仏果山からは見えない)
画像

宮ヶ瀬越からは相模平野越しに東京都心部が見える。東京スカイツリーも大部高くなってきているのが見える。また、筑波山も左手に見えている。
画像

ちょっと急ぎ足で高取山(正面)へと向かう。
画像

高取山山頂部と展望塔
画像

高取山の標柱と本間ノ頭・蛭ヶ岳
画像

ここからは高取山展望塔からの写真です。CCDにゴミが付着していて醜いかも知れませんが素晴らしい展望が広がっています。
鐘ヶ嶽・辺室山・三峰山・鍋嵐・大山・西沢ノ頭・ミズヒノ頭
画像

ニノ塔・三ノ塔・鳥尾山・行者ヶ岳・新大日・塔ノ岳・日高・竜ヶ馬場・丹沢山・本間ノ頭・不動ノ峰・鬼ヶ岩ノ頭・蛭ヶ岳
画像

不動ノ峰・本間ノ頭・鬼ヶ岩ノ頭・蛭ヶ岳・榛ノ木丸・姫次・八丁坂ノ頭・黍殻山・焼山
画像

茨菰山・石砂山・高柄山・倉岳山・扇山・権現山・雁ガ腹摺山・小金沢連嶺の滝子山~大菩薩嶺・北奧千丈岳・国師ヶ岳・甲武信ヶ岳
画像

仙洞寺山・石老山・三頭山・生藤山・浅間嶺・雲取山・七ツ石山・鷹ノ巣山・御岳山・大岳山・川乗山・棒ノ折山
画像

南山・陣馬山・高尾山で赤城山も確認できる。
画像

大峰・小倉山・橋本駅周辺・筑波山
画像

ここからは300mm望遠使用。 仏果山
画像

鐘ヶ嶽
画像

三峰山
画像

大山・西沢ノ頭
画像

ニノ塔・三ノ塔・鳥尾山(鳥尾山荘も見えている)
画像

三角沢ノ頭・塔ノ岳・日高(尊仏山荘も見えている)
画像

竜ヶ馬場・丹沢山
画像

不動ノ峰・円山木ノ頭・本間ノ頭・鬼ヶ岩ノ頭
画像

蛭ヶ岳(蛭ヶ岳山荘も見えている)
画像

焼山
画像

(残念ですガスが少々かぶっています)
甲斐駒ヶ岳・「小金沢連嶺」滝子山・大谷ヶ丸
画像

「小金沢連嶺」大谷ヶ丸・ハマイバ丸・大蔵高丸
画像

「小金沢連嶺」大蔵高丸・湯ノ沢峠・白谷丸・黒岳・雁ガ腹摺山・大棒ノ頭で手前の姥子山
画像

「小金沢連嶺」牛奧ノ雁ガ腹摺山・小金沢山・大菩薩嶺
画像

北奧千丈岳・国師ヶ岳・権現山・雨降山・東梓・両門ノ頭・冨士見・甲武信ヶ岳・木賊山
画像

東梓・両門ノ頭・冨士見・甲武信ヶ岳・木賊山・武信白岩山・西破風山・東破風山・古礼山・雁坂嶺・笠取山
画像

西破風山・東破風山・古礼山・雁坂嶺・笠取山・モリ尾根のモリ頭・三頭山・飛竜山
画像

飛竜山・三ツ山・七ツ石山・小雲取山・雲取山
画像

高丸山・日陰名栗峰・長沢山・鷹ノ巣山で手前右は浅間尾根の浅間嶺(手前右から二番目のピーク)・松生山
画像

松生山・御前山・長沢瀬領のソバツブ山?・ソバツブ山?だろうか
画像

長沢背稜のソバツブ山・日向沢ノ峰と川乗山・大岳山
画像

大岳山・有間山・棒ノ折山・高水三山・御岳山・日ノ出山
画像

秩父の飯盛山・高山・大平山などか?・中央やや右は市道山・手前右は陣馬山
画像

陣馬山・影信山・後方は埼玉の大平山・越上山などの山々だろう
画像

高尾山と遙か後方には赤城山か
画像

高尾山・後方は??・遙か後方には日光の山々か
画像

加波山・筑波山
画像

東京池袋付近
画像

東京都墨田区に建設中の東京スカイツリー
画像

東京タワー(左)と新宿付近
画像

横浜ランドマークタワー・房総半島
画像

三浦半島と相模湾
画像

仙洞寺山
画像

ヤマビルの襲撃にあった茨菰山
画像

石老山(16年前に腰痛克服のため山登りを始めた最初の山だ。)
画像

展望塔の上は風が冷たく手がかじかんできた。そろそろ仏果山へ行き江ノ島・伊豆大島を眺めることにしょう。
画像

高取山山頂の導標
画像

今度は宮ヶ瀬越分岐を真っ直ぐに進んでいく。右は仏果山登山口へ。
画像

少々アップダウンはあるが苦になる程ではない。しかし、頂上直下に少々注意したいところがある。
画像

ここから山頂へ約5分注意箇所だ。
画像

仏果山山頂部と大山
画像

仏果山山頂の展望塔(甲斐駒ヶ岳は見えないが高取山と同じ位の展望が得られる)
画像

鐘ヶ嶽・三ノ台・高取山と後方は伊豆大島
画像

辺室山・三峰山・大山・西沢ノ頭・岳ノ台・ニノ塔・三ノ塔・鳥尾山
画像

大山~不動ノ峰
画像

三ノ塔~姫次
画像

丹沢山~焼山
画像

焼山・高取山・茨菰山・仙洞寺山扇山・権現山・小金沢連嶺・奥秩父の山々
画像

高取山・南山・石老山・権現山・三頭山~陣馬山・浅間尾根・奧秩父、奥多摩の山々
画像

南山・生藤山・陣馬山・高尾山・奥多摩の山々
画像

奧から房総半島・東京湾・三浦半島・相模湾・江ノ島
画像

伊豆大島
画像

三峰山・大山・西沢ノ頭・新多摩線16号鉄塔
画像

木ノ又大日・塔ノ岳・日高
画像

竜ヶ馬場・丹沢山
画像

不動ノ峰・棚沢ノ頭・本間ノ頭・蛭ヶ岳
画像

高取山
画像

石老山・権現山と国師ヶ岳・甲武信ヶ岳など奥秩父の山々
画像

雲取山など奥多摩の山々
画像

加波山・筑波山
画像

東京スカイツリー
画像

横浜ランドマークタワー
画像

石老山
画像

陣馬山で後方は奥多摩の山々
画像

仏果山山頂の導標
画像

まだ、10:10分だがかなり気温が上がってきた。登山道の雪がグチャグチャにならない内に下山しょう。
画像

三度、宮ヶ瀬越分岐で左へと下りていきます。
画像

途中から雪が大部緩んできていたが登山道入口のポストまで下りてきた。駐車場は直ぐそこだ。
画像

大棚沢広場駐車場は満車状態になっていた。久々の山行だったが雪山・展望を満喫できた。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント